ネオクラシックコンサートとは?

ネオクラシックコンサートとは?

瑞穂市文化協会(洋楽部会)が主管する有料のコンサートで、「ネオクラシック」(ネオクラシィズム)を意訳すると、「17世紀ー18世紀の古典的技法・形式・精神を現代音楽に生かそうとする思想。新古典主義」となります。
しかし、このコンサートでは「気軽にクラシック音楽を楽しみたい、クラシック音楽の好さをもっともっと知って欲しい、好きになって欲しい」と言うのが私たちの願いです。
企画する際には、入場料も出来るだけリーズナブルな値段で来場できるように、演奏家にもご協力頂けます様にお願いしています。



今年度のネオクラシックコンサート

「岐阜県交響楽団演奏会」“共に歌いましょう 歓喜の歌を!!”・・

第19回ネオクラシックコンサート

出演者

ブログ(blog)も併せてご覧下さい。

これまでのコンサートの写真はスナップでもご覧いただけます。

今年度の出演者プロフィール

氏名プロフィール
岐阜県交響楽団1953年、岐阜県交響楽団として発足。1975年に社団法人として改組。祖に五の活動が認められ2011年3月「公益財団法人岐阜県交響楽団」となる。多くの企業や個人の皆さまのご支援を得て、社会的にも益々責任ある団体となった。楽団員は110余名で、様々な職業人で構成されているアマチュアオーケストラである。
活動は、年3回の自主公演を中心に年間5〜6回の演奏会を行い、各地の学校や地域での演奏活動、また、岐響ジュニアオーケストラの育成など、地域に根差した音楽文化普及と向上発展に夏井と情熱をもって貢献している。
1998年専用の練習場が完成。2003年創立50周年には、日本を代表するサントリーホールにおいて「東京公演」を開催し大好評を博す。
2009年創立55周年には、世界一の響きを誇るウィーン楽友会・黄金のホールにて「ウィーン公演」を開催し大成功を収めた。2013年には創立60周年を迎え、マーラー作曲交響曲第2番「復活」を演奏し、力強いメッセージを発信した。
1984年、「地域文化功労表彰」(文部大臣)を受賞、2007年、地域の文化の発展に寄与した功績で「岐阜新聞大賞」(岐阜新聞)をい受賞。1999年、「ふるさと文化賞」(岐阜市)を受賞。
今後、益々のレベルアップを図り、郷土の皆さまに、一層の誇りを持って頂けるオーケストラ目指して、努力を続けている。
塚田隆雄愛知県出身。名古屋芸術大学音楽学部演奏学科を卒業し、同大学研究生を終了。在学時より指揮活動を開始し、同大学ウィンドオーケストラや英国式ブラスバンド等を指揮する。
2016年度ウクライナ国際指揮マスタークラスに参加し、修了コンサートにてウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団を指揮し、スラヴ音楽奨励賞を受賞する。国内では、音屋ウインドオーケストラ、音屋室内管弦楽団、セントラル愛知交響楽団等を指揮。また、2017年4月よりドリームコンサート〜ジブリの思い出がいっぱい〜の指揮を務め全国ツアーを展開している。
現在、東海・関西圏においてオーケストラ・吹奏楽・合唱の指揮者やトレーナーとして活動している。
これまでに指揮を高谷光信、N.スーカッチ、N.ジャジューラの各氏に師事。また、井村誠貴、金丸克己、小島岳志、竹本泰蔵、西野淳の各氏の下でオペラ・オペレッタ・ミュージカルの副指揮を務める。京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会研究員。愛知県立明和高等学校音楽科非常勤講師。
赤堀織彗県立岐阜北高校、岐阜教育大学教育学部音楽科卒業。
卒業後、声楽レッスンを始め、日本クラシックコンクール声楽部門2年連続全国大会本選入賞。入賞、奨励賞、特別賞受賞。これまで、第九ソリスト、市民オペラ、学校特別公演、サロンコンサート等出演。最近は地元オーケストラとの共演やオーケストラ合唱団、コーラス連盟合唱団の指導も行う。
現在、みずほ女声コーラス、コールすのまた、コールエコー、木の本コーラス、リンダフロール、コモド2000、コーロ・ファルル、コーロ・グレイス等を指揮・指導。
岐阜(中日ビル内)・大垣(豊田学園内)中日文化センター講師。岐阜新聞カルチャーアカデミー各務原イオン教室講師。元岐阜音楽院講師。
三輪陽子愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。
第5回国際ワーグナー歌唱コンクール派遣対象者国内オーディション最優秀賞と特別賞を受賞。平成20年度新進芸術家海外派遣制度在外研修員としてイタリアとオーストリアに留学。新国立劇場オペラ公演、同劇場の鑑賞教室「カヴァレリア・ルスティカーナ」「愛怨」「西部の娘」「ワルキューレ」「蝶々夫人」等に出演。宗教曲、モーツァルト「戴冠ミサ」「ハ短調ミサ」「レクイエム」ブルックナー「第3番ヘ短調」等アルトソロとして出演。
コンサートではベートーヴェン「交響曲第9番」マーラー「嘆きの歌」「復活」「大地の歌」「亡き子を偲ぶ歌」等クロアチア、ウィーン、ベルリンにて海外公演に出演。今年、チェコにて公演予定。二期会会員。
中井亮一名古屋芸術大学声楽科首席卒業。同大学院修了。CoCo壱番屋創業者宗次徳二氏より奨学金を給付され05年より渡伊、08年ミラノ・スカラ座音楽院オペラ研修所修了。帰国後、藤原歌劇団に推薦入団し、「魔笛」「セビリアの理髪師」「ファウスト」「夕鶴」など多数のオペラに出演。
18年度は同団主催本公演全4演目のうち3作品(「Don<Giovanni」「椿姫」「静と義経」)で主役テノールとして出演予定。東京フィル、読売交響楽団、新日本フィル、神奈川フィル、名フィル、セントラル愛知、大阪交響楽団、兵庫芸文オケ(PAC)などオーケストラとの共演も多い。
近年は男声合唱団の指導やNコンの審査員(09〜17年)など合唱分野でも活躍中。桜美林大学講師、名古屋二期会研修所講師、藤原歌劇団団員。
岡本茂朗愛知県立芸術大学卒業。同大学院修了。
1992年イタリア、リウニーティ劇場にて「偶然の結婚」の主役でヨーロッパデビュー。その後、「椿姫」ジェルモン役「リゴレット」リゴレット役「トラヴァトーレ」ルーナ役等主要な役でイタリア・サルザーナ市立歌劇場、カッシャーナテルメ野外劇場、ハンガリー・ブタペスト国立歌劇場、ブルガリア・ソフィア国立歌劇場、マルタ共和国・アストラ劇場、スロヴェニア・マリボール国立歌劇場等、ヨーロッパ各地の劇場にて絶賛を浴びる。
2009年イタリア・ピサ市長より、ピサ市に貢献のあった者に贈られる白鷲賞を授与される。2010年上海万博では国連パビリオン主催のコンサートに招かれ好評を博す。
第10回グローバル東敦子賞受賞。椙山女学園大学非常勤講師。

今年度の演奏曲目

番号曲目作曲者演奏の形
 1「舞踏会の美女」アンダーソン 管弦楽
 2「プリンク プランク プルンク」アンダーソン管弦楽
 3「眠れる森の美女」より“ワルツ”チャイコフスキー管弦楽
 4交響曲第35番「ハフナー」より第3, 4楽章モーツァルト管弦楽
 5「水上の音楽」より第1,3,5,6曲ヘンデル管弦楽
 6「アンダンテ・フェスティーヴォ」シベリウス管弦楽
 7交響曲第9番ニ短調「合唱付」より第4楽章ベートーヴェン管弦楽・独唱・重唱・合唱

今年度のネオクラシックコンサートは、管弦楽と混声合唱団との協演による演奏会です。ネオクラシックコンサートでは「第九」は初めてです。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

これまでのコンサート内容

出演者(楽器)主な演奏曲目(作曲者)
関谷 学(ピアノ) 権 龍模(ヴァイオリン) 野尻ゆう子(ソプラノ)「子供の領分」より(ドビュッシー)「夜のガスパール」より“オンディーヌ”(ラヴェル) 幻想即興曲(ショパン) 祈り(権 龍模) 木洩れ日(権 龍模) ツィガーヌ(ラヴェル) オペラ「夕鶴」より“つうのアリア” うぐいす(アラビエフ) アベマリア(シューベルト)
伊藤公一(フルート) 山田正丈(テノール) 前川あす香(電子オルガン)カルメン幻想曲(フランソア・ボルヌ) ロンディネロ(ヘンリー・クリプス) 緑の風のアニー(ジョン・デンバー) オペラ「トスカ」より“星は光りぬ”  カタリ カタリ(カルディルロ) 初恋(越谷達之介) 組曲「展覧会の絵」より“プロムナード” アイネ クライネ ナハト ムジーク(モーツァルト) 威風堂々第1番(エルガー)
大江暢子(マリンバ) 朝田文子(クラリネット) 細江 誠(フルート) 宮川尚子(ピアノ) 東海法子(マリンバ)「ウイリアム・テル」幻想曲(ロッシーニ・朝吹英一) アルジェリアのイタリア娘(ロッシーニ・朝吹英一) だんだん小さく(シュライナー) ベニスの謝肉祭(ジャンピエリ) カフェ1930(ピアソラ) リベルタンゴ(ピアソラ) ノクターン(ショパン)
新堀ギター男性六重奏団(DANROKU)D(瀬戸輝一) 盆踊り(伊福部 昭) 禁じられた遊び(スペイン民謡) プレリュードBWV998(バッハ) リベルタンゴ(ピアソラ) ビー玉遊びのバイヨン(ベリナティ) アルハンブラの思い出(タルレガ) タンゴアンスカイ(ディアンス)
金城学院大学ハンドベルクワイア渚のアデリーヌ(ポール・セネブレ) グレン・ミラー・クラシックス(グレン・ミラー) バレエ組曲「くるみ割り人形」より“行進曲”“花のワルツ”(チャイコフスキー・ 吉田年一) いそぎ来たれ、主にある民(賛美歌21 259番) パイナップル・ラグ(スコット・ジョップリン) ライオン・キング・メドレー(エルトン・ジョン)
岐阜県交響楽団(指揮:大島義彰 指揮と語り:田中陽治)歌劇「魔笛」序曲(モーツァルト) 交響曲第40番ト短調(モーツァルト) 交響曲第1番ニ長調「巨人」(マーラー)
河村義子(ピアノ)野尻ゆう子(ソプラノ・語り)醍醐加代子(エレクトーン)鷺森雅古(パーカッション)隠 幸恵(ピアノ)林 葉子バレエアカデミー みずほレインボー合唱団くるみ隊アヴェマリア(バッハ〜グノー編)・主よひとの望の喜びよ・賛美歌メドレー・クリスマスイヴ・ホワイトクリスマス・ママがサンタにキスした・くるみ割り人形
権 龍模(ヴァイオリンとお話)アンサンブルコンチェルティーノ(合奏)瑞穂市内小中学生による合唱団(合唱)深沢紀子(朗読)神原三保子(映像)ヴァイオリン協奏曲 四季(ヴィヴァルディ)絵本『ユタカノキ』朗読と音楽(高橋和奈枝作/権 龍模作曲)アダージオ(アルビノーニ)(権 龍模)ひまわり(ヘンリー・マンシーニ)(権 龍模)雨上がりの空(権 龍模)
神谷百子(マリンバとお話)鈴木理恵子(ヴァイオリン)山田武彦(ピアノ)マリンバデュオ凛/加納三栄子・加納里奈(マリンバ)チゴイネルワイゼン(P.サラサーテ)タンゴ・ジェラシー(ヤコブ・ガーデ/山田武彦編曲)“カフェ1930”“ナイトクラブ1960”(A.ピアソラ)わが母の教え給いし歌(A.ドヴォルザーク/山田武彦編曲)アディオス・ノニーノ(A.ピアソラ)リベルタンゴ・ヴァリエーション(E.サミュ)タイトル未定・日本初演(北方寛丈)「四季・冬」より“ラルゴ”(A.ヴィヴァルディ)アヴェ・マリア(F.シューベルト/山田武彦編曲)2-gather(M.シュミット)Sculpture3(R.パワッサー)舞踏会の美女(L.アンダーソン/山田武彦編曲)「マイ・フェア・レディ」より“踊り明かそう”
10岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)赤堀織江(ソプラノ)ポルカ「雷鳴と電光」(J.シュトラウス)バレエ組曲「くるみ割り人形」より“小序曲”バレエ組曲「眠りの森の美女」より“ワルツ”バレエ組曲「白鳥の湖」より“第二幕の情景”オペラ「ジャンニスキッキ」より“私のお父さん”オペラ「ラボエーム」より“私の名はミミ”オペラ「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”バレエ音楽「火の鳥」より“カッチェイ王の魔の踊り”“こもり歌”“終曲”
11岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)ネオクラシック合唱団(女声合唱)「 舞踏会の美女」(アンダーソン)バレエ組曲「くるみ割り人形」より“花のワルツ”「日本民謡によるオーケストラ入門」(外山雄三)「アンダンテ・フェスティーヴォ」(シベリウス)交響組曲「シェエラザード」より第4楽章「浜辺の歌」(成田為三)「美しく青きドナウ」(J.シュトラウス供縫ンタータ「土の歌」より“大地讃頌”(佐藤 眞)
12岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)赤堀織江(ソプラノ)杉本 俊(バリトン)金田紗希里(ピアノ)ピアノ協奏曲第2番第1楽章(ラフマニノフ)交響曲第1番第4楽章(ブラームス)ハンガリア舞曲第5番(ブラームス)歌劇「フィガロの結婚」より“恋とはどんなものかしら”(モーツァルト)歌劇「フィガロの結婚」より“もう飛ぶまいぞこの蝶々”(モーツァルト)歌劇「椿姫」より“ああ、そは彼の人か〜花から花へ”(ヴェルディ)歌劇「タンホイザー」より“夕星のうた”(ワーグナー)歌劇「魔笛」より“パパパ”(モーツァルト)《アリアに挑戦》・・みんなで歌おう!歌劇「トゥーランドット」より“だれも寝てはならぬ!”抜粋
13岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)ネオクラシック合唱団(女声合唱)行進曲「威風堂々」より第1番(エルガー)交響曲第3番「ライン」より(シューマン)第1楽章・第5楽章NHK大河ドラマ「平清盛」テーマ・「江〜姫たちの戦国」テーマ「春に」(谷川俊太郎作詞木下牧子作曲)「Let's search for tomorrow」(堀徹作詞・大澤徹訓作曲)オラトリオ「メサイヤ」より"ハレルヤコーラス"
14岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)辻彩奈(ヴァイオリン)オペラ「カルメン」(ビゼー)より〜袷婉吻▲魯丱優薛セギディーリャぅ献廛掘爾硫劉テ牛士の歌最終場面・カルメン幻想曲(サラサーテ)・ミュージカル「ウエストサイド物語」セレクション(バーンスタイン)他
15和太鼓遊打@SOUL 内海いっこう(和太鼓)夕田敏博(和太鼓&パーカッション)久保比呂誌(作曲/ピアノ&津軽三味線)後藤ゆり子(マリンバ)出口煌玲(龍笛&篠笛)笛木良彦(和太鼓)KoKiRiKo(コキリコ)Seagal(セガール)Grand Beats(グランビーツ)け宙へ(Sorae)シ遒防颪(Tukinimau)δ天擇△い篝(Tsugaruaiyabushi)天翔ける(Tenkakeru)┠覯士~uneri~体験コーナー剣の舞(Tsuruginomai)ハナミズキ(Hanamizuki)Ghanaia(ガーナイア)トリオ(Trio)いにしえの光(Inishienohikari)BEAT THEATER(ビートシアター)
16岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話) 赤堀織彗(ソプラノ)杉本俊(バリトン)ネオクラシック合唱団(混声合唱)^夘堂々第1番(エルガー)愛のあいさつ(エルガー)B膤惱謀欺曲(ブラームス)げ侶燹崢愽院廚茲蝓抜デ佞硫痢(ベルディ)ゥペレッタ「メリー・ウィドゥ」より“閉ざした唇に”(レハール)Believe(杉本竜一)Ш声合唱のためのカンタータ「土の歌」より“農夫と土”“祖国の土”“大地讃頌”(佐藤眞)
17岐阜県交響楽団(管弦楽)田中陽治(指揮とお話)川瀬喬久(ギター)上原佑介(ギター)清薫(ピアノ).魯鵐リー舞曲第5番(ブラームス)禁じられた遊び(スペイン民謡)タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)ぅ▲薀鵐侫Д攻奏曲第2楽章(ロドリーゴ)ゲ侶燹屮ベロン」序曲(ウェーバー)Α崚戸会の絵」より“プロムナード”〜“キエフの大門”7曲(ムソルグスキー)
18岐阜県交響楽団(管弦楽)柴田祥(指揮とお話)赤堀裕之史(トランペット) 〜閥福屮▲襯襪僚」第1組曲より「前奏曲」「カリヨン」第2組曲より「パストラーレ」「メヌエット」「ファランドール」(ビゼー)▲肇薀鵐撻奪閥奏曲(テレマン)トランペット吹きの休日(アンダーソン)じ魘繕並茖携(ベートーヴェン)

ネオクラシックコンサートの耳より情報
♪日時:2018年7月29日(日)14時〜
♪混声合唱とオーケストラの協演は、ネオクラシックコンサートでは初めて第九に挑戦です。市制15周年記念して広く市民の方々にも参加を呼びかけました。また、趣旨に賛同頂けた合唱愛好家の皆さまにもご協力いただき今は練習も佳境に入っています。
指揮は塚田隆雄さん、ソプラノは赤堀織彗さん、メゾソプラノは三輪陽子さん、テノールは中井亮一さん、バリトンは岡本茂朗さん、と錚々たる出演者を得ての記念コンサートです。
「指揮者コーナー」もあります。
武山幸子による司会で進められるネオクラシックコンサートで犇Δ鵬里い泙靴腓Αヾ心遒硫里髻畍畍紊里劼隼をサプライズも含めてお楽しみ頂きますので是非お運びください。 「指揮者コーナー」の参加コーナーでは約3名の方を会場で選びます。
関心のある方は、この機会に是非挑戦してみてください。


第19回「ネオクラシックコンサート」はベートーヴェン作曲「第九」終楽章「歓喜の歌」を練習しています。多くの皆様ののご来場をお待ちしています。
「第九練習」"align="center"

ネオクラシックコンサートに対するご意見・ご感想は又は にお気軽にお寄せください。