このページは、メール等でお寄せいただいた方のご質問に回答するページです。
主にメールアドレスの記載がなかった方のご質問を載せていきます。

まなぁこさん

■ご質問概要
物体パーツの初期画像がおかしい点

■回答
おそらくそれはシステム画像の設定の問題です。
デフォルトのmapcg.gifを見るとわかりやすいですが、画像の上から4段は、ゲームの基本的な画像を指定します。
開いたのと同時に、画像が物体として同じ画像が表示されてしまう、というのは、システム画像の通常真っ黒の部分に普通の画像をおいてしまったからだと考えられます。
おき方については、WWA作成講座の、画像の作成方法に書いてあります。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


なまさん

■ご質問概要
確率について

■回答
確率は「物体パーツ」の「ランダム選択」から指定できます。
10個のボックスに物体パーツNoを入力します。
すると、その中からランダムに選択されて物体が表示されます。
また、この中にさらに別の「ランダム選択」を指定すれば、さらに細かい確立を設定できます。
例として、宝箱にふれると、「ランダム選択」が表示されるようにすれば、宝箱の中身がランダムで変わります。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


ややさん

■ご質問概要
素材から画像への組み込み方法

■回答
WWAの素材をすでに持っているなら、それをペイントなど、画像を編集できるソフトで開いてください。
素材はおそらく、40×40ピクセル(右下に表示)になっていると思いますので、選択し、切り取ります。
40×40ピクセルになっていない素材(素材?)は、適当なところで40×40に切り取ります。
ここでWWAに使用している画像ファイルをペイントで開き、先ほど切り取ったものを貼り付けます。
わずかにずれてもまずいので神経を使いますが、拡大機能をうまく使ってがんばってください。
気をつける点として、透過色があります。
デフォルトでは、ある灰色が透過色です。
透過したい部分はその色に「塗りつぶし」をしましょう。
透過がうまくいかないと、物体パーツの後ろに妙な四角形が現れます。
そんなときは、透過色がちゃんとあっているか、確認してください。
デフォルトの画像ファイルは透過がされているので、透過の仕方については省略します。
できたら、WWA作成ソフトから開き、うまくいったか確認してみてください。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


さん

■アドバイス概要
プレイヤー座標についての表記

■回答
アドバイスありがとうございます。今度、WWA作成講座に付け加えようと思います。

プレイヤー座標というのは、P,Pのことです。
プレーヤーの位置に物体・背景を設置するときに使用します。
乗ると効果が出る背景なら、相対座標の+0,+0で代用できますが、物体ではできません。
そこで使うのがP,P。これにより、プレイヤーと同じ座標に物体・背景が出現します。
主に連続イベントを作るときに使用します。
これはちょっと難しいので、慣れてきた方のみ使用するようにしてください。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


souさん

■ご質問概要
パーツ番号と画像

■回答
回答が遅れて申し訳ありませんでした。
ご質問に関してですが、最初から人がたくさん出てくるというのは、おそらく使用する画像に、「material.gif」を指定しているからであると思われます。
画像の上から4列はシステム画像を要求します。
それについては(つたない説明でよろしければ)サイト内、WWA作成講座のここにあります
また、番号0というのは、何もない状態のところにもとから置かれている物体、及び背景のことです。
警告メッセージはわかりにくい説明ですが、無視していいと思います。
ただ、編集はできないということで、左クリックで選択することができます。
何かが置かれているところに0のものを配置すると、もとからあった物体(背景)はマップ上から削除され、そこは「何もない」状態=デフォルト状態となります。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


さん

■ご質問概要
ホームページへの素材の貼り付け方

■回答
ホームページへの出力の仕方、ということですよね・・・?
タグの書き方についてご紹介します。
たとえば、画像でしたら、<a href="URL">とします。
また、alt属性も、最近では必須のようです。
ですから、画像は、<a href="画像のURL"alt="説明">
となります。画像の使用時には、著作権に注意してくださいね。
無断で人のサイトから素材を取ってはいけません。逮捕されます。
音楽の出力には<embed src="音楽のURL">を使用します。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


モチネコさん

■ご質問概要
動く床の作り方について

■回答
背景→ジャンプゲート→相対座標(+1や−1など)を指定すればよいです。
たとえば、向かって右に流れていくとします。
すると、x座標が1ずつ増えていくわけです。
ですから、x:+1、y:+0をジャンプ先に指定します。
それを並べれば、そのマスにキャラが乗れば流れていく、動く床の完成です。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ


シュルクイックさん

■ご質問概要
WWAデーターのアップロード方法について

■回答
サーバにもよりますが、infoseekでしたらFTPアップロード、ファイルマネージャ両方可能ですし、geocitiesにはファイルマネージャがあります。
ただし、geocitiesではdatは使えないので、拡張子の部分をlzhに書き換えて、アップロードしてください。
その他ホームページスペースの場合は、利用規約などをご確認のうえ、アップロードすればいいかと思います。
ページへの組み込み方については、自動生成される、user.htmlのソースをお好みに変えてご利用ください。なお、アップロードすべきは、

***.dat(lzh)(***は任意の文字列)
WWA.class
***.gif
user.html(名前変更可能)
その他音楽ファイルとなっております。

追記(3/20):最近はgeocitiesでもdatファイルが扱えるようです。(ジュンさん提供)
情報が古くてごめんなさい。

この回答は役に立ちましたか?ご感想をお送りください。
お名前   メッセージ