四国遍路資料展、展示物


平成11 年 香川県立図書館企画、資料にみる四国遍路展が
平成11 年 10月19 日〜11月21日まで香川県立図書館で
開催されましたのでミニミニ情報に取り上げました。      


「 現 代  」

     



  

四国遍路日記   種田山頭火  昭和14年 ( 1939 )復刻  

昭和14年秋、漂白の俳人といわれた種田は生涯最後の旅に出発する
2度目の四国遍路で11月1日徳島を立ち、途中、中断して松山に入る
までの約20日間の日記、この翌年10月没す。
四国八十八ケ所霊験記 
 横浜真言宗青年会 
  昭和11年 ( 1936 )   
                                                
遍路日記 荻原井泉水 昭和16年

昭和12年11月 思いたって遍路の旅
に出る途中 友に恵まれながら四国四県
を巡る。68番神恵院の「春雨海に入る川
の降るほどに降る」の句から始まる。
 表紙の絵は井泉水筆
遍路図会 荒井とみ三 昭和15年

遍路道中で見たままを48景にまとめた
もの、当時の遍路姿や風俗を、漫画家
らしくユモアをまじえた絵と文で細かく
かきとめている。観音寺では四国遍路
の井泉水に会ったとの記述もある。


    
 石摺遍路    井上拓歩編   昭和62年 ( 1987 )
  
四国霊場に散在するへんろ石 石仏 碑 搭の拓本集
四国八十八ケ所霊場 めぐり
  門脇俊一  昭和44年   



 四国霊場略縁起 道中記大成
  中務茂兵衛  明治16年 
 
    明治 大正時代の遍路姿

幕末から明治、大正と三代に渡り、六拾年間に二百八十度も四国霊場を巡拝した中務茂兵衛が
明治十五年六十五度目の巡拝を終え、その体験生かして編集したもの 四国霊場と遍路の様子
が丁寧に記されており古寺縁記や巡拝へんろのあり方なども書かれ茂兵衛は二百八十回の  
四国巡拝の間に二百三十八基の標石を建立す。                            




  Japanese pilgnm  
Japaneese lnn 昭和58年
    
迷い犬と俺の「ちょっといい旅」
 葦原仲道    平成6年 

      
 Tales of a summer henro
 Craig McLachlam 平成9年 


           
  四国八十八ケ所  絵入官製はがき   
   郵政弘濟会      昭和62年 
   瀬戸大橋架橋を記念して発行された。
 四国遍路の寺  2巻  五来 重  平成8年




西村望の 四国遍路の旅   巡礼ツ−リング
西村望  昭和44年     樫野和弘 昭和63年


     
へんろみち  中島久雄 画 ・文 昭和59年

退職の年にへんろ旅にでる 香川 愛媛 高知の
順に12回に分け1年8ケ月かけて札所を歩く60年
の人生をもういちど歩き直すように、そして160枚の
スケッチと忘れえぬ思い出が残った。



御札行脚 フレデリック・スタ−ル
             大正8年

アメリカ人でシカゴ大学教授で御札
博士の名で 知られる 外国人から
見た遍路体験記である。
大正6年大阪朝日の関係で来日 
善通寺では地獄廻り挑戦。琴平
の石段では音をたて今にエスカレ
−タか何か出来るかも知れぬと、
感想をもらしている。
お遍路     高群逸枝      昭和13年  
遍路と人生  高群逸枝      昭和14年  

大正7年7月中旬から約百日かけて四国八十八ケ所を
巡る、このルポは九州日日新聞に百五回に渡って連載
され当時まだ無名だった逸枝を一躍有名にした。へんろ
は大分で偶然出会った老人と困難な逆打ちの順路とる
この時の体験は「一切愛 」 「遍路愛 」という形で実を結ぶ
本書は二十年後新に書き直したもの。





−展示資料から−



江戸時代 」                                         

『空性法親王四国霊場御巡行記』  賢明  寛永15年 ( 1638 )               

『四国遍路日記』       澄禅  承応2年 ( 1653 )                    

『 四国偏礼道指南 』   真念  貞承応2年 ( 1653 )                     

『 四国偏礼霊場記 』  7巻 寂本 元禄2年       ( 1689 )               

『 四国偏礼功徳記 』  2巻 寂本 元禄3年       ( 1690 )               

『 四国遍路海道記 』   大淀三千風   元禄3年  ( 1690 )                

『 四国偏礼絵図 』  細田周英 宝暦13年   ( 1763 )  複製               

明治 ・大正時代 」                                      

『 四国霊場略縁起 道中記大成 』      中務茂兵衛  明治16年 ( 1883 )      

『 絵入 弘法大師四国八十八ケ所山開 』  石川正七編  明治17年 ( 1884 )      

『 八十八ケ所四国霊験記絵図  』  3巻  繁田空山   明治19年 ( 1886 )      

『 四国遍路八十八ケ所みちしるべ 』  諸悪莫作衆善奉行 明治30年 ( 1897 )      

『 八十八箇所四国霊場誘導記  』  2巻  岩城元隨編  明治36年 ( 1903 )      

『 御札行脚 』     フレデリック  ・ スタ−ル  大正8年 ( 1819 )            

『 四国偏路道中図 』    浅野伊勢吉       大正13年 ( 1824 )           


昭和時代(戦前) 」                                      

『 四国遍路 』         島波男        昭和5年 ( 1930 )              
 
『 四国霊跡写真大観 』    中西唯浩        昭和9年 ( 1934 )            
 
『 四国霊場大観 』    四国霊場大観刊行会編        昭和11年 ( 1936 )     

『 四国八十八ケ所霊験記 』  横浜真言宗青年会       昭和11年 ( 1936 )     

『 お遍路 』            高群逸枝       昭和13年 ( 1938 )          

『 遍路と人生 』         高群逸枝       昭和14年 ( 1939 )          

『 四国遍路日記 』       種田山頭火      昭和14年 ( 1939 )   復刻    
 
『 遍路図会 』         荒井とみ三       昭和15年 ( 1940 )          

『 遍路日記 』         荻原井泉水       昭和16年 ( 1941 )          



「 現 代  」                                         

案内記ほか

『 心のふるさと四国八十八ケ所紀行 』 四国八十八ケ所霊場会監修 平成 9年 ( 1997 )

『 四国霊場 奥の院まいり 』   川東和夫編          平成11年 ( 1999 )    

『 四国八十八ケ所お遍路の旅 』    細川淳編         平成10年 ( 1998 )    

『 四国霊場八十八ケ所詳細地図 』   仁木一郎編          平成?年         

『 空から巡る四国霊場八十八ケ所 』   相賀徹夫編      昭和60年 ( 1985 )    

『 68歳からの同行二人 』     宮崎建樹編          平成6年  ( 1994 )    

『 石摺遍路 』             井上拓歩編            昭和62年 ( 1987 ) 

『 四国八十八ケ所 』 絵入官製はがき    郵政弘濟会      昭和62年 ( 1987 ) 

『 四国八十八ケ所 御本尊御詠歌 』    日本仏教普及会     昭和45年 ( 1970 ) 

『 四国八十八ケ所 花遍路 』        溝縁ひろしほか     平成9年 ( 1997 )   

『 四国遍路の寺 』         2巻   五来 重        平成8年 ( 1996 )   

『 四国霊場の秘宝 』  蓮生善隆監修 原田是宏写真     昭和57年 ( 1982 )   

『 遍路の風景 』           村上 護            平成11年 ( 1999 )   

『 Japanese pilgnmage 』   Japaneese  lnn.          昭和58年 ( 1983 )   


体験記ほか

『 四国霊場八十八ケ所 御詠歌 』    鴨居道          昭和58年   ( 1983 )

『 四国八十八ケ所霊場 めぐり 』     門脇俊一        昭和44年   ( 1963 )

『 死装束の旅 』               津田一男        昭和52年   ( 1977 )

『 巡礼ツ−リング 』             樫野和弘        昭和63年   ( 1988 )

『西村望の 四国遍路の旅 』        西村望         昭和44年   ( 1963 )

『 遍照の海 』                澤田ふじ子        平成4年   ( 1992 )

『 へんろみち 』            中島久雄 画 ・文       昭和59年   ( 1984 )
  
『 迷い犬と俺の「ちょっといい旅」 』      葦原仲道       平成6年   ( 1994 )

『 Tales of a summer henro 』      Craig McLachlam     平成9年   ( 1997 )





    四国遍路資料展に戻る