「Tokyo蕎麦塾」
蕎麦栽培プロジェクト2008

in 茨城奥久慈

今年の「Tokyo蕎麦塾」による蕎麦栽培は5年連続の大豊作という思
いもよらぬ結果で終了しました。栽培に参加された皆様お疲れさまでした。
収穫祭では自分で栽培した蕎麦を堪能し格別なものだったと思います。
蕎麦栽培の楽しみをもっと多くの人に楽しんでもらえることを祈って今年
の蕎麦栽培記録を終了します。

2008年蕎麦栽培スケジュール

 8月16日  蕎麦播種
 8月30日  土寄せ
 9月27日  蕎麦の花見
10月25日  刈り取り

11月 8日  脱穀
12月13

  
〜14日  収穫祭
2008年8月16日 播種
それにしても今年も暑いですねー! 昨日は35℃超えでしたが本日は30度弱という好条件での作業となりました。
9時に作業開始し11時30分に作業終了。皆さん疲れも知らずにすがすがしい表情のうちに作業が終了しました。 これで今年も豊作かな?

実用新案? 種まきボトルの作成

これで今年は蒔きムラが無くなるか?

プロジェクト隊長の挨拶で行事の開始

今年も豊作でありますように 「パチリ」

秘密兵器も快調のようです

皆さん慣れたものですね!!

たまには隊長も真剣な表情になるんですね!

楽勝です

お待ちかねの休憩!!

いつまで休んでいるんだー?

隊長が西金砂神社で記帳のうえ豊作祈願

西金砂神社山頂、本殿での記念撮影
2008年8月20日 発芽
播種日は良い天気に恵まれましたが、夕方からの雷、翌日は朝から雨、その後も毎日のように雷が続いていますが蕎麦の芽のほうは
元気に発芽していました。今年は「秘密兵器の播種ボトル」を使ったせいか蒔きムラもほとんどなく一斉に芽が出ていました。
2008年8月24日 若葉(今日現在約10cm)
今年は本当に異常気象ですね。16日の播種日以降、30度を超えることなく毎日涼しい日が続いています。太陽に当たらないと蕎麦も生育にも
影響がありそうに思うのですがどうなのでしょう? 今のところはスクスクと伸びてはいますが・・・
2008年8月30日 土寄せ(播種後14日)
今年の夏の天気は本当に変ですね。ここ数日は各地で集中豪雨により被害がでているようですし、茨城でも2〜3日前から局所的豪雨で河川
増水や列車不通の箇所があったようです。
天気予報を見ては今日の天気を心配していましたが、当然のごとく予報では「傘マーク」、でも日振りはできないので雨天決行!! 皆さんカッパ
持参で集合し作業を開始しました。しかし、どうゆうわけか今日は雨に降られず(レ○○マンが参加しなかったから?)12時過ぎには作業が終了
しました。 いつもより少ない人数での作業お疲れ様でした。  後はお決まりの温泉に入って解散しました。

今年の畑は広いですね

やっぱり機械は早い

機械に振り回されている??

やっぱり休憩はこれに限ります
土寄せってなに? と言う方に

蕎麦の種を播いてそのまま生育すると、左の写真のような状態になります。(種を播いて14日目、約15cm)
蕎麦の茎は非常に弱く、風などによりすぐに倒れてしまいます。これを防ぐためにこの時期に周りの土を蕎麦の
茎付近に寄せて周りを土で覆うことにより倒伏しにくい蕎麦を作る目的でおこないます。(右の写真)


今年も辛味大根、二種類を播きました

大根畑です
2008年9月6日 つぼみ(播種後21日)
9月に入ってしばらくぶりに太陽を見るできるようになりました。
蕎麦の生長は本当に早いですね、写真を見てもわかるように一週間でまるで違った様子になっています。穂先にはもう蕎麦の花のつぼみができていました。
あと2〜3日で今年も可憐な花を見ることができます。今から約一ヶ月間は蕎麦の花を楽しめます。

しっかりと育っています

背丈は約35cm

もうすぐ開花です

辛味大根も順調に発芽していました
2008年9月15日 蕎麦の開花(播種後30日)
先日のゲリラ豪雨により近所の蕎麦畑はすべて倒伏してしまったので心配していたのですが、Tokyo蕎麦塾の
蕎麦はちょっと伏せたもののあまり影響が無かったようです。やはり「アワビ様」のおかげですね!!

2分咲きといったところでしょうか

いつ見ても可憐な花ですね

ミツバチが受粉のお手伝い

ゲリラ豪雨によりちょっと伏せた
2008年9月27日 蕎麦の花 満開 (播種後42日)
いよいよ今年も花見の時期になりました。ゲリラ豪雨で倒れる蕎麦がある中「Tokyo蕎麦塾」の畑は今までの中で最高の花見日和
になりました。茎の状態、秋晴れ、面積すべてにおいてベストコンディション   今日参加できなかった方は本当に残念でした。


この蕎麦畑を見てください。 まさに一面の蕎麦の花  最高です!!

近くの養蜂場を見にいったらちょうど養蜂場のお姉さんがいて
蜂を見せてもらうことになった。 重装備をしているところです。

隊長だけが蜂の餌食になることになり女王蜂にご挨拶をしてきた。
顔が真っ黒なのは蜂に刺されたのではありません。

蕎麦の茎の先にはもう可愛い蕎麦の実が!!

ちょっと寂しい人数での集合写真です

近くの川原でバーベキューの準備

美味しい常陸牛が焼きあがりました

全員集合でカンパ〜イ

恒例 秋刀魚の串焼き
2008年10月19日 もうすぐ刈り取り (播種後65日)
ここのところ忙しくて蕎麦畑を見に行ってる暇がなかったが、来週が刈り取り日となっているので心配で見に行ってきました。
前回とはすっかり様子も変わっており、蕎麦の花はもうほとんど見えなくなっていました。黒化率は40〜50%位になっているようです。
例年に比べると茎についている蕎麦の実の数がちょっと少ないかなと感じましたが、今年は予想に反して台風も来なかったので倒伏す
ることもなく条件は比較的良かったですね。たぶん5度目のドジョウも捕まえられそうかな?  あとは来週の天気を祈るだけです。

白い花はもう見えません

大根もスクスクと育っています

蕎麦の実です

成熟中の緑色の実もあります
2008年10月25日 刈り取り (播種後71日)
今年もとうとうこの時期がやってきました。今年は異常気象だったため台風にでもやられてしまうかなと思っていたのですが今年
の台風は少なかったですね。 いつも台風の進路を心配しながら天気予報を見ていたのですが今年はあまりありませんでした。
台風は無かったのですが流行のゲリラ豪雨に何度か見舞われて蕎麦はちょっと寝てしまいましたが収穫には問題なさそうです。
でも今年の面積を考えるとすべて手作業でやろうと言う人は誰もいません。相談の結果半分を今まで通りの手刈りでおこない、
残りの半分をコンバインに頼ることにしました。

左半分を手刈りしました  右の残りはコンバインで

まずは隊長から作業の打ち合わせ

戦闘開始です

作業開始一時間くらいで半分が終了

今年も手ごたえ十分

まだ11時 もう終わってしまう

午後までかかる予定だったので弁当持参です
刈り取りが予想より大幅に早く終了したので「袋田の滝」の観光を追加。
8月から「新観瀑台」がオープン、今まで見ることが出来なかった滝の一番上まで見ることが出来るようになりました。紅葉にはまだ早かったでのすが
昨日の大雨ですごい水量、旧観瀑台からは水しぶきで濡れながら滝を満喫してきました。
マイナスイオンをたっぷり浴びてから恒例の温泉へ行き、一部の人は反省会をしてから解散しました。
2008年11月 8日 脱穀 (播種後85日)
蕎麦畑での最後の作業日となりました。昨日が立冬ということもあってか本日は曇り空の「さむーーい」一日でした。
それでも5匹目のドジョウを狙って朝から前回で働いたおかげで予定通りに16時には試合終了。冷えた体を温泉で
暖めてから帰路に着きました。

去年の集合写真時間には暗くなっていましたが今年はちょっと余裕が見えます

今年は機械に頼らずひたすら人手で

やっぱり人数がいると早い

棒で叩いた実を唐箕で選別します

2箇所で選別したので効率が良かったですね

豊作の期待・・・ 隊長から笑みが!!

作業終了 マスクが真っ黒です

残りの1反5畝の蕎麦畑は9日にコンバインで収穫しました

手刈りと同じ面積なのですが収量は約1割減 脱粒したのでしょうか

玄蕎麦の乾燥

約15%になったら唐箕をかけます

これはコンバイン刈りの玄ですがごらんのように茎が多いですね

唐箕にかけると面白いように茎と分別できます
2008年13、14月 収穫祭
今年の蕎麦栽培に参加された皆様お疲れさまでした。
蕎麦栽培最後のイベント、収穫祭の日がやってまいりましたね。今年も大豊作といっても良いでしょう。 5年連続の大豊作、もうこれは疑いも
無く西金砂神社の「アワビ様」のお陰ですね。蕎麦栽培隊長をはじめ皆さんで豊作お礼の祈願をしてまいりました。来年も豊作でありますように!!
蕎麦栽培開始当時から比べると参加人数は下降ぎみですが、収穫量は年々上がってきております。蕎麦塾塾生の皆さんに蕎麦栽培の楽しみ
を味わってほしいですね!!
収穫祭では丸抜きした実から手石臼と電動製粉機を使い製粉教室を開催、製粉による蕎麦の味の違いを比べたり、料理班による美味しい料理
で大宴会の開始、新蕎麦を十分に堪能しました。自分で栽培した蕎麦を製粉しじっくりと蕎麦を嗜む!! これ以上の贅沢は無いですね!!
また、来年もありますように!!

隊長による豊作お礼

ご本殿で記念撮影

会場で開会の挨拶

製粉教室の開催

料理班長が味のチェック

○○さんがヤマメの串刺しに挑戦

皆さんの蕎麦の準備です 他の人は温泉に行ってしまいました

ヤマメの塩焼きです

会計長による宴会開会

とりあえず隊長の挨拶

カンパ〜イ

早朝6時から蕎麦打ちです

やっぱり朝から蕎麦です

お疲れさまでした
オマケです
今回もお世話になった「里美ふれあい館」の施設です。この時期はイルミネーションにより町中にこのような景色が見られるので綺麗です。
宿泊もできますし、蕎麦屋顔負けの厨房施設も使えますので蕎麦栽培の収穫祭にはぴったりの施設です。
「里美ふれあい館」 http://www.yuu-group.co.jp/satomi_fureai/
今年の蕎麦栽培は5年連続の大豊作という結果で無事終了しました。
この豊作が何年続くのかわりませんが蕎麦栽培も長く続くことを祈っています。


蕎麦栽培
栽培記録
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
トップ  常陸秋そば  蕎麦栽培  自家製粉  蕎麦打ち  蕎麦工房  おしながき   リンク