2002年蕎麦栽培の記録

2002年8月16日 播種
約一反歩の畑をトラクターで耕して50cm間隔に畦を切る
手播きで蕎麦を播いた後に足で土をかける。
今年は台風が多く発生しているので倒伏が心配。
2002年8月21日 播種後 5日目
日本に接近していた台風13号大きく東に逸れたため被害
も無く一安心、播種後5日目で背丈は数cmまで伸びている。
見るからにルチンがたっぷりと含まれていそうな茎である。
2002年8月25日 播種後 9日目
背丈も12cm位となりしっかりしてきた。
2002年9月7日 播種後 21日目
背丈は40〜60cm
早くも白い花が咲始めている。これからがのミツバチの活躍を期待。
2002年9月16日 播種後 30日目
背丈は70〜80cmまで生長しましだが畑の中央付近が先日の大雨で
到伏(5m四方)してしまいました。
畑全体が可憐な白い花に被われて奇麗です。ミツバチも一生懸命
働いてくれていました。
2002年10月3日 播種後 47日目
台風21号の被害により畑の蕎麦全てが到伏してしまった。
花も満開の状態であったが今の花に結実は望めそうもない。しかし
蕎麦は非常に強固な生命の持主で倒れても先の茎が真上に伸び
てくるのである(今までの経験では) 残りの一ヶ月、これから成長
する茎に期待をかけたい。
2002年10月3日 播種後 47日目
到伏してもこの様に実をつけている
茎がある。
全体的に見るとほんの僅かであり収穫
量はほとんど望めない。
2002年10月28日 播種後 72日目
今年は到伏したせいか何処の蕎麦も花の開花期間が短かかった
ようである。いつもだと刈取る時期でも咲いている花が見られるのだ
が台風で到伏した後の開花が止まってしまったのだろうか?
手ごたえのない刈取りでしたがもうすぐ貴重な新蕎麦が食べられます。
2002年11月11日 播種後 85日目
約2週間天日乾燥させて脱穀をした。ここ一週間は氷がはるような低温
となり早く収穫したかったのだが本日無事に収穫となりました。
肝心の収穫量は約50Kgほどである。最悪だった去年が60Kgだったの
で最悪記録更新をしてしまいました。自家で消費するには十分なので大
事に蕎麦を堪能したいと思います。


蕎麦栽培
栽培記録
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
トップ  常陸秋そば  蕎麦栽培  自家製粉  蕎麦打ち  蕎麦工房  おしながき   リンク