2001年蕎麦栽培の記録

8月23日 播種
金砂郷町周辺では8月15日頃が播種時期です。
今年は20日頃を予定していたのですが、あまりにゆっくり進む台風11号の通過を待って
23日に種を播きました。約一反の畑では5kgの種が標準なのですが、手播きの難しさで
どうしても厚く播いてしまいます。
8月26日発芽(右上写真)、約3cmくらいです。
8月28日 播種後 5日
今年の天候は7月が猛暑で8月に入ってから晴れ間がないなど、異常気象?のようです。
芽も出揃い 7〜8cm位になりました。ちょっと厚いので間引いてお浸しで食べると美味
しいのだけど間引くのが面倒くさい。
9月 1日 播種後 9日
9日目で12cm位に成長、あと一週間くらいで倒伏防止のため培土を行ないます。
毎年倒伏で悩まされています。誰か倒れない栽培方法をご存知の方は教えてください。
9月 10日 播種後 18日
台風15号が接近中の今朝、培土を行ない
ました。台風に何処まで持ちこたえるか?
背丈は約30cm、左写真のようにもう花芽
が出てきました。
9月 12日 播種後 20日
台風15号は太平洋側を通過したおかげ
で風は思ったほどでもなかった、雨は
時雨量20mm位降り、土はこのようにな
ったがどうにか蕎麦の倒伏は免れた。
9月 19日 播種後 27日
背丈は約40cm、花もこのように大分咲き
始めている。
これからの受粉は「蜂頼み」をするのみ
です。
9月 24日 播種後 31日
背丈は約60cm、2回目の培土を行いました。例年だと倒伏してしまい2回目の培土が出
来ない状態になってしまうのですが、今年はまだ倒伏せずにがんばっています。
白い花も満開の状態です。早い茎には緑色した蕎麦の実がしっかりと実っていました。
10月 3日 播種後 40日
背丈はあまり変わらないが、花が相次いで開花しており緑色の実がだいぶ増えてきている。
今年の天候は良いみたいだが収穫はどうなるだろう。計算ではあと35日くらいで収穫になる。
10月 13日 播種後 50日
今年上陸した2回の台風では被害がなかったのだが、10日の低気圧による豪雨は台風以
上の大雨となり最大時雨量31mm、連続降雨量も104mm(常陸大宮)となった。
さすがの蕎麦も耐え切れずご覧のように倒伏してしまった。幸い地面までべったりとは倒
れていないのでどうにか復活しそうだが、刈取り時の困難さと若干の収穫量減となってし
まいそうである。
結実した実は所々黒くなり始めている。あと25日後が楽しみである。
10月 22日 播種後 59日
蕎麦畑も白い花はもうほとんどの見えなくなりました。穂先も結実した実が6割くらいは黒
くなってきています。この実が充実してふっくらと丸みを帯びてくれば刈取りです。
蕎麦の実の中にちょっと変わった蕎麦の
実を発見しました。
花は白いのですが実がこのように赤い色
をしています。数本くらい見られました。
違う品種なのでしょうけど近くで異う品種
の蕎麦が交配したのでしょうか?
来年は、保証付きの常陸秋そばを購入
しよう。
10月 27日 播種後 64日
休みの都合で少し早いかなと思ったが
入を行なった。例年ほど茎が曲がってい
なかったので刈りやすかったが去年より実
か少ないようだった。
去年の半分の収穫量といったところか?
今年は自家消費のみになりそうである。
11月 15日
休みたびに雨が降りなかなか脱穀できな
かったのだが、今日脱穀を行なった。
愛用の脱穀機(一輪車)で実を落とし、
篩いで篩ってから唐箕で吹きます。
今年は約60kgの収穫がありました。
水分率か18.3%だったので天日で乾燥
して16%に調整します。

蕎麦栽培
栽培記録
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
トップ  常陸秋そば  蕎麦栽培  自家製粉  蕎麦打ち  蕎麦工房  おしながき   リンク