2000年蕎麦栽培の記録

ほ場準備  8月16日 
約一反の畑に肥料(リンサン3Kg,カリ4Kg)を散布してトラクター
で耕して60cm間隔に畦を切り播種の準備完了。
播 種  8月17日 
畦に沿って蕎麦の実を手播きしてから、足で軽く土を被せる。
一反の畑にそばの種は5Kgが目安であるが、手播きでは加
減が難しく、終わってみたら6.5Kgを播いてしまった。
発 芽  8月20日 
17日の夜に雷による豪雨(時雨量48mm)で畑の低いところ
が冠水し、土も粘土状になってしまった。
発芽率に影響があるかとちょっと心配をしていたが、ご覧のよ
うに粘土状に固まった土を持ち上げながら芽が出てきました、
毎年感心しますがほんとに蕎麦の生命力には驚きます。
8月24日 播種後8日目 
8日目で約17cm位に成長、朝と夕方では伸びたのが目で
わかるくらいにすくすくと伸びています。
9月1日 播種後15日目 
長い茎はもう30cm位にまで伸びています。
倒伏防止のために茎の根元に培土をおこないました。
9月8日 播種後22日目 
9月2日に局地的な雷による突風、豪雨があり若干倒れて
しまった。昨年までは今の時期で倒伏していたが今年は
どうにか持ちこたえている。隣町ではこの雷雨のため茎
まで折れてしまい壊滅状態の所もありました。
現在45cm位、一割くらい花が咲いてきました。
9月15日 播種後29日目 
台風14号の影響による豪雨があり、とうとう例年とおり?伏し
てきました。それでも元気に成長しているので収穫にはあま
り影響はないと思います。
もうほとんどの茎に花芽を持ってきました、あと10日もすると
満開になるでしょう。
9月28日 播種後42日目 
ぼぼ満開の状態です。結実に大切なミツバチも快晴の中
元気に飛び交っていました。刈り取りまで後30日、これ以
上倒伏しないことを祈っています。
10月10日 播種後54日目 
蕎麦畑を一見すると少しずつ茶色くなってきました。
早く結実した実は下のように黒くなってきています。
10月28日 播種後72日目 
結実した実は9割以上黒くなりました休みが中々合わな
かったのですが、待望の刈り取りを行ないました。
去年より実の入りが良いのか4人掛かりで丸一日かかっ
てしまいました。約2週間天日干しをして脱穀します。
11月06日 播種後81日目 

本来ならば2週間乾かしてから脱穀する予定でしたが、
仕事の都合で9日間の乾燥で脱穀しました。若干乾きが
足りないので実が放れずらかったようですが、写真のよう
な文明の力?(くるり棒)を使っての脱穀のおかげで助か
りました。
このような農機具?を使うのはこの辺でもほとんど見られ
なくなりました。(実物を見たのは私も初めてでした)
落とした蕎麦の実を篩いで大きなゴミを取り除いて唐箕
で実を選別します。
ちょっと乾燥が足りないため、数日間天日で乾燥し水分
を15%に調整して今年の栽培終了です。
今年の収穫量
今年は、晩種直後に豪雨がありちょっと心配しましたが
その後の好天のため育ちは良かったようです。
約8畝の収穫量は玄米の袋で5袋分乾燥前重量で130
Kgでした。一反歩の計算で約3俵になりますので上出
来の収穫です。同じ作り方で去年の倍以上の収穫にな
りましたので、気候に左右される作物だと言うことが良く
解りました。

蕎麦栽培
栽培記録
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
トップ  常陸秋そば  蕎麦栽培  自家製粉  蕎麦打ち  蕎麦工房  おしながき   リンク