名寄帳
 その人が持っている不動産の一覧表のこと。自治体によって「土地家屋課税台帳」や「固定資産課税台帳」とも呼ばれるが、その通称と考えていい。実はこの書類、不動産業者にとってはたいへん大きな意味を持つ。基本的には本人しか請求できず、身分証明書が必要。地主が不動産を売りたいとき、これを本人に出してもらうことで本気度を図ることができるからだ。また、一覧表になっているので、その農家が所有している財産を把握するのにも役立つ。
 委任状があれば代理人が請求することも可能で、納税管理人・相続人代表者ならその委任状も必要はない。法人名義の不動産は記載されないため、名寄帳に載っていなくても法人名義で不動産を所有している可能性はある。

名寄帳は基本的に本人しか請求できない