第一種〜
第三種農地
 農地転用は農地の種類も関係する。第一種〜第三種に分かれているので、具体的に説明しよう。
 第一種農地は高生産農地や特定土地改良事業などの対象農地で、要するに補助金をいっぱい使って立派に整備したもの。ここでは原則として農地転用は認められない。「農地」で説明した「阿武隈高原開発」もこの第一種農地に該当するため、少しだけ宅地にさせてといっても認めてもらえないのだ。
 第二種農地は市街化かそれに近接する農地および小集団の生産性が低い農地、第三種は市街化の傾向が著しい区域にある農地、駅・役場などの公共施設から300m以内の農地、などを指す。このうち第三種は簡単に農地転用が認められ、第二種は第三種に立地することが困難であるか不適当であると認められた場合に許可される。
 つまり、市街地に近い農地はどんどん開発していいよ、というスタンスなのだ。とはいえ、田舎物件はそういう便利な場所にはない。山村では第一種か第二種が主流を占めることになる。そこでは農地の種類よりも、むしろ農振指定の有無が重要になってくるのだが、また稿を改める。
肥培管理した果樹園も立派な農地。第一種なら農地転用は難しい