スライドショー専用ページ
画面いっぱいに表示するスライドショーとギャラリー : イメージ一覧

 Windowいっぱいを使用するタイプで、IFRAME用としても使えます。 Window幅で表示・Window高さで表示・縦横いっぱいに表示・縦横の~%で表示、などです。 IFRAMEとして使用する場合、レスポンシブ対応ページへの設置方法は、 こちら を参考にしてください。



IFRAME用スライドショー : イメージ一覧

 IFRAMEで他のページに貼り付けるタイプで、単独に開くとWindow幅いっぱいに表示されます。 使用方法は各サンプルスライドショーのソースの中に記述してあります。 以下のリンクは直接スライドショーを開きますので、右クリックから「ソースを表示」してコピーしてください。 レスポンシブ対応ページへの設置方法は、 こちら をご覧ください。



0.jpgからの連番の写真を使うスライドショーとギャラリー : イメージ一覧

 0.jpgからの連番のファイル名の写真を使用するスライドショーです。





写真データをBODY内に書くスライドショーとギャラリー : イメージ一覧

 写真データをHTML部分のIMGタグ、DIVタグ、Aタグ、などで作るスライドショーです。



写真データをscript内に書く汎用スライドショーとギャラリー : イメージ一覧

 写真のデータをスクリプト内に記述するスライドショーです。



題名の記号について

[オープンソース]全ソースを無料で公開しています。
[無料]無料で使用できます。
[体験]有料ですが体験版があります。
[有]有料版のみで、体験版はありません。
[F]写真のサイズに制限なし。
[S]同じサイズの写真を使う。
[常]スライドショーが常に動いているタイプ。
[MW]マウスホイール操作可能タイプ。
[大小]大小2枚ずつの写真を使う。
[大]大写真のみ使用。小写真は自動縮小表示。
[0~]0.jpgからの連番写真を使用。
[連番]連番写真を使用。最初と最後の番号を指定。
[選択][大]か[大小]を選択できる。
[A]写真データをHTMLのAタグで記述。
[IMG]写真データをHTMLのIMGタグで記述。
[DIV]データをDIVタグで記述するタイプ。
[BLOCK]データをBLOCK要素で記述するタイプ。
[マルチ]データを複数のHTMLタグで記述可能。
[複]スライドショーを複数配置できる。
[バナー]大写真のクリックで指定ページが開く。




最新更新情報