Work


 

 

ボークス製 破烈の人形 ( SAVバージョン

 

今回も製作代行を任せて頂く事となりました。

秋葉原ボークスでクライアントが先行発売されたバングドールを

早速送ってきて戴きました。(^^

新作バングドール・破烈の人形を製作させて戴きます。

 

(C)TOYSPRESS

 

 

 

 

早速、説明書をざっと見て簡単な処だけ軸打ちしてみました。

SAVは、やはり組み易いです。これからが細かいパーツが多いので、

説明書を見ながらジックリ組み上げて行きたいと思います。

 

 

本体部分の装甲・ベイル等、細かい動力パイプ以外のパーツを取り付けてみました。

装甲が出たり入ったりしている処も在りますが、この後に表面処理やプライマー、サフ吹き等

調整もマダマダ在りますんで取り敢えず御愛敬と云う事で…(笑)

 

 

MM版バングドールを組んだ事が無い私にとって「今回のバングは?」と聞かれるのは

正直、返答に困ってしまう話題でありますが…元々、MMに対して余り良い印象を持っていない

私には…SAVバング最高!!〜と声を大にして叫びたい程、格好良いです。

 

 

 

順次、プライマー吹き→サフ吹きを行って居ります。

ここから再度全パーツの水研ぎを行って、気泡・ヒケのチェックを行っていきます。

 

 

ササっとペーパー掛けを行い下地処理を行い、再度サフを全体に吹いて、

装甲裏のガン・メタル( ガイア・ノーツ )を吹くのを兼ねて装甲色の下地の下地を

全体に吹き付けます。何故?と思う方も居られるでしょうが…。

今回の破烈の人形は薄い紫が装甲色なんで、発色を良くする為に色味を整える為に

下地の為の下地を吹いています。(~_~;)

 

 

 

 

単色で済むパーツにガンメタル・ホワイトの順に吹いた後、装甲色を吹きました。

この後にホワイト・パールを吹いた後、

スミ入れを行い、クリアーコートを3層吹いて磨きに入ります。

 

 

 

(C)TOYSPRESS

 

 

脛部分の基本塗装の為のマスキングを行い本体色の吹き付けを行います。

 

 

基本色を吹き終わって乾燥中です。

 

 

基本色の上からホワイトパールを吹き付けて発色を良くしつつ色味を柔らかくします。

パール塗装が乾燥した後、スミ入れを行っていきます。

 

 

ベイルの基本塗装を終えた状態です。

 

 

本体と同じくパール塗装…スミ入れを行いクリアーコートを施して完成となります。

破烈の人形のロゴはエナメル塗料で行います。

 

 

ベイル裏もリタッチ、スミ入れを行い同じくクリアーコートを施します。

 

(C)TOYSPRESS

 

 

 

 

(C)TOYSPRESS

 

ようやく完成させる事が出来ました。

時期的に色んな方がバングドールを製作する中、

少しでも違う印象を持たせる為に試行錯誤しましたが

(^_^.) 如何でしょうか?。

 

 

 

 

1