yahoo! japan - geocities top


1954年 鹿児島県指宿郡喜入町(旧)生まれ。小学2年時、NHK独唱コンクールでだだ一人鐘3つ。ラジオに流れる。瀬々串小学校、中名小学校、谷山中学校、鶴丸高校の校歌を歌った。が「女みたいな声」と言われたのと、転校先ですぐ歌わされのが嫌になり、以降「思春期が終わるまで俺は歌わんど」と決心した。
高校1年の夏「俺は画家になるど」と突然言い、東京を目指して歩いて家出。宮崎駅前で自転車泥棒未遂で補導される。カツ丼を食べさせてもらって留置1晩。
美術大学受験のため18歳で上京、2浪して武蔵野美術大学油絵科に入学。「日本のゴッホ」になる筈だったが、後に日本では東京芸術大学出身でないとダメだ、と分って挫折。



1977年 大学2年時に初めて作った3曲が「第1回フォーライフレコード新人オーディション」(応募者約2500人)で優勝。アマチュア経験無しでシンガー・ソングライターとしてあっさりメジャー・プロデビュー、音楽活動に入る。(所属はユイ音楽工房)
さらに南こうせつさんには「1977年のベストアルバムだ」と世辞を言われ、井上陽水さんにも褒められて天に昇る。業界内では「彗星現る」と評判(?)になるが、今思えば彗星って一条の光を残して消えてしまう「流れ星」だよなあ。
南こうせつ、吉田拓郎、風、オフコース、イルカ、庄野真代他の全国ツアーに同行参加。オールナイトニッポン、FM愛知、FM福岡、栃木放送などでDJ。
同時に杏里、太田裕美、水谷豊、山本コータロー等、他アーチストへ詞、曲の提供を開始。映画、TVドラマ劇版、CM等の音楽担当をつとめる。裏方の楽しさと適正に目覚める。
来生たかお、佐野元春、林哲司と4人で作家事務所を設立することになって、パンフレットまでできていたのに、この「口」が災いして実現せず。



1985年 現役歌手休業。ビクター音楽カレッジにて後進の指導(歌、作詞、作曲)を開始。一時、天職だと思った。
裏方の作曲(CM、社歌など)はそのまま続行。丸大ハムのCM、葛I文の社歌、芙蓉グループイメージソング、東ハト製菓などなど。
35歳、大腸癌を患い大腸の半分を捨てる。腸が短くなり、一度死んだという覚悟もできて、身も心も鳥のように軽くなる。それを機(?)にアウトドアに目覚める。フライフィッシィングの“深み”にのめり込む。釣りに目覚めたビジネスマンはもう終わりだ。
45歳、2輪にも目覚める。147Km/リットルの燃費はすごい。スーパーカブはバイクの王様である。わたしは速く走ることに興味は無い。ここでないどこか遠くへ行くことの楽しみに目覚める。目覚めてばっかりの男だ。それまで眠っていたのだろうか。
ビクター音楽カレッジのディレクター、運営スタッフに飽きる。18年目の浮気、作文に目覚める。



2002年 ある日、スーパーカブで荒野を疾走中、土中にギラリと光る1本のシャチハタネームペンを発見。そのハンコが偶然にも「小林」だったことを、あろうことか「神の啓示」と勘違いしてしまったのが運の尽き。「ペンを執れ!」という幻聴まで聞こえて、あっさりビクター安定生活を辞して「作文生活」に入る。妻子は夜な夜なススリ泣いた。


2003年 毎日、風の中でストレス無く肉体労働し、公募ガイドなる本を枕によく眠る。
小学館のアウトドア誌「ビーパル」への投稿が実を結び、同誌にて一応ライターデビュー。が、その後作文仕事などまったく無く、トホホの日々が続く。作詞で「短く書く癖」がついてしまっているのか、きっちりプロットを作ってあっても途中で「巻き」を入れてしまうのだ。
腹を据えて長いものを書く根性が無いことに目覚める。この場合「気づく」が正しいか。あとの祭りだ。


2008年 2月、千葉県の土気(とけ)に居をかまえた。千葉のチベットといわれる所だ。チバリーヒルズという億万長者だけが住んでいる一画がある。全屋敷にプールがあり、住民はプールサイドでバター茶などを飲んでいる。な訳はない。
太平洋はバイクで(車でもいいけど)30分、山は背中に背負ってるようなもんだ。2010年には犬(ビーグルのソラ)も飼い始めた。翌年には同じビーグルのキラも来た。
「いかに書くかより何を書くかが重要なのだ」を口実に、ネタ探し及び仕事と称して遊んでばかりいる。



2013年 スカポン探検隊を結成。もちろん隊長はわたしだ。犬はいるから、あとは猿と雉を現在募集中。マジで、この地には雉が多い。あ、桃太郎探検隊じゃないのだった。
カヌーの2号艇、3号艇を手に入れた。ゴムカヌーだがバイクで何処へでも運べる。単独行はストイックさと気楽さが同居しているのがいい。な〜んてね、ま、格好つけてもただの遊びだ。


2014年 還暦を迎えた。「もう終わりだ!」と思ったが意外や何も変わらない。ここで言うことでもないし、あまり意味もないがロリコンになってしまった。孫が欲しいだけかもしれない。
同時に定年退職を迎えたが「遊ぶ金欲しさ」に仕事を続けることにした。せこいカヌーだが、今一番カヌーが楽しい。ホームにしているのは横芝光町の栗山川。鮭が遡上する最南端の川、と一応なっているが見たこと無し。死した屍、拾うこと無し。


2015年 ♪楽しいことなら何でもやりたい 笑える場所なら何処にでもゆく〜♪ ご存知、井上陽水の「青空ひとりきり」の心境。音楽ももう一度やりたい。山の上でたった一人で歌うための歌を作りたい。
「スカポン探偵団」結成。「豚味噌の会」会長に就任。まあ、その他いろいろとテキトーだ。人生いろいろ! 島倉千代子だ。そうだよ、人生は島倉千代子だ。


2016年 カヌーの単独行に出かけたい。先ずは利根川だ。まだ62歳じゃないか、男はいつまでも“力勝負”を忘れてはならないのである。そして利根川の藻くずとなりかけて「遭難して初めて泳げるようになった人」としてニュースに出て、お茶の間を大いに笑わせたい。もしかすると「徹子の部屋」にも出られるかもしれない。
老人は周りの人を笑わせてなんぼ、である……ような気がする。
DAWの使い方がやっとちょっとだけ解ってきたので、少しずつ曲を作ってアマチュアデビューしたいものだ。



※Google Chromeを標準ブラウザとして作成してあります。