結婚なんて簡単だ

 とにかくオレのまわり中、いい年して独身の男女ばかりだ。なぜ、結婚しないのだろうって思うね。
 何でしないのかって聞くと、型どおりの答え。「だって好きになってくれる人がいないんだもん」、「仕事に打ち込みたいので」、「ひとりのほうが楽なの」など、など。
 バカじゃないの。結婚したほうが絶対、楽。仕事にマイナスになる結婚なんてあり得ない。ひとりでいても、いずれ寂しくなるに決まってるって。ネコが飯作ってくれるかよ。2回も結婚したオレが言うんだから間違いない。
 オレなんか、3回でも4回でも結婚してやろうと思ってる。だって、結婚生活は楽しいし、結婚なんて簡単にできるもん。
 ウソだろうって?じゃあ、そのコツを教えてあげる。とにかく、条件をすべて忘れて、ひたすら異性を好きになること。キミが男なら、とにかく女を好きになること。女なら誰でもいいという境地にならなくちゃいけない。そう、スカートはいてれば誰でもいいっていうくらいに。そうすりゃあ、スコットランドの兵隊でも対象になる。
 そんなの無理だよー。そこら歩いてる男を好きになるなんてできないよ。色気ちがいじゃない、それじゃあ…なあんていってるうちは、まず結婚は無理だね。負け犬になって、遠吠えしな。
 女性の場合なら、道路工事のおじさんだろうが、10歳年下の坊やだろうが、みーんなまとめて好きにならなくちゃいけない。年下はともかく、日雇い人夫のおじさんを好きになんて絶対無理、と思うなら、結婚は即あきらめたほうがいい。
 みんな結婚の対象を絞って、効率よく捜そうとするから、うまくいかないの。「条件」というものを意識した瞬間、キミ自身が相手の対象から外されるのだということを忘れてはいけない。単に「男性」ということにすれば、世界中に30億人以上いるわけ。これを全部まとめて好きになる覚悟ができなければ、自分自身がはかりに乗ることもできない。
 いったん、異性そのものを好きになれれば、あとは簡単。素直に誰とでもつきあえるから、出会いのチャンスがぐっと大きくなる。異性そのものが好きという態度は、相手にすぐ伝わるから、異性からの好感度が高くなる。
 結婚の可能性は、お互いの好感度のかけ算で決まるわけだから、異性から好かれる人は、断然有利になるわけ。
 では、さっそく今日から、掃除夫のおじさんやおばさんにも気軽に声をかけてみよう。女性の方は、とりあえずミッチャンにメールを出すことから始めたら、どう?さあ、お気軽に。さあ。

結婚できないなんて、素直じゃない人の言い訳だ