ハイパーインフレが来るぞ

 最近の政治問題で、年金のすったもんだほど笑わせてくれたことはないね。
 なにしろ、「未払い三兄弟」だとか「やるやる詐欺」だとか責めていた本人も含めて、自己責任がどったらこったら言ってた連中みーんな不払いだったっていうんだから、お笑いだよ。世の中、年金の掛け金を払ってる人はよっぽど奇特な人っていうことを証明したようなものだ。
 年金の掛け金というのは、税金と同じで、その恩恵は受けたいけど、払わなければそれに越したことはないと思っている人がほとんだ。掛け金がきちんと運用されて必ず戻ってくるならともかく、やりたい放題の使い込みをやって、将来はどうなるかわかりませんっていうんだから、誰だって払いたくなくなる。
 というよりも、年金なんか当てにしてるようじゃ、まずまともな老後は過ごせるはずがない。国民年金だけなんかなら、ヘタに年金をもらうより生活保護を受けたほうが増しな生活ができるくらいなんだから。国民年金の人の場合、月額たった6万円だけで生活してる人が3割もいるんだよ。
 だからこの際、国会議員をみならって、国民全員が掛け金を不払いにして、将来は生活保護を受けるから年金は辞退するっていうことにしたらどうだろう。
 困るのは、システムとして不払いができない役人どもだろうな。共済年金という二階建て、三階建てがあるといっても、一階があればこそのことだ。その一階部分がつぶれてしまえば、元も子もない。もう甘い汁を吸うわけにはいかなくなる。
 いままでさんざん国民の血税を吸って生き延びてきたドラキュラみたいな奴らがあわてふためいて真剣に税金の運用を考えるようになるだろう。そうでもしなけりゃもう無理だよ。
 司ウィークリーマンションの川又三智彦さんとオレは意見がまったく同じなんだけど、ハイパーインフレはいつ起きても不思議じゃない。というよりも、そうする以外に政府は逃げ場がないんだ。
 ハイパーインフレが起きるとどうなるか。オレみたいに商売やってる人にはあまり影響がない。でも、サラリーマンや年金生活者が犠牲者になる。収入はあまり変わらないのに、物価が急激に上がるから、生活がチョー苦しくなる。それこそ年金どころじゃ食っていけなくなる。
 政府は、「10年先、20年先を見越した年金改革」なんて眠いこと言ってるけど、10年先どころか、今の生活が危なくなるんだ。ハイパーインフレは大津波みたいなもんだから、とにかく高台に避難する以外に助かる方法はない。
 具体的にどうすればよいか。オレは昔からインフレに対処する最良の方法は教育投資だと言ってきたし、自分でも実践している。要するに、物価が上がっても、それにスライドした報酬を得られるようにしておくということ。
 コンビニの店員では時給900円にしかならないけど、プログラミングのできるウェブデザイナーや動画像の編集者なら時給3000円以上は固い。
 要するに、頭脳に投資することが、最大のインフレ対策。今すぐ始めないと、間に合わないよ。

ハイパーインフレという津波への対策は、これっきゃない

ミッチャンのエセエッセー                        by 竹下光彦

(C) 2004 by Mitsuhiko Takeshita