寺社関連の豆知識


目次 戻る
五行思想(干支)

宇宙および人生の事象を木・火・土・金・水の五大元素で説明する思想で古代中国の戦国時代以降、特に漢時代に盛んになった。漢代末(紀元前1世紀頃)には、自然現象を寒・暑、湿・乾と陰・陽で説明する古くからの陰陽説を説く人に取り上げられ、陰陽五行説として成立した。
五大元素の木・火・土・金・水をそれぞれ兄(え)と弟(と)に分け、それぞれを甲・乙・丙・丁・ 戊・ 己・庚・辛・壬・癸と呼び、これを十干という。
これに子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支を組合わせると「干支(えと、または、かんし)」という年・月・日の数え方になる。

目次 戻る
五行
五行 方位 季節
中央 土用
西

目次 戻る
十干
五行
兄・え 甲・きのえ 丙・ひのえ 戊・つちのえ 庚・かのえ 壬・みずのえ
弟・と 乙・きのと 丁・ひのと 己・つちのと 辛・かのと 癸・みずのと

目次 戻る
干支
甲子・きのえね 乙丑・きのとうし 丙寅・ひのえとら 丁卯・ひのとう
戊辰・つちのえたつ 己巳・つちのとみ 庚午・かのえうま 辛未・かのとひつじ
壬申・みずのえさる 癸酉・みずのととり 甲戌・きのえいぬ 乙亥・きのとい
丙子・ひのえね 丁丑・ひのとうし 戊寅・つちのえとら 己卯・つちのとう
庚辰・かのえたつ 辛巳・かのとみ 壬午・みずのえうま 癸未・みずのとひつじ
甲申・きのえさる 乙酉・きのととり 丙戌・ひのえいぬ 丁亥・ひのとい
戊子・つちのえね 己丑・つちのとうし 庚寅・かのえとら 辛卯・かのとう
壬辰・みずのえたつ 癸巳・みずのとみ 甲午・きのえうま 乙未・きのとひつじ
丙申・ひのえさる 丁酉・ひのととり 戊戌・つちのえいぬ 己亥・つちのとい
庚子・かのえね 辛丑・かのとうし 壬寅・みずのえとら 癸卯・みずのとう
甲辰・きのえたつ 乙巳・きのとみ 丙午・ひのえうま 丁未・ひのとひつじ
戊申・つちのえさる 己酉・つちのととり 庚戌・かのえいぬ 辛亥・かのとい
壬子・みずのえね 癸丑・みずのとうし 甲寅・きのえとら 乙卯・きのとう
丙辰・ひのえたつ 丁巳・ひのとみ 戊午・つちのえうま 己未・つちのとひつじ
庚申・かのえさる 辛酉・かのととり 壬戌・みずのえいぬ 癸亥・みずのとい







しゅうゆうしょうにん
こぶし
みなもとつねもと
あだちもりなが
えんりゃく
かんえい