ファイル名・ディレクトリ名


タグのメニューへ



 ネット上の様々なサイトさんを拝見していますと、間違ったファイル名やディレクトリ名をお使いのかたが少なくありません。
 そこで、名前に使う文字について、少しお話ししておきます。


 まず。
 ファイルやディレクトリの名前には、原則として半角英数字しか使えない、ということをきちんと憶えておいてください。
 ファイルやディレクトリを作成なさる際には、半角のアルファベットazAZ)と半角の数字09)だけを使ってください。それが最も安全で確実なのです。

 他に使える文字ですが。
_」「-」ぐらいです。もちろん半角です。
 これ以外は使わないほうが無難です。



 さらに、くどいようですが、ファイル名・ディレクトリ名に使えない文字を挙げておきます。


※ 全角文字
 ネット上では常識なのですが、ファイル名・ディレクトリ名には全角文字は使えません。仮名や漢字だけでなく全角英数字もダメです。もちろん、ローマ数字などの機種依存文字は言うまでもありません。
 Windows版のパソコン内では、ファイルやフォルダの名前に全角文字が使えるため、ネット上でも使えると勘違いするかたが多いのです。Windows版のインターネット・エクスプローラーでは問題が生じにくいために、この間違いは残念ながらかなりはびこっています。
 ですが、Windows版であっても、ネットスケープやモジラというブラウザではトラブルの元になりかねませんし、サーバーによってはファイル自体を扱えなくなったりもします。
 全角文字の使用は、避けるべきです。


※ 半角カナ文字
 これはファイル名等に限らず、ネット上での使用は慎むべき文字です。
 なぜなら、半角カナ文字は機種依存文字だからです。したがってパソコンの仕様によっては、文字化けを起こします。まして、ファイルやディレクトリの名前に使うなど言語道断です。
 半角カナ文字の使用は、いけません。


※ ピリオド(ドット)
.」をファイル名やディレクトリ名に使うのもトラブルの元です。
 ファイル名ではピリオド(アドレスで、よく「ドット」と言いますね)は拡張子(「.html」「.jpg」「.png」などのことです)を表すための記号として扱われます。
 また、リンクにおいては相対パスに使う記号でもあります。「../../」のように。
 そのために、ファイルやディレクトリの名前の中にピリオドを使うのは混乱の原因となりかねません。
 ピリオド(ドット)の使用は、拡張子や相対パスのみに留めておきましょう。


※ スラッシュ
/」は、ディレクトリごとに仕切る時に使う記号です。
http://nara.cool.ne.jp/aya_no_suke/」のように。
 ですからファイル名やディレクトリ名の中にスラッシュを使うと、そこまででディレクトリ名の終わりだとブラウザが解釈してしまいます。
 スラッシュは、ファイル名やディレクトリ名には使えません。


※ スペース
 半角スペースは、意図してというよりは、うっかりファイル名などに入ってしまう、ということが多いようです。これが混入しているためにリンク切れが起きているという事例は、よく目にします。
 また、意図してファイル名に使うのもトラブルの元です。
 半角スペースがファイル名やディレクトリ名に入らないように気をつけましょう。
 なお、全角スペースがダメなのは言うまでもありません。


※ 括弧
 < >がタグ以外では使えないのは、別の頁でお話ししました。
 他の半角の括弧も、使わないでおくほうが、安全です。


※ 記号
\」はWindows版のパソコン内ではネット上の「/」と同じ意味を持ちます。ですから、「\」のファイル名等への使用も混乱の元となります。
@」はメール・アドレスを意味する記号ですので、これがファイル名等に使われていますと、ブラウザによってはうまくアクセスできなくなります。
%」「&」「!」「?」「$」「;」「:」などもファイル名・ディレクトリ名に使うのは適切ではないと思います。
 要は、記号も使わないほうがいいですよ、ということですね。



 なお、スペースのレンタル元のホームページには、必ず利用規約やFAQがあり、そこにサーバー上で使用できる文字についても説明があるものです(といいますか、その手の注意・説明が明記されていないレンタル元は、あんまり好ましい所とは言えません)。
 前もって確認しておかれることは、後々のためにも必要だと思います。






メニューへ