フレンチ音楽
 

フレンチ音楽


ここにあげるフランス人歌手の名前は、流行っている人もいれば、あんまり有名でない人もあります。私が彼たちの音楽が純粋に好きなので、ここに紹介しています。

++ LES NUBIANS ++ レ ヌービアン

Petit Salvador.

++ アルバム・LES NUBIANSのジャケットの写真 ++

フランスのR&B、ソウル系の音楽で才能を発揮しているのがこのアフリカ系黒人とフランス人の間に生まれた混血姉妹のユニットです。ジャミロクアイ、ERIKA BADOOなどが好きならかなりはまります彼女たちの歌を初めて聞いたのは私がフランスと日本を行き来していた1997年頃、薬局の店員として働いていた時、店長が好きでよくかけていたジャズ系R&Bの色んな歌手の歌が入ったCDの中の一曲としてです。あの頃はフランス語は全然しゃべれませんでしたが音楽と歌が気に入ったのを覚えています。このアルバムの中でお勧めの曲はシャーデーのTABOOをカバーしたTABOUです。ええでー。二人の声のハーモニーが。あとは、MAKEDA(意味知らん。アフリカの言葉か?)です。是非お聞きください。


++ ST GERMAIN ++ サン ジャーマン

Petit Salvador.

++ アルバム・TOURISTのジャケットの写真 ++

ST GERMAINというグループのことは2004年3月、主人の友人が貸してくれたCDがきっかけで知りました。ジャンルはアシッド ジャズになるのかな。彼たちはパリ在住のフランス人でこのCD(blue noteのレーベルから出しています。)を出す前はどうやらテクノ音楽を作っていたようです。そのスピードの速さに疲れて、音楽活動を少し休止し、久しぶりに2000年に出したのが、エレクトリック音楽とジャズがうまいこと融合、フュージョンした素晴らしい音楽のアルバム【TOURIST】です。このCDの何曲かは知らないうちにラジオやテレビで耳にしたことがあるかもしれません。すごく良いので是非聞いてください。


++ Henry Salvador ++エンリー・サルヴァドール

Petit Salvador.

++ アルバム・Chambre Avec Vue のジャケットの写真 ++

エンリー・サルヴァドールは芸歴がめちゃくちゃ長く、歌を長い間歌い続けています。お笑い歌手も若いうちにしていたようです。2004年現在83歳。彼の歌を私が発見したのは今から3年前でした。jazzyでボサノバで私の心を掴んでくれました。特にJardin d'hiver という曲がお気に入りです。


++ Claude Nougaro ++ クロード・ヌガロ

Petit Salvador.

++ アルバム・THE BEST DE SCENE1960/1993のジャケットの写真 ++

ヌガロも芸歴はとても長く、1960年代から活躍を続けています。2004年3月残念ながら病気のためにお亡くなりになりました。彼が歌う歌は心があり、言葉遊びやユーモア、誰も真似ができない彼だけのスタイルで歌い、彼はtoulouseの詩人(彼はtoulouse生まれ)と言われ続けました。若いころからフランス以外の国の音楽にも興味を持ち、スイングやジャヴァ、ファンク、ジャズ、ボサノバなどを自分の音楽に取り入れ、歌唱力も抜群で本当に何回聞いても、どの歌を聞いてもやはり好きだな、音楽は素晴らしいと再確認させられるような、そんな希な存在の歌手でした。彼のような歌手を失ったことは、フランスの音楽界にとっても本当に残念なことでしょう。ヌガロ本人もまだまだ歌いたかったに違いありません。心からご冥福を祈ります。


+フランスの音楽について+

日本ほど歌の世界は低年齢化していませんが、 フランスの歌の世界、ヒップホップやレゲー、ロック、ジャズ、ポピュラー、などなど日本と同じく色んなジャンルがあります。

若者に人気なのはロックグループ・KYOとかローリーとかオーデイション番組で勝ちのっこてデビューしたジェニファー。ダフトパンクは世界で有名です。(彼らは世界的に有名な顔を隠して演奏するテクノソウル?みたいなジャンル)
私ぐらいの年だとザジーとかオビスポ、RENAUD、アクセル レッド、サンクレア、コーネイ、Gerald-De-Palmas、あげるときりがないけど、このほかにもたくさん素晴らしい歌手がいっぱい。

フランスではカラオケは日本と違う感じでみんなの前で歌わないといけなかったり、カラオケナイトとつくイベントはプロの歌手がカラオケで歌うイベントだったりします。

私は好きなフランス語か英語の歌があるとフランスの歌詞検索サイトで、歌詞を手に入れ家で歌って、良い気分になっています。このサイトすごく便利で歌手の名前で検索でき、浜崎あゆみもあったなー。(すんません、おかん彼女の歌聞いたことありません。日本の流行に乗り遅れてま。)

サイトアドレスはこれ↓
http://www.lesparoles.com/list.php?lettre=n

学生の頃英語の歌を聞いて、意味はわからないけど、言葉の響きとかがすごく心地よく、辞書で言葉を引いて英語を楽しみながら勉強したので、フランス語も歌から入ったら覚えれるかもと考えるおかんです。

私の好きなヌガロの歌も歌詞を片手に家で歌っています。私が特に好きなのは「tu verras」(日本語訳あんたにもわかる。byおかん)英語やったらyou will see.てな感じか。ボサノバとジャズが混ざったような曲調です。ええでー。

後は「Cecile ma fille」セシール わが 娘・おかん訳。これは夫婦の間で最初は子どもほしなかったけど、できてみたらえらいかわいくておとんが娘のこといとおしくてしゃーないという父と6っヶ月の赤ちゃんの歌で、フランス語が分からんでも美しく切ない曲調から感じられる傑作です。

これからもマイペースですが、私の好きなフレンチ音楽を紹介していきます。


HOME + MAIL