フランス日常生活単語録 【 管理者の独断と偏見で選出 】


faire la grasse matinee

今日のフランス語はずばり《 faire la grasse matinee 》です。意味は【 朝寝坊をする。】です。

冬の休日、ベッドの中で朝寝坊をするのが私たち一家の楽しみのひとつです。息子も自分のベッドから抜け出し、私たちのベッドに潜り込み親子3人で30分ほどうだうだします。しあわせやなー。

フレンチ映画の中で夫が朝御飯をベッドまで運んで来たりするシーンがありますが、それはうちではしません。
ぱらぱら食べたものが落ちたりしたら「きーっ」となるおかんは、夢見るロマンチックな人間にはなれん。掃除は誰がすんねん?

休日前の夜一家で明日は朝寝坊するかどうか決めます。この言葉は自分の意志で朝寝坊するというときに使うようです。

使い方は下記のような感じです。
Demain,On va faire la grasse matinee
(日本語訳・明日は、みんなで朝ゆっくり寝るでー。).


ROTER 〔動詞〕〔俗〕☆

今日のフランス語はずばり《 ROTER 》です。動詞です。意味は【 げっぷを出す。】です。

フランスの食卓や日常生活では、げっぷをするのはかなり失礼な行為であるとみなされます。我慢できれば良いのですが、どうしても我慢できず出てしまった場合は一言「パルドン。」すみませんと言いましょう。
うちの息子にも食べてる時にげっぷをした場合は、パルドンと言わせるようにしています。

後はご存知、食べる時の音。麺類はもちろんのこと、ぺちゃぺちゃ、くちゃくちゃ、食べ物を口の中で音を立てながら食べると、嫌がられます。

使い方は下記のような感じです。
IL rote a table
(日本語訳・彼、御飯の時げっぷするねん。)


☆ENCEINTE()

今日のフランス語はずばり《ENCEINTE)》です。なぜなら私が妊娠したときよく使った言葉だからです。形容詞です。意味は【妊娠している】です。

使い方は下記のような感じです。
Je suis enceinte de trois mois
(日本語訳・私、妊娠3ヶ月やねん。)


RANDONNEE()

今日のフランス語はずばり《RANDONNEE()》です。最後から二番目のeにはアクサンテギュが付きます。発音はランドネ。Rのフランス語発音には注意しましょう。名詞です。意味は遠出とかハイキングなどです。

フランス人はハイキングが大好きで、海や山にはハイキングする人の為の小道があり、よく辺りを見渡すと赤や黄色のペンキが岩や木にちょこっと塗られていて、道に迷わずに楽しくハイキング出来るようになっています。

使い方は下記のような感じです。
Je vais
aire une randonne(日本語訳・ハイキングしに行ってくるわ。)


☆CAPRICIEUX(SE)

今日のフランス語はずばり《CAPRICIEUX(SE)》です。なぜなら子育てをする私は日々息子と接し、わがままでええ加減腹が立つ時が時々あり、そんな時はこの形容詞・名詞を使います。

発音はカプリシュー。意味は気まぐれな、移り気の、わがままなです。名詞だとわがままな人とか移り気な人という意味です。

使い方は下記のような感じです。
Tu es vraiment capricieux
(日本語訳・ほんまに、あんたわがままやな−。)


VARICELLE☆

今日のフランス語はずばり《VARICELLE》です。なぜなら我が家の息子が水疱瘡になりこの言葉を家族で連発していたことがあったからです。発音はバリセル。VとRのフランス語発音には注意しましょう。

女性名詞です。意味は水疱瘡、水痘です。

使い方は下記のような感じです。
Cet enfant a atrape la varicelle
(日本語訳・この子、水疱瘡にかかってんねん。)

ホーム + メール

これからもマイペースですがぼちぼち増やしていくよう努力いたします。