MISSILE HOME
ネメ・パノラ チャックノリス号(11)
人並みに戻す続き


[01] / [02] / [03] / [04] / [05] / [06] / [07] / [08] / [09] / [10] / [11]



2016.11




もっぱら、通常のノーマル中古車程度の性能レベルに近づけるための作業ばかりしております。
JA11の丈夫さを過信してたのでここまで手間を掛けるのは予想外でした。
で、モチベーション維持で簡単な見た目程度の改造を挟むといった管理状況です。

以前中田商事で予備に仕入れていたフロントホーシングをメンテして丸ごと取り替えようと思います。
ちなみにこのホーシングは結構クロカンで酷使した感じの車両から外してます。




キングピンベアリングのほかナックルのフェルトやシール関係を交換。
この頃はいずれ5.375のデフのホーシングに交換するつもりです。




一応タイロッドエンドもグリス換えたり。




ホーシングごと交換。
この車両も結構クロカン遊びしてるので状態が悪いと思ってましたが点検するとこのホーシングの方が全然状態良好でした。
でも置き場の都合でバラしてハブ回りだけ保管。




取り付けて何かの作業してます。




ストックしてたタニグチのバンパーにしてみる。
不安だったので固定ボルトに自作スリーブを。




オーソドックスだけどコレがバランスいいような。
オバフェンの追加部分はトラックのインナーフェンダー関係のPP風の樹脂。
某部品商の不良在庫。




中田商事Zと並べると工事車両みたい。




2016.12




ハブベアリングの締め付けトルク調整とか。
このホーシングの前の持ち主はフリーハブはノーメンテで内部の錆色がスゴい。
時折グリスを入れ替えて掃除中。




リアショックが抜けてバタつきます。
手持ちのショックで伸縮時の全長点検中。




2017.04




頻繁なオイル交換や様々な燃料添加剤、細かい電装系の接点チェック、アーシング、バッテリーの交換等 色んな事してますが相変わらずエンジンのトルク不足がスッキリしません。

士気を高めるべくどこかで貰ったジャンクナルディを補修します。
希少な37Φほどある大径のもの。
コレで幾分ハンドル操作が軽くなるでしょう。

クリア剥げして部分的に削れてるウッド部分をサンドペーパーで一皮向いたところ。




やや濃い目のニスを塗ってます。 ダイソーのニスです。




フツーは2液ウレタンクリアの缶スプレーでしょうが、300円ラッカーの可能性の限界に挑みます。
数回吹いた程度だとこれ位の質感。




仕事の合間に15分おき位に十数回しつこく吹いた状態。
ラッカークリアでも結構厚塗り感出てきました。
耐水ペーパー掛けてまた数十回吹いたらイイ仕上がりになりそうですが自分はココで妥協。




また急にシフトレバーがグラついてきました。




頻繁に依頼のある作業なので新品のカラーは買い置きしてあるのにまた行方不明。
シフトレバー側は中古が有ったので下側のカラーをでっち上げます。
思い切って塩ビパイプ削り出しのみで作ってみたので試してみましょう。
横転したらミッションオイルだだ漏れしそうですねぇ。

組んでみるとテンション高めで案外良好です。




後日他のシフト周辺部品を購入。
サイドのスプリングの交換は面倒なのでもうセンタートンネルにホールソーでサービスホール開けちゃいました。




やっとでサイドシルカット。
もうボコボコなのでヨレヨレですが。
ガードの形状・方向性はまだ思い付かないので折り込んで切りっ放し状態ですが。




《[戻る] | [続く]》





[BACK]

2018.10/07

報告/ ネメシス