MISSILE HOME
SJ30・都市迷彩 16
ボンネット化

[01] [02] [03] [04] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]



2015.04〜



とにかく非力を補うために以前から軽量化を目指しております。
前後重量バランスを考えつつ他に削れる、とすれば無駄に重いリアゲート。 以前からこれの軽量化を目論んでおりましたが、
何となくノリでバンカットしてみる事に。
あらゆる車両で軽量化は功罪有る筈!と信じてその日いきなり構想〜
カットラインケガキ。



午前中にテッチャンJA11のバンカットして来たエンドー氏、
午後に駆け着けココでも切断作業開始。
リベットの下穴は神田大明神がドリリング。



エアソー不調後はエンドー氏が石用刃のサンダーでほぼ切断。
砥石一枚でほとんどカットしてしまう。



同じくキヨタ代表もヘルプで参加。
ハイゼットジャンボスタイルでリアサイドの窓を残そうかとも 思ったものの作業効率重視で断念。



端部など細かい部分の処理を。
リアフェンダー以降のオーバーハング部分が厚くて厄介。



今回、CピラーはBピラーとして流用するので被さる様に調整中。



この辺りが入り組んでるので手こずってます。



屋根レールや元Cピラー内装側の干渉部分を切り取ったりしつつ調整。
エンドー氏がハンマーでどつきつつ何とかここまで詰めました。
助手席ガラスは先日熊本の林道で割れたまま。
後日中田商事で11用ガラスをゲットして交換しました。



防水にCピラー内側に変性シリコン塗布。



太目のリベット&ハンドリベッターに苦戦。
3人で交代で何とか留め切る。
継ぎ目は神田大明神が溶接ビード風にコーキング。
この元Cピラーはヒンジ付近がかねてから腐食してるので改造時には 切除するつもりがこの流用で丸ごと残りました‥
ほぼ四半日でおおむね形に。ワイルドトラベル面々に深く感謝!




《[戻る] | [続く]》







[HOME]


2015.12/19