TOP  会の案内  活動記録  リンク 


 2009年度第3回ゆに〜く勉強会 アンケート

事例が豊富で、勉強になりました。特にお母様としての視点でのメッセージからは
はっ、と気づかされることも多く心に響きました。
できれば今回の発表で使用されたパワーポイントの資料があるとよかったです。(タイトルだけでも)

とてもすばらしいお話でした。どうもありがとうございます。
ていねいな洞察、人として、前向きな解釈、具体的でわかりやすい対応、
生活の仕方がわかり、これを機にさらに学んでいきたいと思います。
とても整理された内容でした、当方も今回のお話を生かし自身の活動をふりかえり
今後の業務に生かしたいと強く思いました。

家でのJCを実践されているような感覚をおぼえる程、素晴らしい実生活体験を聞くことが出来ました。
それほど素晴らしい体験を話された角田さんでも
「家出体験」や「自殺願望」がおありだったということを質疑応答の中でうかがって、
驚きと感激の思いで一杯になりました。
とても感銘を受けた勉強会で、この講義内容を聴けたことに心より感謝いたします。
大学に戻り、学生達に授業の中でメッセージとして伝えていければ、と思っています。
有難うございました。役員の方たちも大変おつかれさまでした。

主婦、親、企業の立場から実際の写真や具体例を沢山取り入れて
とてもわかりやすい講演でした。
私は長女、長男の2人です、やはりPTA参加、パートと角田さんと同じ様に社会参加して来ました。
障がいをもつ人たちの指導をこれからも、勉強していきたいと思っています。
今迄指導をして来た事の再確認も出来 参考、勉強になった事が大でした。
何も知識が無い私がこの仕事に入り、角田さんの言葉で再確認出来た事は
子育ての経験と社会人の経験を役に立てていけると確信しました。有難うございます。

とても参考になる良いお話でした。ありがとうございました。

発達しょうがいの有無に関係なく、子育てに大へん参考になるお話でした。
人が前向きに生きるエネルギーもらえた気がします。

貴重なお話ありがとうございました。

今回のお話を聞いて、自分の脳力を少しづつでも、育てていけるヒントを知った気がします。

ありがとうございました。頑張れるパワーをもらった気がします。
前回の勉強会もよかったですが、ほんとに毎回毎回いい企画ですね。

すごくあたたかい気持ちになれました。ものの見方はだいじだなと思いました。

大変勉強になりました。はたらくことだけでなく、小さい頃から、
どのように子どもに接してあげるのがベストなのか、
先生の経験談も伺い、これから参考にさせていただきたいと感じました。

学校ではたらくという事に家事がつながると言われたがイメージがまったくできなかった。
今回の会での話しで、よくりかいできた。

とても参考になりました。

すばらしかったです。わかりやすく家庭でできる事の紹介がたくさん聞けてよかったです。
忙しい日々を送っていて 怒る事が多いのですが、改めて怒る事を少なくしようと思いました。
今回は参加出来て良かったです。又 次回も参加したいです。

自分の子育てに、少し自信を持たせていただきました。ありがとうございました。

発達しょうがい当事者の親である講師の先生の経験はとても重みがありました。

子どもに対するいろいろなアドバイス参考になりました。

とっても楽しく前向きな気もちで聞くことができました。これからの子育てに役に立つこともいっぱいで、
とても充実した時間をすごせました。

ご自身の体験、経験を通しての本当に「生」の言葉で伝えてくださったのに
とても多くの共感、アドバイスをいただき感謝致しております。

生活に伴う内容で大変よかったです。今後、当事者の話がきいてみたいです。

日々の生活の中で、たくさんの事を学びたくさんの経験をさせてあげる事の大切さ。
家族のあたたかさをすごく感じました。
自分も時間や気持ちの余裕がないと、やはり出来ない事ばかり注意していたり
言葉でせめてしまっていたり、少し反省しました。
角田さんの様な、素敵な子育てを目指したいです。ありがとうございました。

実際の体験からお話をうかがう事ができてよかったです。
よい経験にして終わらせる事ができずのいることが多かったので
今後気をつけて、失敗をよい経験としてつみ上げていけたら
はたらくことにつなげられる事を知る事ができてよかったです。

子どもの頃のエピソードや現在、実践している事など聞くことができ、よかったです。
はたらく大人になるために家庭での基礎を作っていきたいと思います。

うちの子は知的しょうがい、自閉症です。
発達しょうがいよりは重症で、何もできないな…と思っていますが、
どんな子でも一緒なのかな、教えること、くり返すこと、がまんすること…と
色々参考になることがありました。
今も家事のカンタンなこと(テーブル拭く、せんたくものを入れる)は
やらせているのですが、これも将来へのキーポイントなのかなと納得しました。
…でもしょうがいがひどいから「フツーの会社ではたらく」なんてことは
無理だと思いますけど いい話が聞けたと思います。

家事を通して はたらくこと(生きること)を教えたいと思いました。
息子さんの成長ぶりが、聞いていて感動でした。

角田先生、素敵な講演をありがとうございました。
冷静に静かな口調でお話されていらっしゃる角田先生から、
大変なご苦労を乗り越えていらした事が偲ばれて、
何気なさそうでも重みのある発言に涙を抑える事が出来ませんでした。
ちょっとした変化でも対応に苦労している子供に取って、
何度も転居をされた事はとてつもないご苦労であったろうなと、
たった一人の子供でも転校した時や進級・進学した時の心配が思い出されました。
慌ただしい生活の中だからこそ、待つ大切さと、
家庭だからこそ出来る長期スパンで育てる生きる力について、改めて見直す良い機会になりました。

元のページに戻る