雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>鑰

鑰(やく)

鑰

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山祭本町山
○制作年代:天保12(1841)年
いわゆる「鍵」のことだが、今のものとは大きく違う。特徴ある形なので見分けはつく。

■メモ
鑰(やく)とは今で言う「鍵」のことです。昔は政治権力の象徴である「印」と、 財宝の入っている蔵の「鑰」が最も大事なものとされ、印鑰神社という社があるくらいです。
宝を象徴するものとして文様に用いられ、宝尽くしの中にも入っています。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.