2/24(土) 伊豆河津桜花見ツーリング

 

参加者  なるさん、まつくん、えり   3名

コース  東京IC→港北PA→東名→沼津IC→R1・R136・伊豆中央道・修善寺道路・R136→三共食堂(賀茂村)→R136→下賀茂(河津桜)→R136→下田→R414→天城峠・七滝ループ橋→道の駅天城→R136→修善寺駅→R136・R414→湯ヶ島(富士見荘)→R414・R136・修善寺道路・伊豆中央道・R136・K21・R246→裾野IC→東名→海老名SA→東京IC

 

(今回は渋滞をさけるためメイン会場の河津へは行かず、下田より少し西側の下賀茂の河津桜でお花見です)

 

 

天気予報は晴天!  予想気温は最高13度、最低6度。

降水確率もほぼ0%なので、もちろんレインは持っていきません♪

 

まずまずのツーリング日和ということでうきうきしながら自宅を出発〜♪

集合場所の東名 港北PAへ向かう途中の環八で予想外の渋滞にはまりながらも、だいたい時間通りに到着。

3人揃ったところでまずは沼津ICへ出発〜と思いきや、港北PA出口からなぜかすでに大渋滞!

本日のツーリングを予期するかのごとく嫌〜な感じです・・・・。

 

車は渋滞でPA出口すら出れない状態です。

でもバイクは“必殺すりぬけ”があるので、どうにか目的地に向かいます (^_^)v

 

途中横風の強風に吹かれ、かなりブルーな気持ちになりながらもどうにか走りぬけ、沼津ICへ到着すると出口でも長蛇の渋滞!

いったいなんなんだぁと思ってしばらく並んでましたが、前のほうを見るとなぜか隅っこはガラガラ・・・(?)

・・・・ETC渋滞でした。

一般出口はガラガラでETC専用は大渋滞。

こんなこともあるのねぇ〜。

なんだかETCも良し悪しよねぇ。   ・・・・・・と感想を述べながら、さらに先に進みます。

 

国道1号 → 国道136号 → 伊豆中央道 → 修善寺道路 → 国道136号 → 土肥と走り、本日の最初の目的地『三共食堂』のに到着です。

 

三共食堂での昼食の目的は『小あじの刺身』です。

小あじの握り寿司を食べたのですが、一個がかなりの小ぶりで、見た目がとてもキュートです♪

なるさんが「小あじにぎり大(13個入)」、 私が「小あじにぎり小(10個入)」、まつくんが、「小あじ丼」を食べました。

男性にはちょっと量が少なめですが、味はなかなか美味でした♪

 

 

昼食をすまし外に出ると天気予報では晴天のはずの空がどんよりした曇天に・・・・・(-_-;)

あれれっ???

天気予報はずれてるじゃん!(怒)

今にも雨が降りそうな雨雲まで登場しちゃってます(涙)

しかも予想最高気温13度にはほど遠く、予想最低気温6度よりも低いのではないかと思わせるほどの肌寒さ。(ブルブル)

 

この先の行方を案じたなるさんは、

「小あじのお寿司も食べれたことだし、桜はあきらめてこれで帰ってもいいんじゃない。」

と冷静な発言・・・・・・(同感!っと思ってしまう自分もいる・・・弱気(;一_一))

 

いいやっ!!

それはいかん!  本来の目的が達成されていないじゃん!

と自分に言い聞かせ、本日のメインイベントである河津桜のある下賀茂へ向かうことにしました。

 

河津桜の会場に到着〜!

空は嫌な予感的中でどんより曇天、灰色の空です(ガッカリ・・・・)

 

 

桜は・・・・・・ちょっと散り始めで満開は過ぎてしまっていましたが綺麗でした♪

それから桜とともに菜の花がとても綺麗でした♪

 

桃色の桜に黄色い菜の花・・・・・・

これで、水色の空が揃えば最高だったろうなぁ・・とちょっと残念。

 

でも今回の目的は一応果たせたので花見を満喫しましょ♪ ということになり、

しばし撮影タイム&一休み。

花見会場でなるさんは『しし鍋』、まつくんは『桜ソフト』、私は『串お好み焼き』を食べとりあえず花見を堪能しました(満足♪)

 

 

雲行きもかなり怪しくなってきたので、花見もほどほどに帰路につくことにしましたが、来た道をそのまま帰るのもつまらないので渋滞を覚悟し、河津七滝ループ橋を経由して帰ることにしました。

 

ループ橋は予想通り渋滞でしたがここの桜も綺麗なので桜を見ながら走るには渋滞くらいが丁度よいです。

 

さらに走り道の駅「天城越え」で休憩〜。

この時点で時刻は16:30。  気温は3度。(寒っ)

 

小春日和のツーリング♪ ・・・・・・・・のつもりで来ていたので完全な防寒対策はとっておらず、寒さがだんだん身にしみてきました(涙)

その上、小雨まで降ってくる始末。(やっぱり雨女なのね・・・・・涙)

 

もうけっして若くない三人は誰からともなく・・・・・・

「寒いから温泉でも入りたいよねぇ。」

「温かいものでも食べて体を温めたいよねぇ。」

「これから東京まで帰るの寒くない?」

「寒いから泊まっちゃってもいいんだけどなぁ・・・・・」

 

という三人の意見はすぐに一致し、修善寺で宿探しをすることに決まりました(笑)

 

修善寺駅前のタクシー会社兼観光案内所で宿を探してもらいましたが、河津桜シーズンのせいかなかなか空室が見つからない様子でした。

あたりはすっかり暗くなってきたし、寒さも一段と増してきたし、これから帰るのは厳しいなぁ。(困ったなぁ)

 

しばらくすると、

「宴会で騒がしくても大丈夫?   お刺身がなくなってしまったのでしし鍋になってもよい?」

と案内所のおじさんが聞いてきたので、

「全然大丈夫です!  夕飯にありつけるのであれば多少騒がしくてもオッケーです♪」と私たち。

 

紹介された宿は修善寺から少し戻った湯ヶ島にある『富士見山荘』という民宿でした。

 

民宿といえども一応、露天風呂もあり、女将さんもご主人もとても気さくな感じの良い方でラッキーでした。

 

18:30から広間で夕食です。

『騒がしい宴会がある』 と聞いていたわりには宿泊客は少なく、私たち3名の他は3名の家族1組と6名の年配グループ1組の総勢3組だけでした。

 

夕食はしし鍋をメインに5〜6品ほどの適度な量で美味しかったです。

『騒がしい宴会』なんてないじゃん・・・・・・と思って食べていたところにご主人が席にやって来て、

 

ご主人 「これからカラオケやるから好きなの歌っていいから。 歌うのはただだよ。」

私たち 「??」

 

女将さん曰く6名の年配グループはここの常連さんで今晩は一般のお客さんの宿泊を断ってこの常連さんたちとどんちゃん騒ぐ予定だったとのこと。

ご主人 「今日はもう仕事しないでどんどん飲むからお客さんたちもどんどん歌ってね。」

 

むむっ? とんだ展開になってきたぞ・・・・。

宴会で騒がしいどころかなぜか私たちも宴会に参加することに! (爆)

 

まんざら宴会が嫌いでない三人は遠慮なく参加することにしました(笑)

宴会の途中でご主人から『鹿刺』の差し入れもありこれまたラッキーでした♪

 

宿泊客総出の宴会はなかなかの盛り上がりを見せ歌いまくり数時間。

もちろん私たち三人も一緒になって歌っていたのですが・・・・・・・・(*^_^*)

 

参加者の平均年齢がかなり高かったせいもあり、常連さんや他のお客さんの歌っているほとんどが『演歌』もしくは『ムード歌謡』。(爆)

 

こういうときはまわりに合わすのが礼儀よね・・・・・(^_^;)

空気をちゃんと読んだ私たちはまわりの常連さんに合わせてできる限りおじさまたちが知っているであろう曲を選曲して歌ったのは言うまでもありません。 

なるさんが、『星降る街角』『雪国』などなど。

えりは『恋に落ちて』『愛の水中花』

まつくんは『島歌』『抱きしめてTonight』などなど。

 

なるさんの『星降る街角』はおじさまたちにも大人気のナンバーらしく、曲の途中の合いの手である

「かど、かど、かど、かど、曲がり角、うぉんちゅぅーっ」はもちろん全員で大合唱です(爆)

 

かなり古い歌のつもりでまつくんが『抱きしめてTonight』を歌った時は

「おぉ〜、新曲だなぁ〜。」 と言われるし、私が小林明子の『恋におちて』を歌った時は途中の英語歌詞のところで

「おおっ、とうとうローマ字が出てきたよぉ〜!」  と驚かれるし・・・・・・

・・ていうかローマ字じゃなくって英語なんですけどね・・・・・・(-_-;)

 

そんな感じで深夜まで5時間半に渡って宴会は続いたのでした。

思った以上におじさま達との宴会を楽しんだ後はぐっすりと熟睡できました♪

 

朝は露天風呂から富士山も見え、まさにその名のとおり「富士見荘」でした。

ゆっくり起きて、朝食を食べ、ゆっくり出発しそのまま帰路につきました。

日帰りツーリングのつもりが思わぬなりゆきで大宴会付きの一泊ツーリングになりましたが、これまたなかなか味わえない楽しいツーリングとなりました。

 

 

教訓1・・・・・もう若くはないお年頃、防寒対策は万全にね!

教訓2・・・・・老体に無茶は禁物です。日帰りツーリングの時もどんななりゆきにも対応できるよう、お泊り道具を持参して行きましょう!