ムービーメーカーの使い方


「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「Windows ムービーメーカー」をクリックすると、ムービー画面が表示されます。
パソコンによっては「アクセサリ」に入っているのもあります。

ムービー作業ウインドウ⇒「画像の読み込み」をクリックします。



ピクチャーなどから、ムービーに入れたい画像を選択します。
画像は一個ずつでも良いし、複数の画像でも選択しておけば同時に入れることが出来ます。複数画像を選択する方法は「Shift」を押したまま画像をクリックすると下図のようになり複数の画像を選択できます。
「読み込み」をクリックします



ムービーの画面に写真が入ります



写真をマウスでつかみ下の白い枠内にドロップします。
写真が入ったことが分かります。同じ操作で順次挿入します。
削除したい時は画像を選択⇒右クリック⇒「削除」をクリックします。



このように写真が入ります



ビデオ切り替え効果の表示」をクリックします。



「特殊効果」の一覧が表示されるので選択したものを画像と画像の間の白い枠の中にドラッグ&ドロップで引っ張り込みます。
同様にして各クリップ間に切り替え効果をドラッグしていきます



次に「ビデオ特殊効果」をクリックします



特殊効果一覧が表示されるのでクリップの中の☆印の中へドロップします
☆の色が変わり特殊効果が入ったことが分かります。



「タイトル及びクレジット」をクリックします。



「タイトルはどこに追加しますか」と聞いているので
「最初にタイトルを追加」をクリックします。



文字の入力欄が表示されるのでタイトル名を入力します
タイトル背景の色や文字の種類・色・アニメーションなども可能です。
中央の区切り線より下欄に入力した文字はサブタイトルになります。
入力できたら「終了、タイトルをムービーに追加する」をクリックします。



先頭にタイトルが入ったら次に画像と画像の間にコメントを入力します



コメントを入れたい画像を選択し
「選択したクリップの前にタイトルを追加」
「選択をしたクリップの後にタイトルを追加」など使います
「ムービーの最後にクレジットを追加」をクリックすると
写真の最終の欄にコメントが入ります

タイトルを変更する場合は右クリックして「タイトルの編集」で変更します。
確認してから「終了、タイトルをムービーに追加する」をクリックします。

「再生」ボタンをクリックすると画像や入力した文字などの動きを確認できます。
ムービーの状態を見る場合は左端最初の画像をクリックしてから「再生」ボタンをクリックすると最初の写真からムービーショウを見ることが出来ます。



音楽を取り込みます
「オーディオまたは音楽の取り込み」をクリックします。



サンプルミュージック」が開くので一覧の中から選択して「読み込み」を
クリックします。音楽ファイルガ読み込まれました。
サンプルミュージック以外の音楽も入ります。



「タイムライン表示」をクリックして「ストリーボードの表示」に切り替えます。
「音楽ファイル」をタイムラインの「オーディオ/音楽」の左端にドラッグします。
音楽ファイルが挿入されましたね。



音楽がムービーより長い場合は音楽の左端をクリックすると赤色の両端矢印が出るのでムービーの最終画像までドラッグして調整します。
「再生」をクリックして音楽が流れているか確認します。

完成した映像を保存します
パソコン内に保存する場合は「コンピューターに保存」をクリックします。



「ムービーの保存ダイアログボックス」が表示されるので「ファイル名」を入力し「ムービーの保存場所」が「マイビデオ」になっているのを確認し「次へ」をクリックします。



そのまま「次へ」のボタンをクリックします。
「ムービーの保存ウィザート」が表示されるので保存が完了するまで待ちます。
保存終了で画面が変わります。
「「完了」をクリックしたときに、ムービーを再生する」にチェックをいれておくと自動的にWindows Media Playerが起動して、ムービーショーを見ることが出来ます。



「閉じるボタン」をクリックすると自動的にムービーが起動して大きな画像で見ることが出来ます。


   テキスト一覧に戻る