600形600番代
(旧名古屋市交通局250形 1600形 1700形 1900形)
600形電車は後述の700形電車と共に、長尾線と志度線に平成10年より投入された両線初めての冷房車である。両線は、今の路面電車規格でもある、軌道規格で建設開業した路線で、急曲線や軟弱な橋梁が数多くあり、琴平線のように大形車の投入が困難であった。琴平線では昭和59年から相次いで冷房車が投入され利用者のサービス向上につとめたのとは対照に、両線は琴平線の戦前製の小形車を転用するのが現状であった。平成になってから両線の軌道や橋梁の改良、変電施設の増設等の結果、どうにか冷房車の投入がある程度は可能となった。投入にあたっては15m程度の小形の車両ということになるが、その当時名古屋市営地下鉄の東山線と名城線で昭和40年代に製造された車両(黄色い電車)が廃車となった為、当車に白羽の矢があたつて、東京の京王重機にて冷房取付け、パンタグラフ設置、中間車には運転台取付け等の転用に向けた工事を行い、700形を含め平成10年から14年までに両線あわせて32両が投入された。601Fと志度線の621F 624F 629Fは東山線の250形で、これまで開業時に投入された100形の増結用として投入された700形を当形式どうしで組む為に、地下鉄時代に先頭車改造された。603F 605F 611F(志度線に転属済) 613Fと志度線の625F 627Fは名城線の中間車を250形と同じスタイルに先頭車化された為、天井の曲線部分が少し変わっている。足回りは地下鉄時代のものを、1500Vに対応できるよう
に一部改造してそのまま使用、補助電源には初めてSIVを採用した。運転台は初めてユニットタイプになったがマスコン類は併結を考量して旧形車のものを流用している。これにより、冷房化率は志度線60%、長尾線75%となり旧形車を置き換えた。車体色は琴平線の1100形と同じグリーンに窓周りが黒色というスタイルであったが、新体制になってからは線別(長尾線 緑、志度線 赤)の色と明るいクリーム色の在来色に良く似たツートンカラーになっている。
尚、613Fはイルカのキャラクター仕様「ことちゃん遍路号」となっている。
平成18年度より冷房化率100%を目指すべく、長尾線には琴平線とクラスの大形車(京急700形6両、同1000形4両)の投入が予定されており、607F 609Fの4両がが電装解除のうえ801〜804となり志度線に転属(大形トレーラにて移送)された。さらに平成19年には 611Fが志度線に転属し、塗色変更のうえ変更後は631-632に改番された。
601-602
(251-252)
昭和48年日車製
平成10年入籍
603-604
(1615-1901)
昭和46、49年日車製
平成11年入籍
605-606
(1617-1902)
昭和46、49年日車製
平成11年入籍
全労済香川県本部広告
613-614
(1702-1905)
昭和48年日車製
平成14年入籍
ことちゃん遍路号
1200形1250番台(旧 京急700系)
平成18年、長尾線にも待望の大形冷房車が登場した。 1200形1250番台は100%冷房化を目指すと共に大形化によって運用の効率(増結・離結の省略)と補修・点検の琴平線との共通化をねらいとしている。
性能面では琴平線用の1200形と同様の1両2電動機の変則的なMc-Mcユニットとなっているが、長尾線専用の為、リミッターは65km/hとなっている(琴平線は80km/h)
7月より営業運転をしており、従来の小形冷房車の600形の一部を志度線に転属と共に、旧型車を置換える予定である。
12月には長尾線には1255F(京急739Fで引退運転に供された)が投入され、これにより京急の700系の廃車が無くなった為、残りの2編成は京急1000形(ことでん形式1300形)投入し、600形の志度線への転属とともに、旧型車全て(但し120号他5両はのこる)を置換た。
1251-1252
(735-736)
昭和45年川崎重工製
平成18年入籍
1253-1254
(741-742)
昭和46年川崎重工製
平成18年入籍
1255-1256
(739-740)
昭和46年川崎重工製
平成18年入籍
「新屋島水族館・夢虫館」
広告入り
1300形(旧 京急1000系)
平成19年、ことでんの完全冷房化と作業の効率化のため、長尾線に大形車の投入されたが、これまでの種車の700系がなくなった為、残りの2編成は1000形で対応した。
1000系といえば1990年代に琴平線用に1080形で入線しているが、これらは昭和34・35年製造の2次車で、1300形の種車である1000系は最終増備車のグループで新製時からエアコン(集中式)を備え、台車も空気ばねとなっている。
ことでん入線に当たっては、これまではマスコン交換やブレーキ方式を変更していたが、増解結の必要がなくなった事や改造費を抑制することから、京急時代のマスコンやブレーキ方式をそのまま採用している。こういう事もあつて同じ1000系を種車とした琴平線用とは別形式となっている。
乗務員のマスコン等の取扱い訓練の関係もある為、営業運転開始は7月中旬以降となりそうである。
これにより、小形車4両(611F・701F)が転属となり旧形車を置換えて完全冷房化を達成する。
1301-1302
(1313-1316)
昭和49年東急車輌製
平成19年入籍
伊藤園「おーいお茶」広告
1303-1304
(1291-1298)
昭和51年東急車輌製
平成19年入籍
香川県軽自動車協会広告