「かめ風焼きそば」の「グルメ亭」 と 「かめ」の「焼きそばもどき」を売っている「はる」

松山人以外の「かめの焼きそば」を知らない人
のために「かめ」と作り方を説明しておきます。

かめ

  往復航空機を利用して買いに来るなど全国的な人気が
  あったが、経営者や働いている人たちの年齢
  (私が高校生時代の30年以上前でも既に70歳以上の
  7〜8人のじいちゃん、ばあちゃんが働いていた)に
  勝てず、5年前に閉店した。
  松山市の繁華街である「大街道商店街」の一つ西の
  通りで、千舟町通りを北へ30メートルの西側にあった。
  店の広さは、南側に1台分の駐車場があり、
  店内はカウンター席ぎゅ−ぎゅ−15席、4人テーブルが
  5箇所。店の外で、常に5〜6人程度立ち待ちしており、
  2次会帰りの酔っ払いの巣でもあった。
  問題の焼きそばは、この駐車場に常駐している
  普通車箱バンに隠れるような裏の外で、料理され、
  古新聞紙に包まれた。客も馴れたものであり、
  店に入らないで、直接箱バンの後部へと注文に行き、
  千船町通りでタクシーを拾って帰った。
焼きそば
  固くではなく硬く蒸した中華そばだけを材料に、
  炒めて焼きそばを作ります。
  出来上がった焼きそばの上に「花かつお」
  (松山市の隣の松前町の南隣の伊予市で全国の
   80%製造している「いわしの削り節」
  ヤマキ ・ヤマニ・マルトモは有名)
  をたっぷりとふりかけ、上に松前町産の半生縮緬雑魚

  (実は全国の70%の製造している
  扇屋食品 ・増永食品
  の珍味製品の一品・個人的にお勧めは黒田海産)を
  たっぷりと乗せ、ソースを添えただけの単純な焼きそば

  (隠し味は、豚さんのフィギュア容器の酢)

かめ風焼きそばのグルメ亭は、ネット通販もあるようです

はる
  三番町通りと千舟町通りの中間にある八坂公民館東隣の公園の東角にあります。
  周囲はアダルト用ホテル街でありまして、実は松山一の繁華街北京町通りの
  すぐ東なのです。
  昔の「かめ」の焼きそばより少し柔らか目、味は同じでした。
  最近仕入れた情報では、「はる」の娘さんの要望で再現してみたそうなので、
  完璧ではないそうです。

ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります


Copyright © 2000 mikichan All rights reserved.