◎関西の遊び場(イベントルポ) 

ツタンカーメン展

〜黄金の秘宝と少年王の真実〜



会期延長決定!

2012年3月17日(土)〜2012年7月16日(祝)
(6月3日までの予定でしたが会期延長となりました。)


大阪天保山特設ギャラリー
(旧:サントリーミュージアム)

(館内は撮影禁止となっていますので、簡単に紹介だけしています。)

平日    9:30〜18:00(最終入場17:00)
土日祝   9:00〜19:00(最終入場18:00)
【4/28〜5/6 9:00〜19:00(最終入場18:00)】



エジプト考古学博物館所蔵の
「ツタンカーメン」が大阪にやってきました〜!

当初、そんなに興味もなかった私ですが・・・
連日、大盛況の様子で待ち時間が出るほどの人気!
度々、エジプトから日本にやってくるような展示物でもないし、
今、見なかったら、この先、一生見る機会もないかも?とか思い、
これは、やっぱりこの機会に見ておくべき?!
ってことで行って見ました!場所は、天保山の海遊館のすぐ側。
今まで、サントリーミュージアムだった場所で開催されています。


春休みは、すごい混雑で、2時間待ちとかになったりした日も
あったようなので、春休みも終わった平日。その上、この日は雨・・・
こんな日だから、きっとすいているんじゃない?とか思って行ったのに、
行ってみてビックリでした!すごい人気で、こんな日でも30分待ち。

まずは、館内で入場券を購入!(これが、ちょっと高いです。)
平日  大人2500円、高校生1600円、小中学生1200円
土日祝 大人2800円、高校生1900円、小中学生1200円

入場券を買ってから、屋外の待ち列に並び・・・ゆっくり進みながら、
館内へ入って、館内でも並んでやっと入口へ。
やっぱり、ここまでで、並び始めてから30分ぐらいかかりました。



でも、入場したと思っても、そのままの行列で
館内もすごい人!展示物に近寄ってみるのが大変な状況です。


≪館内は、撮影禁止なので、写真はありません。
チケットより、一部紹介しています。≫



(左より)有翼スカラベ付きの胸飾り、アメヘテブ3世とティイ王妃の銘入りチェスト
アンク形鏡箱、ライオンの飾りのついた化粧容器


こういう風な素晴らしい古代エジプトの文明の残ったものが
たくさん展示されていました。
どれもほんと細かくて素晴らしい細工や紋様などが刻み込まれています。

その上、金色でピカピカとしているものもとても多くて。
3000年以上も、あんなに綺麗な状況で、
残っていたのかと思うと、本当にすごいです。

展示物は、ほんとすごくよかったのですが、人が多すぎて・・・
メインの「黄金の棺」の前はかなりすごい人なので、
さらに、その部屋への入場は規制をかけながら、
すこしづつ入れていくような状況です。

ミュージアムショップもありますが、そちらもすごい混雑でした。

(ちなみに・・・今回のイベントには、黄金のマスクの展示はありません)



展示物はすごかったので、行く前とは違って関心を示し、
私にとっては、見に行く価値はあったかなと思いましたが・・・
ただ、入場料が高い上に、人が多すぎて
ゆっくり快適に見れなかったのが残念でしたね。

今後見に行かれる予定のある方は、
時間の余裕を持って、出来るだけすいてそうな時に、
公式サイトにて待ち時間などが表示されている場合もありますので、
そちらを確認のうえ、お出かけされたらいかがでしょうか?


公式サイト

http://kingtut.jp/


(屋外で長時間並ぶのを避けるため、混雑時には整理券を
発行するようになったようです。GW期間は発行予定
。)


訪問日 2012年4月11日
作成日 2012年5月 4日