◎関西の遊び場【水族館・動物園編】

天王寺動物園

大阪市天王寺区茶臼山町1−108

入園料 大人500円 (中学生以下無料)  休園日:月休・年末年始

開園時間:9:30〜17:00(入園は16:00まで)【5・9月の土日祝は開園時間延長・夜間開館】

大阪では、かなりなじみの深い動物園ですね。この動物園ではZOO21計画というものが実行され、平成7年に「アイファー」、平成9年にカバ舎、平成10年にサイ舎、平成12年にアフリカサバンナ区草食動物ゾーン、そして平成16年1月31日にアジアの森・ゾウ舎がオープンしました。これによって、昔の天王寺動物園とはかなり様変わりし、とても綺麗で今時の動物園に変わってきている感じがします。


まずは、もっとも新しいゾウ舎から〜!

ここは、今年オープンしたアジアの熱帯雨林(ゾウ舎)です。

ゾウをみるだけでなく、熱帯雨林という雰囲気もとても出ていますし、

他にも見どころは色々あります!いい感じで楽しかったです。


次はアフリカのサバンナゾーンです。

木々でいっぱいの広い草原に草食動物が共存して、生活しています。もちろん、網が貼ってありますので、側までは立ち寄ることが出来ませんが、サバンナの雰囲気的には、とてもよい感じに出来上がっていると思います。今までの「オリの中に入った動物を見る」という動物園の枠を

最初に打ち破った感じで、自然の中で共存している動物という感じがすごくよく出ています。

カバ舎やサイ舎などと一体化し、全体的にも見やすくよい感じです。


もちろん、普通に檻に入った動物もたくさんいます。

それ以外にも、夜行性動物舎や鳥の楽園、爬虫類生態館(アイファー)などのように

種類ごとに分けられた館内もあります。

あとアシカ・シカ・ヒツジのところでは1皿100円のエサ販売も行っていますので、

動物にエサをやってみることもできます。(エサは販売数に限りがあります。)


園内は北園・南園とあり、結構広くて動物の種類も色々いますので十分に遊べるでしょう。

あと、天王寺公園と隣接していて、動物園に入園するとその半券で天王寺公園にも

入場できるようになっていますので、あわせて楽しまれると良いでしょう。

アクセスについてですが、電車がオススメですね。このあたりは駐車料金は高いので・・・。


最終来園日 2004.5.5

《ミカリンの総評》

10年ほど前と比べると、ほんと綺麗な感じのいい動物園に変わってきた感じがしますね。ゾウ舎・アフリカサバンナ・アイファー・サイ舎・カバ舎など綺麗な施設はやっぱり気持ちいいですし、単に檻にはいった動物だけじゃないので見どころも多くて楽しいです。子供を連れて遊びに行くのにはよい施設ですね。今回、私は地下鉄の動物園前で下車し、帰りは地下鉄の天王寺駅から乗車したのですが・・。電車で母親が子供連れて行く場合は、天王寺駅から天王寺公園を通り抜けて動物園にいく方が私とてしてはオススメです。治安的・街の雰囲気的に。先に天王寺公園を利用した場合には、動物園に入園の時には公園の料金(150円)を引いた差額(350円)を払えば入園できます。

2004.5.10作成