◎関西の遊び場 【博物館・美術館・科学館】

神戸市 水の科学博物館

神戸市兵庫区楠谷町37−1  (078)351−4488

入館料:大人200円 小人(6歳〜18歳未満)100円

休館日:毎週月曜日(ただし月曜が休日・祝日の場合は翌日)・年末年始

9:30〜16:30(入館は16時まで) 駐車場なし

外観は、とても雰囲気のある建物ですね。以前から行って見たいと思いながらも、

駐車場がないということが一番ネックになり、なかなか足が向きにくかったんですが・・・。

 

まずは、1階!

 

ウォーターサイエンスゾーンということで、実際に子供が触って試して

遊びながら体験できるような展示物が色々ありました。

ポンプを押して水を送ったり、風車をめがけて水を飛ばしたり。

水の渦を作ったり、シャボン玉を作ったりと色々な遊びがありました。

 

 

それ以外にも、1日数回実験を行う「水の実験室」や

子供が遊べる「水のジャングルジム」もありましたよ。

 

そして2階に上がると・・・

 

水と環境や生命そしてくらしについて考えるような、

1階よりは、少しレベル的に高い展示物が多かったですね。

乗るだけで自分の体内の水分量がわかるというような体重計も置いてありましたよ。

 

 

暮らしの中でどのくらいの水が使われているかというのを学ぶ為の

配管モデルハウス(写真左)もあり、

水の量は、よくわかるようにペットボトルで展示してありました。

川や湖の水や水道水との水質の違いを見れるように、

実験のような展示物もありましたね。

 

これら以外にも、2階にはアクアサロンということで、

水の飲み比べコーナーや図書コーナー、ビデオライブラリーもあり

そして1階にはテーマシアターがあり、

3Dシアターで「水のものがたり」の上映もしているようです。

《ミカリンの感想》

入場料は200円と安かったですが、場所的にはちょっと行きにくい所でしたね。電車の場合、駅からバスに乗るか、15分歩くかのどちらかですし、車の場合は一般車の駐車場はありませんでしたので。【身障者の駐車のみ数台可】もう少しアクセスがよかったなぁ。といった感じです。

展示物的には、子供が実際にやってみる感じのものが多かったので、私が行った時にはすいていたこともあって、結構うちの5歳の子供は楽しんで遊べていましたけどね。ただ、それほど大きくない為、ここだけで1日は楽しめないので、他のスポットと合わせて楽しまれた方がよいでしょう。私はハーバーランドに行った時に、少し足を伸ばして行ってみたんですけどね。 2003.5.13作成