◎関西の遊び場(観光名所編) 

高野山


平成27年、開創1200年を迎える高野山。
私は、一度も行った事がなかったので、
主人と2人で電車に乗って行って見ました。
切符は南海難波駅でお得な
「高野山・世界遺産きっぷ」を購入!
高野山までの往復の割引乗車券と高野山内バスの
フリー乗車券がついて、大人2860円です。
まずは、南海電車で「橋本駅」まで行き・・・
そこからは、私たちは、行きは、観光列車「天空」に乗って
電車の旅を楽しむことにしました。



この列車に乗るためには、基本的には、前日までの電話予約が必要で、
当日、乗車券にプラスして座席指定料の510円を支払います。
もちろん、この列車じゃなくても、難波駅から直接、
特急などで行ったほうが、時間的には早くつきます。
でも、せっかくの機会ですので〜!座席は全席指定で予約制。
どの席が当たるのかはわかりません。
窓側を向いている座席もたくさんありますし、
4名などのグループにピッタリのテーブル付きの座席もあります。



私たちは、電車の先頭車両の最前列だったので、
とてもよく線路が見えて・・・電車での移動も楽しみながら、
高野山を目指します。この列車、天空は、橋本駅〜極楽橋駅間を
片道、約45分で走る観光列車になっています。



極楽橋駅に到着すると、ここからは、ケーブルカーに乗り換えます。
特急で来た場合も同じ。ここからはケーブルカーです。
途中、スカイツリーと同じ高さの標高634mの地点を通り、
まだまだ上に上がっていきました。





難波駅を9時10分発で出発し・・・
ここ高野山に到着したのは、11時10分でした。
ケーブルを降りると、どこに行くのにもほとんどまずはバスですね〜。
私たちは、「千手院橋」でバスを降りて・・・
食事をすることにしました。食事をしたのは、
「中央食堂さんぼう」というお店。せっかくこういう所まで
やってきたので、精進料理が良いかなと思って・・・
胡麻豆腐、こんにゃく、お麩、野菜の天ぷら、
炊き合わせといった感じで、まさに精進料理です。



精進花篭弁当 2200円



食事をしてから、再びバスに乗って、次は「奥の院口」で
バスを降りました。高野山に来たら、まずはここですね!
ここが奥の院への参道の入口になります。
ここから、約2キロ、杉に囲まれた参道をゆっくり
歩いていきます。すると、武田信玄、明智光秀、石田光成、
織田信長といった歴史上の偉大な人物のお墓が
あちらこちらに点在していて、すごい歴史を感じます。
緑の中を歩いていくと、森林浴効果と神聖なる場所から感じる
澄み切った空気でとても落ち着いた気持ちになります。



どんどん歩いていくと、「奥の院御廟」があり、
そこから先は、写真撮影も禁止となる神聖なる場所です。
神聖なる場所でお参りをして、再びここまで戻ってくると、
「奥の院前」のバス停の方へ通じる道があるので、
来た道を戻るではなく今度はそちらの道へと歩いていったのですが、
こちらの方からやってくる団体客の人の多さと
このあたりは、歴史上の人というよりも、現代に存在する
大企業の社長さんのお墓など比較的新しいものが多く、
ガイドさんが案内していたりして、まさに観光地といった感じで、
さきほどまでの静寂なる神聖なる場所という感じが
どこかに行ってしまった感じでした。



私は、「奥の院口」から歩いて、奥之院御廟で
お参りをして、「奥の院前」まで歩いてくる約3.2キロの
コースで1時間ちょっとの道のりでしたが、これが
澄み切った静寂なる空気の中、森林浴をしながらだったので、
とても気持ちの良いコースで、オススメですね。

ただ、観光バスなど団体で行くと、バスの駐車場が
「奥の院前」になり、「奥の院口」から歩くわけではないので、
歩く距離は格段に短くなります。
その場合、往復で約2.6キロの道のりになりますので、
個人で行かれたとしても、歩くことに自身がない人は
バスで「奥の院前」まで来て、
そこから歩いていかれた方が良いでしょう。



お参りを済ませ、よく歩いたので、このあたりで休憩です。
少し歩いて「Kasakuni cafe」というログハウス風の
カフェに入りました。ケーキセットが650円で、
おいしいのに、安かったですね〜!





休憩を済ませ、次はバスに乗り、「金剛峰寺」を目指します。
せっかく高野山まで来たのですから、主要なお寺は巡ります。
拝観料は大人500円、小学生200円。
ここは、高野山真言宗の総本山となります。



室内には、有名な絵師さんによる、
すばらしい襖絵の数々や、豊臣秀次自刀の間もありました。
お庭の「蟠龍庭」もとってもきれいで〜。
大広間では、お茶とお茶菓子を出してもらえてすこし休憩です。
ほんと落ち着いた時を感じれたお寺でした。





次に金剛峰寺から歩いて向かったのは、「壇上伽藍」です。
東塔があり、さらには、綺麗な朱色に輝く「根本大塔」があります。
こちらは、拝観料は200円で、中に入ると
16本の柱には十六大菩薩が描かれていて、
堂内は曼茶羅世界を表しています。



他にも、金堂、御影堂、不動堂、西塔といった
それぞれに意味のある貴重な場所がありました。
ここ「壇上伽藍」は、奥の院と共に、
高野山の二大聖地と呼ばれているだけに
空気がとても澄んだ、心落ち着く場所でしたね〜。





途中、移動時に「麩善」というお店で購入した
笹巻あんぷ(5個入)680円や
帰り際に「みろく石本舗 かさ國」でくるみ餅(1個110円)を
御土産に購入したりもして、高野さんグルメも楽しみ、
帰りは、極楽橋駅から特急「こうや」に乗って
(乗車券+特急料金780円が必要)難波駅まで帰りました〜。



行きは、観光列車「天空」で行ったので、所要時間は
難波から約2時間ぐらい。帰りは、「特急こうや」を利用したので、
難波駅まで約90分ぐらいでした。



高野山の主要な所はこれで回れたと思います。
日帰りでも十分でしたね〜。
もちろん、時間に余裕があれば、宿坊で
1泊して高野山を堪能されたら良いと思いますけどね。
さすが、世界遺産の高野山ですね〜!
都会とは違った空気の綺麗な落ち着く場所でした。


訪問日 2014年9月 9日
作成日 2015年2月22日