◎関西の遊び場(イベントルポ) 

KOBE de 清盛 2012
ドラマ館・歴史館

2012年1月21日(土)〜2013年1月14日(祝)
9:00〜17:00

このイベントは、メイン会場が2箇所で少し離れた所にあります。
「大和田泊会場 歴史館」と「ハーバーランド会場 ドラマ館」です。



歴史館

まずは、神戸市兵庫区の中央市場前にある歴史館のほうから
行ってみました。約1年間の期間限定のイベントだからか、
まさに建物はプレハブです。

入館料は、大人300円ですが、ドラマ館(600円)とのセット券もあり、
セット券なら700円とお得なので、セット券を購入!

館内に入ると・・・まずは、清盛の時代の疑似体験が
出来るコーナーがあり、十二単衣や兜の重さを
体感できます。十二単衣は、かなり重くて、約10kg!

若き清盛のオリジナルアニメーションの上映もありました。

そして、神戸に残る清盛の足跡を、遺跡や出土品などで紹介しています。


壁際には、清盛の足跡と共に、
「十輪田泊」〜「兵庫津」〜「神戸港」への歴史の移り変わりや、
源平合戦ゆかりの地が紹介されていて・・・


え?もう出口?!あまりの短さに驚きです。
コレだけ?という規模で、ボリュームの少なさで・・・。
出口では、オフィシャルグッズや特産品などを販売していました。


そして、歴史館の外には、イベントスペースがあり、
週末には清盛隊のライブが行われているようですが・・・
私が行ったのは、平日だったので、何もしていなくて。


あと、別料金(300円〜500円)にはなりますが、
1時間や2時間でゆかりの地を巡るツアーも随時開催していました。


すごく、物足りなさを感じながらも・・・300円だし、仕方ないかな?!
と思いながら、、次は、ハーバーランドにある
「ドラマ館」の方に期待を募らせ、行ってみました!





ドラマ館



ここは、ハーバーランドセンタービルの1F。ファミリオのビルです。
(昔は神戸西武や神戸スィーツハーバーがあった場所)
このビルに行って見て、ビックリでした!すごく寂れた感じで、
現在は、ほとんどが空き店舗になっていて、
そのビルの1階でやっていますので、すでに、なんとなく
盛り上がりにかける感じです。

行ってみると、右奥にショップがあり、入口手前には武士の方がいたので、
写真を撮らせてもらおうかと思ったら、一緒での記念撮影しか
無理だと言われ・・・後ろを向いてしまったので
仕方なく、一緒に写真を撮ってもらうことにしました。

すると、ドラマ館の人のカメラと自分のカメラと
2枚撮影する羽目になり・・・。これは、出口で仕上がりを見て、
気に入ったら購入(有料)というものでした。

では、入場します。私は、歴史館の方で共通券を
買っていたので、チケット売り場には寄らずに、そのまま入場。
(ココだけの場合は600円です。)



≪館内は、一部を除き、撮影禁止なので、写真はありません。≫

大河ドラマの人物相関図やドラマのストーリーの紹介、
使用した衣装や小道具などが展示してありました。

そして、映像シアターゾーンがあり、ドラマのダイジェストなど
3つの映像を順に上映していたのですが・・・
その中でも、清盛の夢の都「福原京」をCGにて再現していた
オリジナル映像は、とても良かったです。

ドラマ館内で、唯一写真を撮れる場所というのが、
この松山ケンイチさんの等身大のフィギアです!
ここでは横に立って、自由に記念撮影をすることも出来ます。
とっても、リアルで、すごく完成度の高いものでした。

そして、出口を出ると、ショップになっていて、
入口の所に戻ってくる感じです。

全体的に盛り上がりとボリュームにかけるというか・・・
映像シアターを見たので、まだ良かったのですが、
見なかったら、見所も少なくすぐに終わってしまう感じです。
松山ケンイチさんのファンで、
清盛フィギアと一緒に記念撮影をしたい人は
とてもリアルなので良いと思いますが・・・。



この「ドラマ館」と「歴史館」を見るために、わざわざ
神戸まで出掛けていったので、余計に残念な感じがしました。
もっと、ボリュームと見所を増やして欲しかったです。
ここだけでなく、清盛ファンの方は、歴史館の周辺にある
清盛ゆかりの地と共に、見て回られた方が楽しめそうです。



撮影日 2012年3月8日
作成日 2012年4月7日