◎関西の遊び場(複合スポット・観光名所編)

京都・河原町周辺散策

大阪市内に住んでいると、なかなか京都に遊びに行く機会が少なくて・・・

京都に行くなら、やっぱり秋かしら?!一度、錦市場にも行って見たいと思っていたし・・・

でも、京都の地理には、とても、うとい私・・・友達に案内して連れて行ってもらうことに〜。

京都には阪急電車で行き、10時過ぎに、阪急河原町駅で下車して歩いて巡ります。

まずは、鴨川を渡り、祇園方面へと歩いていきました。

            鴨川のほとり                        一力亭

 

花見小路通りを歩きます。お茶屋さんや、お料理やさんが軒を連ね、とても風情のある街並み

ですね。でも、まったく祇園を知らない私にとっては、どこが気軽に入れるお店なのか、

いちげんさんお断りのお店なのかもわからないような状態で・・・。敷居が高く、雑誌やHPなどで下調べをしてからでないと入れないなぁと思ったり。そんな中で、HPで見て、雑誌にも載っていた「京きなな」を見に行ってみました。11時からなので、まだ開店はしていなかったんですけどね。

作りたての京風アイスが食べれるお店です。でも、全然アイス屋さんっぽくなくて素敵な店構え。

          十二段家                            京きなな

 

風情のある街並みを見ながら、次に向かったのは八坂神社だったのですが・・・

実は、改修工事の真っ最中で・・・門が工事の幕で覆われていて・・・

もちろん、入ることは出来たのですが、なんとな〜く、行き先を変更して、知恩院へ

行ってみることに。大きな三門をくぐりぬけ、石段(男坂)をあがると、御影堂がありました。

                三門                         御影堂

 

靴を脱いでお寺の中に上がります。ここ知恩院には、「七不思議」というものがあるそうで、

パネルで紹介されていたので、それらを見てみることに。ただ、現在工事中のため、非公開で

見ることが出来ないものもあるのですが「鶯張りの廊下」と「忘れ傘」を見ることは出来ました。

「鴬張りの廊下」とは・・・歩くと鶯のような泣き音がすることから、そうよばれているそうです。

「忘れ傘」はなかなか見つけられなかったのですが、御影堂正面の軒裏に骨だけになった傘が

ありました。これがこのお寺を火災から守ってくれると信じられているようです。

            綺麗な景色でした。                   帰りは女坂を下ります。

 

知恩院では、無料で見れる一部分しか見学はしていないんですけどね〜。

次に「一澤帆布」と「一澤信三郎帆布」に行ってみることにしました。

そう!ここはまさに、お家騒動で、一時期、ワイドショーなどを賑わしていたお店です。

その為、現在は、昔からある「一澤帆布」と新しくオープンした「一澤信三郎帆布」が

道路を挟んで、斜め向いに建っていました。こんなにすぐ側に立っているとは!ちょっと驚き!^_^;

京都では、明治時代からある有名な老舗かばん屋さんです。お店に入ってみると、

特に、「信三郎帆布」の方は人でにぎわっていました。一澤帆布の方は、カバンだけじゃなくて

小物なども売っていて、信三郎帆布の方は、カバンばかりですが、柄物がとても豊富に

あるという感じでしたね。私が買うのならやっぱり、信三郎帆布かな。(笑)

                 一澤帆布                     信三郎帆布

 

11時半頃になったので、次は、そろそろランチを食べに行くことに〜!どこで食べようかと、

友達と相談し、前もってネットなどで調べていて・・・。祇園方面に戻り「せせらぎすへら」

というお店に行ってみました。店内の雰囲気がとても変わっていて、モダンなインテリアです。

ただ・・・到着すると、店内には他のお客さんがおらず・・・店員さんも板さんのみでした。(^_^;)

    大阪と違い風情がある道が多いです。                 せせらぎすへら

 

お昼は1500円のランチのみでした。有機野菜などをメインにしたヘルシーなランチです。

これに、デザートのフルーツがついてきました。ただ、ここのお店の売りは、ランチではなくて・・・

唯一、予約無しに、「嘯月」さんの和菓子が食べられると言うことのようです。

(「嘯月」とは・・・通常、予約販売でのみしか販売していない和菓子の名店です。)

通常ならば、この和菓子は1時半〜2時ぐらいにならないと、お店に到着しないということ

なのですが、この日は、早くに到着したようで・・・友達が店員さんに尋ねてくれた甲斐あって、

運良く食べれることに!3種類から選ぶことが出来て、とても秋らしい和菓子をチョイス!

さすがに作り置きは一切せずに予約販売のみということあって、とても美味でしたよ〜。

         せせらぎすへらのランチ                       嘯月の和菓子

 

そして河原町通りを歩き、「パティスリーカナエ」に行ってみました。ここは、洋菓子研究家の

「小林かなえさん」という方が2006年10月にオープンした洋菓子店です。

ケーキや焼き菓子も売っていますが、マカロンの種類がすごく多くてここのメインとなっているので、

マカロンを購入しました!ただ・・・・マカロンも生菓子と同じで、持ち歩きの時間が2時間までしか

ダメだといわれ・・・まだ、これから錦市場に行くつもりだったので、仕方なく、帰りに取りに来る

ことにして預けておくことに。そして、錦市場へ〜。私はテレビでしか見たことがなかったので

初めてです!包丁で有名な「有次」もありました。もちろん入ってみます!

いつか、こんな名前を入れてもらえるような包丁をもてたらいいなぁと思いながら・・・

     パティスリーカナエ               錦市場                  有次

お漬物、かつおぶし、豆乳ドーナツ、厚揚げ、うなぎの骨せんべいなどを購入しました。

はじめての市場なので、同じような品物をうるお店がたくさんあって、どこで買ったらいいのか

迷ってしまいます。さすがに、京都の市場ということあって、京都らしい食べ物がたくさん

並んでいました〜。外人さんなど観光客の人も多かったです。

        錦市場を往復してみました。                    お豆腐屋さん

 

錦市場を往復して色々な食べ物を購入して、帰りに預けてあった「マカロン」を取りにいって、

再び阪急河原町駅から電車に乗って、大阪へと帰りました。

 

★ミカリンの感想★

結構たくさん見て歩き回りました〜!よく歩いたと思います。京都には10時〜15時ぐらいまでの滞在だったんですけどね。少し色づき始めた紅葉の京都を見ることが出来て、とても満足でした。行ってみたかった、錦市場以外にも、友達に色んな所に案内してもらって、とても楽しかったですしね。 先日、「大人のための京都観光」という特集の雑誌をかったので、それを見ながら、少しは京都のことが地理的にもわかってきたような・・・。今後、京都も色んなところに行ってみたいなって思います。

 

PS:私は、京都に関して詳しくないので、京都にお住まいの方からしたら、メジャーすぎて、

わざわざ紹介するほどのこともないような情報だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

ま、そのあたりは、「大阪人が京都観光をした感想」という程度に、さら〜っと流していただけたらと思います。(^^ゞ 

 

2007.11.15作成