◎関西の遊び場(生き物編)

海遊館

大阪市港区海岸通1−1−10 TEL:06−6576−5501 

10:00〜20:00(入館は〜19:00、季節により変更あり) 不定休

入館料 一般2000円 中小学生900円 6〜4歳400円

大阪の観光名所ともなっている海遊館!一度ぐらいは行ったことがある人も多いのでは?!

ただ、大人2000円という入場料金からすると、観光などで行くのには良いけれど、度々

家族で遊びに行くのには、高いという感じで、近くまでは行くけど、なかなか入らなかった所。

でも、今回、サンタダイバーもやっているし、SHARK&RAYのイベントも海遊館ギャラリーで

行われているということで、数年ぶりに行って見ました。

  12月なので、海遊館の前にはツリーの姿が!

 

10時過ぎに到着です。土曜日だけど、駐車場もこの時間だとスムーズ!まず、入場券を

購入し、入場します。(入場券は、電車で行く人はお得なセット券も発売されていますので、

チェックしてみてね!)入場口横で、子供用のたんけんノート(300円)が販売されていたので、それを購入し見て回ることにしました。

まずはアクアゲートです。この時期はクリスマスの装飾もあり特に綺麗でした!

     

「Merry Christmas」の文字も浮かび上がり、とても幻想的!アクアゲートを抜けると、

ジンベエザメとの記念撮影のコーナーがあり、カメラマンが写真を撮ってくれます。

この写真は、館内の最後、出口付近で仕上がりを見て購入することができます。

 

そしてエスカレーターで8階へとあがります。ここから順に下りながら見ておりてくるように

なっています。日本の森があり、その後、アリューシャン列島、モンターレ湾と続きます。

ラッコやアザラシ、アシカなどの姿を見ることができます。

 

子供は入口で購入した「探検ノート」を片手に、お魚クイズに挑戦しながら見て行きます。

この探検ノートには消しゴムとシャーペンとノートを入れる袋がついています。

魚をじっくり観察したり、探したりして答える問題が多いので、ゆっくりと魚を見ながら

進んでいくので、このノートは買ってあげて正解でした。

魚のことについて色々載っていますしね。

 

そして、色々な魚を順に見て回ります。モンターレ湾、パナマ湾など地域別に

わかれて水槽に入っています。

 

運が良いと、エサを食べるシーンなどに遭遇することもあります!

南極大陸のペンギンは地上と水中とどちらの姿も見ることができます。

 

ほんと、色んな魚がいますよね〜!見ていると楽しいです。

 

外国の海だけでなく、日本の瀬戸内海や日本海溝の水槽もありました。

水槽内を掃除をしているダイバーさんの姿も発見!

 

そして、この時期、もっとも大きな太平洋の水槽には、サンタダイバーも姿を現します。

1日3回ほど登場しますので、クリスマスシーズンに行かれる方は、時間をチェック

してみてくださいね!この太平洋水槽は世界でも最大級の巨大水槽で、

やはり目玉はこの「ジンベエザメ」です。

この太平洋水槽を中心として、スロープを降りていくような感じに、見て回ると、

自然と4階部分まで降りてくることになります。同じ水槽でも場所によって見える魚も

違ってきますので、見ていると面白いです。

 

そしてエスカレーターで3階部分に下りると最後に「ふあふあクラゲ館」があります。

照明の演出や、クリスマスの飾りつけもあいかさなって、とても幻想的で綺麗でした。

 

そして、出口となります。ただ、不定期ですが、出口側の階段を上がると、

エントランスビル4階の海遊館ギャラリーでイベントが開催されている時もあります。

 

★ミカリンの感想★

何年ぶりかの海遊館でした。子供が小さかった頃(3歳ぐらい)は、ゆっくりと見るということはあまりせずに、下り坂を喜んで先に行ってしまったりしていたので、ちょっともったいなかったなぁ。という感じもあったのですが、8歳となった今では、結構真剣に見てくれたので、私のほうもゆっくり見ることが出来て楽しかったですね。探検ノートもクイズ感覚で挑戦できるので、小学生ぐらいにはオススメです。 

 

 

                                           2005.12.14作成

 

 

 海遊館公式サイト →http://www.kaiyukan.com/