関西の遊び場【公園・植物園編】

 

ハーベストの丘

 

大阪府堺市鉢ケ峯寺2405−1  TEL:0722−96−9911

9:00〜18:00(季節により変更あり)  入場料 大人900円 小人(4歳以上)500円

2000年4月11日にオープンした施設です。アクセスは、電車の場合、泉北高速鉄道

「泉ケ丘」駅下車で直通路線バスで約17分。だから、車の方がオススメです。駐車場は3000台収容の無料駐車場があります。到着すると入場ゲートの手前に、農産物直売所や、手作り館があります。農産物直売所では、取れたての野菜、手作り館では、ハーベストの丘の自家製商品などが売っていますが、いきなり買うと重いので、帰りぎわに見に行きましょう。でも、私が行った時には、帰りが3時すぎだったのですが、もぎたて野菜は、かなり売り切れて

しまっていましたのでやはり買いたい人は先に購入するべきか・・・


入場券を購入して中に入ってみましょう!やっぱり、出来たばかりということで、奇麗です。

それに建物などの造りも可愛くオシャレな感じに作られていますので、

全体的に好印象をうけます。

まずは、雑貨館やお土産館がありますが、これらは、帰り際に見に行きましょう。そして、次に、バーベキューハウス、森のフードハウス、街のパン屋さん、食のホールといった‘食’に関する所が並んでいます。私は、ちょうどお昼時だったので、このあたりで軽く何か食べることに。まず、街のパン屋さんを覗いてみましたが、その時には、くるみパン(大)800円しかなく。ここでは、

石窯で焼きたてのパンが食べられる代わりに、種類や数は少ないようです。


そこで食のホールでに行って見ました。

ショーのステージもありますので、時間によっては、催しをやっているみたいです。メニューのほうは、ピザ、オムライス、スペアリブ、フランクフルトなどがありました。セルフサービス形式なので、欲しいものを買って自由に食べます。スペアリブ(650円)とフランクフルト(300円)を食べましたが、これらは、どちらも本格的でなかなかGOODでした。


そして、お腹が少し満たされた所で、次はプレイ広場です。ここでは、アーチェリー、ストラックアウトがそれぞれ300円で手軽に楽しむことができます。アーチェリーをできるところなんて、なかなか少ないので、この機会にやってみるのもいいと思います。初心者にでも分かりやすく説明書きがありますし。そして、ゴーカート!これは、全長850メートルのコースを走ります。1回700円もするのですが・・・でも、なかなか走りごたえはありました。復路は、若干上りになっている為に、

アクセルを踏み込んでもなかなかスピードは出ませんが・・・

あと、子供にオススメなのが、おもしろ自転車&芝すべりゲレンデ(共に20分300円)

 

自転車の方は、変り種の自転車が色々とありますので、時間内であれば、自由に色々と乗り換えて、楽しむことが出来ます。もちろん、大人でも楽しめるように、自転車とは呼べないような変わった3輪車もあります。芝すべりゲレンデのほうは、最大斜度20度の芝の斜面を借りたソリに乗って滑り降ります。乗ってみると思っていたほど、スピードは出ないですが、なかなか爽快感はあり面白いです。がしかし、滑り降りると、自分で横にある階段で上まで登らないと

いけません。結局20分間で5〜6回滑ったと思います。結構疲れます。


色々と遊んだら次に見えてくるのは、野外炊飯場や、陶芸工房です。野外炊飯場では、カレーや豚汁などを自分たちで作って食べることができます。陶芸工房のほうは、陶芸教室が開催されていますので、各自で確認してみてください。

そして、この辺りに、ハーベストトレインの停車駅(アート広場駅)があります。

ここから片道300円でふれあい広場駅まで運んでくれます。

結構遠いので、歩くのにあまり自信がない人は乗ったほうがいいでしょう。

 

ここまでが、街のエリアと言った感じで、ここからは、村のエリアという感じです。

この間は、つり橋でも渡ることが出来ますし、

下の道でも小川を越えて道なりに進んでいくと行くこともできます。

次にあるのが、ふれあい広場です。まずは、小さい子供の大好きなバッテリーカー(1回100円)があります。そして、すぐ側の池には、足こぎボート(スワンボートなど)があります。

でも、こちらは3人乗り900円、4人乗り1200円(それぞれ20分)と結構なお値段です。

小動物と触れ会うこともできるような所もあります。人間が柵の中に入って、ウザギや羊、アヒルなどを実際に触ることができます。餌も売っています。

他にも、シープハウスでは羊をさわるだけでなく、時間によれば、毛刈りショーや、

羊の追い込みショーなどもみることが出来ます。他にも、乗馬コースもあります。


しばらく遊びつづけた所で、次にあるのが、クラフト広場と呼ばれる一帯です。

マイスター工房では、実際に加工工房での製造過程が見学できます。

ソーセージ、プリン、ヨーグルトなどの製造現場。そして、それらの商品は加工品館で実際に売られています。加工品館には、それらの加工商品だけではなくて、

飲み物やお菓子など、珍しいものが並んでいましたので、少し覗いてみてはいかがでしょうか。

その隣に、村のパン屋さんがあります。こちらも石窯焼きの焼きたてパン屋さんです。

食パンなどは限定商品ですので、整理券がないと買えませんが、それ以外のパンは焼きたてが

随時店頭に並びますので、運がよければ、焼きたてのアツアツパンを手にすることが出来ます。

私は、カレーパン(1個150円)とアツアツの焼きたてアンパン(1個150円)を買って、すぐにその場で食べましたが、どちらもおいしかったです。その代わりに、パンの種類や数は少ないです。

側に、キッチンハウスという所もありますが、こちらは、一般的なうどんとかそういうメニューもおいている食券式の食事場所です。こういう所にまで来て、そういうものは、あまりオススメしませんので・・・あと、自分で手作りして食べる体験工房(体験教室)もありますが、こちらは、その時によって、講座内容や時間が変更になりますので、やってみたいと思う方は各自で調べて予約してください。これで、一様大まかにコースに沿って、見て回ったことになります。


ほかにもフードハウスと呼ばれるようなところが各所に点在していて、飲み物以外にも、ソフトクリームやポテト、えび串団子、など、色々なスナックメニューも売っていますので、気軽に食べることも出来ます。全体の感想としては、なかなか奇麗で楽しく1日を過ごすことが出来ました。

カップルにも、子供が楽しめる所も多いので、家族連れにもオススメ出来ると思います。

館内で食べて美味しかったソーセージは、加工品館で買って帰りました。3本530円!現地で食べるのは、1本300円・・・なので、高いなぁ。と思った人は、お土産にいかがでしょうか。

なかなかいけますよ!

2000.4.25作成 2002.8.4更新