◎関西の遊び場(記念館・児童館編) 

EXPO’70パビリオン

2010年3月13日 OPEN!!!

万博公園内に大阪万博40周年を記念してオープンしました。
場所は、大阪万博の時に、「鉄鋼館」があった建物です。

万博公園に行くと、大人250円(小・中学生70円)を払って
まずは自然文化園に入園してくださいね。
中央入口から入園した場合には、正面に太陽の塔が見えていますので・・・
案内板の通り、右手側に進みましょう〜!

変り種自転車があって、その先に旧鉄鋼館が見えてきます。
その建物がEXPO’70パビリオンです。


太陽の塔の前を通り、右手側に進むと・・・EXPO’70パビリオン(旧鉄鋼館)が見えてきます。


館内に入ると、大人200円(中学生以下無料)で入館券を購入します。
そして、まずは2階へとあがります。
上がってすぐの場所には、EXPO70への歩みということで、
太陽の塔付近の模型が展示されていました。

券売機とエントランス                お祭り広場の模型


場内は、このように、すこし赤い照明になっています。
壁際には、色々な万博当時の記念の品が飾られていて、
記念メダルや記念切手などもありました。
ちなみに大阪万博の入場料は、大人800円、小人400円だったんですね。

モニターやスクリーンでは万博当時の映像も映し出されています。


そして、館内の中央部には、万博閉幕からずっとそのままになっていた
スペースシアターが残されています。シアター内に入ることは出来ませんが、
ガラス越しに中の様子を見ることが出来ます。
当時行なわれていた光のショーをイメージして、照明での演出もあります。
太陽の塔の中にあった「生命の樹」も一部飾られていましたよ。

万博当時のまま保存されていたスペースシアターの場内です。


色々な展示物があるので、万博の様々なことを知り、思い出し、
懐かしむことが出来ると思います。
大阪万博の入場者数はなんと6421万8770人!!!
数年前に開催された愛知万博の総入場者数が約2204万人なので・・・
それから考えても、驚くぐらいのすごい人だったんですね〜!

待ち時間の表示もありました。どのパビリオンもすごい待ち時間だったようですね。


大阪万博には、色々なパビリオンがありました。大きな航空写真では、
場内の全体像を見ることができます。そして、壁には、各パビリオンの写真と共に、
パビリオンの詳細も書かれていますので、40年経った今、
当時入ったことのあるパビリオンの内容を再確認するもよし、
こんなパビリオンがあったんだ〜と新たな発見をすることも出来るでしょう〜。

当時の会場内の様子がよくわかります。


他にも展示物は色々ありますので、その一部を紹介しますね。
たとえば、各パビリオンでゲストを案内していたコンパニオンの衣装や
お祭り広場にいたロボットの模型、手のひらの椅子などの展示もありました。

私にとっては、はじめてみるものばかりでした。


そして、万博当時、場内で走っていた電気自動車や
電気自転車の展示もありました。

電気自転車や電気自動車は40年前からあったんですね。


ペーパークラフトで細かく作られたパビリオンの模型も
数多く展示されていました。そしてパネルでは、
大阪万博から世間に広まっていったものも紹介されていて・・・

ヨーグルトもフランスパンも缶コーヒーもこの頃からだったんですね。


ほんと、色々な展示物がありますので、ゆっくり見て回ってくださいね。
2階は有料ゾーンなのですが、1階のエントランス部分の「ホワイエ」は無料で
見ることが出来ます。1階には、エキスポタワーの模型と共に、
エキスポタワー展望室の一部や、当時、鉄鋼館で展示されていたもの、
パビリオンの模型などがすこしですが展示されています。

1階の展示物は少ないですけど、無料で見れます。


そして、現在の万博公園内ですが・・・
太陽の塔はもちろんのことながら、お祭り広場にあった大屋根の一部の支柱も
残されています。そして、各パビリオンがあった場所には、
石碑があり、現在でもなお、パビリオンの面影を残していますので、
その辺りもすこし気にして、万博公園内を
散策されても楽しいかと思います。

今もなお、大阪万博のなごりがあります。


私は、大阪万博の時にはまだ生まれていなかったので、
本当の万博を知りません。
過去に行なわれていた万博のイベントや映像などで
一部を知っているだけなので、すごく新鮮に見ることが出来ました。
会場内では、懐かしんで見ている人が多かったですけどね〜。

気候のいい時に、万博公園とあわせて楽しんでみてくださいね。

(EXPO’70パビリオンの館内はフラッシュを使っての撮影は禁止です)

作成日 2010年4月24日