◎関西の遊び場(美術館・科学館・博物館編)

滋賀県立 琵琶湖博物館 

滋賀県草津市下物町1091番地 TEL:077−568−4811

営業時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週月曜日、年末年始

観覧料金:大人600円、大高生400円、小中学生250円

大阪に住んでいると、なかなか琵琶湖までは足を運ばないんですが、

「ここの博物館は、いいよ。」と言う声をよく聞いていたので、行ってみることにしました。

GWの初日4/29、渋滞もなく、大阪市内から、1時間半ほどで朝10時ごろに到着しました。

         駐車場から博物館へ向かう道                琵琶湖博物館

 

まずは入館券を買います。「みずの森」との共通入館券が売られていたので、それを購入して

どちらも見ることにしました。共通券は大人730円、大高生520円、小中学生320円です。

この際、チケットブースで駐車券を渡すと、入館者には駐車場が無料になりました。

音声解説装置もここで無料で借りることができます。(大人向け・外国語バージョンもあり)

 

まずは、2階にあるA展示室から見て回ります。ここは琵琶湖のおいたちということで、琵琶湖が出来る前からの自然環境の移り変わりが紹介されています。中古生代の化石や黄河象骨格標本のレプリカなどが展示されています。コレクションギャラリーでは、係員の説明を聞きながら、実際に、手にとって、化石などを触らせてくれるコーナーもありました。

 

そして、研究室の再現もあり、引き出しの中や、机の上に、骨があったりして、触って,

どこの骨なのか確認したり、机の上に顕微鏡があったりして、自分も研究をしているような

体験をすることができます。

 

そして、次は展示室Bへ。ここは、「人と琵琶湖の歴史」ということで、湖底遺跡や、湖上交通などを通して琵琶湖の歴史を見ていきます。

                 発掘現場                        昔、湖上輸送の主役だった丸子船

    

湖と古代の交通についてや、古代の琵琶湖の産物などが紹介されていました。

そして、漁師さんの家を再現した所があり、漁師さんの暮らしぶりを見る頃ができます。

係員の人が漁で使う道具などを手にとって、説明しながら、見せてくれたり、

触らせてくれたりもしました。

                                             漁師さんの家

 

次はC展示室へ行きます。ここは環境と人々の暮らしについて考えるところです。

まず、目に飛び込んできたのが、琵琶湖を中心とした床一面の大きな地図です!

結構、細かく描かれているので、自分の家の場所をだいたいならば、探すことも出来ました。

そして、その部屋の壁面にあるのが、くらしの移り変わりです。1955年から1995年までの

40年間におきた、できごとや、それぞれの時代の懐かしいものなどが色々と並んでいます。

          地図                懐かしいもの知らないものが色々あります。

 

現在の水と環境についても考えます。

 

琵琶湖周辺の水辺の暮らしについても生き物や自然を通して学びます。

そして、ここには、回転実験室もありましたが、GWで混雑が予想される為、

休止していたので、入ることは出来ませんでした。

                                              回転実験室

 

この辺りで、お昼になり、お腹もすいてきたので、館内にあるレストランへと入ります。食事をするのは、このレストランで食べるか、休憩コーナーか屋上広場で、持参したお弁当を食べるかになります。その為、レストランは、混みあっていました。

 

お昼を食べたので、続きから見て回ります。次はC展示室の1階部分です。ここでは、

淡水の生き物たちが紹介されています。まずは、水中トンネルをくぐります。良い感じですし、

魚もたくさんいます。順に水槽をみていると、「黄色いナマズ」も発見です!

             水中トンネル                        黄色のナマズ

 

琵琶湖の様々な魚が展示されています。琵琶湖にいるものだけでなくて、希少淡水魚や

世界の湖にすむ魚なども、水槽で泳いでいます。

 

そして、ふれあいのコーナーもありました。魚やザリガニを素手で触らせてもらうことができます。

なかなか触れたり捕まえたりするのは、難しいんですけどね〜。

       ザリガニを捕まえようと必死!                  水槽に手を突っ込みます。

 

そして、最後に行ったのが1階にあった「ディスカバリールーム」です。ここは、朝一番に行けば

よかったと反省。(^_^;) 子供が喜んで色々なことをして学べる所だったので、子供のお気に入りに・・・この時間帯になると、混雑してきていたので、ゆっくり子供を遊ばせたい人は、お早めに

行くことをお忘れなく〜。幼稚園生〜小学生低学年ぐらいが遊べるようなものが色々ありました。

パズルやゲーム、昔遊びの道具などは、やってみたいものを言って、貸してもらって自由に遊ぶことが出来ます。

       音楽の部屋             ザリガニになろう              壺パズル

 

糸で絵を書いたり、化石を触ってみたり、昔の家に上がって昔風のままごとをして遊べるような

スペースもありました。他にも遊びは色々です。子供達は、みんな楽しそうに遊んでいます。

       糸で絵を描こう!           化石                  ままごとをしてみましょう。

 

★ミカリンの感想★

昼食時間を含めて、約5時間・・・長い間、遊ぶことが出来ました。館内は広いですし、展示エリアもたくさんあって、見どころはいっぱいです。こんなにも長時間遊ぶとは、思っても見なかったんですけどね。子供も楽しかったみたいです。 滋賀や京都ぐらいから行かれるファミリーの方には、とてもオススメ出来るスポットですね!遠方からでも、琵琶湖周辺の施設とあわせて見て回られると良いと思いますよ〜!

 

 

                                           2006.5.16作成