◎関西の遊び場(複合スポット・観光名所編)

有馬温泉街

六甲山とあわせて、有馬温泉にも遊びに行ってみたんです。これといって目的はなかったのですが、温泉街だと、近場でもなんとなく遠出した雰囲気が味わえて、楽しめそうかなと思って〜。

昨年、城之崎温泉街をぶらぶらと散策した時、楽しかったので〜。今回、有馬温泉は2回目。前回は2003年10月で、有馬玩具博物館を目的に行っただけだったので、

今回は博物館は行かずに、温泉街を堪能してみることにしました〜。

            古い町並み                       太閤橋

 

今回、行くにあたって色々とネットで調べていると「有馬里駐車場」の存在を発見しました。

ここは、温泉街の中心街とはすこし離れた所の駐車場で、ここから、温泉街へはリムジンバスで

無料送迎してくれるとのこと。そしてこの駐車場は、加盟店(40店舗)で1000円以上買い物を

すると、駐車料金も無料なんです。すこし離れているから、帰りの温泉街の渋滞などに

巻き込まれることもないとのことだし。ここに決定〜!

駐車場に到着すると、「ここの駐車場は5時半で終了しますが、いいですか?」という確認を

受け、その後、送迎用のレトロな車に乗り込みます。HPにはクラシックバスで送迎と書いて

あったのですが、私達家族だけだからか、このレトロな車で送ってくれました。

そして、温泉街の中心地にある「御所坊」というホテルの前で下ろしてもらい・・・散策開始!

           送迎用レトロな車               送迎バス【車】の待合室

 

行ったのが、3時過ぎだったので、ちょうどおやつの時間です。おいしそうなものを食べながら、

温泉街をウロウロすることに〜。まずは、「有馬市」の揚げたてのてんぷら〜!

いろんな種類のものがあり、棒にさしてあるので、ファーストフード感覚で食べてます。

かき揚げのてんぷらはなかなかGOODでしたよ〜。

       「有馬市」          たこしそてんぷら 400円         太閤橋の下

 

お店を見ながら、街の風景を楽しみながら、ぐるっと歩いてみます。次においしそうだと思って

目にとまったのが「三ッ森だんご屋」のみたらしだんご〜。焼き立てを食べることが出来るので、

焼けてくるまですこし並びました。焼きたてのみたらし団子は、おこげのにおいで独特のおいしさ

があるのですが・・・並んでまで買った割には、普通っぽい団子で・・・

焼き立てなので、冷めた普通のみたらし団子に比べればおいしいんですけどね。

でも、おいしい「喜八洲総本舗」のみたらしが食べたくなってきたりして・・・(笑)

       温泉街            みたらし1本100円           かわいい看板

 

次は、和雑貨と名産品のお店「吉高屋」でお買物をしたんですよ〜。ここのお店は色々

売っていたし、駐車場の加盟店だったので〜。「有馬サイダー」と「湯の花」と「タオル」を

購入しました。これで、1000円以上のお買い上げだったので、

もう駐車場代の心配はなく、遊ぶことが出来ます。

レトロなポストが目に付きます。    有馬サイダー           湯の花とガーゼ風タオル

 

前回、有馬に来たときには「有馬玩具博物館」に入ったので、今回はその隣にある

「ALIMARI」のショップだけ見ることにしました。ここは可愛い木のおもちゃや外国のおもちゃが

並んでいます。いい感じのお店です。特に小さな子供さん連れの方には良いでしょうね。

      ALIMALI             木のおもちゃ

 

そして、次に、「金湯」の前にある足湯に入りました。駐車場の施錠じかんのこともあり、

ゆっくり温泉に入る時間もなさそうだったので〜。こんなことならば、先に有馬に来てから

六甲山に行けばよかったなとすこし後悔しながら・・・。 しばらく足湯に入り、さて、温まったし、

そろそろ出て他のところを見に行こう!とか思って私の足を拭いていたら・・・子供の靴下を

足湯の中にポッチャ〜ン!とやってしまったんです。(ToT) もちろん子供は激怒。<`ヘ´>

皆さんもお気をつけ下さい。(爆)

飲泉場もここにはあります。飲む人やペットボトルに入れて持ち帰る人など様々です。

うちの子供はすこし手に入れ飲んでいましたが・・・まずかったらしい。

    「金の湯」前の足湯                     太閤の飲泉場

 

そして、蒸したてアツアツの酒饅頭を売っていたので、購入します。これを食べながら、次は、

「太閤の湯殿館」に行ってみました。ここは入場料200円で有馬温泉の歴史などを学ぶことが

出来るのですが・・・到着したときには16時半すぎ〜。入場は16時半までだったようで、

入館できず。もう少し早めに行けばよかったです。営業時間のチェックをしておくべきでした。

                           酒饅頭              太閤の湯殿館

 

次に「有馬の工房」に入ってみました。ここは、1階には有馬の温泉や観光名所を紹介する

温泉ギャラリーやお茶処があります。そして市民トイレもあり利用出来ます。

2階は、有料休憩室になっていて、1時間単位で利用できるので、外湯温泉巡りの途中の

休憩に利用するとよさそうです。金の湯とのセットもあったので、金の湯に入り、ここでゆっくり

休憩するというのも、日帰り客にとってはよい選択肢ですよね。そして3階には、小宿もあります。

        温泉ギャラリー                           お茶処

 

前回2003年に行った「有馬玩具博物館」の写真や感想はコチラのページに!

 

★ミカリンの感想★

結局、駐車場の施錠の時間があったので、温泉街をウロウロ出来たのは、2時間弱だったのですが、温泉街は、小旅行気分が味わえるので楽しかったです。もう少し時間に余裕を持って行って、外湯の「金の湯」なんかに入ったりもしながら、「太閤の湯殿館」を見たりもして、ゆっくり

回れればよかったんですけどね。 今回、駐車した「有馬里駐車場」はよかったです。パークアンドランドを実行しています。駐車場まで戻る際にも、最初におろしてもらった「御所坊」ホテルのフロントから連絡をしてもらい、待合室で待っていると車が迎えに来てくれて〜、駐車場まで連れて行ってくれますからね。それに、加盟店での飲食や買い物にしても1000円ぐらいだと普通でも、飲食や買い物をしますので、それで駐車場代が無料になるというのは魅力的でした。有馬は大阪から車で1時間ほどで到着しますので、日帰りでも全然大丈夫です。皆さんも、気軽に、温泉街で小旅行気分を味わってみてはいかがですか?

 

                                           2007.1.17作成

 

 

有馬里公式サイト→http://www.alimali.jp/index.html