◎関西の遊び場(イベントルポ) 

〜アートアクアリウムミュージアム・大阪〜


2012年12月に初めて大阪でアートアクアリウム展が開催され
2014年2月再びアートアクアリウムの金魚シリーズが開催。
そして今回、大阪での開催は3度目となる「アートアクアリム」ですが、
過去2度のイベントは金魚でのアクアリウムだったので、
今回、金魚シリーズ以外では大阪初開催となりました。


入場料:大人1000円、小中学生800円、未就学児無料
期間:2014年4月5日(土)〜2014年5月16日(金)
大丸ミュージアム≪梅田≫(大丸梅田店15階)
10:00〜21:00(最終入場20:30)

今回、大阪では金魚以外でのアクアリウムが
初めてだったので、楽しみに行って見ました!




≪ピクチャーアクアリウム≫



絵画のようなに展示されたアクアリウムです。


≪アクアリウムラボ≫



水中造形アートに使われる素材たちを研究室を
イメージした場所で紹介していました。


≪オーシャンジオグラフィックウォール≫



世界中から集められた美しく奇妙な水生生物が
壁から飛び出た水槽に展示されています。
このような水槽の展示の仕方によって
魚を正面からだけでなく、上からも横からも見ることが出来ます。


≪アートアクアギャラリー≫



ここに並ぶ水槽は単に魚の紹介ではなく、
水草、流木、石・砂などの素材と魚のすべてで
風景を表現している水槽になっていました。


≪ベットリウム・シェルフリウム≫



ウォーターベットの横には、水槽があり、
シェルフの中にも水槽を施し、
日常生活と水槽の一体化といった感じですね。


≪ジャグジリウム≫



こちらもまさに、ジャグジーと水槽が一体となっていて
究極のリラクゼーションのようですが・・・
これが今回のイベントのメインの展示のようです。


≪ビョウウブリウム・ディスプレイアクアリウム≫



水墨画の映像を背面に投影し、その前を本物の金魚が泳いている
屏風に見立てた作品は(左上)はバーチャルとリアルの融合で
以前のアクアリウムでも展示されていた作品です。
右上は、ディスプレイアクアリウムで
こちらは、お気に入りのものを水槽の中に展示してしまうという作品。


≪オアシスブループラネット≫



部屋に入るとそこはオアシスブルーに覆われた一面!
今までとは違った異空間となっています。
不思議な癒しの空間です。


≪桜リウム≫



オアシスブルーの覆われた部屋を抜けると、
最後に登場するのは桜色で照らされた桜型の水槽です。
中に泳ぐのは桜と名のつく金魚たちのようです。




今回、大阪での開催は3度目となった「アートアクアリウム」
断然、過去2回の方が良かったですね〜。
1回目の時は、作品のスケールが大きく華やかで見ごたえがあり、
2回目の時は、映像とのコラボが綺麗で。
今回は、コレといった見ごたえもなく感じてしまいました。
単なる水槽での魚の展示ではなくて、
アートアクアリウムというぐらいですから、
アート作品としての展示がされてはいるのですが・・・

あとこういう百貨店のイベントの場合、通常
カード会員やポイント会員などは割引があったりとかもするんですが、
今回のイベントは「株主様ご優待カード」と
「お得意様ゴールドカード」のみしか対応しておらず・・・
1000円を払って入場して・・・私、個人的な感想としては、
あ〜!良かったなぁ〜!皆にもぜひとも見に行って
欲しいなぁ〜とは、ひと言に言えず、会場を後にしました。



撮影日 2014年4月21日
作成日 2014年5月 2日