◎関西の遊び場(観光名所編) 

【紅葉】箕面:滝道


紅葉の季節・・・11月中旬、急に、思い立って、
主人と2人箕面に紅葉を見に行くことに〜!
(だから、あまり下調べもなく出掛けました。)

とりあえず、車で阪急箕面駅周辺まで行き、
駅近くにあった駐車場に車を止め、駅前からの出発です!
箕面駅には、「もみじの足湯」もあり、
150円で利用できるようになっていました。




駅前には「もみじまつり」の垂れ幕もかかってる!
まぁ、もう今日は11月17日。綺麗に色づいていることを願いながら・・・
駅から、箕面大滝に向かって、滝道を歩いていきます。

紅葉の天ぷらを揚げているお土産店が並びます。
そして、「箕面温泉スパーガーデン」や「箕面観光ホテル」に
上っていく展望エレベーターも見えてきました。





まだこの辺りは、ほとんど色づいていない感じですね〜。
やっぱり、まだ早かったのかなぁと思いながら、歩いていくと・・・
「橋本亭」という明治43年に立てられた旅館が「一の橋」のたもとに
いい雰囲気でたたずんでいます。ただし、この建物、
現在は、旅館ではなく、ギャラリーやカフェになっています。





滝道を登っていくと、ちらほらと色づいた紅葉が
見られるようになって来ました。でも、まだまだですね〜。
歩くのには、お天気もよく、寒くなくていい感じなんですけどね。





この道沿いには、「音羽山荘」という大正時代に建築された
デコモダンなレトロな邸宅もあります。
すこし覗いてみると、素敵なお庭が広がっていました。
宿泊や、ウエディング、食事も出来る施設になっています。






さらに、すこし歩くと、「梅屋敷」という建物が建っていたので、
中に入ってみました。川沿いの景色も
眺めることが出来る無料休憩所となっていて、
網代づくりの天井もありました。大正時代の建物を
昔の面影をそのままに平成18年に再現されたそうです。





景色を見ながら、緑を感じながら、歩いていると目に入ってくるのが、
土産物店の軒先でもみじの天ぷらを揚げている姿です。
もみじの天ぷらは、今まで、一度も食べたことがなくて、
前々から気になっていたので、買ってみることにしました。
その場ですぐに食べることも出来るように、少し入った100円の小袋から
売っています。(これはお土産用に買った300円のものです)


私の予想に反して、少し甘いんですね〜。ゴマの付いた衣でした。



やっと、色づいて綺麗な紅葉もチラホラですが、
見つけられるようになってきました。
大滝方面に向かって歩いていくにつれ、少しずつといった
感じではあるんですけどね。





この滝道の途中に、「箕面公園昆虫館」はあります。
お子さん連れだと、ここに立ち寄られると良いでしょう〜。
紅葉だけだと、お子さんは、退屈してきそうですし、
せっかく、ココまで歩いてこられたんですから・・・。


私は、入館しませんでしたが、大人270円、中学生以下無料です。



その少し先、「瀧安寺」が見えてくると、
さらに赤く色づいた紅葉が目に飛び込んで来ました。
とても情緒風情があり、やっと、紅葉が見れたという感じです。
とても、綺麗な景色です!!!



橋の朱色も鮮やかで〜!
やっと紅葉らしい紅葉が見れて満足です!



ここまで約30分ほどかけてゆっくり歩いてきました。
写真撮ったり、紅葉のてんぷら食べたり、
立ち止まることも多いので、通常なら、もっと早いはずですが・・・。



まだこの先、大滝までは約20分ほどかかりそうです。
(通常なら、駅から大滝までは約40分)
お腹もすいてきたし、帰る時刻も気になるので、
一旦、駅前まで戻って、昼食を食べ、その後、箕面大滝には、
車で上って、そしてそのまま車で帰ろう〜!ということになり、
ここで、折り返すことにしました。

がしかし・・・

昼食を食べている時に、駅前でもらったマップ類を見ていると・・・
箕面めぐりのバスの案内があり、そこに「デリチュース」という
有名なケーキ屋さんが載っていて・・・行ってみたい!!!
(箕面が本店なんで)

結局、箕面の滝には、車で何度か行ったことがあったので、
今回は・・・やめて・・・・「デリチュース」にルート変更!
紅葉の秋から、食欲の秋へと女心は変わってしまったので、
紅葉はこれにして終了となりました。(爆)



でも、紅葉も見ることが出来、駅から大滝へと続く滝道も
一度も歩いたことがなかったので、歩いてみることが出来、
もみじの天ぷらも初めて食べて、とても満足して、帰りました。
もうすこし、たくさん色付いた紅葉が見れたら、
言うことなかったんですけどね。でも、楽しかったです。


訪問日 2011年11月17日
作成日 2011年12月 4日