◎関西の遊び場(イベントルポ) 

2011年10月1日(土)〜11月23日(水・祝)


神戸ビエンナー 2011


神戸ビエンナーレは2年に1度、
神戸の街で行われる芸術文化の祭典です。
2009年に1度見に行ったことがあったので、
2年たった今年・・・再び足を運んでみました。



今年は会場が4箇所に分かれていました。
神戸ハーバーランド(有料・無料)、ポーアイしおさい公園(無料)、
兵庫県立美術館(有料)、元町高架下(無料)の
4つの会場で、たくさんのアート作品を展示して行われています。



メインは、神戸ハーバーランドにある「ファミリオ」会場です。
コンテナの中にアートを作った「アートインコンテナ国際展」を
メインに行われているのですが、私は、屋内のビルの中に、
コンテナを入れた会場での作品よりも、
屋外でのアートに興味があったので、メイン会場ではなく、
ポーアイしおさい公園の会場に見に行ってみることにしたんです!

ですので・・・・しおさい公園での模様を紹介しますね〜!



ポーアイしおさい公園【無料】

2007年にオープンした公園です。
神戸学院大学・兵庫医療大学・神戸夙川学院大学が隣接し、
対岸には、ポートタワーやメリケンパークがすぐそばに見え、
とてもロケーションの良い場所でした。
この日は、お天気も良かったので、とても心地よく
ゆっくりとアート作品を楽しんできました!

ここの会場では、「しつらいアート国際展」と
「いけばな野外展」が開催されています。

コンセント型をしたソーラーパネルが目を引きます!

太陽光発電オブジェ        Irresolution Landscape       サインオブジェ‘あかし’


コレ何?!って目を付くものが多いですよね〜!
とっても興味深いです。
もちろん、監視者もキリンもアート作品です。

GOLDEN ZERO               監視者               港のキリン


海沿いにあるので、潮風を受けながら、海を見ながら、歩いていく感じです。
約800m続く公園で、ず〜っと向こうまで色んな作品が続きます。

MUIMUI列車出発進行!           お皿プロジェクトKOBE2011


コチラが、神戸ビエンナーレ大賞に輝いた「ポートアイランドレインボーハット」
という作品です。最初何かな?この土の山?って思ったんですが・・・
中に入ってみると、違う世界が広がります。



これらの作品もほんと個性的!
こういう屋外の展示には、ピッタリの作品ですね。

     昼と夜              神戸ゴミタワー          イカルスの歌を聴け


最初見たとき・・・ほんと目をひきつけられました!
あちらこちらに色んな格好でたたずんでいます。

輝く人


こんな可愛いチョコレートもたくさんあるんですよ!
もちろん、フェイクチョコレートですが・・・。私好みの作品ですね。(笑)

views ensemble                     chocolate chocolate            

今まで紹介してきたのは、「しつらいアート国際展」の作品です。

ここからは、「いけばな野外展」の作品を紹介しますね!
さすがに、港を舞台にした作品ですので、
通常のいけばなという概念はなくなりますね!



実際には、公園内に、「しつらいアート」の作品も「いけばな野外展」の
作品も、区別なく、点在して展示してあるんですけどね〜。


これらの写真以外の作品も多数あり、とっても楽しく、
アートに詳しくない私でも、楽しんでくることが出来ました。
もちろん、ハーバーランドのファミリオ会場や
兵庫県立美術館もあわせて行かれたら、もっともっとたくさんの
アート作品と出会うことが出来、さらに楽しめると思いますよ〜!


このしおさい公園の場所ですが・・・電車の場合、最寄り駅は、
ポートライナーの「みなとじま(キャンパス前)駅」下車徒歩8分です。
ハーバーランド会場とあわせて見るのであれば、ハーバーランド側の
「かもめりあ」から、有料の運航船かシャトルバスに乗って、
こちらの、しおさい公園に足を運ばれたら良いでしょう〜。
運航船乗り場はすぐ側にありましたよ!

近隣に駐車場はありませんので、お気をつけくださいね。
私は、ポートアイランド内の離れた場所にある
民間の駐車場に駐車して・・・歩きましたので、、、。

(なお、11月20日は神戸マラソンが開催され、交通規制が行われますので
お気をつけください。シャトルバスは運行しません。)



今回、私は、神戸ビエンナーレ2011といっても、
このしおさい公園会場(無料)を見ただけなのですが、
でも、とっても、楽しかったですね。
港に面したとても素敵な場所でアートを楽しむことが出来たんで〜。
ただ、もうすこしアクセスがよければいいんですけどね。
この会場は、無料で見れますので、お近くの方は、
お天気の良い日に気軽にいかれてみてはいかがでしょうか?

遠方から行かれる方や現代アートが好きな方は、
ハーバーランドや兵庫県立美術館の有料会場と
元町高架下の無料会場などとあわせて楽しまれるのが
神戸ビエンナーレ2011を満喫できて良いと思いますよ。
ちなみに入場券は2日間大人1200円(高校生以下無料)となっています。


神戸ビエンナーレ公式サイト
http://www.kobe-biennale.jp/


訪問日 2011年10月18日
作成日 2011年11月15日