【番外編】  大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

広島県呉市宝町5番20号 TEL:(0823)25−3017

開館時間:9時〜17時  休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)

観覧料:一般500円 高校生300円 小・中学生200円

公式HP→http://yamato.kure-city.jp/

関西の施設ではなく、広島にある施設です。主人が大和ミュージアムに一度は行って見たいと

いうので、岡山まで親戚のお見舞いに行く用事があったので、そこから足を伸ばして、

日帰りで行って来ました。ただ、大阪からは、日帰りするには遠すぎました〜!

こんなに遠いとは知らなかった。\(◎o◎)/車で高速走って約5時間はかかりました。

2005年4月23日にオープンしたばかりの施設です。5月3日に行って来ました〜。

GW真っ最中ということで、周辺の道路も駐車場もすごい渋滞・・・。やっとのことで到着です。

館外には、戦艦「陸奥」のスクリューや主砲身などの実物が展示されていました。

よくわからないけど、とにかく大きくて、すごいって感じ・・・。

 

少し並んで入場券を購入して、いよいよ中に入ります。まず、ここの目玉は、

10分の1の戦艦「大和」です。かなり大きいです。

吹き抜けになっているので、1階からだけでなくて、上階からも見ることが出来ます。

戦艦大和・・・全長26.3m

 

1階に入ってまずは「呉の歴史」の展示室がありました。ここでは、パネル展示に加えて、

戦艦「金剛」のボイラーの実物や、戦争の悲惨さを伝えるような展示物もあり・・・

この辺りはじっくりと見ながら進む人が多いため、かなり混雑していました。

あと、大型資料展示室もありました。零式海上戦闘機や、特殊潜航艇、人間魚雷などの

実物があり、順路はスロープ状に上がっていきますので、真横からも上からも

見ることが出来ました。

 

そして、3階に上がると(2階は事務所)、子供向けのコーナーがありました。

ここは、船を作る技術に関する展示室で、子供が体験・体感出来るようになっています。

面白そうなものが色々あったので、うちの子は、船の仕組みを理解してというわけではなく、

単に楽しんで遊んでいました。それほど子供が多いということもなかったので、

そこそこ順番に色々と楽しむことが出来ました。

          パノラマサブマリン                   エアライド

 

そして、3階にあるもう1つの展示室では「未来へ」ということで、松本零次さんの

世界が紹介されていて、宇宙戦艦ヤマトの模型なども展示されていました。

 

★感想★

私は歴史や戦艦については、かなり疎いので、あまりよくわからず、付き添う形で行ったんです。

そのため、展示物を見ても、大きくてすごいなぁといった感じだけで、よくわからなかったのが現実。

でも、子供が遊べるようなコーナーがあったのは、子供づれの我が家にとっては、よかったですね。戦艦大和が好きな人にとっては、良い所かと思いますが、でもわざわざ関西からここ目当てで行くほどの施設でもないかと・・・。もちろん、広島にお住まいの方や、旅行などで広島に行かれた方は、行って見られたらよいかと思いますけどね〜。

 

                                           2005.5.27作成