シリコンバレーの歴史・時差・気候

[ シリコンバレーについて]

 シリコンバレーはサンフランシスコの南、約50km、ロスから北へ約620kmほどにあり、カリフォル
ニア州のほぼ中心に位置します。
 「シリコンバレー」は実は正式な地名ではありません。実際には11の都市からなる一帯を指すサン
タクララ・バレー(Santa Clara Valley) の俗称です。東側にはディアブロ・レンジ山脈、西側にサンタク
ルーズ・マウンテンズ山脈が南北にあり、その間の平原(=谷間、バレー)を指します。1971年、サ
ンタクララの編集者ドン・ヘフラーがある情報誌に寄稿し、1960年代シリコンが主原料のIC(集積回
路)半導体を扱うマイクロエレクトロニクス関連企業が一挙に進出してきたサンノゼ市周辺地域を紹介
するのに、シリコンバレーの名称を用いたのがはじまりといわれているそうです。

[ サンノゼについて ]
 シリコンバレーの中心的都市でもあるサンノゼ市は、人口は約92万人(ちなみに人口50万人以上
を対象とした全米安全度では第1位だそうです)。



 サンノゼは「San Jose」と書きます。読み方は前述の通り「サンノゼ」と言うほか、「サンホセ」とも言
われます。これはスペイン語で「聖ジョセフ」を意味します。なぜスペイン語か?というと、1777年に
スペイン人がカリフォルニアで最初に入植したのが今のサンノゼにあたります(実は世界中にその名
前がついた地名が複数あり、例えばコスタリカの首都を始め、フィリピンなどにも同じ地名がありま
す)。
 温暖な気候と豊富な水に恵まれた肥沃な土地は、当時スペイン軍駐屯地への農畜産物の主要供
給地となり、1850年にサンノゼがカリフォルニア州最初の州都(現在はサクラメント)になってからも、
合衆国の典型的な農業都市として発展を続けます。最初は農業都市だったサンノゼ近郊が半導体関
連産業に特化し始めたのは第二次世界大戦頃。そしてITバブルと呼ばれた2000年位に至るまで、
アメリカ国内外の大手企業がビルを乱立し、地価の高騰に至りました。

[ 気候 ]
 全米で最も理想的な気候と言われているそうです。朝、昼、夜の温度差はかなり激しいのですが、年
間を通し300日近くが晴れています。
(単位:℃) 1月 4月 7月 10月 年平均
最高気温 14.4 20.5 27.2  23.0 21.1
最低気温  5.0 8.3 12.7 10.5 8.8
つまり、
   「冬は雪も降らず氷点下にはならない」
   「夏は朝晩が意外に冷える」
   「乾燥している」
といえるでしょう。

[ 時差 ]
 西海岸と日本との時差は−17時間。日本時間から現地時間への換算は、以下のようにしてみてく
ださい。(17引くより7足す方が簡単な方へ。)
   1)今の日本の時刻に、7時間を加える
   2)1日戻す
 例: 日本が10日の昼の12時の場合、
   1) 12+7 = 19 = 午後7時
   2) 24時間戻して、9日の午後7時
 ただし、4月の第1日曜から10月の最終日曜まで使われるサマータイム(デイライト・セービング)の
間は−16時間となります。

Yasu