三池焼オリジナルの釉薬について説明しています。当窯の代表的な辰砂釉(赤色の釉薬)も用法・技法が変われば違った雰囲気に・・・

三池焼のホームページ〜辰砂についてのコーナー〜です♪

トップページトップページです

銅を着色材としてふくむ赤い釉薬のことを辰砂(しんしゃ)といいます。

 中国の元の時代に釉裏紅(ゆうりこう)として出発した辰砂は、
清の時代に今日見られるような赤い釉薬になりました。
焼き物の中で出しにくい色の一つとして知られ、
釉薬の調合、厚さ、素地土、焼き方の四つの条件がうまく揃って
はじめて良い色が出ます。

 また、ふちの部分が白くなるのは辰砂(辰砂釉)の特徴の一つで、
他の着色材(鉄など)で出す赤色と見分ける
ポイントになります。
そのふちの部分の白色と、本体の赤色のバランスも
辰砂(辰砂釉)を楽しむ一つの要素になると思います。

 当窯元では、開窯(1975年)以来辰砂(辰砂釉)に取り組み、
代表的な色として今日に至っております。
現在、うすい赤色、濃い赤色、また、つや消し状の赤色など、
色々な赤色がありますが、今後これらを更に発展させ、
新しい辰砂(辰砂釉)を目指して努力しています。

商品紹介三池焼の商品紹介です。購入もできますよ!
特選の器〜レアものを紹介します〜特選の器〜レアものを紹介します〜
陶芸家 中村秀昭の代表作品をブログで紹介窯元 中村秀昭の代表作品をブログで紹介しています。
陶どうぶつちこ作の陶どうぶつを紹介しています。
辰砂について三池焼の特徴の“辰砂”(釉薬)について説明しています。
UDのうつわユニバーサルデザインの考えをとりいれた器です。
プロフィールプロフィールです。
イベント情報イベント情報です!
リンクリンクのコーナーです。
ブログ“三池焼です!”三池焼のブログ“三池焼です!”で情報発信しています!
ブログ“陶*どうぶつブログ”ちこさくのブログです。陶どうぶつを中心に紹介しています。



Facebookページも宣伝


三池焼で使用している辰砂(辰砂釉)、及びその同系の釉薬と辰砂(辰砂釉)を使った技法は次の
9通りあります。なお、釉薬名や技法名は陶芸関連の書籍に書かれていない
当窯元オリジナルのものも含まれています。



辰砂 辰砂(灰) 辰砂線文 均窯(桃) 均窯(青) 緑釉 マット辰砂 
マット辰砂(つぶ) 天目辰砂 白釉


辰砂〈しんしゃ〉                   

 一般的な辰砂(辰砂釉)です。焼き方(還元のかかり具合など)によって黒味がかった赤色、ピンク色がかった赤色などがでます。還元がかからないと、わずかに緑がかったクリーム色になります。部分的に赤色になったり、クリーム色になったりすることもあります。この場合、赤色がはげおちたように見えますが、色がはげたのではなく、クリーム色に発色したものです。赤色とクリーム色がよい感じに混ざって発色したものは、貴重な辰砂(辰砂釉)で、当窯元では「窯変(ようへん)」扱いしております。ふちの部分は釉薬が厚くかかりませんので白くなります。ふちの部分を見ることによって、辰砂(辰砂釉)の赤色と他の着色剤(鉄など)を使った赤色と区別することができます。辰砂(辰砂釉)の上に赤黒く流れやすい別の種類の辰砂(辰砂釉)をかけてアクセントをつけることもあります。


辰砂(灰)〈しんしゃ(はい)〉

辰砂(辰砂釉)の発色にいい効果を与える灰を数種類混ぜた釉薬です。一般的な辰砂(辰砂釉)よりやや黒味がかった色合いになります。斑点が出ることもあります。

辰砂線文〈しんしゃせんもん〉

辰砂(辰砂釉)にラテックスなどで線を引き、その上に黒味がかって流れる別の種類の辰砂(辰砂釉)をかけ、線の模様を表したものです。流れやすい釉薬ですが、よく流れているものほど美しく見えると思います。

均窯(桃)〈きんよう(もも)〉        

乳濁する釉薬に銅を加え還元で焼いたものです。一般的に均窯(鈞窯)と呼ばれている釉薬ですが当窯元には桃色がかった均窯と、青味がかった均窯(鈞窯)とがあります。桃色がかった均窯に、赤黒く流れやすい辰砂(辰砂釉)をかけてアクセントをつけることもあります。

均窯(青)〈きんよう(あお)〉

青味がかった均窯(鈞窯)ですが部分的に桃色や赤色、白色が出ることがあります。また、焼き具合によって、つや消し状になったりつやがでたりします。半分つや消し状になった場合を当窯元では「霜降りになった」とで、珍重しています。色の出具合をコントロールしにくい釉薬です。

緑釉〈りょくゆう〉                 

 緑色を出す釉薬は織部(おりべ 銅を着色剤に使ってほとんど酸化焼成したもの)やクロームを着色剤に使ったものなどがありますが、これは織部と同じ銅を着色剤につかったものです。織部と違うところは充分に還元をきかせた焼き方をしているところにあります。そのため、緑色の中にピンクがかった部分が生じます。緑色とピンク色、白色のバランスが見所だと思います。

マット辰砂〈まっとしんしゃ〉

 いわゆるつや消しの辰砂(辰砂釉)です。赤色ではなくピンク色のつや消しです。均窯(鈞窯)〈桃〉に似ていますが、基本釉が乳濁釉ではないので、均窯(鈞窯)のつや消しとはいえないと思います。他の釉薬と組み合わせて使うことが多い脇役としての辰砂(辰砂釉)です。

マット辰砂(ツブ)〈まっとしんしゃ(つぶ)〉

 つや消しの辰砂(辰砂釉)です。ベースの色は白色になります。白地にやや赤みが出た色合いです。粒子の粗い原料を使っていますので触るとザラツキがあります。焼き方により半マット状なることや、マット状にならずにつやがある状態で焼き上がることもあります。半マット状で感じよく焼き上がった時、当窯元では「霜降りになった」といって、珍重しています。

天目辰砂〈てんもくしんしゃ〉

 天目系の釉薬と辰砂(辰砂釉)をかけわけた釉薬です。したがって一種類の釉薬ではありません。漆をつかってこのように色分けしたものがありますが、これを焼き物であらわしてみました。
釉薬名というより技法の分類になると思います。


他に三池焼では辰砂(辰砂釉)系ではない釉薬も使っています。 いくつかを紹介いたします。

白釉(はくゆう) 白釉(ツブ)〈はくゆう(つぶ)〉

                                           

 ワラ白系の釉薬ですが、単なるワラ白ではないので、当窯元ではこのように呼んでいます。正面がつるっとしたものとざらっとしたものがあります。ざらっとしたものを「白釉(つぶ)」と呼んでいます。近くに辰砂(辰砂釉)があった場合、辰砂(辰砂釉)の銅分が飛んで、白釉に写り、部分的に青くなることがあります。これを当窯元では「辰砂(辰砂釉)写し」になったといっています。


白釉

白釉(つぶ)


◇三池焼のホームページ◇
トップ商品紹介特選の器代表作品陶どうぶつ辰砂についてUDのうつわプロフィールイベント情報リンクブログブログ掲示板



Copyright(C)2006-2015 三池焼のホームページ All Right Reserved