遠城寺式・乳幼児分析的発達検査表(九大小児科改訂版)
*** 運動 社会性 言語
*** 移動運動 手の運動 基本的習慣 対人関係 発語 言語理解
4.4〜4.8 スキップが
できる
紙飛行機を
自分で折る
一人で
着衣ができる
(砂場で2人以上で
協力し1つの山を作る
文章の復唱 左右がわかる
4.0〜4.4 ブランコを
立ちのりしてこぐ
弾むボールを
つかむ
信号を見て
正しく道路を
渡る
ジャンケンで
勝負を決める
四数詞の復唱
(2/3)
(5-2-4-9)
(6-8-3-5)
(7-2-3-8)
数の概念が
わかる
(5まで)
3.8〜4.0 片足で
数歩とぶ
そって切る 入浴時
ある程度
自分で体を洗う
母親にことわって
友達の家に
遊びに行く
両親の姓名
住所を言う
用途による
物の指示
(本・鉛筆・時計)
3.4〜3.8 幅跳び
(両足をそろえて
前にとぶ)
十字をかく 鼻をかむ 友達と順番に
物を使う
文章の復唱
(2/3)
(きれいな花が咲いています)
(飛行機は空を飛びます)
(上手に歌をうたいます)
数の概念
がわかる
(3まで)
3.0〜3.4 でんぐり返し
をする
ボタンをはめる 顔をひとりで
洗う
「こうしていい?」
と許可を
求める
同年齢の子どもと
会話ができる
高い・低い
がわかる
2.9〜3.0 片足で2・3秒
立つ
はさみを使って
紙を切る
上着を
自分で脱ぐ
ままごとで
役を演じる
事ができる
二語文の復唱
(2/3)
(小さな人形・赤い
風船・おいしいお菓子)
赤・青・黄・緑
がわかる
(4/4)
2.6〜2.9 立ったままで
くるっとまわる
真似て
丸をかく
靴をひとりで
履く
年下の子どもの
世話を
やきたがる
二数詞の復唱
(2/3)
(5-8・6-2・3-9)
長い・短い
がわかる
2.3〜2.6 足を交互に
出して階段を
あがる
真似て
直線を引く
こぼさないで
ひとりで食べる
友達とけんかを
すると
言いつけにくる
自分の姓名を
言う
大きい・小さい
がわかる
2.0〜2.3 両足で
ぴょんぴょん
跳ぶ
鉄棒などで
両手で
ぶらさがる
ひとりで
パンツを
脱ぐ
電話ごっこ
をする
「きれいね」
「おいしいね」
などの表現が
できる
鼻・髪・歯
舌・へそ・爪を
指示する
(4/6)
1.8〜2.0 ボールを
前に蹴る
積み木を横に
2つ以上
ならべる
排尿を
予告する
親から離れて
遊ぶ
二語文を話す
(「ワンワンきた」等)
「もうひとつ」
「もうすこし」
がわかる
1.6〜1.8 ひとりで一段
ごとに足をそろえ
ながら階段を
あがる
鉛筆で
ぐるぐるまるを
かく
ストローで飲む 友達と
手をつなぐ
絵本を見て
3つのものの
名前を言う
目・口・耳
手・足・腹を
指示する
(4/6)
1.4〜1.6 走る コップからコップへ
水をうつす
パンツをはかせる時
両足を広げる
困難な事に
出会うと
助けを求める
絵本を見て
一つのものの
名前を言う
絵本を読んで
もらいたがる
1.2〜1.4 靴を履いて
歩く
積み木を2つ
重ねる
自分の口元を
ひとりで
拭こうとする
簡単な
手伝いをする
3語言える 簡単な命令を
実行する
「持ってきて」等
1.0〜1.2 2〜3歩あるく コップの中の
小粒を
取り出そうと
する
お菓子の
包み紙を
取って食べる
ほめられると
同じ動作を
繰り返す
2語言える 要求を理解する
(3/3)
(おいで・ちょうだい
ねんね)
0.11〜1.0 座った位置から
立ち上がる
なぐり書きを
する
さじで食べようと
する
父や母の
後追いを
する
言葉を1〜2語
正しく真似る
要求を理解する
(1/3)
(おいで・ちょうだい
ねんね)
0.10〜0.11 伝い歩きを
する
おもちゃの
車を手で
走らせる
コップを自分で
持って飲む
人見知りを
する
音声を
真似ようと
する
「バイバイ」
「さようなら」の言葉に
反応する
0.9〜0.10 つかまって
立ち上がる
ビンのふたを
開けたり
閉めたりする
泣かずに
要求を示す
身振りを
真似する
(オツムテンテン等)
さかんに
おしゃべりをする
(難語)
「いけません」と
言うとちょっと
手を引っ込める
0.8〜0.9 物につかまって
立っている
おもちゃの
たいこをたたく
コップ等を
両手で口に
持っていく
おもちゃを
取られると
不快を示す
ダ・タ・チャ
等の音声が出る
***
0.7〜0.8 一人で
座って遊ぶ
親指と人差し指で
つかもうとする
顔をふこうと
すると嫌がる
鏡を見て
笑いかけたり
話しかけたり
する
マ・パ・バ
などの音声
が出る
***
0.6〜0.7 腹ばいで
体をまわす
おもちゃを
一方の手から
他方に
持ちかえる
コップから
飲む
親しみと
怒った顔が
わかる
おもちゃなどに
向かって
声を出す
親の話し方で
感情を聞き分ける
(禁止等)
0.5〜0.6 寝返りを
する
手を出して
物をつかむ
ビスケット等を
自分で食べる
鏡に映った
自分の顔に
反応する
人に向かって
声を出す
***
0.4〜0.5 横向きに
寝かせると
寝返りをする
ガラガラを振る おもちゃを
見ると動きが
活発になる
人の顔を
見ると
笑いかける
キャーキャー
いう
母の声と
他の声を
聞き分ける
0.3〜0.4 首がすわる おもちゃを
つかんでいる
さじから
飲むことが
できる
あやされると
声を出して
笑う
声を出して
笑う
***
0.2〜0.3 あおむけにして
体をおこした時
頭を保つ
頬の触れたものを
取ろうとして
手を動かす
顔に布を
かけられて
不快を示す
人の声が
する方に
向く
泣かずに
声を出す
(アー・ウー)
人の声で
しずまる
0.1〜0.2 腹ばいで
頭を少し
あげる
手を口に
持っていって
しゃぶる
満腹になると
乳首を舌で
押し出したり
顔をそむけたり
する
人の顔を
じいっと
見つめる
いろいろな
泣き声を
出す
***
0.0〜0.1 あおむけで時々
左右に首の
向きを変える
手に触れた
ものをつかむ
空腹時に抱くと
顔を乳の方に
向けてほしがる
泣いている時
抱き上げると
しずまる
元気な声で
泣く
大きな音に
反応する
*** 移動運動 手の運動 基本的習慣 対人関係 発語 言語理解
*** 運動 社会性 言語
遠城寺 宗徳