宮城県七ヶ浜近辺の釣り情報  <<常時更新です>>
平成21年6月24日 七ヶ浜メバルFISHING2009もヤヴァイ感じで申し込みが80名を超えました!!
まあ、締め切り今日ですのでもう増えないと思うけど・・・。
ちょっとビビルねy(^ー^)y
賞品などの整理を・・・


クロダイも順調。
で、そろそろタナゴうるさいのでサシエサそれなりの工夫が必要

来てはいけないヤツラも到来。ヒラ、カン第一陣参上。切られまくり。長く居つくことは無いと思いますが水色澄めば・・・。第一陣は毎年BIGONEの群れ。

ついにやったよ!スモール43センチ(笑)3ポンドでテトラまわり、長期戦ファイトにシビレました。←バカ


雄勝方面探索。スルメ新子エギング。
オモロイ。入れ掛かりだけど10ハイも釣るとすぐスレる(笑)
平成21年6月12日 クロダイ小康状態。そろそろ湊のテトラや家の前テトラかな。
ロック50UPアイナメ出ています。この時期は浮いているので、沖防波堤はテキサスよりダウンショットがいいと思います。ロングロッド必携。

シーバスは相変わらず小型。

フラット好調。メバル混んでる(笑)のでわしもプッチ牡鹿へ。
以前のようには釣れんけどまあまあ、スルメが回ってきて外道無KがすかさずエギでGET(笑)

15年ぶりくらいで不意にバスロッド買った。今のバスロッドは性能いいのう・・・。
平成21年6月6日 沖防、北防クロダイ変わらず順調です。一年で一番釣れるとき。

2匹の鯛さま良型GET。フカセジャンキーの誕生です。
シーバスもフッコクラスまでは連日好調。
←1.5kg
ロックも安定釣果。コレはKTRさんの波島だけど・・・沖北でも好調。
メバルもまあまあ。例年渋くはなってるけど・・・。
人気がすごいのね〜どこ行っても人がいる(笑)

それなのに〜アフォなわしと外道無Kはとり急ぎスモールなど・・・。
やべ〜プッチはまった(笑)おもしれーすわ。

フラット好調との情報!!来週はコチングかな?!
ちなみに有名ヒラメポイントは、朝マズメ場所取り争奪スゲーらしいです。
ま、わしは朝行かないからいいけどね。

七ヶ浜メバルFISHING2009!!宜しくね!!
平成21年5月28日 沖防、北防クロダイ順調です。サヨリも良いのが寄ってます!
風向き注意 東風→×

シーバスもでています。70UPも。
こちらはタナがバラバラ。浮いてる日は楽なんですけどね。

ロックはアイナメ40クラスが安定した釣果。もちろんドンコも。

↓海じゃないけど・・・

わしの今週は、何を思ったか15年ぶりのバス釣りなど(笑)
いや〜久々にとんかつ○で飯食ったら腹いっぱいすぎ。
わし「昼寝ではなく腹ごなしが必要です。少しテキサス投げますか」
外道無K「この人マジスか?」
わし「じゃ、ここ曲がる」・・・とすぐ裏の大沼パトロール。
オオ!単調な大沼に今日だけはなぜかおいしそうな流れが!
投げるだけの予定なのに40UPラージが予定外に釣れる(笑)

↓すげえ気をよくして(笑)次の日は七北田川にも挑戦

人生初スモール×2。
30センチくらいでも噂どおりのファイトにヒヒヒ・・・・こりゃでっけえのかかったらたまんねな・・・一匹目は間違って(笑)ベイトでやってしまったので、慌ててスピニングに変えたりする。いや、いっそ管釣りタックルのほうが・・・。
平成21年5月20日 沖防波堤北防波堤ムラがありますね〜。
昨日「すげえクロダイ釣れた、爆釣!」
なんて電話もらって喜んで行ったメンバーから
今日「見渡す限り誰も釣れません・・・」
なんて連絡が。
東風だったからな〜駄目だったろうな〜。
お!いま南東に回ってきましたね。
このまま南周りになれば明日は爆釣だあ(笑)!

ロック、数は出ないが型は良くなった。
ベッコウなどは好調。

各漁港、夜光虫が・・・。
七ヶ浜メバルFISHING2009!!開催します!!
平成21年5月13日 やっほう!!家のPC3ヶ月ぶりに開いたよ(爆)←終わっている
七ヶ浜の海もじわりと開幕しました!!
クロダイ、日によってむらはあるものの先日は北防波堤で一人で40UPばかり13枚獲った方も居たそうです。い〜ね〜(≧∇≦)ъ

北防、沖防シーバスも入ってます。

各漁港メバル、超小型ながら入れ食い気味。
ロックはベッコウが上向いてきた。
フラットも開幕秒読み。

牡鹿もメバル入れ食い。シーバスまだ情報入らず。

奥松島は、今日メンバーが行ってるけどまだアイナメしか釣れんと電話キタ。

砂押シーバスも開幕。石巻シーバスはもちろんとっくに開幕。

塩釜港、イワシ入ってます。

平成21年1月8日 明けましておめでとうございました。
七ヶ浜の海はすっかり冬だね〜。
ロックポツポツ。アイナメ産卵も終わったか。
沖防やテトラまわりは釣果カタイ。よほど底荒れでもない限り魚は出ます。
しかし、沖防波堤といえどイージーなポイントは難しくなってきましたよ。
人が狙ってない場所を。

各漁港、磯周りは凪の日限定。浅いので波があれば×。
影響の少ない赤灯や南防などは安定傾向。
もうわしはパルスとデビルホグだけあればいいや(笑)

デブドンコ

痩せアイナメ
平成20年12月31日 ウオ〜大晦日だね!来年もよろしくお願いします!
さすがにここ数日悪天候すぎてツライ。どんなに釣り好きでもほぼ無理(笑)でしたね。
沖防波堤や北防波堤も誰も行ってないです。風の無い日にミナボー行く程度。
どこもドンコがうるさくなってきた。
平成20年12月17日 先週は女川の江島にプチ遠征してきたよ。
朝日と江島。女川から20分ほどのプチ航海。

しかし、悲しいお知らせ。とほほ貧果でした。
開始1時間で立ってるのも危ういほどの爆風。
普段の行ないがよっぽど悪いのか・・・。
6人で逝ったもののロック初挑戦F氏に尺ネウと40ベッコウ。
↓外道無シゲも尺ネウ。それくらいで他に目立った釣果無し。

風裏求めて地磯さまようも何処もチビネウばかり。

七ヶ浜はロック順調と言えるかな?
とにかくサイズが小さいが浅場も魚出てきた。
良型は10匹に1匹かな・・・。
こんなのがレギュラー・・・トホホ。
実際ベイトタックルまったくいらねーし・・・。
平成20年12月9日 浅場も上向いてきたようです。濁りは大敵。
潮通しが良いところで来ました。
45位だと思うけどキロアップの腹パンベッコウ〜。
気持ちよく引いたな〜。針曲がったし。
ケツから漏れそうだったのでリリースしました(笑)

外道無KM氏も黄金ですね(笑)

今週は外道無県内ロック遠征逝って来ますわ。
なぜか今年は真剣にネウ釣りしてんの、久しぶり〜。
夏場シーバスサッパリやらなかったからな・・・。
平成20年12月7日 沖防波堤なぜかまだサバポツポツ残る。
しかし、ここ2〜3日ぐっと水温下がった感じ。
もう去るでしょう。
浅場ロック少し上向いてきた。底荒れに注意。
実際波高めなら期待薄い。ベタ凪が吉。
ベタならちっこいのは各種(笑)↓

風強い日が多くなってきた。わしがチョイ釣りすら避けるくらい(笑)
風無い日は迷わず海へGO!!
新調したベイトロッドがキタ!ヘビーロックの季節じゃ!
俺たちの車のドリンクホルダーは当然『ガルプ』の季節だぜ!(意味不明)
平成20年11月27日 沖防波堤、南防波堤などにたまにサバやイナダが戻ってきたりする今日この頃(笑)しかし大量に釣れるわけでもなく1日で去ったりする。読めんです。ロックも少々尚早。安定しない。浅場までノッコんでこない。深い場所がいい。沖防波堤、北防波堤、南防波堤などは寄っている。魚影は濃いが魚小さい。秒読みで岸(わしの言う岸は水深2M以内の浅いとこ)にも来ると思うんですが。

外道無KM氏のネウ。
このサイズだと4インチ以上のワームはよほど活性が高くないと乗らん・・・。


わしはいつものチョイツリの子クロ。

夜浜ロックおかっぱリこのサイズ探してネチる悲しさ。少しでも深いところ(船道など)のボトムストラクチャネチってます。本当はテトラずっと探っていくと稀にベッコウ出ますけど、歩く気力と時間無し、さらに夜磯の勇気無し(≧∇≦)さむいもんこわいもん。堤防精一杯ですよ・・・。前も書いたけど最近カニよく釣れるなあ・・・昨日も釣れた・・・。
水深のある大きな港が釣果があるようです。新港や塩竈港ですね。浜の港は何処も浅いのでもう少し経ったらよくなると思います。わしは、浜なら1/8OZシンカーに1号フックがメインです。ベイトタックルで大物専ならそれなりに。

メバルはまあまあ濃いです。
最近メバルの人ホント多いですね。声を掛けてみると、なかなか釣れませんと言われます。そんな時はイージーに常夜灯やスロープなどの浅場行ったほうがいいと思います。防波堤の先端は何か偶然にでも良い条件が重ならないと、良い思いをしたことが無いです。先週外道無KTRさんがソイ狙いのパルスワーム4’にナツメ4号テキサスで釣った25越えメバルにはビビリました(笑)けど・・・。あと、ぜひともジグヘッド1g以下に挑戦してみてください。格段に釣れると思いますヨ。ワームは何でも良いんです。短めに。
平成20年11月19日 いやーサッパリ更新してね〜す。スミマセン。
沖防波堤サバなどは完全終焉。1週間ほど前は南防波堤でアオッコ爆った様ですがここ数日めっきり寒くなりこちらも終焉。全体的に急に水温が落ちたせいか少し不調気味。
もうロックの季節です。
牡鹿ロックなどにうつつを抜かしていたところに、七ヶ浜の情報はどうしたと自らツッコンデ(笑)しまったのでチョイツリに。しかし、風ツエーのサミーの底取れねーの、の3拍子で10分勝負と決め七ヶ浜ロック。一投目は最近なぜかテキサスで良く釣れる(爆)コイツ↓

手の感覚が怪しくなってきたときゴツンと来ました↓
がせいぜい尺強のベッコウでした。リリースして即退散でした。
風無い夜に真剣にヤッテミマス・・・。

ナツメ2号(わしにしては重め)+ビーズ+3インチホグでした。
ん〜ソイはぐりぐりばかりしてつまんね、ネウほしい(なら昼間やれよ・・・)
平成20年10月30日 サバ好調に続きます。あと2週間くらいでしょうか。
フカセなら無限釣りです。
カワハギ、ズハギ、サヨリにタコも好調。底荒れならハモも。
アイナメも小型多し。
海の状況に応じてサバメインの五目でOK。
沖防波堤も裏側船着場でOK。

メバル小型なら各漁港数釣り楽しめます。
平成20年10月4日 青物の海が続きます。
今年もア○○がでました!胴長16位のが10ハイでたとな!
沖防波堤サバの楽園。遠投かカゴ釣りで束釣りも可能。
北防波堤シーバスの群れ入る。サバは去る。

沖はサワラ。沖防波堤までは寄らん。メータークラスも。
マイボート派は是非挑戦を。
平成20年9月23日 昨日は沖防波堤超爆発〜!
ヒラマサ、カンパチ、メジ、サバ、アオッコがスゴイ!サバ、アオッコはほぼ爆釣状態。
ヒラマサもミノーにガンガンで、皆持っていかれた・・・って感じの電話が。
しかし、キマグレンな奴ら、今日は芳しくない結果とのこと。
東吹いたから駄目かな・・・明日西風に変わったら期待!!

・・・とUPし終わってふと外を見ると
超オフショア強風じゃん!!こんなに強く吹いたら海は超透明になってステキ!!
ルアーマン待望の風じゃ!長潮が惜しい!南防波堤外側はたぶん釣れなくなるよ・・・。
平成20年9月20日 沖防波堤状況変わらない。絶好調。
クロダイも青物もOK。
裏側にもナブラ。サバは大きさバラバラ。魚の数が多いとそうなります。
必釣なら迷わずフカセ仕掛けで。オキアミ撒いてればほぼ一日中釣れる。

カンパチ以外の青物はオフショアで岸から離れ気味になるはず。

ヒラマサ来たか?!
台風前の湊のテトラクロダイ超期待大。
平成20年9月3日 ここに来て沖防波堤クロダイ復活!好調!まあ、とはいってもオキアミだけでは辛いんだけどね・・・。朝マズメ中心にサバ好調!40UPも!カンパチはもつろんワインドで!9月の大潮は毎年ながら楽しみだぜ!メンバーも皆好調に釣り上げてきます。

同じく南防波堤もちょっとしたサバブーム。松が浜など各漁港はアジ釣盛ん。だいぶ浅場(漁港内)にも小型カンパチが回遊中。七ヶ浜の海は最盛期を目の前にしています!!

ハゼもまあまあ釣れている様子。カニ獲りも今月イッパイか。シーバスは相変わらずいい知らせない小物ばかりポツポツ。石巻方面はランカーのお知らせがどんどん入る。辛い。

わし?わしは金魚の水槽に入れる沼エビ獲り。
本気なら杉などの小枝(本当は何でもいいすよ・・・わしなんかいつもススキだよ・・・)を束ねたヤツを幾つか作っておき、ヒモつけて一晩くらい阿川沼付近の水路に適当に入れておき、次の日網ですくうと大量に獲れる。メバル釣りの餌に最高です・・・。
しかしそんなに獲っても水槽に入れるのは数匹(笑)
金魚の水槽に一緒に獲れたモツゴ数匹と一緒にチェック〜イン!!
イヤーやっぱエビって見てるとカッキーな(?)!!
オウ!ビシッ!!と外まで飛んできた!そして硬直。
ますます漢らしい仕草に惚れますぜ。
水槽フタのカドに2センチ角ほどしかないパイプ用のスキマから奇跡のジャンプ!
もどしてやろ〜っと。何事もなかったかのように復帰しました。
平成20年8月30日 いや〜久々更新。
沖防波堤、北防波堤クロダイはキツイ季節になりました。もう、ひたすら硬いエサで粘るが良策。
青物はボチボチ。

湊のテトラで尺メジナいい感じ。しかも脂乗って超ウマ。ソロソロクロダイも来るだろう。エサトリは沖同様にキツイが、浅いので本命が寄ればかわしやすいと思います。

雄勝でイカ釣ってました。スルメの胴長20〜25位がポツポツ。
お盆前はもっといい感じだそうです。エギはすぐ離すのでエサ巻きスッテが良かったです。
河川河口シーバスもランカーシーズン突入ですかね。
平成20年7月31日 エサトリキツイ。ボイル、コーン、イガイ、カニなど対策を。
コアジ入った。カンパチも来ました。シーバス・・・小型中心。

温水口カンパチ戻ってきた。〜30くらいが多い。でも釣るにはちょうどよいよね(笑)

湊のテトラソロソロ良いでしょう。波気あれば最良。
平成20年7月13日 沖防波堤クロダイエサトリ増えてきた。別エサだと楽。
今年は特に大型多い。
シーバスはムラあり。ヒラマサ時として出没。
オンショア続き魚は十分寄った、水色回復のオフショア切望。
湊のテトラ小型カンパチ爆。ルアーでも面白。
小型とはいえ油断禁物。ヘビー目のシーバスタックルで。
アオッコ(マダ小さい)もやってきた。

ハゼ釣れている。コチも順調。ハモも順調。

メバル・・・今週やってませんスミマセン・・・。
平成20年7月3日 相変わらず沖防波堤クロダイ好調。初めてやった人にも釣れたよ!
大型も快調にでています。
マサ居ない??第一陣は相変わらず居つかないすね〜。
ドンコとかも安定して釣れますよ。

湾内もかなり魚は入ってきた。新港の高松辺りでもクロダイでました。
シーバスボイルもあり。

わし、最高の時期になると釣りをしない漢(爆死)
七ヶ浜メバルFISHING2008のデータやっとまとまりました。
平成20年6月25日 沖防波堤クロダイ好調!!40台がアベレージかな。外道無メンバーも好調に釣って来ました。
良型のネウも狙え、最高の時ですね。

そして、やはり今年も来てしまいましたマサ。F氏2連切られ、間違いなくマサ。しかしマダマダタナ深なので注意。
平成20年6月11日 沖防はじめオール開幕!!
外道無KZ君今日は朝だけ3枚でご満悦(笑)しかも良型交じり。
シーバス今日は浮かず(昨日は浮いた)。風次第ですな。
クロダイ時合は朝。まあ、いつもこの時期は、朝6時から7時がねらい目。
この時間帯はクロダイに集中して。

メバル濁り大敵。まあ、釣れますけど。この時期、軽いヘッドは必携。
今週はメバルFISHING2008、皆さんお待ちしています!!
平成20年5月28日 いよいよ七ヶ浜も本番。クロダイ、シーバス、アイナメ、ドンコ・・・。
クロダイ爆釣はもう秒読み。東風の日で無ければ大丈夫でしょう。
シーバスも東風の影響か浮かない。でもジグなら安定して釣れて来ました。やっぱミノーで釣りたいよね〜。穴釣り関係はとにかくハズレ無し。フラットも始まった。ヒラメ釣れています。
メバルが安定しないのがちょっとだけ気がかり・・・。濁り取れれば・・・。
平成20年5月19日 水温フラフラでなかなか上昇しない模様。
クロダイもポツポツ出始めた。でも今日の東風は一気に活性落ちるだろうなあ。
メバルも反応悪し。まあ、釣れない訳じゃないけど。
塩釜港もポツポツ。
潮干狩りは好調(笑)

石巻シーバスも開幕。元吉サーフデカイメータークラス好調だそうな・・・。
平成20年5月2日 遂に水温も急上昇。やはりGW。
メバル反応しています。新港シーバス、ムラ無く始まりました。小型中心。
北防波堤タナ釣れ始めています。
ロック系も反応出てきました。もうフラット系も秒読み。
クロダイまだ情報入りません。

七ヶ浜メバルFISHING2008
今年もやります!!
平成20年4月9日 ようやく暖かい日が続いたりするようになりました。
七ヶ浜の海はまだ早春です。しかし、確実に春が近づいているのがわかります。
おかっぱりから反応良くなるまであと一月ですね。沖目はシーバスの群れが入ってきました。
そろそろメバルFISHING2008の準備に入りますかね・・・。
つっても何にもしないんだけどね・・・。
来週アタリ管釣り逝こう。
平成20年3月5日 風がない日に都合よく行けるわけも無く・・・。
たまにメバル道具でチョイ釣りして、ボトムのちーせーバイトをチョーてーねいに拾うとミニドンコ。話にならん(笑)まぁこの時期はこんなもんでしょ。
サクラマスチャレンジや管釣り、が無難すよね。しかし、も少し真剣に釣りしろよ・・・釣りHPなんだから・・・。
平成20年2月19日 強風の日が多く釣りにならない。
風がおさまるのが待ち遠しい・・・しかし、気圧の配置はずっと西高東低。
ワカメ新芽獲りの季節か(笑)
平成20年2月6日 七ヶ浜各漁港、相変わらず渋め。
しかし、水温低下も落ち着いたか、クロソイなどもポツポツ出てきた。
水深があるところや希少な藻場でネチネチやるしかない。
昼間はさらに難しいかも。夜釣中心なので足元には充分注意して。
風がない夜はビッグチャンスだ!晩飯食ってる暇無し!海へ走れ!
メバルタックルか、ヘビータックルか悩むところ(笑)
陸で微風でも海は強風。
防寒を完璧に。ボウズ当たり前くらいの気持ちで・・・。
平成20年1月24日 寒いなあ〜。今日は吹雪ですね。
風がない日を選んで夜の南防ロックが良いですね。wの倅さんら壁岸クラブの人たち(笑)は今年もソイ釣りしてる?結構良型でているようです。
七ヶ浜各漁港ほぼ沈黙。毎日釣りのおっさん達も駄目だと・・・。
ついでに観光桟橋も沈黙・・・。メバル稀に姿見えるけど食わね・・・。
ボトムも反応無し。水温急に下がりすぎたかな。
どうしろっつーの???って感じ。ヘッド04でも重すぎかも・・・。
牡鹿もかなり渋。雄勝もかなり渋。
昨年あった最後まで楽しめた藻場・・・刈られてるし・・・。

ついでに高田大祝(・・・オイオイ)もヤリイカ不発。でも人多い。遠い・・・。
平成20年1月15日 う〜む。このコーナーも足掛け7年か・・・ビビルぜ・・・。
寒いです・・・メンバーもスキーやスノボ忙しいです・・・。
目新しい情報はないです・・・新港南○波堤先端、夜釣りのおっさん達アオイソメでシーバス結構釣ってくる。歩くのめんどくさいから船で行く人多し。各漁港ロック小物ばかり。ワームは辛い。
漁港内メバル終了。桟橋へ。

雄勝でエギングしてたら強烈なヤリイカばらした(泣)メバル竿では一向に寄って来なかったです。その後何回か回遊してきてバカにされた・・・。マジ胴長40?あんなのはじめてみたよ・・・。巨大さの余り外道無ミッチーは怯えていた・・・。

今年の七ヶ浜メバルFISHINGは6月7日(土)を予定します!!
皆さまにお会いできるのがたのしみでつ!!
平成19年12月28日 わー超更新してねー(爆)
つうか、わし最近ほとんど釣りしてないよ(泣)
メンバーもほぼ五目釣り。穴釣りメインの時期となりました。タコ狙いとかすね。
メバルも七ヶ浜は厳しい季節。新港や観光桟橋が良い。
つうかもうすぐ新年だよ・・・とほほ。とがし連日食ってるバヤイじゃないよ・・・。
平成19年11月17日 沖防波堤イナダ相変わらずポツポツ釣れ続く。ジギングやワインドで。
アイナメ小型多し。沖防ウマズラ不調。裏のベタ底に落ちのクロダイ少し。
ドンコも上向き。
北防波堤はウマズラOK。
何処もまだフグ多い。
私ならもう五目釣りは沖より北かな。
全体的に11月初旬と状況変わらない感じが続く。
各漁港風のない日メバル良。防寒対策を。
平成19年11月4日 沖防波堤、イナダ少し戻ってきた様子。ポツポツ釣れる。でも、それだけ狙いだと辛いのでロックフィッシュ道具やエサ釣り道具も持っていこう。穴釣りドンコ好調。
アイナメも超小型多し。もう少しすると爆釣かな?
今年はほんとシーバス釣れませんでした。

メバリング爆。常夜灯は小型中心に。夜は大分寒くなって来ました。

各河川もシーバスほぼ終焉か?いい話ない。
そろそろチカやイカの準備か。
平成19年10月27日 仙台青物は終焉。ほとんど反応無し。
クロダイもほぼ終焉。
変わってアイナメやドンコの釣果が上がってきた。今回底荒れすると思うので、落ち着いたらチャンスか?マダコ釣れています。

ハゼ好調。少し大きくなってきました。子供連れ最適。

追波付近シーバスは人多く、超スレ進行。ボイル時でもめったに食わない。掛かればランカー、ヒットすると冗談みたいなエラアライしてました。深夜は寒くなってきて辛い。防寒を。終焉近し。
平成19年10月13日 沖防波堤青物ショアジギはイナダばかり・・・サバ希少。
マサますます成長。スレまくりで浮きにくくなってきた。そりゃ毎日誰かばらしてるモンね。最近はノマセがいいかも。でもかかってもなかなか獲れません。皆で磯竿5号振り回し・・・。
沖防アイナメ数が出てきました。小型です。ノッコミというにはちと早い。でも爆はすぐそこ!外道無も来週はアオイソメ300円分追加(笑)!
マダコも釣れています。

そろそろ各漁港の安易な場所で、でかいソイがでたりする時期ですね。今年も出るかな60cm?!

ハゼ好調続くも終盤の予感。メバル豆多数。フラットは完全終焉。カレイは釣れますが・・・。

皆様秋のシーバスどうでしょう?今年の七ヶ浜はかなりシーバス沈黙でした。本当に辛い年でした。余りにヒラマサが多すぎた??渡船黒崎丸だけで80本以上確認。大物賞5万円予定だそうな。
自分はオッパ近辺通い。いい感じのパターン見つけるもボイル時は毎回ミスバイトで号泣・・・。ゴアウェーダー少し滲むしorz来週は潮悪いし・・・。
平成19年10月3日 青物フィーバーなんとなく続く(笑)
本日はイナダが多し。カンパチ少ない。残念。マサも居るがますますスレまくる。でも毎日誰かには掛かる・・・切られる・・・超太って超強く成長。

久々に子供ハゼ釣り。貞山運河結構、というかかなり魚影濃かった。子供の相手が無くて大人が真剣にやったら結構数が伸びるかも。磯竿か長めののべ竿で探るほうがいい感じ。マイクロクロダイちゃんも結構掛かっちゃった。ハゼもオールリリース。食うなら河口か海が良いなあ・・・。
チョイ釣り戦士メバール様の前評判どおり、どこもフグは多いね〜すぐ針キラキラ(笑)

そろそろシーバスも秋の陣で河口付近。阿武隈、名取、七北田、砂押、鳴瀬、追波へGO〜!!
ねえ〜10月だよ・・・すぐに冬が来ると思うと超悲しい・・・。3ヶ月もしないうちに寒くてしむ感じになるなんて信じられないすね・・・。
平成19年9月20日 青物フィーバーマダマダ続く。
連日の沖防波堤ヒラマサフィーバーも続く。いったい何匹居るの?!当然わしには来ません←場所もあるようで、わしのとこにはフグしか気配が無いわケンシロウ!!居るところではオキアミに浮いてガンガンに姿が見えます。

参考までに≪マサ仕掛け≫
磯竿3〜5号・道糸PE5号・ハリス10〜20号
針マダイ8〜13号・ウキ0〜3B位
オキアミ1番船〜7時の時点で最低6kg以上欲しい。
ケチった時点で負け・・・。
2匹の鯛さまのルアーにも遂に食った!
メタルジグ100gクラスでショアジギング・・・。

沖防波堤ショアジギングは強めのシーバスロッド最低11FTで。←それでもカンパチはちょっと大きくなるとなかなか獲れない、イナダの倍引くわ〜。
ラインPE(ファイヤーライン良)25LB以上。リーダー60LB以上。50以下抜き上げ前提。
メタルジグ28g〜60g。ちなみにブレードでも爆釣(しゃくらないのでラク)
クルクル系ではバラスのでジグのテールにウイローブレードをトレーラー。
ジグ自体もバラシが多いので頭にアシストフックのみにすると良かった。
一度底をとって(肝心)ガンガンしゃくりあげるのみ!疲れたらフォール(笑)
色は特に何でも良い感じ。ロスト少なくないので多めに用意。
ジグ100g以上を投げてる異常な人達もたまに・・・。

オプセルのOWL−1OZ、2OZならバラシもなく爆釣モードに。
テトラ移動中も魚落としにくく最適。
普通のジグなら移動はハンドギャフやボガに掛けてから。
ちなみに裏の足場が良い場所でも結構釣れる・・・。
でも、漢なら表のテトラだあああ←だからカンパチ獲れずに泣く・・・。
カンパチ・・・超旨かったよ・・・もっとたくさん食いたい・・・。

沖防波堤に今行かないで何時行くのじゃ!!宿命の時じゃ!!
是非チャレンジ!!明日は南が吹くのでなおよし。週末は北が吹いて水色良くなった後であればなお可。東回りが吹いても簡単には調子崩れない驚きの海。

この位のサイズがメインだが、色んな青物が飽きない程度に釣れ盛る。
平成19年9月15日 仙台湾は青物フィーバーですね。
沖防波堤も好調。外道無メンバーもたくさん釣りました。ジグが釣りやすく、1OZ程度が最適。当日は横方向のジャークやロングストロークのジャークに好反応。イワシ系とピンク系を。
上層はイナダ多し。ボトムはロスト覚悟も魚種多彩。外道無SGさんなどジグだけで五目達成(笑)ヒラメ・イナダ・カンパチ・サバ・メジマグロ!なくしたジグも5本(笑)!

ヒラマサ続く・・・わしには来ないけどね。もう釣れる場所や仕掛けも絞られてしまい、場所取り無理。朝、明るくなるまでが勝負で2番船では後の祭り状態です。30分しか差がないのに・・・。
大量のオキアミが毎日投入されるためルアーは反応難しい。狙うならオキアミが無難。

クロダイは居ます。ヒラマサ仕掛けでも「これはクロダイだな・・・・」というアタリがでます。クロダイ仕掛けなら掛かるだろうけどハリスがフロロ60LBの巨大ハリですから・・・。アイナメは普通に釣れるケド。でも先日F氏はハリス8号で50近いクロダイ釣りました(笑)

今度の台風が上がってくれば、荒れ前に是非湊のテトラで巨クロダイを!!
平成19年9月7日 一昨日くらいまでヒラマサ続いてました。
数日前、沖防波堤で大サバ爆釣あったそうな。
台風ですね・・・。何かが変わってしまうでしょう・・・。
吹き返しが強くツルピカになったら数日内にオオマサ、巨カンパチが寄るだろうなあ。
来週がねらい目かもしれません。

湾内は非難してきたコアジなどがたくさん。
でもそれももう散り散りですね。
昨晩の時点で全体的にサカナッ気は薄くなっていました。
ここんとこ外道無ではハモ釣りが流行っていたりしました(笑)
沖防波堤の裏でかなり釣れたんです。
サヨリは相変わらず鉛筆でしたが、この台風でどうで出るか?
平成19年8月27日 ヒラマサ続いています。さすがにスレてきたか?
イナダも釣れています。ということはそいつをいじめる大カンパチも秒読みでしょう。
青物は来月2週目くらいがピークかと予想しますだ。

クロダイポツポツ・・・つうか皆クロダイ釣りしてないし(笑)マサ狙いだし。
ロック不調。何故だろ。

チョイは北上町方面でスルメイカ。
アジが多数。アジングってメバルより難しいわ・・・。
ミッチー初イカ。
平成19年8月23日 またまた参りました・・・ヒラマサ乱舞継続中。
オキアミしか食わず・・・辛い。わしはボーズ記録更新中。
オキアミにバンバン掛かる中、ルアーには見向きもしないです・・・。
当然スズキは居ないです。
クロダイポツポツになってきました。
沖防波堤より中は、小型カンパチがうろうろ。
北防波堤、湊浜などライトタックルでやったら面白そう。
また、マイワシを追ってかスナメリが入ってきました。

港で網上げ見てたら、コチや舌平目が大量に入っていました。
平成19年8月18日 クロダイはだいぶ浅場にきています。凪が続いているので少し荒れれば期待大。
アジっ子あんまし居ない。新港の方が良アジ出る。カンパチ小型(大きくても尺)は湊浜より内湾の新港一帯に。今年はダツも随分居るなあ。温暖化を感じる?
ヒラマサフィーバー続く。ついにカゴ釣りが・・・。連日キャッチ情報。
ルアーは・・・辛い・・・。カゴ→フカセ→ノマセ→ルアーの順に辛い・・・。オキアミは2匹付けや2Lで。
漁港内は子メバル子フグ乱舞。先日カキの産卵(かなり遅い)にボラが大挙で押し寄せていました。
水色良好。今後ルアーに期待。

ハゼ低迷気味。サヨリ少し寄り始めた。温水口では子メジナも。
平成19年8月8日 参りました・・・今朝は沖防波堤ヒラマサ乱舞。
ルアー部隊全滅(泣)だが飲ませ釣りが入れガカリ、オキアミもかなり掛かる。切られ多数。
F氏が遂に剛ふかせ仕掛けオキアミで70UPマサゲットうらやますい〜。
わしも2匹の鯛様と必死でルアー投げまくるも1匹が足元まで付いてきただけで終了。そのすぐそばで飲ませは入れガカリ2本ゲト目撃。エサがあるぶん掛かると!テトラのまわりを7〜8引きでグルグル回遊。気が狂いそうな光景(笑)

↑ケータイでかろうじて写真UPします。ちなみに超ウマ〜、ごちになりました。

土砂降りでカメラまったく出せず超残念。帰ってきたら晴れた(泣)

ついでみたいになっちゃうけど黒鯛も好調。外道無メンバーヒラマサをかわしながら(笑、切られながら)数枚ゲット。

わしは駄目だったけどいい日だなあ〜。昨日の土砂降りで少し水色悪い。南西吹き始め釣りづらいが水色は回復傾向。夕方か明日朝も期待大。

赤灯台、湊浜は小型カンパチうるさいワインドが効くらしい。もっと巨大がホシ〜!!
コアジもマダマダ超小型。
平成19年7月26日 沖は水色だいぶ回復。ここ2〜3日のオンショアでイワシ接岸。沖防波堤はシーバス80UPも乱舞。ヒラマサにブッチンブッチン。ファルコン当たってますよ〜。
クロダイはポツポツ。ノッコミ大型は終了感。そろそろ大型ロック浮く季節。

塩釜向き〜花渕など、内湾側水色大変悪い。ハゼは東宮中心に結構大きいのも釣れましたが・・・水色よければもっと釣れそう。仕掛けは投げっぱなしではほとんど当たらず。ゆっくり巻いて探りが良い。イシモチ(にべ)も釣れた。湾内はいたるところにボラだのフグだのメバルだのなんかの稚魚が回遊中、夏だネエ。
水色回復すればコチも復調か。牡鹿方面は水色良いので好調らしい。

沖はかなりのサバが入ってきました。船の人たちはサバ用にジグを忘れずに。船ロックは期待大。船シーバスも根の居付きは順調。

川水色も少しずつ良くなってきた。今後リバーシーバスも期待。

メバル居るけど・・・豆が増加。磯や沖北防波堤などは良型。
平成19年7月18日 台風直前まで好調にクロダイは続いていました。
シーバスも荒れ前は浅場に来たようです。漁港内でも確認しました。
でも今はまっ茶色に底荒れ。今回は吹き返しも無いので澄むのに時間が掛かるかも。

ロックフラット当然駄目。水色良くなるまで待ちましょう。

新潟地震の被災者のみなさまにお見舞い申し上げます。
↓この次の日の朝、予告どおりヒラマサ乱舞(泣)場所まで当たってた・・・。
平成19年7月7日 沖、北クロダイ順調。これはフカセの釣果。前打ちはもちろんブッコミも良いらしい。
メバルも沖北とも良型がでている。尺も夢ではありません。

シーバス朝は浮いたり沈んだりで絞りにくい。夕方表層にアタリ集中。
今日最終でヒラマサ回遊。2人で2本ずつ掛けてどれも獲れなかったそう。明日の朝マズメはチョイヤバイかも。北西吹くのでゴミも一掃。シーバスも浮くか?!

だいぶ後情報だけど、今年はシーバスが網に入ったのがだいぶ早かったそうです。通常GW前に一網100本なんて聞くけど、今年は3月にでかいのばかり入ったそうな。
平成19年7月4日 沖、北順調にクロダイ。シーバスも浮いてきた。そろそろ浅い地磯などでも楽しめる時期。
一昨日の雨の濁りが昨夜から北上川に入り始めた。東風とあいまって今後不安。北上の濁りは新港を濁らせる。河川はすぐに水色回復するが、海はなかなか回復しずらい。

最近シーバス本気でやり直してます(笑)いや〜昨夜の2ゴイはでかくてマジ走ったわ〜足下に来るまで60位のシバスだと思ってたのに(TT▽TT)ダァー 片道100km圏内位ならランガンしています(超バカ)ランカー級獲れたらUPします(無理?)実は昨夜もお知り合いの5kgUP目の前で見て萌えてます。

メバルそろそろ反応落ちてくる。沖北防波堤は、泊まり夜釣り最高にいい時期。
平成19年6月22日 沖・北防波堤クロダイ釣れています。爆釣はないが安定した模様。やはり朝一番が強い。

FJ君もGET。KMさんは人生初クロダイ!!真っ黒居付きですね。
「人生最良の日です」・・・この人は年に何度か人生最良の日があります・・・。

ロック系も釣れています。日によって中層に居る場合もあるので注意。ドンコも釣れています。

シーバス浮きません。下のほうには居ますのでスカイパスセブンやジグで。最近出ているカニやイガイのワームでクロダイも結構釣れる模様。前打ちと同じ原理ですな。

フラット好調。底荒れしてない日の満潮付近を狙って。ボディキール3インチ強し。ヘッドは7〜11g位で。ヒラメは早朝のみ。

ハゼ釣り多し。釣れ続いているかは不明(スミマセン)だが、いい話は聞きます。

牡鹿各湾内シーバスあらかた終わった模様。もうすっかりリバーの季節だあ。わしも河口に移動しようっと。
平成19年6月16日 クロダイ変わらず好調。朝マズメが良い。エサトリかなりでて来た様子。
フカセは釣果にムラあり。前打ち安定。沖防波堤シーバス沈黙続く。

ロックも好調。穴釣りも好調。

七ヶ浜メバルFISHINGも無事に終了。ありがとうございました。
コチングは底アレの無い日を狙って。ハゼも好調。
全体的に好釣果が続く。

牡鹿シーバス群れ移動中。群れ探してランガンが良いのか回遊待ちが良いのか・・・。
当たればBIG含め大釣り。ハズレれば沈黙・・・。イカも接岸。メバルは大量にいます。安定して釣れるので楽しむには最高。
平成19年6月1日 ひょほー!!カレンダーどおり(笑)七ヶ浜の海は完全開幕しました!!
クロダイも沖北絶好調。その他もどんどん釣果が聞こえてきました。
サヨリなども釣果あり。各漁港はいろいろな魚の稚魚が群れてます。

砂押川、貞山運河、塩釜寄り各漁港ハゼが始まりました。結構釣れてます。

わしもお昼チョイ↓でのコチは50近いのでました。初期はズル引きが吉。
ボイジョもこれと同サイズ連発。エギングロッドきしむー(笑)
ワームはもちろんわしお気に入りのボディキールで。コイツはボイジョにもかなり効くのう。

七ヶ浜メバルFISHING2007にフィッシングクラブサーチの○橋君から商品協賛頂きました!アリガト!
平成19年5月30日 いやーん北防波堤中心に始まりやがりましたクロダイノッコミ!!
こりゃ週末は凄いことになるかも。
しょれより・・・今年もやってくださいました2匹の鯛さま!!
クロダイノッコミが霞むよ・・・・・。
無断転用御免(-人-) ↓当然沖防波堤テトラ!!!ミノーにバックリ!!

この時期、本当に1日だけのヒラマサ接岸。毎年あるよね・・・。次はお盆過ぎ・・・。
平成19年5月25日 いや〜全体的にポツポツでんな〜。調子いいのはカレイくらい?
クロダイポツポツです。シーバスもまだ爆りません。ほんとにちょっとの水温差で爆りますので連日要注意です。一昨日一日だけオフショア吹いて、連日はオンショア。東がらみで水温上がりにくい。

ヒラメは釣れていましたが、コチがなかなか始まらない。湊浜ではコチ確認。

メバルいい感じ。東風はヤダね〜。オフショア吹くのを激しく希望(笑)。
最近外道無メンバーは釣り時間よりホヤ獲り時間が長げーす。メカブ、ムール貝中盤戦。アサリ激減模様。そろそろコダマ貝か。ん??何の情報だこりゃ?
平成19年5月18日 クロダイ北防波堤でも確認できました。
もう秒読みでノッコミです・・・つうかもう居るんだけどなかなか食わないだけの様子。
ドカーンと大釣りは6月の最初の土日と予測じゃ。
次の週はメバルFISHINGだけどね・・・。
沖北シーバスも始まり!レギュラーサイズは60UPパンパンです。
マダマダ水温の関係か時合いが一瞬。
ベイトが小さく、まだまだ小さいルアーが適か。
メバル安定して釣れ始めました。
かなり安易なオープンな場所でも16センチくらいまでは出ました。
正直飛ばし浮きスタイルもやってみてますが、今のところ何も無いほうが格段に釣れます・・・。
勝負はキーパー揃えた後の大物勝負か??
わし的に、この時期は0.4gのジグヘッドとさらにゆっくり引くための尻尾が勝敗を分けるかと・・・。
平成19年5月9日 皆様GWは釣れましたか〜?
七ヶ浜水温かなり上がってきました。船で北防波堤付近16℃(マジ??)萱島で1枚あがったと聞きましたがもうクロダイ釣れそう。たぶん表層温度だけだから次の荒れ後はバッチシOKだ!!
メバルもうチョイ。夜光虫邪魔。波多崎(馬の背)付近では連日大型カレイが上がっています。フラット秒読み。朝マズメヒラメ狙い始動時期ですね。
本日北防波堤外道無メンバー行ってるけど「う〜んまだエサ取りもいねえ感じ」
砂押川シーバス70UPも。
七ヶ浜メバルFISHING2007も募集中!!
フィッシャーマン多賀城店かよこざわ釣具店にも案内あり。
平成19年4月30日 七ヶ浜も水温上がってきました。漁港内は夜光虫あり。
メバルまだ渋め。ボトムにアタリが集中しました。マダマダこれから。
ある程度水深のある場所を。藻が多くリトリーブコースに注意が必要。
1ヵ月以内には浮いて釣りやすくなるでしょう。
沖防波堤ロックは依然釣れ続けています。ドンコ中心。
砂押、塩釜シーバス入っています。マダマダ小型中心。特に塩釜はテクニカルな釣りを強いられました。飽きたら壁際でメバルを。こちらは水温の関係か浮き気味。
クロダイ情報まだ無し。そろそろコチヒラメが釣れ始めます。
全体的に例年通りの感。
平成19年4月9日 オーイ。更新はどうした・・・。
裏切って牡鹿でチョイ釣りや管理釣り場に浮気して七ヶ浜でほとんど竿を出していませんでした。
沖防北防はドンコ中心にアイナメ交じりで好調だそうな。タコも釣れています。
例年ならベッコウやクロソイもやっと動き始める時期ですね。砂押シーバスも狙い始める人がでてきました。釣果は不明ですスイマセン。塩釜港など湾内にセッパが入り始める季節です。
メカブシーズン開幕(笑)!!
今年のメバルFISHINGは6月9日辺りを想定しといてね〜!!あ、まだ潮とか見てないすよ。でもたぶん何潮でもそのままやるよ(核爆)
平成19年1月23日 七ヶ浜の海は例年より水温高い、雪代がほとんど無いのでその影響かも知れません、いや温暖化かもしれません。・・・といっても8度くらいだからメバルは厳しいす。
しかし根魚には適水温。ロック系は沖、北防波堤共に好調が続いています。寒さも厳しくないので釣り人も多いようです。ちなみに各漁港はそんなには釣れていません。ちょっと冒険して渡船してみれば、たくさんの魚が待ってるよ〜。裏でも各漁港に比べれば充分に魚は居ます。しかし、この時期、表側のほうが風裏になることがほとんどです。表はフェルトスパイクがオススメです。裏は普通の靴でも対応できます。どちらでやるにしてもライフジャケットは必須でね!!

私ですか・・・?私は年内はアオリ→ヤリとイカ一色でしたし、年明け以降は実は管釣りにはまってますが何か(核爆)
だって・・・でっけえレインボーとか普通には釣れない魚が狙えるんだもん・・・ヌルイ装備で・・・。ごめん・・・七ヶ浜でもまじめに釣りするよ・・・。
平成19年1月1日 皆様明けましておめでとうございます〜!!!
外道無メンバーも寒さにくじけてあんまし釣りしてないよ〜(笑)年末忙しかったしね。

まあ、この時期は皆様ロック系だけでしょうね。七ヶ浜、各漁港はおかっぱり期待できません。まあ、のんびり糸垂れたい人向きですな。
やっぱこの時期は七ヶ浜を思い切り裏切って女川周辺でチカ釣りでしょう(爆)
平成18年12月23日 浜のメバル終焉を迎えました。じっくり狙って拾う事はできますが、もう楽しいメバル釣りの時期は終わりました。来年5月までクローズ状態ですね。塩釜観光桟橋付近は激渋バイトを拾ってポツポツ釣れます。それよりソイが多くなりますが牡鹿方面まで行っちゃった方がいいですね。

沖防波堤などのロックは日によってムラはあるものの順調の様子。えさ強い。寒いので防寒をしっかりと。北西風が多いので表側はのんびりムード。裏は大変。各漁港、海苔網洗い始まり期待薄。

最近エギングにはまりエギでのチョイ釣りが多し。もちろん浜ではなく牡鹿以北。1時間で10〜20ハイ獲れれば良い方です。1.8寸のスリムタイプエギスッテ+追加オモリが強し。12月初旬は多かったスルメイカは居なくなりヤリイカが中心。メバルタックルで。
平成18年12月6日 最近情報少ないす。
ロックフィッシュは小康状態。もう小型多いかな。やっぱおかっぱりで太いのは11月までかな。
メバル超小型ですがまだ楽しめます。ジグヘッドは0.4クラスが必須。

牡鹿方面は変わらずメバルはかなり釣れますな。オープンエリアには小型多し。先月良い型ばかりが超爆ったポイントも小型が群れていました。風向き風裏を考えて釣行しましょう。
チカ群れ多し。シカも多し(笑)
平成18年11月25日 七ヶ浜はここのところ全体的に小康状態。底荒れ気味のせいもあります。昼間からハモなどが好調の日も多い。裏のズハギは好調。なぜかメジナが食ったりしたそうな。

投げのカレイ始まった様子。しかし、メンバーが毎年の大物マコPに入るも不発。
メバルは風との闘い。風が穏やかな夜は迷わずGO!ですね。昨年のメバルFISHINGはこの時期でしたね。みんな釣れてるかな??ここ最近、例年より体感温度が寒く感じるのはわしだけ?寒くてメバリング1時間が限度(笑)!

相変わらず牡鹿方面メバルは好調。風裏探して。常夜灯は超小型多いので捨てるのが得策だと思います。充分魚影は濃いですから。民家の付近でも鹿がかなり出歩いているので走行は充分にご注意を。マジでけえオスジカが居てビビリました。バンビちゃんサイズはかわいいよ(*'▽'*)
平成18年11月13日 沖防波堤、北防波堤の青物は終焉を迎えたようです。食っても超単発でツライです。
クロダイも終焉を迎えました。どうしても、の輩は赤灯台付け根温排水へ。コマイのは居ます。
アイナメ釣果もちろん上がってきました。大型は底よりも中層のテトラに居ますよ〜。
底が取れるテキサス中心で。手前のブレード系落とし込みもかなり有効(ロスト多い)ダウンショットでならベッコウ良型狙える。結構捨糸は長めで(1ヒロでも食う)
黒系、茶系のワームで。エサなら裏でも数釣り。北防波堤大型多い。
平成18年11月2日 今週は沖防波堤、北防波堤に青物帰って来ました。メジもイナダも来ました。サバ少ない。ジグ40g〜60g位が活躍。ヘビータックルで。ジグが軽いとイナダのみ。
底はアイナメの宝庫。ボートでは1人70匹!すげ〜。ノッコミ万歳状態。
クロダイ情報ありません。皆食糧確保に忙しい(笑)時期で・・・。
七ヶ浜の海最高潮です。青物去るのは時間の問題。青物道具だけでなく、とっさのアイナメ用意も忘れずに。ブラーの餌釣りも好調。岩ゴカイで。穴釣りも良いです。
平成18年10月28日 沖防波堤も青物だいぶ去った模様。ポツポツは狙えます。
メンバーが50クロソイを青物狙いのジグで獲って来ました。ウマズラは好調。うねり取れた昨日あたりからアイナメノッコミ第一陣来たっぽいそうです。浅場は数日遅れか?ロック爆発近し。ロックアングラーは要注意。ベイトタックルの出番です。オモリやフックはたっぷり用意しましょう。

10日ほど前に湊浜クロダイかなりヨカッタとのメールをsea_hunter様から頂きました。情報サンクスです。○○まにあ様からも黒鯛見えてるよ〜との情報も頂いておりました。しかし、この時期はひょんなきっかけで爆発したり沈黙したりと不安定ですので、他の釣りの準備も持っていきましょうね。
ちなみに例年なら湊浜はもうクロダイ終わっています。赤灯台の温水口はまだいけると思います。

番外
牡鹿メバル。夕マズメにまあまあのが超入れ食いでした。ビビルくらい釣れました(笑)常夜灯は渋めでしたが。うう・・・庄内アオリまた行きたい(バカ)なあ〜。もう終わりですかね?
平成18年10月17日 先週に続き同じような状態。
青物好調!!ヒラマサアオッコサバについにはメジマグロ50センチ級。
しかも、表ではなく裏側にボイルが出るので掛けてからも取りやすい。
ここ数日同じような状態が続く。
沖防波堤に急げ!ライトタックルでも充分やれると思います。

湊のテトラクロダイもまだいるがそろそろ終盤か。水色回復。

メバルいい感じで釣れる。小さいの多いね・・・。風がない日は是非外洋側を。

ハゼ終盤。型も良くなってきている様子。その代わり夏のように数は出ない。例年のように最後は貞山運河出口のコンビナート深みでBIGねらいか。

シーバスいい話ないね〜。菖蒲田でエギングは常に玉砕(笑)
極稀に群れで回遊しているのが見られるようで、ああいう状態のイカは何ぼ狙ってもめったなことではエギに乗らんと教えてもらいました・・・。絶対数が少ないようですね。わしにも年に1パイ位は神様のお恵みないかのう(笑)
平成18年10月11日 やっとおさまったスねえ。今回の低気圧は台風より大きな影響がありましたね。

今日はベタ凪。七ヶ浜も生命の躍動感が出てきました。各漁港もベイトフィッシュたくさん目視。
沖防波堤、イナダ、サバポツポツ。ベイトが多すぎ(笑)る予感。ウマズラも釣れている。サヨリもよいでしょう。サヨリが追われているところにファルコンでイナダ。
底荒れの名残か今朝までハモ好調。底が澄んだらロック爆発予感期待大。
シーバスはどこ行った??河川かな?

ベタなので朝マズメエギングしてみるも追う影はマッタク無し(泣)だいぶ水色は回復したがもう少し水が澄んで欲しいところ。日本海と比べたらイカからもエギが見えんわな(笑)
各漁港ではカレイとかもポツポツ釣れていた様子。

牡鹿方面も回ってみたが、水色復活が望まれる状況。流れ込みの無い漁港はメバル良好。当然濁りの入った漁港はダメ。
平成18年10月1日 荒れはだいぶ収まってきました。同時に根魚も釣れ始めたようです。もう少し水温下がると爆る日がくるかな〜そろそろロックファンは要注意。クロダイは浅場で。シーズン終盤。タナゴ、コアジ、コサバ、カタクチうるさい。固いエサで粘りの釣り。

ま〜もう本に載ってるけど例のアオリ騒動。
なかなか釣れんよマジで。風がなく波がなく濁りが無い。この三拍子揃わないと半端な腕では出すのは難しいでしょう。とうぜんわしも釣れませんよぜんぜん。
でも友人はきっちり上げてきたよ。←イカに命かけてる級の人。
いい条件の日なら結構簡単に釣れてしまうのが不思議なところ。
でもまだスミ跡探してもここ1週間では1個しか増えてないよ・・・とほほ。
数えられるのが悲しいね(T▽T;)
天気予報とにらめっこじゃ。
潮も早いので3寸くらいでOKだそうな。
わしゃエギで魚しか掛からんよ・・・。
平成18年9月26日 七ヶ浜の海は〜大荒れだよ〜風も凄いよ〜釣りにならんよ〜。
アイナメなどもノッコミはまだです。ちょうどイマイチの時期ですね。
湊のテトラなど乗れれば釣れそうな雰囲気。でも行けない・・・。
萱島テトラ、家の前のテトラなど完全にかぶってます。松が浜漁港さえ越えていました。
立てるようになれば松が浜や菖蒲田漁港外側でもクロダイ期待できそう。

塩釜港、魚市場付近スゲ〜イワシの群れ。ボイルなどは皆無(泣)
波風少し収まらないと何処もだめかな。
平成18年9月22日 全般に反応悪し。沖防波堤より中にスナメリがやってきたそうでそりゃ沖防波堤も北防波堤もサカナッ気なくなるわ〜。日によっているところは違うようですがシーバスもシャローや河川内避難か?サーフ探るも不発。ランガンしないとだめですね。
メバルイマイチ。
オフショア続いて沖も漁港も水色よくなった。今後に期待。
平成18年9月20日 台風の影響などで海は落ち着かず。急に波が上がったり下がったり。釣りもイマイチのようでした。
沖防波堤アイナメも小型化。型は出ませんが数はまとまりそうです。

メバルなども反応悪し。どこもタナゴが出ています。タナゴといってもマルではなく口細です。

サバまだ来ない。
平成18年9月15日 いや〜私事で更新ままなりませんでした。
七ヶ浜の海は全体的に水温落ち着いて下がってきました。クロダイの落ちの季節ですね。しかし、湊などの浅場はマダマダ10月までいけます。渡礁できるギリギリ位の波気があるときが好調。オキアミだけではつらい時期。工夫が必要。

サバ入ってこない。沖のジギングも不調だったそうな。来週の台風に期待。

全体的に日によってむらがある時期です。良い潮が流れる日、水色が良い日がねらい目でしょう。天気は良い方が良い感じがします。秋の雨は冷たいですから・・・。
平成18年8月27日 湊のテトラが安定釣果。沖防波堤でもGET。これから黒鯛の引き強くなりますね。
サバはまだ湾内には入らない。沖もポツポツ。今年は沖のゴミにペンペンシイラも多いそうな。
シーバスも釣れ続いている。ファルコン圧勝。
沖はビルフィッシュも好調だそうです。
今後深沼サーフのヒラメにも期待。
メバルもポツポツ。
平成18年8月12日 やはり浅場が良い傾向。外道無SGさんも湊のテトラで良型獲ってきました。特に今回の台風のうねり前には良い思いをした人もいるのでは?
お盆近辺といえば湊のテトラ、の思い出ばかり。カドにはドーンと大型が着いていることも多いです。

シーバス、メバルその他情報無し。すみません。網地島には大き目のヤリイカがいたそうな。
平成18年8月2日 水色少し回復傾向。同時にクロダイフカセ辛くなって来たようです。個人的には澄んだ海のほうがスキなんですけどね。前打ちは順調。(うらやましい〜)もう、湊のテトラや家の前のテトラの季節でしょう。クロダイなら浅場がねらい目です。強いオフショア来たら沖防波堤は怪物の季節だ〜!!

シーバスノマセは好調の様子。ルアーでも釣れました(後日釣行記でUPします)浅場(湊のテトラなど)に小型カンパチ入っているそうです。松が浜漁港内には豆アジ、それを追ってカンパチも入ってきます。アジは外洋側のほうが少し大きい。水色回復期待。

ロック系エサは順調。小型が多くてルアーはちょっとツライ。裏のウマズラもまあまあ。

フラット系は完全朝マズメ限定でヒラメ好調の様子。

各漁港のナイトメバルは相変わらず低反応。冬よりはマシだけどお休みですね。沖防北防は中型が好調です。マズメが勝負。

ハゼはやっぱり場所次第のようです。束釣りも居るとか(・−・)・・・ん?私はダメですが?

塩釜も当然水色悪く見かけたのは大きなエイくらい。水銀灯にヒイカ集まっててキャッチアンドリリースを繰り返して遊ぶのみ・・・。エギ1.8寸でもかなり難しい(笑)
平成18年7月26日 相変わらず水色悪い。クロダイもそこそこ釣れてますが、せっかくのお休みなのに醤油色の海で釣るのは悲しいですね。梅雨が明ければ水色回復するでしょう。オフショアの一発を期待します。低気圧次第ですが・・・。やはりこちらに来ない台風が鍵か。早い年なら来てる時期です。

ロック系は問題ないようです。船では爆釣のお知らせも・・・。

最近ハゼって釣れナイッスネ。子供連れでやってみたものの貞山、要害、東宮と芳しく無かったです。昔はたくさん釣れた思い出があったんだけど・・・。カレイと久しぶりのメゴチなどがポツポツ。ハゼイネ〜。砂押川とかのほうが釣れるのかな。まあ、子供連れだから自分が竿だして釣るわけじゃないんだけど(スヌーピー釣り竿)それにしても釣れませんでした。潮時は良かったのに・・・。
松が浜漁港では超マメアジがポツポツ釣れていました。マジで超マメ・・・。
平成18年7月19日 クロダイ小康状態です。少し荒れないと状況変わらないかも知れません。潮が速い日が多いそうで緩んだ瞬間にバタバタッと食うようです。

シーバス、ルアーではあまりよくなかったのですが、泳がせでかなりの釣果が上がっています。大型を一人で何本もお持ち帰りの人も。やはり、水色が悪いせいだと思います。水色がよければむしろルアーのほうが釣れる感じがします。エサはサッパなど活きエサ。沖防波堤現地の裏カドなどで小魚を釣ってからチャレンジもできます。前日に小サヨリ(弱りやすい)やアジが手に入れば朝一番で開始できるので良いです。小魚はあまり水温が上がらないように管理していれば活きがいいです。メバルをエサにすると極端に食いが落ちます(アオイソメ房掛けのほうがマシ)泳がせは磯竿の3号以上で。

メバルも春シーズン終了。これからは少し水温が下がるまでポツポツになります。
平成18年7月14日 クロダイ日によってかなりむらがあります。シーバスも同じ。突然爆連したかと思うと次の日はもうだめ、見たいな感じです。西風の後の南風が最高でしょう。沿岸にゴミがよる前の一瞬です。時期的に沿岸は水色が悪いので、いい時間帯はホンの少しです。水色がよくなれば好調が続くのですが、予報を見ると雨雨雨・・・。しばらく同じ状態が続くと思われます。しばらくは風だけが頼りです・・・。

そういえば夜、常夜灯の下で40〜50センチくらいのダツを見ました。高水温なのですね。
沖防波堤で外道無F氏が強烈な一撃で切られました。竿を立て切ったもののスプールを小指で押さえきれず物凄い力でテトラに入っていったそうな。まず黒鯛では無いでしょう。南風が続いて良型のメジナでも寄ったのかも知れません。そういえば数年前には松島の波島でなんと尾長メジナが釣れた事もあったのです。極少ないですが沖防波堤も良型マダイや良型イシダイが居るそうです。
この時期、数年前に私もなぞの大型魚に的を絞ったことがありますが、結局忘れた頃にドカンとやられるだけで諦めてしまいました。グワッと首を振りながら物凄いスピードとトルクで走る怪魚が居るんです。そんな季節がやって来ました。
私の先輩たちも皆同じコトを言いますけどね(笑)アレは危ないからやめなって.。最近ではカンパチだろうと予想して居ます。掛けた感じはあんな感じ。
平成18年7月8日 クロダイは小康状態。それでもポツポツと確実に出ます。
タナゴ多し。コマセ多めに準備した方がいいと思います。クロダイがよればタナゴは散るものですが、数が多いのでむしろタナゴの下からクロダイを拾うような感じだそうです。

シーバスは不調になりました。群れが沈んでいるのかいなくなったのか。いずれにしても沖防波堤や北防波堤は東風が続くと魚が釣れません。確認してないけど、今日の昼間みたいな南回りの風は良かったのではないでしょうか。夜は北東に回ってしまいました・・・。
低気圧の影響か、小さいが力のある波が押し寄せ、透明度はあるものの少し底荒れ気味かも知れません。水の色はいい色ではないです。台風のうねりではないです。

メバルは大会日あたりを境にガクッと反応落ちました。まあ、例年全体的に釣果が下がる時期です。メバルがまたよくなるのは、このあと10月以降。釣れなくはないけどしばらく渋いでしょう。
クロダイ、シーバスなどは梅雨明けにまた調子が上がります。青物も盆明けまではめったに姿を見せなくなります。
平成18年6月27日 沖防波堤北防波堤のクロダイは好調が続きます。例年より大型が出ている感じです。
シーバスそろそろスレ気味か。次の群れにも期待。フラット情報無し・・・。

七ヶ浜メバルFISHINGかなり偏った直前情報》
好調です。しかしあえて言えば一箇所で粘るよりどんどん移動して拾っていくほうが良いと思います。沖向きの潮通しの良い場所は結構ポンポン続きますが、小場所は大きいのから順番に来ますので早めに見切るのが良いかと思います。
湾奥ならストラクチャに着いた個体をひとつずつ拾うのがいい感じがします。オープンスペースは小型が多いし秋のように大量には魚は出ていません。ストラクチャは13〜15センチ以下くらいまでがレギュラー。沖側漁港は場所によって夜光虫あり。しかしこの程度なら問題なく出来ると思います。1ヶ月前よりは全体的に少し釣りにくいかな・・・。
平成18年6月21日 キター!!!!!さっきついに出ました沖防波堤ヒラマサ93(絞め後)超凄いぜ!!!!!

ミノーにガッツン!!だそうな!やったね○山さん!!わしも((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!を完全に通り越して単純にウレシいっす!!サイコーだぜ(>▽<)b
この超大型テトラ帯でコイツを獲るのはマジで強烈!たぶん難しさではボートからの100倍じゃ!!

クロダイは連日順調。フカセも前打ちもOKです。これから特に混んでくるのでお互い仲良くやりましょうね!!わしもそのうち前打ちやってみっかな(大型がうらやましい〜)

来月は七ヶ浜メバルFISHING2006です。参加申し込みお待ちしていま〜す。グループでも是非!
平成18年6月16日 沖防波堤、北防波堤ともクロダイ安定してきました。ここ近年爆発と呼べる状態が遅いなあ。フカセなら朝マズメは外しても、満潮付近、凪傾向がいいと思います。前うちはあまりそういうのに左右されません。でもフカセ師が浮かせたのを横で釣るのはやめようね・・・最近はトラブルも少なくなったと思いますが・・・。そりゃカニのほうが食うわさ(笑)

外道無KZ君もとってきたそうな。シーバスも一時入れ食いなんてタイミングも。HITルアーは当然BORGファルコン。つうかそれ以外は使いませんマジで(笑)エラ洗いでサヨーナラ〜なんて過去の話ですよ!魚の自由度も高いのでファイトも普通のルアーより凄いです。ガラガケルアーなんていう人がいたけど、使ったことがないからそういうんでしょうな。バーブレスで安全に使える新時代のシステムですよ。シーバスの自由なファイトを堪能できないなんてカワイソウな話。どんどんジャンプしてわしら釣り人を盛り上げてくれ〜!!
七ヶ浜沖防北防でシーバス狙いなのにファルコン持ってないならもぐりだす!
初めての人は128スカイパスLBまたはSB、カラーは「イワシホロ」を信じてファーストリトリーブ&ジャークだ!!お買い求めは通販か七ヶ浜町遠山のよこざわ釣具店まで。

シーバス丸々太ってイワシでパンパンです。大きいのも出たそうです。やはり強いのは朝マズメ。風が少ない凪の日を狙えれば最高です。満潮重なれば言うこと無し。そんな日は朝一でシーバス釣ってからゆっくりクロダイ狙いましょう。エサトリもいないはずです。
弱いストリンガーはオススメできまでん。大型で無骨なのが良いでしょう(KZ君も当日大きいのを逃がしてます)
今日は風強く沖防波堤は途中撤収したそうです。荒れています。収まるまでフラット系は辛いでしょう。凪をまって。
ロック系は沖防穴釣りスゲエらしいです。エサに秘密があるそうでつ。ちなみに冷凍イワシだそうです。BIGしかこないそうです。
他にはF氏が沖防でメガメバル・・・と呼ぶにはちょっと惜しい29センチをルアーで獲って来ました。ボトムにいたそうです。
平成18年6月9日 メバリング快調です。

沖防波堤クロダイはまだ鳴かず。全体的に水色悪いのでシーバスも低反応。ミノーよりスピンテールやジグのほうがいいかも。アイナメやソイは順調。

沿岸沿いサーフ近辺の定置網に2kgクラス中心にシーバスが500本も入ったそうな。漁師さんはウハウハ。七ヶ浜シーバスも本格開幕の兆し。沖(大根近辺)のジギングは5kgクラスも出るそうな。
平成18年6月6日 北防波堤クロダイポツポツ始まりました。沖防波堤はまだイマイチ。しかし爆発始めれば沖防波堤のポテンシャルは侮れません。南風、水温上昇待ち遠しい。
北防波堤の前うちは好調。タナ浅い。

先日、なんと松が浜漁港内で55センチのクロダイ釣れて話題に。荒れた日。

フラット安定してきました。朝マズメが良い。ワームはボディキールやグラスミノーMあたりが強し。潮見表と要相談。満潮付近を。1日の情報でPEと書きましたが自分はPEではなくファイヤーラインです。スピニングでもトラブル非常に少ないので重宝しています。しかも・・・3シーズンくらい平気で通して使えます(爆)手入れはスプレー類かたまに柔軟風合い剤水溶液で洗うと感じイイです(笑)
ベイトリールはナイロンかフロロです。

シーバス情報ね〜です(笑)誰も釣ってないよ・・・。○山さんもう釣れた〜??
平成18年6月1日 クロダイはまだまだパッとしません。水温低めに感じます。表面は高いようですが・・・。まあ、秒読みで爆釣モードは間違いないんですけど・・・。前うちはすでに開幕。こちらは好調の様子。

北防波堤前の網にシーバスの7〜8kgクラス2本入り話題に。しかし各堤防に居着く個体はいない模様。今後どうなるか。

ロック系まだ好調。なぜかワームは×、エサで大型でる。ベッコウ、アイナメ良型連日。

メバリング完全開幕。春はアベレージも良く楽しめる。ミノーでもOKでした。

フラット系定番コチングも開幕もマダマダ前哨戦。現在底荒れ中凪を待て。
ワームは定番黒金。濁り収まれば緑茶やハゼ色、緑銀。シャッドタイプで。ヘッドは7〜12g程度でその日底を取れるもの。ラインはPEが断然良い。せめてフロロで。

メカブ獲り終盤(笑)。
七ヶ浜、新港など全体的に水色かなり悪い。沖防波堤の表側は透明度高し。
平成18年5月13日 超久々の更新です、すみません<(_ _)>
七ヶ浜の水温は14度。先日まで大量の夜光虫が発生していました。よって釣果は乏しく、クロダイもロック系もシーバスも良くありませんでした。
今年はGW前は水温の上昇が、例年より2週間遅れでしたが、ここ数日で急激に上昇し、むしろ例年より高い温度になっています。よって夜光虫の登場でしたが、一昨日の西風で少しだけ改善された模様です。
GW萱島で1枚クロダイ出ているそうです。まだまだ本番前。
今年は波多崎の温排水が無く、シーバスも馬の背に入って居ない模様。砂押川もやっと釣れ始めた様子。
塩釜港シーバス入ってますがルアーは見切られまくり。やっと食わせてもショートバイト・・・。なぜかタツノオトシゴ釣ったよ・・・。子イカも入っています。GWあけて群れていたチカは去りました。常夜灯には稚鮎が群れています。
七ヶ浜メバル始まりました。ストラクチャ以外の開けた場所でもポツポツ釣れ始めました。ミノーへの反応はまだ薄いですが、レギュラーサイズまあまあ。逆に牡鹿方面はかなり型が小さい様子。でも一発大物はあっちだなあ・・・。

本番前の静けさといった感じの七ヶ浜周辺です。
平成18年2月9日 釣れません・・・おかっぱりではほとんど何も釣れません。海の中は真冬です・・・。沖北も芳しい釣果にはならないようです。この時期はワカメの新芽やムール貝を目指して・・・。
それでも上手な人は堤防で小型ボイジョなどを結構数をまとめてきますが、かなりコツがあるのでなかなか難しいと言っていました。

番外です。
女川近辺チカまだいけますね〜。2人2時間半で122尾。強風で寒くなければまだまだ伸びたと思います。もちろんウキ釣りね!ウキに反応が出てからではかなり確率悪いのでタナを50センチくらいにして餌が見えなくなった瞬間アワセる見釣り(爆)です。餌付ける時間(アミなので付け難いがちゃんとつけないとすぐ盗られてしまう)と寒さのあまり車での休憩時間も問題です(笑)いろいろ工夫が要りますね。
平成18年1月20日 この時期さすがに更新ままなりません。まあ例年の事ですが・・・。
沖防等も根魚ポツポツ。本当に寒いです。わしら小心者は釣りどころではアリマセン、凍えてしまいますだ。風強くない日を選んで釣行なさってください。もちろんメバリングしても反応希少。
今年の七ヶ浜メバルフィッシングは6月を予定しております。
平成18年1月6日 明けましておめでとうございます。うう・・・更新する新鮮なネタもありませんが沖防などアイナメ好調続きます。風との戦いですなこりゃ。でもかなり釣れてるそうです。・・・そうです、というのはさすがに外道無メンバーもほとんど行ってないから聞いた話ですみません。表メインなので仕掛けの予備は大量に必要ですね。
各防波堤は釣り人少なし。釣果もイマイチ。ポツポツ程度です。夜釣りはさすがに見かけません・・・。寒クロいこうにもあの雪では・・・・。
平成17年12月15日 (ノ_-;)ハア…連日寒い日が続きすぎますね・・・。
沖防波堤、北防波堤はアイナメ中型まで好調が続きます。外道無メンバーもアイナメ釣りが続きます。沖防のほうがテトラ側風裏になるので晴れた日ならあったかい感じで釣りが出来ます。他はどこもふきっさらしで寒すぎです・・・。
メバル食いが落ちてきた、というより人間が辛い(笑)ので終了かな。

番外ですが牡鹿雄勝方面はまだまだソイやメバルがワサワサルアーを追って来ます。ピンポイントで中型ソイを狙って拾うとまた楽し。イカも居ました。
平成17年12月2日 今年もあと一ヶ月を切りました。水温は13度前後。少し例年より温かいかな。
それでも七ヶ浜の釣りは実質年内で幕を閉じると思います。渡船利用ならまだまだアイナメ数釣り可能です。おかっぱりでも爆釣は無いけどまだいけると思います、やはりマズメが良いです。ドンコの釣果が目に見えて上がってきました。投げ釣りマコガレイも船で行くのが悲しいくらい好調のようです。私もやってみたいな〜と思うくらい釣れてました。メバルも実質年内で終了かと思われます。
海水温が10度を切ったあたりからドンコ以外全ての反応が鈍くなります。今年は漁師さんたちが嘆くほど不調だったシーバスも12度くらいが限界ですね、砂押川や塩釜港湾内はもう少し出来ると思いますが去るのも時間の問題でしょうね。
平成17年11月18日 去ったかと思ったらサバまだうろうろしてました。北防で子サバの嵐。尺以上は少なくなりました。アイナメも北沖は小型中心。浅場のほうが大きいかも(笑)
花渕灯台下なども期待大。しつこいようですが強力なタックル推奨です。大型の突っ込みは半端ではなく、MLクラスの竿ではこちらを向きません(TдT)
相変わらずパルスワーム強し必携。グラブ系も良好。パワーホグ、バグアンツなどバルキー系も必携。
餌ならもちろん「岩ゴカイ」のほうが釣果よいです。
夜釣りかなり寒いです。しっかりした防寒でランガンしてみては?やるなら風の弱い今のうちがいいと思います。来月以降はもっと寒いし大型も出なくなります。テトラ側には十分気をつけてください・・・というか夜は乗らないほうがいいですね。朝マズメはやはり良いです。

あ〜あ・・・そういえばアレの情報ついに本に載ってしまいましたね。ジモティと先駆者だけのささやかな楽しみが・・・・終わったす・・・・来年は混むだろうなあ。
でもよほど好条件重なった日以外そんな噂ほど釣れませんよ。まだまだ修行僧レベルの釣りですしかなりテクも要します。わしレベルは当然×ばかり〜。私の感想では正直2時間半走って日本海行った方が10倍マシです、あっちはほぼ間違いなく釣れるから・・・。
平成17年11月15日 サバが終焉、変わってアイナメ好調です。沖防より北防のほうが数、型とも良好です。
各漁港浅場までアイナメがのっこんで来ました。ソフトルアーにゴンッ!と初めてでも比較的楽しめる季節です。漁港によって型が違います。良型ベッコウも出ていました。ランガンで好ポイントを探すべし。底がすっかり見えるような極端な浅場は避ける。タックルはベイト16LBクラス以上でないと潜られ多し。
メバル変わらず超小型は数が出る。良型は超小型を避けて狙う。
全体的に水色良好。ロック系はもちろん凪の日を狙ってください。底荒れ入ると穴でドンコ釣りが主体。
温排水口は例年より魚影薄い。メジナはノリで。良型はベタ底。
平成17年11月5日 沖防朝マズメのサバ饗宴続く。HITルアーはファルコンスカイパスセブン
投げてフリーフォールだけでOK。上層にもいるが中層以下が狙い目。裏にはタナゴがびっしり並ぶ。沖防裏は全体的に低調、表が好調。

アイナメは各所OKもクジメ多く苦戦。沖防より北防などが好調。近場テトラはなお爆釣。ルアー派サイズ小さく苦戦。餌なら大漁予感。仕掛け予備は多めに。
ドンコなども出てきました。

メバル思うように居ません。大型狙い難い。超小物なら常夜灯に群れ始め。

ついに来ました越前クラゲ・・・。コワイす・・・。漁港内にも侵入。
平成17年10月28日 相変わらず沖北各堤防はウマヅラとサバ好調続く。サバのタナはかなり深い=終盤か?竿1本くらいで来る事が多い。
クロダイはすっかり終焉と考えていいでしょう。例年は各温水には小型が付きますがどうしても釣趣に欠ける釣りとなります。未来に残したい大きさです・・・。アイナメのノッコミじわじわ始まりました。型は小さいが数釣り可能。そろそろ各漁港にも接岸間近と思われます。水温急に下がり始めました。南防波堤なども釣れ始めました。
メバル少しづつ上向き。昨年より1ヶ月以上遅い感じ。まだまだ本番前。大会あたりが丁度最盛期かも知れません。最近はまあまあのを狙って獲る釣りに趣向を変えました。それはそれで面白いです。だから粘らず移動しながら各漁港数匹ずつ釣るといった感じです。当然なかなか釣れない日もありますが・・・。
セッパは塩釜港あたりは結構いるものの浜は不調、なんでかな〜今年はホントにスズキが少ないとは漁師さんの弁。専門で狙っていた漁師さんたちもほとんどやらなかったそうです。
平成17年10月21日 外道無メンバーもここのところは沖防ウマズラとサバに夢中です。
ウマズラ(ズハギ)はキモを酒で煮てネギ、醤油と和えると絶品。刺身につけても良し舐めて肴も良し。サバはやはりシメサバ。最近仲間内ではたたき風に炙るのが流行。脂たっぷり旨過ぎで反則、体壊しそう(笑)
サバも終焉近い感じです。荒れないと大きな群れは入ってこないですね。
沖北各シーバスはあまり釣れない、粘って底狙いに徹するも小型。
アイナメ釣れ始めました。これから底荒れない穏やかな日は爆釣期待。
昨年同時期より2度以上高い水温がどう影響するか。
今年は台風が無く、波も遠いうねりで2m〜2.5mみたいなのが多かったので海はほとんど掻き混ぜられずダラダラと秋が来ました。本当は大荒れ〜ベタ凪を繰り返したほうが魚の活性が間違いなく上がるんですけどね・・・。

各漁港メバルはすっかり姿を消しています。
まだまだオオガイやイナっ子がウロウロ。セッパも例年のようには見かけない。
というか・・・私の印象ではどの漁港でもとにかく例年群れているメバルやセッパ、ボイジョ、ハゼに至るまで全ての魚が少ないです。晩春〜初夏のほうがまだ魚っ気が合った様な気がします。本来なら逆なのに・・・この夏いったい何が海を変えたのだろうか・・・なぜか不安でなりません。

クロダイすっかり終わりかな?メンバーが湊のテトラでチンチンを2枚・・・。
荒れればもうワンチャンスあるかもしれません。

今年の仙台湾は全体的に不漁続きだそうです。漁師さんたちも油代は上がるし魚はさっぱりで大打撃の様子です。これも不安要素。
平成17年10月7日 沖防あいかわらずの青物天国が続きます。
良型50センチクラスイナダ、大型サバ連発。ファルコンで。
掛けた魚ファイト中にメータークラスヒラカンに追われることも多数。
東風避けていけば間違いない?!荒れて状況変わる前に是非!
相変わらず物凄い数のカタクチ。釣った魚も吐きまくり・・・。
そんなわけでもちろんシーバスはベタ底。メタルジグで。
ウマヅラ良型も絶好調!こちらは餌つきガラ掛け仕掛けが無難。
平成17年10月1日 七ヶ浜は秋一色。クロダイはもうポツポツ。台風前を待て!
沖防前打ちはカニ餌でアタリ頻発だそうです。フカセ辛い。
沖防北防は皆さんサバやウマヅラでクーラーを重くして帰ってきます。
湊浜では小型のシマアジなんかも釣れていました。旨そう。
温排水昨日の夕方より切り替わりました。赤灯台水温28℃オーバー。強烈です手を入れると風呂のようです。
夕マズメはカモメが水面に刺さりまくり、一気に集まった小魚食いの饗宴でした。丁度切り替わった瞬間、船で海の上にいました(爆)ので面白かったです。青物は近くにいなかった様子ですがここ数日は風がよければナブラ出るでしょう。
沖防付近は22℃。今年はまだまだ温かいが一気に下がるでしょうね。
湊浜24℃。
平成17年9月22日 七ヶ浜クロダイ変わらずポツポツ。台風がらみの荒食いまで小康状態といった感じです。沖防は終わりに近いかな。今後は浅場ねらいに。

今年も青物まとめて来ました。サバ。イナダ。追うカンパチ(50クラス多数)外道無メンバーもカンパチ掛けるもののテトラの根ずれでなかなか取れない現状。泳がせが確立高し。おそらく(ですみません)赤灯台最高かと・・・。

ハゼ各漁港は数、型共低調ぎみ。七北田や砂押河口が安定しています。メバリングはまだ数をそろえるのはツライ、夜の漁港、常夜灯はまだまだボラとオオガイ群れている世界。
平成17年9月14日 七ヶ浜クロダイ、ポツポツと安定して釣れています。水色良くいい感じです。ニゴリが出ると確かに大釣りしたりしますが、そうでない状況でじっくりと1枚を狙うのも楽しいと思いますがいかがですか。

シーバスは極端にマズメに集中します。やはり安定した釣果をたたき出すのはボーグファルコン。木村スペシャル、イワシなどが強い。
例年11月まで釣れますが今後は小型中心となりますね。

ロック情報・・・無し。
平成17年9月1日 七ヶ浜沖防クロダイ、前打ち好調です。まあ、フカセでも釣れますが戦いは厳しい(笑)です。シーバスも浮き始めました!
水色超透明です。青物来ました。ヒラマサがウロツイテ居ますのでエサトリ少な目ですが本命もなかなか隠れがち・・・。
ヒラマサ一番小さいので80くらい!!の群れがビューンと足元を・・・。ボラのふりしてオキアミ拾っている奴多し(笑)ボラ群れに1本だけ尻尾の形全然違うのが居ますから気をつけて。クロダイ仕掛けで仕掛け引くと掛かって全部持ってかれます(笑)触らぬ神に祟りなし・・・。
私はルアーでせめないとイカンのに時間取れないし(爆)

ロック情報なし
メバルしてないす(ごめんなさい)

ハゼは貞山堀より各漁港へ。塩釜湾面のほう。外洋側は少ない。
平成17年8月21日 七ヶ浜クロダイはやはり前うち強し。獲りたい人は是非。フカセオキアミでも釣果は出ていますが前うちのほうが強し。まあ、趣味の問題ですね(笑)大型も時々出ています。

沖防シーバス、青物絶不調が続きます。どうしたモンですかね・・・。水色も透明度はあるものの茶系で悪し。

ロック系アタリは多いものの食い込まない。小型アイナメが多いようです。バークレイパルスワーム、リボンテール7’など。ナツメ4〜8号のテキサスで。予備はとにかく大量に。

ハゼ各所上向きです。ヨットハーバーでイシモチ(にべ)釣れていましたが小さい。
平成17年8月9日 七ヶ浜クロダイ相変わらずポツポツです。釣れないわけではないのでエサトリの動向を見て釣り座を変えていくと結果は早いです。タナゴ、メバルばっかりの場所は早めに見切りを付けて移動したほうがいいみたいです。

シーバスむらがあります。ボート派は連日マズメ時に何本か出るそうですが、ショアの場合はなかなか・・・。先週土曜日は南風ベタ凪ドピーカン水色良し大潮と好条件重なり、案の定ヒラマサもシーバスも入れ食いに近かったようです。
ヒラマサはノマセのひとが1本ランディングに成功したそうです。
この時期の特徴として・・・・
ベタ凪の好天の朝マズメ。が最高です。そんな日はボイルもスゴイです。

ロック系は釣りにくい時期が来ました。粘っても1〜2本か?

ヒラメ・コチは型が小さくなってきたそうです。ハゼ釣りのほうがいいかも・・・。
平成17年8月4日 七ヶ浜クロダイは大釣りはないものの順調です。フカセはまだオキアミでも釣り出来ますが沖防北防では前うちのほうがダントツに釣れていますので硬い餌を好む時期になったようです。外道無メンバーも一人1〜2枚が続きます。
今後はフカセでもカニやイガイなどを用意するほうが良いでしょうね。
波気がでて満潮回りなら絶対に湊のテトラだ!!(断言しちゃったよオイ・・)

昨日は久しぶりに私も沖防行きましたが、シーバスは不調続き・・・。どうしても釣りたい場合はきわを延々とランガンして居付きを拾うか、ボトムを攻めると良いでしょう。最近はジグ+タコベイトが効果を上げていますが・・・ロマンがねえ(笑)
ちなみに水温は25.3度・・・そりゃ大きい魚浮かね〜わな・・・。

アイナメはフカセの外道では良いのが数本釣れました。ワームはあたりが多いものの、乗ってくる大きさは少なく×・・・。底は小型が多く、大型はテトラに沿って少し浮いている模様。
仙台湾内に少し前からイワシ入りましたね。沖防裏も小さいカタクチがちょろちょろいました。

各漁港のメバルは目に見えて辛くなってきました。少し涼しくなる時期までお休みですかね。メバル天国だった明かり回りもボラ天国に変わってしまいました。コチングもバタバタとは釣れなくなりました。日中は粘って・・・という感じで飽きます(爆)が、朝マズメはヒラメ交じりでまあまあだそうな・・・。

ハゼが順調になってきました。テンプラ最適サイズです。あんまり大きいハゼだと、骨をキレイに獲らないと食べるときに邪魔だし(笑)。花渕より塩釜よりの各漁港内で釣れています。貞山堀もなるべく塩釜よりですと排水のニオイありません。
それから解らないのですが、ハゼは干潮時のほうがいいのでしょうか??個人的にはハゼは満潮時、というイメージがあったのですが、干潮時のほうが玄人風ハゼ釣り師たちの姿を多く見かけますだ。
平成17年7月26日 沖防北防のクロダイは台風前で好調でした。もう昨日あたりから底あれ始まり、濁っているせいか昼間からドンコなど爆ったそうで・・・そうなるともう駄目ですね。もちろん今日明日は波がかなり上がりますので釣りになりません。雨ですが、河川や小漁港に大型が入るのはこんな時。とはいえ風が強くなる寸前までが勝負かな・・・。つうか釣り行かないほうが良いですね(笑)
吹き返しで、海が綺麗に澄んでしまえばもう夏の海がやってきます!!

台風で変わるでしょうが、ロックもそこそこ好調が続いていました。沖にサバがチラホラしてきたそうです。今年の秋も楽しめそうですね。
この台風のニゴリの影響あるうちは全ての釣りが不調になると思います。吹き返しが強く長いことを期待。川水のにごりや底あれを一掃して欲しいものです。
平成17年7月14日 沖防北防は安定釣果が続きます。昨日は外道無メンバーも好調。4人で11枚でした。もちろんオキアミでの釣果。わしの新たなパダワン(笑)KZ君も4枚と好調。

ロックは釣果少ないものの40UPアイナメ獲ってきました、その他ソイも。シーバスはなかなか浮きません。やっぱ朝マズメ天気悪いとなかなか連発といきませんね。夜は釣れると聞きましたが・・・泊りまではちょっと(笑)

ドピーカン&凪が戻るとクロダイが辛くなり、代わりに奴ら(大型青物)がやってくるでしょう。今年は自作の16尺ルアーロッドで勝負!!
平成17年7月11日 クロダイは連日安定して釣れています。地磯の浅い場所でも釣れました。軽い仕掛けが良いと思いますが、当然その日の波、風等を考慮してウキの選択を。フグ多くなってきたよ・・・重い仕掛けだとフグの気を引いてばかり。

シーバスは天候によって差が出ています。雨や曇り(がほとんどだけど)だとプランクトンが下がりベイトが下がるので釣りにくくなるようです。綺麗に晴れた朝マズメは高確立でサーフェスゲームとなります。そうでない日はジグやクルクルなどでボトム付近を探っていくしかありません。

今週はロック系情報なし・・・。みんなクロダイ狙いなんだもん(笑)

貞山堀ハゼ釣りで賑わっています。まだまだ小さい。例年なら花渕や東宮の型がよくなるが未確認?フラット系(コチヒラメ)小康状態。スレた?(笑)ハゼが多くなってきて餌に困らない?(笑)それでも例年なら梅雨明けにまたゴツンと来ます!
平成17年6月30日 クロダイは爆釣は終わり安定傾向へ。じっくりと狙ってください。タナゴうるさくなってきました。外道無メンバーもポツポツ獲って来ますがクロダイの気配がムンムンしているノッコミは終わった様です。
シーバス昨日は皆好調だった〜!と満足して帰ってきました。南風のせいでしょうな。かなり大きいのも居たそうな。渡船して10分でもう満足した(笑)そうです。
わしも夜の湾内でこそこそとやってますが、メバルの外道にセイゴが久しぶりに来ました。シーバス釣るなら沖でも湾内でもいま時期に頑張ろう!
ロックは沖防相変わらず好調。あ!「餌」では小さいのばっかりですよ・・・。やはりソフトルアーに来るのは40UP揃い踏み!ナツメ5〜8号のテキサスリグか1m程度のダウンショット(ベッコウゾイ狙いの場合)で。ジグヘッドでは1投1根ガカリ(笑)で釣りにならん・・・。予備の針、オモリ、ワームは大量に。
バグアンツ・ロッククロー強し。パルスワーム必携。ヘドロ色系(笑)強し。

最近暖かくなったせいか熱心な人多いですね〜地磯で足場悪い場所だろうが、足場よければ深夜だろうが人が居ます(笑)やはりロック狙いが多いみたいですが、思い切って渡船してみようという人は少ないようです。船まで出して・・・という抵抗がある人が多いみたいですが、渡ってしまえば魚影が濃いだけでおかっぱりと変わらんですよ。むしろおかっぱりより厳しいのはランガンで大きく状況を変えられないこと。魚は居るのだから、渋くても口を使わせる練習とかにもってこいだと思うんですが・・・。記録物の夢も遠くないしね(笑)
わしは、思い切って「沖防」や「北防」でロック専門してみるのもいいと思うよ〜。マジ入れ食いの日もあるんだから(稀に)・・・。
20センチ級なんてチッコイソイはめったに居ないし・・・(笑)
平成17年6月23日 順調なクロダイもタナゴに邪魔されて少しづつ日によってムラが出てきたようです。沖防アイナメなどROCK系が絶好調!!40UPがレギュラーです!ベッコウもクロソイも好調。去年60UPのクロソイ出ていますし、松島では80のアイナメの話があったので記録狙いは今だ??
パルスワームやバグアンツなどで。ハードルアーでも釣れていたようです。根ガカリが多いけど、クルクル等をボトムで大きくリフトアンドフォールするとかなり良い思いしたことあります。タックルは最強のものを!!ラインは最低16LB。リーダーは40LB位。スピニングタックルは全然お勧めできませんが、11Fくらいのシーバスロッドで固めのものなら何とか代用できます。
当然タモ必要です。ぶち抜けない記録物居ます。安いタモ枠曲がるよ〜(笑)
平成17年6月12日 今日ついに南風が吹きましたね!
案の定、沖防もクロダイついに始まりました!北、沖とどちらも好調です。
各防波堤からコチやヒラメも釣れています。特にヒラメは朝がよいそうです。ワームは「ハゼ色」が強いそうです。私はクリアピンクラメのグラブの尻尾を半分カット(しかなかった)でやりましたが40位までのコチが結構パタパタと釣れました。ジグヘッドでやりましたがダウンショットリグで釣っている人も多く、皆さんヒラメ狙いだそうです。船道のカケアガリが好ポイントになります。釣り人も結構多し。干潮時はバイトほとんど無し。
平成17年6月9日 連日クロダイ好調が続きます。外道無メンバーもそれぞれ好釣果に恵まれたようです。反面シーバスがパッとしないです。風が南東にふく日が続き、シーバスには???先週日曜日はヒラマサまで出たそうで(くやすい〜泣)すごいいい海でした。船で出た人もあんな良い海(潮、水色)は年に何度もないよ、とのことでした。やはりあちこちで爆釣が繰り広げられていたようです。
クロダイは北防波堤中心です。沖防はまだこない?いや南〜南西がふいたらイッパツだと思いますよ〜!
今年の沖防スーパー爆釣を制すのは誰だ??!!
平成17年6月5日 来たよ〜ん!!クロダイいよいよ本格化しました!!浅場はまだですが沖防北防中心にノッコミ始まりました!特に大型は初期狙いだ!!
キーワードは、東以外の風、満潮まわり、朝マズメ付近、軽めの仕掛けだす!
こちらも参考まで・・・。
平成17年6月2日 来たよ〜ん!!!といってもシーバスの話。昨日北防波堤に行ったメンバー達が60クラス中心に取って来ました。これからしばらく良いでしょうね。箱島などの回りもシーバス同じくらいのサイズ出ているそうです。いよいよですね。
変わってロック系反応稀薄になったそうな。ブラーでさえ反応薄。
クロダイは残念ながら不発だったそうな。
クロダイは何時爆発してもおかしくない秒読みですね。皆さんいまかいまか待ちかねていますね。カニ餌もあると良いでしょうね。
メバルはここ数日の夜光虫で渋かった感じです。昨日は夜光虫減っていました。最近ポツポツメバラー見かけるようになって来ました。
昨年当たり誰も居なかったんですが、徐々に流行るか??
まあ、わしも初心者ですから会ったらヨロスク〜。目印は?XOR礁楽LIMITEDだ(爆)!そんなオーバーパワーなアホは他に・・・居たうちのメンバー・・・。
平成17年5月28日 七ヶ浜も遂に春満開の生命の息吹。湾奥ではメバルが果敢にアタックをはじめセイゴ〜フッコクラスが狂喜乱舞のボイルを始めました。やはり生命感があるというのはこんなにも素晴しいことなのですね。
メバル好時合ならワンキャストワンヒットが帰ってきました、しかも秋と違ってサイズまあまあ(喜)。そんな中を30センチクラスシーバスが物凄いボイルで押し寄せてくるがルアーは見切られ放題(爆笑)「こりゃシーバス100匹以上居るよね、でも1匹も釣れん・・・」みたいな。
今日明日は風もよくクロダイかなり出るのでは??
平成17年5月22日 今日はすごく暖かかったですね。鳴瀬川なんか15℃越しちゃいましたね。海も暖かくなったようでサーファー談は間違いなく1度以上上がったなとのこと。このまま上昇で安定すればクロダイシーバス良くなりますねきっと。来週末は期待できますね。
後日談しかも又聞きで申しわけ在りませんがやはり温排水口(湊浜)付近は調子よかったようですね。赤灯台ではなく湊浜方向に温水を出していたようです。付近は18℃位あるようです。魚影も濃くなる訳ですね。あそこらへん浅くて釣りしにくいけどね〜(笑)
根魚狙いも菖蒲田で反応なくても湊浜は反応あるそうです。
クロダイ本格時期まで秒読みですね。
平成17年5月17日 最近寒いですね。七ヶ浜の海、サーファーはまだまだ冷て〜との事。水温も12〜13℃を行ったりきたり。魚っ気は出てきましたが食い気はまだかな。メバルも漁港によってまるで反応なしのところもあり。常夜灯にはまだ群れてません、ストラクチャーを丹念に拾うと、サイズはまずますでした。秋のような小型はこの時期なかなか針に掛からないようです。あたりは頻繁。ランガン勝負。
馬の背もいい話でません。ルアーは反応なし。例年のようなボラの群れが居ない。餌だと根回りで20〜30位のボイジョ数出ました。クロダイの話聞けません。
来週以降平年並みの気温に戻るそうなので、そうなれば水温上昇とともにいい話が出ると思います。
メカブはもうほとんど取れません。簡単に取れる所にあるのはもう取っちゃったんですね。それでも外道無メンバーはタモに鎌付けて少しだけ頂いて来ました。
塩釜港ヒイカ少し来ているそうですが、まだまだ狙える感じではないそうです。見るだけ(笑)なら・・・エギにはまだ乗らないかな小さいし。
平成17年5月10日 萱島でのクロダイが出た模様ですね。まだまだ本番前ですがやっとシーズンインです。通年のことですが、この時期は特に風向きに注意してくださいね。南回りで暖かいと感じる風ならきっと釣れますよ!
全体的に川水の影響で水色悪いです。馬の背もいい話聞きません。南防波堤で岸ジギなるものに挑戦しました。今後の可能性ありです。HIT有り。
風強い日が多く岸メバルはやってみておりませんが、沖防北防はすでに大型が釣れていますし、底荒れさえなければロックフィッシュも絶好調の時期。大型アイナメ、大型ボイジョ出ます。
平成17年4月25日 だいぶ暖かい日が続きますが、まだまだ朝晩は冷えますね。
七ヶ浜の海もようやく10度をこえ、春らしくなってきました。いよいよシーズンインしましたシーバス、南防波堤、各温排水口で釣れています。餌釣りなら堅いでしょうね。前も書きましたが南防波堤はタナ底付近がよいですが、温排水口ならタナは1ヒロもあれば十分です、深くしすぎて釣れてない人多いようです。
ルアーならFマンの大○君曰くローリングベイトやブレード系が当たりだそうです。まあ、砂押も同じですが。そろそろ萱島あたりでもクロダイ来ますかね?萱島テトラに乗ったらクロダイも良いですがメカブ獲りに燃えましょう(爆)メカブ旨いです、お土産に最適(笑)

当然のように私にサクラは咲きません。今年はオッパ随分釣れたなあ(俺以外)そろそろ赤川中流域にシフトですね。

先日伊豆に行ってきました。釣行記近日UPします。
平成17年4月5日 七ヶ浜情報ではないですが、先週オッパサクラ絶好調だったようです。1日で40本近く上がったのは木曜日!すごいですね〜。昨日あたりはサッパリだそうですが(笑、そんな時に竿振っていたわし)しかも、鳴瀬中流ではまたニゴイ釣ってしまいました。う〜ん、今年も暗雲が立ち込めるわしのサクラです(爆)
今年は例年より海の温度上昇が遅いそうです。サクラマスもフィーバーが例年より1ヶ月くらい遅いですね。小女子(シラス)が漁協に上がり始めていました。もう春です。しかし本格的になるのは5月GW以降でしょうね。
平成17年3月18日 気候はずいぶん暖かくなってきましたね。海の中はまだまだでしょうけど。そういえば防波堤釣りのおんちゃんたちはサッパリ釣れないそうです。魚イネ〜と。ノリの網の消毒のせいだと言う人もいますがどうなんでしょう。
今年は荒れた日が多く海苔も不調?その分網を何度も洗うから薬で魚がいなくなるという論法のようです。わしにはわからんですが、海草が少ない感じはします。だからといって網洗わんわけにはイカンだろうから、影響の少ない地磯など探したほうが良い結果に繋がるかもしれませんね。

チョイ釣りでボイジョ子供。管釣ロッドには丁度いいけど(笑)0.9gヘッドで杭等のボトムタイトにズル引き。海草のボトムならメバル。浮き上がりに注意すれば比較的バイト率高いので送り込んであわせるといい感じでした、ちょっとの楽しみには狙い目かも。当然ロストは多いですけど。0.4gならロスト減りますが少しでも風があったら無理です。
平成17年3月10日 一昨日、港で亡くなった方が居るそうですね。ご冥福をお祈りします。
温排水口(湊浜)に外道無メンバー行くも撃沈。何もおらんかったそうな。素直に根魚狙えばいいものをフカセチャレンジ(爆)したそうです・・・。
明日はスゴイ暖かくなる予報ですね。これから少しずつ水温も温んでくるでしょう。川の水温も少しづつ上がってきていますが、今年は雪代が多そうですね。
あと一月半!!七ヶ浜の海も、少しづつ上向いてきます。
平成17年2月24日 最近さすがに根魚もポツポツ。防波堤ではほとんど釣果無しの状態のようです。というか釣り人もほとんど居ません。風が冷たく、寒さが辛いです。海も荒れ気味が多く、底荒れしているようです。鉛色の冷たい海です。また、雪も多くテトラなどは危険なのでこの時期はお家で過ごすのが一番かも(爆)。
船では漁礁のアカジガレイは好調のようですが・・・。
平成17年2月7日 海が穏やかな日には根魚好調のようです。おかっぱりよりも出来ればボートで出たり、渡船したほうが断然有利です。ワームなら大型より3INCくらいまでが良いと思います。大型は初夏に使いましょう。ボトムを取れないと話になりませんが重過ぎると根ガカリ辛いので、底を感じられる限界のオモリでやるといいと思います。
そういえば先日雄勝港(七ヶ浜じゃないけど)の常夜灯にたちションに寄ったら10センチくらいのイワシのような魚がワサワサ居ました。あれはナンじゃろう?確認できず。
平成17年1月27日 私はサッパリ釣りしない日が続いています(爆)
昨年と違い馬の背の状況は悪いみたいです。F氏の手温度計で8度前後だそうで、オキアミ一回も取られないし、ボラすら姿を見なかったそうです。先日根魚狙ったI氏もあたりもないそうです。これじゃ春先もどうかなあ?といった感じです。例年は軽く10℃以上あったんですけどね・・・・。炉がガス式になったらしいので冷却が違うんでしょうかね・・・。赤灯台方面のほうが釣りになるかも知れません。
七ヶ浜はいまがマジ真冬ですね・・・。
沖防北防などではコンスタントに根魚が釣れているようです。
平成17年1月13日 皆様正月はなんか釣れましたか〜(爆)
七ヶ浜は例年通り根魚一色です。ついに水温は5〜6度になりメバル竿を継ぐのもむなしくなってまいりました。まあ、釣って釣れないことは無いんですけど・・・。例年は最低さがっても4度くらいまで、もう海の中はほとんど真冬の状態ですね。カジカやドンコが好調です。しかし、人間がキビシ〜(笑)
馬の背誰か釣ってるかな??まあ、ボラでも美味しい季節です。
追波サクラマス一本目出たそうですね。63センチと聞きました。
平成17年1月7日 つ・・ついにメバルボウズ発生(爆)食いつくのは解るんですが乗らなくなりました(笑)また、松が浜などチカが回ってきているようです。

実は、非公認ワールドレコードのアイナメが松島某場所で出ていました!!昨年秋のことですが、アングラーは女性!!直接お話を伺いましたが、何と80センチ!!!(化け物!!マジですか・・・)
ヤバイデス・・・船釣りで順調に40クラスアイナメを連発していたところ、急に大きなアタリ!竿は折れリールは壊れ、船頭さん(何とアングラーの女性の実のお兄さん、渡船屋さんですよ・・・実は)が糸を手繰って獲ったそうです。漁協に持ち込んでも見たことも無いサイズに漁師さんたちは唖然、最終的には魚屋さんに15000円強で売れたそうです。
『日本記録、いや世界記録ですよ・・・それ・・・』といったら
『いや〜売っちゃったもん・・・』だもんね・・・。
これはもしかしてかなりヤバイ話では無いでしょうか・・・根魚マン永遠の夢でしょう。おーい!牡鹿半島よりもスゲーぞ!!エコギア軍団そっち行ってる場合じゃないよ〜ん。しかも、兄貴は2〜3日後に同じ根で60近いのを釣ったそうな・・・。
平成17年1月3日 明けましておめでとうございます。

七ヶ浜の海はこの雪と寒さでギュッと水温が下がり10度を切りました。要害で8℃。伴ってドンコなどの釣果が良くなっています。新港南防波堤ではドンコのほかにボイジョもコンスタントに釣れるようになってきたそうです。各漁港アイナメも小型中心で数が出てきています。沖防北防も好調に釣れているそうです。
メバルはさすがに水温低すぎてかなり反応悪いですね・・・。オープンエリアにはほとんど居なくなりキワなどにかなりタイトに付いている固体を拾うのが関の山になりました。やはりフォールよりスローなリフトが必釣パターンです。通年出来るかと思っていましたがもう人間が寒いよ〜。
サクラマスも解禁となりましたが・・・川の水温1.3℃・・・。
平成16年12月24日 七ヶ浜の海は根魚の季節となりました。外道無メンバーもアイナメ釣りやドンコ釣りです。北防波堤では食いは渋いものの型物交じりで釣ってきたようです。
どちらかと言うと浅場の釣果が安定しているようです。
風が強い日が多く体感的に寒いですので、しっかり着込んで行きましょう。ワームにはなかなか乗らない小型が多いので、3インチまでのワームで十分だと思います。1.5〜2インチ系ならもっと手堅いです(笑)遠投の必要はなく、近くに居ますがロスとは必死なので予備を十分に。
カラーはパンプキン系やモーターオイル系などの暗色が特に良いようです。
メバルは変わらず釣れます。最近は自作ジグヘッド(ロングのフライフック#10位にガンダマB、一個あたり3.3円)で楽しんでいます。ストラクチャーピンポイント着水同時バイトが熱いです(笑)
平成16年12月10日 最近海は荒れています。よって底あれが激しく濁りもきついので、なかなか根魚も反応がよく無いようです。沖目を探るよりテトラの穴釣りに軍配が上がっています。明日以降も波が上がるようなので、少し落ち着かないと大釣りは無いと考えられます。
馬の背昼間見ましたが、極小フグ大量に居ます。ふざけて投げたワームは一瞬でボロボロでした(笑)夜釣りしている人が居るようですが、夜引く潮なので釣りにくいでしょうがどうなんでしょう?明け方のほうが良いのでしょうか?
ワームでのメバルは好調です。このまま厳寒期も何とか楽しめるのか検証したいところです(笑)さすがに少しづつ水温が下がってきたせいかミノーにはほとんど反応してくれなくなりましたが、ワームでは居るところさえ見つければしばらくワンキャストワンヒットが続きます。さすがに水温が4℃とかになったら食わないだろうなあ・・・今はまだ11℃ありました。
平成16年12月1日 いよいよアイナメ本格化してきたようです。外道無メンバーも数釣りを楽しんできた様子。大型は少ないものの北防で3時間少々で30本以上釣ったようでした。
馬の背は物凄いフグ(極小)がたくさんいて釣りにならんそうです。期待していたのにガックシですね〜。メジナもいなかったそうです。まあ、そのうち良くなるでしょう。今後どんどん寒くなるので皆さん風邪など引かぬよう重装備で行きましょうね〜。沖防タコも釣れているようです。
平成16年11月26日 サバの饗宴も終わり(笑)少しづつ冬の海へと変わってきました。メバリングは相変わらず好調で、カジカなども釣れて来ました。
北防波堤に師匠が行ってズハギ(ウマズラハギ)を釣ってきたそうです。あわせが難しく針に乗せるのが至難の業で面白いし、食っても旨いのですね。
シーバス最終だと思いますが、釣ってきました。釣行記UPです。あとは砂押川合流付近か、赤灯台温排水くらいしか望めないと思います。それももう秒読みです。また寒い冬がやってくるのですね。
各堤防のチカやハゼはほとんど姿を見せなくなっているようです。馬の背はボラの大群です。もう少ししたら旨いと思いますが、まだ食うには早いでしょうね。年明け以降はびっくりするくらい美味しいですよ。

サバはシメサバが一番人気でした。皆で何十枚食ったかな?
@三枚におろし骨をとる
Aたっぷりの塩で30分寝かせる
B酢でさっと洗う(水は厳禁)
Cひたひた位の酢に付けて10分くらいで裏返す
D裏表で20分、あとは好みで
E食べる直前に手で薄皮をはがし、切り分ける
私は30分位の物が刺身に毛が生えたくらいで油気もありトロのようで丁度良いです。醤油やポン酢が合うようです。
釣ってすぐにハラワタ(特に腸)を抜いたものならそのまま食えると思います。虫が心配な人はラップして一度冷凍してから召し上がってくださいね〜。
平成16年11月18日 ここ数日はめっきり寒くなってきましたね。外道無メンバーによるとサバの食いが落ちていたそうです。それでもF氏は50本くらいは釣ってきたようですが、食い方が渋く、まるで黒鯛のようなアタリのでかただったそうな。
変わってアイナメが釣れて来たようです。おそらくもう少しすると型が落ちて数釣りが楽しめるようになると思います。まだいまは中〜大型狙いでじっくり攻める感覚ですね。

メバルは変わらず釣れていますが、人間のほうが寒くて辛くなってきました。先日漁港内でイナっ子の群れがしきりに騒ぐのでシーバス??チャンスとばかりにタックルを変えて投げるも不発でした(泣)用意しているうちに静かになりました(爆)

そろそろ、各温排水口が賑やかになる時期ですね。七ヶ浜の釣りは年内でほぼ好機を終えます。あと一月でまた冷たい時期がやってくるのですね。
平成16年11月13日 先週に続き同じような状態が続いています。ここ数日大き目のウネリが入ってきていますので、注意が必要です。近場のテトラ超えてくるウネリがありますので釣行の際は冷静に判断してください。
サバは沖防にも着いたそうで、入れ食いが続いています。30センチほどなので釣って楽しく食べてOK、ルアーでも楽しく釣れますので、試してみては如何?ショアからルアーで入れ食いを普通に体験できるのはサバとかメバルくらいですもんね。ルアーの場合でもオキアミを持って行き寄せたほうが確実です。またはえさ釣りの人のそばに入れてもらいましょう(笑)ミノーでも軽めのジグでもスイミング系のワームでも好きなのでOK、何でも食います(笑)結構引きますのでウルトラライトタックルは避けましょう。
この波と水温が落ちて、底あれが収まったらアイナメ爆釣間違い無しですね・・・楽しみですね〜。
平成16年11月8日 七ヶ浜の海は絶好調。生命の躍動感にあふれています。
先日は私もサバ釣りを楽しみました。(釣行記UP)
湊のテトラなど浅場のアイナメが調子よくなってきているようです。沖や北はもう少しだけ先か。サバと入れ違いでよくなるでしょう。
メバルも絶好調です。最近ミノーが楽しい・・・などと投げ続けていたら、ほんの足元までセッパが3匹付いてきてフフフと見ていたら、その後ろから70UP確実のシーバスが付いてきて腰抜かすほどビビリマシタ。障害物バリバリで4LB、掛からなくて良かった(爆)あんな浅瀬に居るんですね・・・。
平成16年10月28日 仙台港は、たくさんの魚でにぎわっています。
北防波堤、沖防波堤は連日サヨリ交じりでサバの嵐。昨日は外道無メンバーもサバ釣り。みんな大型クーラーにたんまり釣ってきました。入れ食いでしたと。ミノーなどルアーでもOK。数釣りならオキアミでウキ釣りが無難です。型は30センチ中心。追って大型回遊魚も仙台湾に入っているようです。カンパチも来たか??

松が浜漁港のチカ、日によってムラあります。昨日は水色が大変よく底まで見えました。せっかくアミコマセで寄せても、何度もシーバスに蹴散らされてしまうのが見えました。オオガイも多し。ところでチカですが、アミの付け方でずいぶん食いが違うようです(え?常識?)丁寧に一匹をオキアミを付けるときのようにきちんと付けた時は一発で食いますが、適当付けだと周りでためらうのが見えました。おや?と思い足元の見えメバルで何度も試しましたが結果は同じ。むむむ、これは当然クロダイ釣りにも通じるのでしょうね。あまりにも食いが違うので驚きました。やはりコマセと同じように見えるというのは大切なんだと改めて勉強になりました。
各漁港のハゼ、だんだんですが大きくなってきました。真剣に数釣りしたい季節です。餌は小さめに付けるのがコツです。何本も置き竿するより、磯竿など一本で探りながら釣るほうが釣果が伸びるようです。番外ですが、旧北上川の釣石神社前などはかなり大きいケタハゼクラスが連発していました。

メバリング好調。特に明かり周りは天候や潮汐にあまり左右されない感じで釣れます。まあ、全てリリースサイズですけど(笑)春に大きくなるのが楽しみです。

ところで、今回の地震や台風による被災地域の河川などで釣りを自粛しようと言う動きと、それに対してベストシーズンなので偽善者ぶるな、という誹謗が各社テスターさんたちの間であるようですね。後者のような人が実際にいるとは悲しいことですね。
平成16年10月24日 台風一過ですね。今回の台風は日本列島に大変な被害をもたらしてしまいました。そこに重ねての地震被害。被災地の方々にお見舞い申し上げます。

底荒れも落ち着いて、アイナメが好調になってきたようです。大型は出ませんが北防波堤などで数が出ているようです。沖防シーバスも戻ってきました。サヨリやサバも戻ってきたようです。今年はカンパチ沖防に付きません。赤灯台にはついているようですが??
メバリング好調です。入れ食い有り(笑)です。ママの白やグラスミノーSS白が良好です。CD3やCD1だと中型が出ますよ〜。
平成16年10月15日 ちょっと松が浜漁港をのぞいてみました。チカが好調に釣れていました。サビキもいいですが1本針で手返し良くしたほうが良いかなって感じもしました。アミえびを溶かしてコマセにする場合、汁のみを撒くほうが良いとジジイに聞いたことがあります。先日のF氏のクロダイは結構港の伝説(爆)になっていたようですが、決してスイカやブドウで釣ったものではアリマセン(話は尾ひれが付くのね〜)
夜はメバルも釣れました。CD3のオレンジバック?です。表層でした。

追記
表側ではサヨリが大変好調です。仕掛けはクロダイのままでもいいし、針だけ小さくして、ハリスにハリスウキなどを付けるのが良いです。餌はアミ、オキアミ、ハンペンなど。コマセをすると効果的です。大量に釣るコツは、釣り上げてからテトラの上で魚を落とすことが物凄く多いので、鮎釣りなどに使う手タモがあると便利です。釣れたらすぽっと入れて針外して歩キッと首を折る、絞めないとバッカンや袋の中で暴れて大変です。ある程度釣れてからクーラーに移しましょう。
漁港とはいえテトラ側なので、足元には十分注意してくださいね〜。
平成16年10月7日 また台風が近づいていますね。荒れ後に期待してしまいますね。浅場が好調です。外道無F氏など松が浜漁港で40センチクロダイ3枚釣ってきましたよ!
漁港内にチカも入ってきたそうです。
ハゼから、中型までのアイナメ、スズキ、ドンコ、ウマズラ、ソイ、ハモ、メバル、タナゴからクロダイまでと七ヶ浜最高の釣り時期です。皆様釣りに来て下さいね〜。それにしても、数年前より遅くまでクロダイが居つくようになりました。不思議だね〜??
平成16年10月3日 来たー!!台風後の一発。湊のテトラで荒食いありました。大型クロダイの乱舞。50UPを二枚もストリンガーに掛けて、これ以上の奴に3回切られた!ってスゴイ幸運な方も「これがあるから七ヶ浜のクロダイは止められない」と一言。ちなみに間違いなく60クラスも浮かせたらしい。50UPが小さく見えた・・・・とは・・・・。
電話で聞いての外道無メンバーも1時間勝負(笑)の渡船で40センチGETしてきました。私はもしかしてルアーで食いつかないかと思ってやってみたのですが上手くいきませんでした(泣)やっぱりsakuramasuさんの様にはいきません。

反して北防波堤は魚反応無しとの事。やはり浅場勝負です!!

小さいけど各漁港のメバル釣れます。超小型ワームなどで。軽いリグが効果的でした。ホワイト系反応良し。常夜灯の近くやスロープ沖が狙い目。

次あたりの台風が来たらクロダイ最後のチャンスか???!!!
平成16年9月23日 七ヶ浜は、躍動の時期。つまりエサトリ半端じゃない時期がやってきました。日本海と違い、このあとがありませんので実質クロダイは終盤です。昨年は10月に大釣りがありましたが、今年はどうでしょう、楽しみですね。
外道無メンバーは、沖、北防波堤へ。物凄い数のサヨリだそうです。とにかく水面を埋め尽くすサヨリ・・・練りエなどで餌を包んで無理やり沈めるとフグ・・・という感じだったとの事。やはり硬い餌でじっくり粘らないとならないようです。サヨリは35センチほどで食うには良いサイズ。真剣にやれば束釣り行けそうです。タナゴもかなりの数が乱舞しています。
平成16年9月14日 七ヶ浜クロダイは目に見えてこまかい型が多くなってきました。何と魚探での水温はまだ24度。沖防波堤はうねりが強い日が多く、底物も安定しません。テキサスの錘は5号くらい無いと底が取れません。シーバスも穏やかな北防波堤のほうに群れています。朝は特に釣れるそうです。一発大物なら沖防波堤でしょうが・・・。じっと待っていてボイルにミノー打ち込むような拾い釣りでないと沖防波堤はシーバスが濃くないので大変だと思います。

ズハギ(ウマヅラ)が日によってむらはありますが幾分好調です。北防波堤はみんなズハギ狙いです、食べておいしいですからね〜。
各漁港のハゼ釣れています。静かな内湾に面した港のほうが魚影濃いようです。

どうも例年より一ヶ月ほど遅い感じだなぁと船頭さんが話しています。青物ほとんど現れません。やっとイナダが少し見え始めた話も出ています。昨年と違いイワシがとても少なく、鉛筆サヨリが多いのでそれも原因でしょうか。
平成16年8月30日 本日荒れ前のクロダイ絶好調!とのことです。朝は湊のテトラでハリス切られ続出だったそうです。この波は夕方まで持つか?!台風の動向が気になります。皆様お気をつけて.。

というわけ(?)で、夕マズメ北防波堤でシーバス40〜55が4匹でした。小さいなあ・・・大きいのはいない感じですた。もちろんファルコン128にて、カラーはグリーンとディープブルー。釣り上げてからテトラの間に落としてしまった魚が他に2匹、取れなかったバイトは5回ほどありました。明日は波7Mの予報です。時折大きなうねりが入ってきていました。南防波堤、沖防波堤は夕方ですでに波が超えていました。

外道無メンツは家の前テトラで各1枚ずつクロダイGETでした。PM湊のテトラは駄目だった様子。
平成16年8月27日 このところはクロダイは浅場安定です。しかし条件によってかなり差がありそうです。魚は居ますので日によって食い気によほど差があるのか??一日中やれば時合いに当たる(笑)でしょうが・・・。
今週は台風が来ますね〜皆様もお気をつけ下さいませ。またかき回されて1週間くらいは駄目でしょうね〜。
各漁港内メバルの子供であふれています。かわいい姿を沢山見かけることが出来ます。釣るには小さすぎ?まあ、子供さんに遊ばせるくらいなら入れ食いです(笑)ね。

この台風の後、七ヶ浜は1年で1番燃える(笑)季節になりますね。魚・魚・魚、生命の躍動にあふれる季節がやってきます!!
平成16年8月19日 沖防波堤不調です。ここ数日水温が結構下がっているそうです。お盆中はいい感じで釣れていたようで、師匠がシーバス10本以上掛けたようですが、最近はちょっと調子下がり気味のようです。
私も超久しぶりにちょっと行ってみましたが、シーバス、ロックフィッシュともにアタリすらなく・・・という感じでした。やはり水温のせいでしょうか?北防波堤からの釣り人が40くらいのクロダイ提げていましたが、今日はそれ一枚のようです。
湊のテトラで昨日もクロダイ50UPでました。やはり浅場でやるのが得策ですね。50UPの声を結構聞きます。メバルもかなり多いのでお土産には事欠きません。外道無メンツも潮周り悪い時間帯に沢山お土産釣って来ました。テトラ周りはマゾイも多いようです。一気に持っていかれてブッツン・・・がいるそうです。
浅場の根回りに大型カンパチ付いたと船頭さんに聞きました。荒れが収まったら狙って見ます〜。
平成16年8月10日 浅場好調になってきました。沖防クロダイ、スズキ共小型多し。青物は行方不明。北防波堤付近サメが付いたのが目撃されました。魚が怯えて出てこなくなり釣りにならないそうです。沖防波堤も同じ状況ではないでしょうか。
クロダイ釣るなら沖より湊のテトラなどのほうが絶対に良いと思いますです。釣れていますし、小さいのに混じってドンと大型の出る季節です。濁っていて波気があれば満潮周りを狙いましょう!そろそろキカナイやつ多くなっているようですからハリスは1.5号でね!

スズキも浅場に入ってきたようです。家の前テトラでスゴイボイルあったそうです。居付いてはいないとの事です。
南〜東がらみのオンショアが続き水色悪いです。ゴミも多い(泣)です。
平成16年8月3日 ここ数日は、台風10号のうねりと東がらみの風で、魚種を問わず芳しくない状況のようです。先週子供と波打ち際遊びに行きましたが、ごみ多しでした。波もちょっと怖いくらいでした。沖は前の週よりも濁りが強くなってしまいました。

シーバスなどもマズメのみ。クロダイも小型ばかりという話が多くなってきました。そろそろ沖防波堤は小康状態に入り、逆に浅場が良い時期だと思います。例年なら思わぬ大物が浅場で掛かる時期です。特に波の高い日は各漁港前でもコマセや仕掛けを沖目に遠投すれば十分に期待できますよ〜。前に友人が松が浜漁港のテトラでこの時期にコアジ釣ってたら(私は横で見ていた)見事48センチのクロダイを釣ってびびった事ありました。

凪こ〜い!!(一部青物FANの叫び)
平成16年7月26日 仙台湾はやっと雨の影響が去り水が良くなってきました。同時に沖防クロダイシーバス上向いてきたようです。不思議なのはこの時期アイナメ、ソイが好調なことです。型も良くワーム組みはワンキャストワンバイト〜!とうれしい悲鳴。カーリーテール系やホグ系強し。しかも脂乗ったパンパン固体多し。
このまま凪ぎ続けば青物もすぐにやってくると思われますがどうでしょうね。

ああ〜自分は釣りに行ってないなあ・・・。
平成16年7月17日 沖防クロダイは小康状態。粘って時合いに当たれば1〜2枚といった感じ。青物はまだ戻って来ませんしシーバスの新しい群れが寄った気配はありませんが、先日子サバが結構居ましたのでどうなるか?そういえばサバが来る年は秋になると超BIGカンパチも来ます、今後が楽しみです。梅雨明け秒読みとのニュースですが今日は雨・・・あければ真夏の単発BIGクロダイ、青物の季節がやってきますね!!
沖防底物はソフトルアーなどでボイジョ(ベッコウゾイ)が好調のようです。30〜40センチ位が多いですが、50UPに潜られる事もあるので常識よりハードなタックルをお奨めします。スピニングタックルではかなり辛そうです。
ところで私、スピンテールジグでボトム取ったリフトアンドフォールで結構大型の根魚に効果をあげています。小さいのはあまりこないけどロスト確立が超高いのがタマニキズ(笑)ですが一発大物狙ってみては?アイナメもでかいのが来ましたよ〜。

コチ、各砂浜などで結構釣れているようです。ただ、海水浴やサーフィンとぶつかるので各漁港船道などが無難かもしれません。松が浜漁港などお奨めです。
平成16年7月8日 昨日は外道無メンツも沖防波堤へ。クロダイ50型物を含め皆さん良い釣果だったようです。餌獲り少なくオキアミで勝負できたようです。タナゴは朝だけ、日が昇ると出なくなったそうなので、ヒラマサでも通過したかな(笑)。
シーバスは朝のみ釣れるようです。これは居つきの固体の特徴のようです。群れが入れば昼間でもカンケーナイ感じで釣れるのですが・・・。他にソイも良い型40位を数本ソフトルアーで獲ってきました。
また、西側のテトラ工事始まりました。そちら側は一ヶ月ほど釣りにならないようです。大型の黒鯛の群れが徐々に西に移動中!(見える!目撃例数件!)だったそうで、なんとも残念ですね。
なお、凪が続けばお盆に掛けてヒラマサも戻ってくると思います。
平成16年7月5日 ここ数日は北防波堤もクロダイ釣れているよ〜とのこと。沖防波堤にはつ、ついにというか例年の事と言うか・・・ヒラマサ第一陣が来たそうです。すでにPE4号ぶっぎり〜(笑)だそうな。クロダイ止めて泳がせにチェンジする人も。
私も積年の対決にいよいよ決着を付けたい(最終目標お化けカンパチ)のですがいかんせん彼らはあまりにも気まぐれ・・・。
平成16年6月28日 土日の沖防クロダイ、かなり好調との事でした。やはりカニさんに分があるようです。タナはかなり浅い場合がありますよ〜、1ヒロ位でも食ったそうです。
平成16年6月24日 今週はBIG台風でしたね。藻がずいぶん抜けたようです。沖防は比較的クロダイの調子が上がってきました。但し【硬い餌】が圧倒的に強い。面白いかどうかは別として、カニやイガイで釣った人が間違いなく釣れています。タナも浅め。前うちなら坊主なしって感じだそうですが、オキアミ撒いている人のすぐ潮下に割りこんで釣る人がいるのは・・・理解できんです。そこまでウキ流すんだっつ〜の!!・・・絶対悪意あるよねアンタタチ・・・・知ってるからヤルンデスヨネ・・・う〜ん・・・ゴルア!!こっち見てニヤニヤしやがってぇ!!あーそうさ、決して俺の海じゃないよ、好きに釣ればいいさ(泣)でもアンタ常識が・・・って感じの応酬が今日も繰り広げられていますね・・・・。

今日は凪になって、藻もかなり掃けたそうです。曇っているし期待できるかな?昨日もやはりオキアミ組全滅。カニの人爆釣。・・・う〜ん・・・。
平成16年6月17日 沖防波堤、爆釣はないもののクロダイ安定してきました。皆さん1〜2枚上げて来ています。反対に北防波堤は下降気味。だんだん硬い餌に軍配が上がって来ているようです。また、大き目のサヨリも寄っていました。
沖防シーバスは、良好です。東にいるか西にいるかで勝負が決まりますが、駄目なら反対まで歩けば釣れると思います。先日仲間2人が60位のをぽんぽん連続で掛けているのに、私にはバイトなし(泣)で、そのうちすぐに風向きが変わってしまいアタリが止まってしまいました。仕方なく意を決して反対まで歩きましたがセイゴしか出ませんでした(笑)釣りたい人は是非ファルコンのイワシカラーで(笑)これで反応ない日はありません!そして是非水面で釣って下さい!

どの釣りもそうですが東風だけはピタリと釣れなくなりますのでご用心。南なら最高です!
まだ各漁港はクロダイ少ないようです。もういるのでしょうけどね・・・。アイナメも小型中心になってきたそうです。
平成16年6月6日 沖防波堤クロダイ大爆発はまだのようです。昨年同様じわじわとノッコミに入っているようですね。ドカンとつれた話は入ってきませんが北防波堤などは1〜2枚の釣果があるようです。
沖防シーバスすっかり始まりましたね〜。誘いは多いがなかなか行けずにいました。今年もデーゲーム+サラシ+サーフェースでバイト確認!!の最高に楽しいエキサイティングな季節がやってきました。
これ始まるともうナイトゲームやってられなくなっちゃうんだよなあ(悩)。
平成16年5月27日 七ヶ浜は大釣りはないもののぽつぽつクロダイが釣れているようです。台風二号で結構一掃されたので爆発間近でしょうね。昨日はクロダイの良い型掛けたが今日は反応ね〜と連休の仲間からTEL。朝方シーバスが釣れているのでシーバスは浅場にも多くの固体が入ってきたようです。今後に期待。
わたしゃーすっかりサクラモードです。赤川中流はええのお〜(笑)
そろそろこちらのシーバスも本格稼動しないとね・・・。
平成16年5月18日 七ヶ浜の海は数日赤潮で、なかなか釣りにならないようです。不調の原因はこれですね。昨日、海に行ってみるとものすごい夜光虫でした。海の中に電球があるとしか思えないほど光ってます(笑)ので魚は酸欠ですね。代ケ崎付近特にひどいです、波打ち際で本が読めそう(笑)。船で大型漁礁に行っていた人もかなり沖まで赤潮ありと・・・台風2号に期待です、荒れればドカンと釣れ始めるでしょうね。楽しみです。沖防では、なんと本日60センチのクロソイが釣れたそうです。仲間が釣ったのではアリマセンがとにかくすげ〜な〜、ですね!!
平成16年5月17日 先週は、萱島でF氏に続きKZ君もクロダイ仕留めてきました。みんなの話では萱島にはクロダイうようよいる、しかしなかなか食い込まないとのことです。ゼロ仕掛けや長いハリスでじっくり食わせるようにしないとなかなか釣れないようです。
平成16年5月8日 菖蒲田漁港前の萱島で、夕マズメに渡船したF氏がクロダイ仕留めてきました!ついに始まった七ヶ浜クロダイと言った感じです。38センチと大きくは無いですがなんといっても温水口以外では初物です。本格シーズンまであと1ヶ月です!

代ヶ崎近辺シーバスは私不調でした・・・。狙っていたのが回遊系のポイントの様でドンピシャでないと魚の気配すらありませんでした。チョイ釣りでは難しいようです(笑)先日、同行のK氏がワームをスイミングさせていると魔物がヒット、ドラグしばらくでまくりで最後はジグヘッドのフック伸されました!・・・魚種も確認できず・・・姿見たかったなあ。私はバイトすらありませんでしたが・・・。
平成16年4月30日 代ヶ崎近辺シーバス、結構大型も寄っているようです。釣ったのではありませんが目撃例(笑)ありました。GWはたくさん釣れると思います。時合いがものすごく大切です、魚っ気が無いのに投げ続けるのはツライですし、汐見表良く見て出かけると良いと思います。もちろん、一般的にシーバスが釣りやすいといわれる潮位がねらい目です。砂押川は工事中で貞山堀方面から行きにくいようです。
本日発売 釣り東北別冊SALT&FRESH Vol3 TROUT STAGEで
sakuramasuさんが記事を書いていますが、オスプレイが大きく取り上げられています!!DRIVE THE CLUCTH HOOKING!!!

馬の背以外、クロダイの声はまだ聞こえません。毎年連休にはポツンとは沖でもつれることが多いのでチャレンジする方はがむばって下さいね〜!
平成16年4月23日 七ヶ浜代ヶ崎近辺のシーバス順調です。私もBORGオスプレイで57.51.41と短時間で3本GETしました。時合に当たって連続HITでした。トラウト用ベイトタックルだったので楽しめました。

DRIVE THE CLUCTH HOOKING!!!

砂押川でも釣れている模様ですが、私は確認していません。
馬の背クロダイは小型化・・・終焉と思われます。例年ならそろそろ萱島や湊のテトラでノッコミ第一号クロダイが上がる時期です。

追波桜マス好調のようです。昨日も4本前日も3本と景気の良い情報が入ってきます・・・が、オレニハツレナイのね〜。
平成16年4月8日 今日はオッパに行きましたがミノーを川底に寄付して終わりました・・・。七ヶ浜の海は水温ぐっと上がって10度はある、とはサーファーの談。馬の背も少し上向きでしょうか、先週のF氏に続きKZ君がクロダイ4枚、1枚は落としたそうな・・・。他にF氏も大きなタナゴを釣ったそうで・・・七ヶ浜も春ですね〜。私が見に行った際は鉛筆サヨリが泳いでました。
平成16年4月2日 馬の背で昨日の昼間、外道無F氏がクロダイ42、38と2枚取ってきました。風が強くアタリをとりにくかったようです。風がやんだときに何とか食わせたとか・・・。夜釣り組は残念ながら釣果無しだそうです。今日もすごい風ですね。
平成16年3月18日 だんだんと暖かくなってきましたね。七ヶ浜の海水温も少しずつ上昇しているようで、松が浜漁港で6.5度ありました。それでも冷たいですね(笑)おとといの晩に1時間だけ、しかも4ヶ月ぶりに七ヶ浜の海でロッドを振りました(爆)ファルコン128IRON・LBのレッドヘッドでボイジョ(ベッコウゾイ)30弱でした。(何匹か釣りましたがここのボイジョはあんまし黄色くないんですね、黄色いのは過去に1匹だけでした、すぐ隣の漁港は黄色いのが釣れますが)腹のフックガップリ口の中という激しいアタックにオドロキ!その他ボラのスレ20匹以上と手首痛い〜。
平成16年3月12日 馬の背は場所取りかなり厳しくなってきたようです。夜中も釣り人がいます。クロダイはほとんど数えるほどしか出ていないようです。ボラ釣りがメインです(ボラは1投1匹・・・軽いウキ仕掛けで道糸を張っていれば即かかります)。暖かくなってきましたので、これから4月下旬にかけて良くなるかも知れませんね。
平成16年3月4日 馬の背クロダイは不調が続きます。ガラ掛けでクロダイ50UP取った御仁がいらっしゃるそうなので居るのでしょうが食わないのかも知れません。ボラは相変わらずたくさん居ますが・・・。他、各漁港アイナメ、ドンコは粘って数匹程度。沖防波堤はほぼ確実にまあまあの釣果があるようですが小型中心、40UPは少ないようです。まさに七ヶ浜で1年で1番釣り物が少ない時期ですね・・・。
平成16年2月19日 ここ2週間ほど馬の背も不調が聞かれます。さすがに寒すぎるのでしょうか。残念なことに温水が時々止まっているようです。クロダイは殆ど釣れていない様子です。ボラはおりますがそれさえ食いは活発では有りません。
しかし、ボラはこの季節に限り、良いスズキと見紛うくらいの美味になると思います。釣る場所にも拠りますがここのは結構美味いと思います。たまにはボラも持ち帰って食べてみては如何でしょう。きちんと生け締めした後に刺身、フライなどかなり美味しいですよ。
外道無メンバーもこの季節はリリースしないで持ち帰る人多いです。
平成16年2月9日 う〜ん。更新ままなりません。
もう周知のようですので・・・馬の背は今年もクロダイぽつぽつ釣れています。1月は50枚ほどで50UPも数枚出ているようです。場所取り激戦です。まあ、車が止まっていたら行くのを止める位の気持ちで行かないと駄目かも知れません。せっかく行ったのだからとその辺でコマセを撒いてもまともな釣りにはなりません(ボラ釣りなら可)。まともに出来るのは1名、仲間でなら2名限界です。ボラのガラ掛け釣り人も多くなって来ました。
おそらく、東北太平洋側で唯一元旦からクロダイが狙えるこの場所・・・みんなで大切にしていきましょうね。ごみや焚き火は言語道断です!!
平成16年1月18日 最近寒い日が続きます。七ヶ浜の海はぐっと水温下がって4℃でした。これはかなり冷たいですね〜落ちたら心臓麻痺確実です・・・。近場はほとんどの魚がなりを潜めました。荒れていたせいも有りますが、漁港でほぼ毎日竿を出しているおじさんたちも「な〜んも釣れん」そうです。せめて沖防などに行かないと型を見るのが難しい時期です。今年も沈黙の時期がやって来てしまいました、七ヶ浜のアングラーの悲しい冬眠時期です。ウマの背だけはボラの大群で沸き返っております。

オッパ解禁しておりますが、サクラそろそろファーストラン出ましたでしょうか?どなたか情報お持ちでしたら教えてください〜。
平成15年1月9日 皆様今年もよろしくお願いいたします〜!
七ヶ浜の海の状況は、浅場ではアイナメなどもポツポツとなってきました。沖防波堤は安定して居るようですが、天候次第と思われます。最近風が強い日が多く(今もすごい強風ですね)底荒れにつながります。凪が続いたら釣りに行く、といった感じでないと特に浅場は辛いと思います。

外道無メンバーは日本海庄内四つ島へ・・・、本命クロダイを何とか手にしてきたようです。日本海は特に水深があるので、底潮を捕らえるのを考えて釣るといいと思います。表面の流れに惑わされないように疑ってかかるくらいでいいと思います。ウキが行く方向とコマセが行く方向が逆、なんてことはザラですもんね。ゼロ派の皆様も冬季はやはり水中ウキなどに戻してみては?仕掛けの安定をさせたほうが良い結果が出ると思いますよ〜・・・あれ日本海サイトじゃないって?
平成15年12月30日 いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。七ヶ浜の海は変わらずアイナメやドンコが好調です。ただ風が強い日が多く寒いですね〜。

ウマの背は相変わらず釣れ続いているようです。先週も何枚か出たと聞きました。なるほど・・・こうしてみるとハイシーズンを除きほぼ周年狙えることがわかりました。只し、それも火力三号機が動いている今年度で変わるのでしょうね・・・。

みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。そして来年もよろしくお願いいたします。
平成15年12月19日 昨日、外道無メンツは数人が沖防ネウ狙いに行ったのですが、底荒れで厳しかったそうです。もう、行く前からそれは解っていたのですが、やっぱりね〜・・・って感じだったそうです。反対に穴釣りドンコは好調だったそうです。まあ、底荒れのとき、アイナメは防波堤のキワであってもなかなか食ってきません。そんなときはあきらめて穴釣りにしたほうが良いみたいです。探りの長い磯竿と短い穴竿の2種類用意していきましょうね〜。タモは必需品です、まだまだデカイのでますよ〜。

砂押川シーバスまだがんばっている人居ました。釣れているのかは解りません、スミマセン。さすがにこう寒くなるとちょいと試しに・・・が億劫になってしまいました(笑)。

そろそろ、ルアーマンの皆様はサクラマスモードに気持ちを入れ替えかな?クロダイ師はみんな日本海が気になってしょうがない時期ですね。あちらはまだエサトリで悩ませられるなんて、水温の下降が遅いのですね〜。
平成15年12月15日 今日は双子座流星群がキレイに飛んでますね〜。
最近は外道無メンツはおおかたが日本海に浮気してしまうようで七ヶ浜情報余りありません。それでも外道無SGさんが孤独に北防波堤で型のいいアイナメを数本上げて参りました。探り釣りでの釣果です。これから厳寒期に向かうに従いドンコ率がどんどんUPする(笑)と思われます。前にドンコ汁オススメしましたが、実はモット取って置きが有ります。それは「タタキ」です。3枚におろし皮を除いて(お刺身作るように)、身、肝に味噌を加え(お好みの量で)包丁で叩きます。それはそれは危険ですので(笑)一人に与える量を加減しないとお酒が足りなくなります(爆)。オタメシアレ!!
平成15年12月7日 ふう〜、仙台も初雪ですね。ラジオで聞きましたが昨年より28日も遅かったそうですね。発達した低気圧の影響で波が高い日が多く、底あれしているので根魚芳しくないようですね。

ウマの背の魚達はまだ状況変わらないようです。先週は外道無KZ君らがクロダイ尺物他を釣ってきました。でももう人間様が寒い〜(笑)。夜釣りは異常な覚悟が必要かと・・・最近夜見ていないので釣れているかは不明です。昼間は前述のようにOKのようです。

ここの火力発電所は平成17年あたりまでに新型の効率のいい発電システムに代替するようで、本年度以降今動いている3号機を止めると新聞で読みました。1,2号機は止まっている?様なので3月以降温水が止まる日が来ると思います。稼動までに一冬越してしまうと、ほとんどの魚は居なくなってしまうだろうなぁ・・・。特にメジナはここから姿を消すのでしょうね。
でも、10年前はメジナなんて居なかったんですけどね。だって私など佐渡島で見たのが最初でしたもの。いつの間にか普通にいる魚になってしまいましたねえ。
ブラックバスだって憧れたのは20年も前、初めて釣ったのは15年前、今では普通に目の前の沼にいる(笑)。不思議なものですね。いつかアカメとか来ないかな〜←絶対ムリ
平成15年11月28日 外はすっかり寒くなりましたね。七ヶ浜の海は根魚天国ですね〜。ボイジョ、クロソイ、ドンコ、アイナメ何でも来いって感じです。凪の日のほうが良いです。エサはもちろん青イソメより岩ゴカイ、垂直探りのみならオキアミが最良ですね。湊浜などの浅場もまだまだ好調のようです。ソフトルアーの人もちらほら見かけるようになりました。

海水温は11℃前後まで下がってきました。しかし最後まで秋の名残の残る温水口周りは別。七ヶ浜は2つの火力発電所に囲まれ、県内でも恵まれた環境にあります(何がって水温ね、笑)。ウマの背では昨日、外道無メンバーがクロダイ38センチを頭にクロダイやメジナを釣ってきました。もちろん昼間ウキフカセ。ここのクロダイはどの時期でも独特の攻め方と時合があるそうな。(それはあまりにも・・・という内容なので明かさないそうな・・・私は聞いたとき発想に驚き納得しました・ヒント:普通では絶対やりません)

ただ、ここは場所取りが激戦です。実際まともにウキを流せるのは1名です。ケンカしないでやりましょうね。前にも書きましたがローカルきついです注意。夜はすでにボラ天国です。100万匹のボラにうんざりすること請け合い(笑)。まだ食える時期には早いですしね。
平成15年11月19日 イヤ〜昨日実はもうひとつ面白いことがあったので、やっぱりUPします。
ストリンガーにつながれたボイジョを見ているつもりでなんとなく魚を見ていたら・・・アレ・・・ストリンガーつながってない魚が水面下1mほどのテトラにくっついているのを発見!!釣ったのとは別の魚がウロウロしていました。だめもとでタモを突っ込むと・・・惜しくも逃げられました(笑)。15分ほどしてまた近辺を見てみると、また発見!!さっきのよりは小さいが同じようにテトラ側面にくっついて浮いている魚を発見。そばに居たTさんに「魚だよね〜?」といっても「アレはきっと巨大なウミウシみたいなヤツだよ・・・魚じゃないでしょ」と信じてくれません。今度こそ、そっとタモをかぶせて・・・・GET!!!!(爆笑)
ボッケ!!しかも40近い良型でした。Tさん「ぐええ〜こんなでかいボッケ始めてみた〜しかもタモですくったなんて・・・」。獲った私も信じられませんでした。

この時期は産卵のため、テトラや岸壁の上のほうに浮いてくるので、漁師さんたちは見つけたら長い鉤竿でさっと引っ掛けて獲るそうです。でも「タモですくったって話はY君が始めてだな〜」との事でした。
平成15年11月18日 沖防波堤のシーバス。ほぼ終焉?大釣りは落ちる前の群れだったのか?本日はアタリすらなく・・・。

ネウ(アイナメ)は絶好調!今週は大型ぞろいのようです
。ドンコも絶好調。ちょこっとワームもしてみましたがボイジョ(ベッコウゾイ)2匹ほど釣れました。アベレージは30と少し小型でした。真剣にやれば沢山釣れると思います。アタリルアーはやはりバークレイのホグと同じくバークレイの太いリングワームみたいなヤツ(スミマセン名前忘れました)。これは去年南防波堤でも同じでした。カラーはパンプキン系。シーバスロッドならMLクラスでは×。最低でもM(ミディアム)以上のパワーが無いと45UPが掛かるとすぐ根にはいられてしまいます。魚が乗ったら、とにかく可能な限りゴリマキ、ドラグが出ようが何しようがとにかくリフトアップしないと泣きます。ベイトタックルで葦うち用で長めのMH以上のバスロッド、カバー用のヘビーアクションダブルハンドルロッドとかのほうがおりこうさんです〜。

馬の背、ちょこっと覗いて見ました。夜釣りの電気ウキで小型のメジナが釣れていました。
平成15年11月15日 沖防波堤のシーバス、大釣りがあったようです。まあ、ほとんどボウズはないみたいですが、小型中心になってきたようです。砂押川シーバスも人が少なくなってきました。満潮前後に水面直下をデッドスローで攻めてみるといいと思います。反応無ければカウントダウン。
外道無メンツもアイナメ狙いで行ったようですが、思ったより反応悪くドンコのみ。ドンコは沢山釣れる状態、ドンコ汁最高です。(ドンコはぬめりを塩でよく落として、一瞬湯通ししてから大根と一緒に味噌汁にすると、かなり上品なドンコ汁になります。魚苦手な人でも食えるのでは?肝はお好みで)
平成15年10月31日 七ヶ浜周辺の今期のクロダイはついに終わりました。湊浜赤灯台排水口だけは小型は釣れ続くと思いますが、それも秒読みかと思われます。

シーバスはまだ釣れています、が波が高い日が多く危険。防波堤の裏でやって、師匠が釣ってきたそうです。小型が多かったそうです。

アイナメ・ドンコ好調です。底荒れしていたら駄目ですが、浅場の穏やかなところでも釣れているようです。今年はついにサバが寄りませんでした。田代島沖にあるという冷水隗の影響もあったのでしょうか。石ガレイの投げ釣り人も多く見かけるようになって来ましたが釣果は不明。
平成15年10月22日 クロダイは湊浜で相変わらずポツポツ釣れ続く。例年に無い事態ですね。水温はまだ17度以上をふらふらしています。アイナメは浅場にもかなりやってきました。

シーバス沖防ばかりなので、北防もやってみました。釣行記UPしましたが、7キャスト7ヒット!こんなの初めてです。しかし、前評判どおり小型。型は沖防のほうが大きいです。東風がらみの風に変わるとぴたっと食いが止まりました。こればかりはクロダイと同じですね。南〜南西ならほぼ釣れたようなものです。潮はもちろんクロダイと逆を突いてください。これは北防も同じでした。

赤灯台付近、連日カンパチにやられる人出ています。大型はまず取れないそうです。仕掛けは泳がせで。大きなヒラメを釣った人も居たそうです。

松が浜漁港内も、やっと秋の色。澄んだ水の中に、いろいろな小魚が観察できます。メバルを筆頭にフグや20センチくらいのメジナも居ました。みているだけでも楽しいですね。もしも釣るならウキでタナはかなり浅くして、エサもアミにしてキワ狙い。入れ食いです。針の返しはつぶして楽しむのも一興。底のほうにはベッコウゾイも多いですよ。ただし小型。それでも子供さん連れなら、釣れたほうが楽しいですから、超キワ狙いを鉄則に。船だまりが一番のポイント、防波堤まで行く必要はアリマセン。
平成15年10月18日 湊浜クロダイ、未だ釣れ続いている。大型にのされるのも相変わらず毎日居るそうです。今週は外道無メンツも黒鯛釣ってきました。この時期に安定した釣果をあげる人は、イガイを使っているようです。オキアミ以外はなんかフカセ釣りじゃ無いな〜という御仁は、がんばればエサトリ散るはず。しかし、分厚いサヨリの層が・・・とりあえずでもボラを集めてサヨリを蹴散らさないとエサもたんです。せめてボイルを。

沖防シーバスは日によってムラあり。やはり法則は正しいようです。赤灯台では昨日の昼間、泳がせ釣りで60近いカンパチが出たそうです。

アイナメはどんどん好調に。
平成15年10月10日 湊浜クロダイ、本日爆釣・・・と船頭さんからTEL。外道無メンツはもちろん仕事中(泣)。今日はうねりと笹にごりで大型が連発。釣り上げるより切られた方が多い?!バラシが多いので明日以降は落ち着くと思いますがそれでもチャンスあり。間違いなく今年最後の大釣りでしょう。

例年ならとっくに釣れなくなって落ちてしまう時期なのに今年はおかしいぞ!!!この連休、今年最後の七ヶ浜クロダイを手にしてみては?

アイナメノッコミ始まった様子。この波高いのが収まれば大釣りが期待できます。シーバスもまだ居るのでマズメ→シーバス、昼→アイナメが順当でしょうか。
平成15年10月7日 湊浜クロダイ、依然ポツポツ釣れ続ける。もうそろそろクロダイも終わる。火力温排水口では子メジナに混じって今年も40オーバーメジナでたそうです。ただし場所は赤灯はさんで反対側のテトラだそうです。最後まで活気が残るのは、もうここしかアリマセン。

シーバスの群れ、戻ってきましたが日によって水面に出ない。えさが豊富すぎてルアーを真剣に追わない感じがする。デッドスローでもショートバイトです。それでもボウズは少ない。私も少し恩恵にあずかりました。

そろそろアイナメFANは始動準備!!ウルトラライトジギングやってみたい今日この頃。
平成15年10月4日 今週は台風一過、オフショアが吹き続けて海は透明度をぐんと増しました。離島を思わせるほど澄んだ海は、一段と活気を増しています。

クロダイはほとんど湊のテトラしか釣果が出ていない様子。外道無メンツも45cmを筆頭に結構な数を釣っています。残念ながら切られた数も多数です。しかし、澄み潮で朝マズメか夕マズメ以外はほとんど釣りになりません。波もない場合はかなり苦戦を強いられるでしょう。アジ、フグ、ボラ、サヨリあたりが乱舞しますが、皆さん口をそろえてクロダイが来たとたんにぴたっとおとなしくなると言っています。また、朝の第一投〜数投に油断していて切られる人が多いです。大きいのばらした話はほとんどがこの朝の一発です。

沖防はカンパチ、ヒラマサがウロウロしています。水曜日私も朝マズメねらったのですがこの日はドピーカンに激流でベタ凪超澄み潮。波立つほどの潮目が出て、その中でボーグオスプレイにバイトがありましたが乗らず、トゥィッチしてくるとなんと!メーターオーバーヒラマサが付いて来て足元で反転を食らいました。あんな大きいのは始めてみました。数年前に見た大型カンパチよりビビリました。まるでイルカ?の大きさです。そのほかに60〜のカンパチも多数目撃しました。何回か追ってくるものの口を使ってくれませんでした。せめてさざ波程度の風があれば・・・食っていたと思います。目の前でナブラも立ち、何度もボイルもありで興奮した釣行でした。・・・惜しい・・・。シーバスはヒラマサたちが少し落ち着けばすぐに戻ってくるはずです。

松が浜漁港にチカがはいっていました。専門にねらうには少な過ぎ?休日ともなれば各漁港、貞山堀などハゼ釣り多い。
平成15年9月28日 クロダイは湊のテトラ、ポツポツと釣れ続いています。秋のクロダイは思わぬファイトをします。特にここのような極浅い場所は横に走り、テトラをこするようにグイグイ行きますので、1号竿が無難です。ハリスも1.5号で戦いましょう!走ってる途中は難しいですが、時には思い切ってテンションを軽くして魚をおとなしくさせる勇気も必要です。ハリス短め、軽めの仕掛けでいいと思います。今時期の40UPならカイカ〜ン!!外道無メンツも釣ってきました。

一方沖防クロダイはぜんぜん駄目。まあ、いつも毎年のことですが・・・。シーバスは好調。専門にねらう人増えてきました。ついに発見した法則は・・・潮風光水色ぜんぶクロダイの反対です!!!

この場を借りてお願いしますが、最近特に若い人達がライフジャケットを着てこないと渡船の船頭さんが嘆いています。沖渡しする際は船のを貸すそうですが数には限度がありますし、常識のマナーとしてもよくないことだと思います。安いものは3000円も出せば買えると思いますので、渡船代金払える人ならちょっと足せば買えるでしょう?・・・というか、ライフジャケット無しであそこに立てる気持ちが解らない・・・です。もし読んでくれてたら、買ってきてね。私だって3000円のライフジャケットでも3年以上使えたよ。マジで悲惨なことになる前に。何年も何回も使えるんですから(まあ、数年で買い換えたほうが無難ですが)。

身内の話ですが、今年は外道無メンツも1人沖防で落ちています。しかも自力で上がったという危険な行為でしたが、ライフジャケットがなかったら・・・もしかしたら・・・と思うと釣りに誘った自分は彼の家族になんて言えばいいんだ・・・と思うとぞっとします。彼はけろっとして這い上がってきましたが恐ろしいことです。本当は波打ち際から離れなければなりません。荒れているときは特にテトラに吸い込まれないように全力で離れてください。ライフを着てれば船が来るまで何時間でも沈みませんから、少し沖目に浮かんでましょう。潮が早くても絶対船のほうが早いです。ライフ着て流れていれば真冬でない限り、命を落とすことは無いと思います。近くの船が必ず助けてくれると信じて待ちましょうね。
平成15年9月23日 荒れ前のクロダイは湊のテトラで好調だったそうです。渡船の船頭さんの話では一人18枚?!の人が居たそうです。荒れ後の今日も一人で4枚くらい釣れたとの事。最大は47.5cm。足場悪いので十分注意してください。軽装備で行かないと移動もままなりません。湾内もそろそろサバの嵐が始まるか?すっかり秋の様相です。七ヶ浜の海が1年で一番生命感にあふれる季節がやってまいりました。クロダイはこの後落ちてしまい釣れなくなりますが、変わりに多種多様な魚が入ってきます。五目釣りには最高の季節です。

アイナメのノッコミもぼちぼち始まるしドンコやウマズラも本格化、サヨリもサバもアオッコもカンパチも回遊、メバルも大型になりシーバスもソイもいる。そろそろタコが釣れ始めると秋の海です。しかしこのお祭り騒ぎも1ヶ月半ほどで、あとは根魚だけの世界が待っている〜。東北の冬は寒すぎるがゆえに、秋に一気に燃えるのですな・・・。
平成15年9月20日 状況おおきく変わらず、しかし明日明後日の大荒れ予報です、荒れれば何かが変わるはずです。先週の台風は影響なく、海も穏やかでした。アオの群れは沖防にもまわりました。師匠がルアーで数匹仕留めています。結構いい型でした。

沖防シーバスはどうやら法則を発見出来そう。師匠のデータと私のデータをあわせると結構確実っぽくなってきました。今後実証できればと思います。しかし、私の師匠は磯釣りばかりでなくシーバスにまで付き合ってくれるいい人です。しかもめきめき釣れる様になってびっくり、さすがです・・・。
平成15年9月13日 先週火曜日辺りから、北防波堤にヒラマサの群れ次々入ってくる様子。沖防ともに、シーバスも新しい群れが入ったのでは、とは船頭さんの談。釣行記UPしましたが、全体的には渋い。それでもボーズではなく先月の水色悪い時期よりよっぽど○。カンパチもはいってきました。今回の台風の影響でオンショアにのってサバ、アオの群れが入ってきたら期待大。頼むから濁らないでくれよお!!

クロダイは小康状態。結局タナを下げていってアイナメを釣っておしまい、の場合が多い。エサトリらしいエサトリは姿を見せず、フグだけが堂々とコマセを拾っている。
平成15年9月5日 2日間晴れましたねえ!天高く馬肥ゆる秋、といった感じの久々の暑さでした。残暑?というよりやっと夏が来た感じ。

クロダイ、ポツポツの状態が続きます。サヨリさえ集まらなければエサ取りは少ないのでじっくりねらえます。小型が多いようです。最近はみんなヒラマサ狙いで、クロダイの情報集まりません(笑)。ヒラマサはいることはいるのですが、活きエサに見向きもしない固体が多く、辛い様子。大きいエサを付けないと反応しないのかも知れません、思い切ってボラとか・・・でもサヨリが一番。

シーバス昨日の強いオフショアで水色少し回復したせいか、本日夕方少しの時間でいい思いしました。写真が無いので釣行記UP無しですが、4人で60後半〜50を11本キープ。アタックは倍以上ありました。私の剛竿ではアタリを連発ではじかれ(笑)、I氏の弱竿ではラインを3度も切られ(笑)、ちょうど師匠のがまのシーバスロッドが塩梅良さそうでした。そりゃそうですね・・・。
K氏はタモイレで3度もブレークされ鬱・・・。私は60まではゴボー抜きでみんなをビビラしてやりました(笑)。つうか、オメーの竿、魚掛かっても全然まがんねえって・・・とは師匠の弁。

I氏もファルコン絶賛。これ、はずれないよね〜。つうかIさん、あそこで86のロッドでは辛すぎるって。もうフツ〜のルアーに戻れない私たちです。
平成15年8月30日 晴れ間が出るのは良くて1日の悲しいお天気が続きます。もう雨が当たり前・・・・って感じですね。仕事で北上川の中流のほうに行く機会があったのですがあのにごり水が海に注いでいると思うと、水色の悪さもうなずけましてブルーな気分になりました。オフショア吹いても短時間で弱いです・・・。夏の透明でブルーな海はどこ行った・・・?

クロダイは、水曜に外道無KZ君が沖防で47cmの型モノを仕留めてきました。この魚、白子でパンパンでした。力の強い固体は、2度3度とはたく(産卵)といいますがそんな一匹なのでしょうか?この時期に白子がある個体なんて通常では遅すぎると思います。異常気象のせいでないといいのですが・・・。エサトリはフグ少々のみ。普通の魚はヒラマサに蹴散らされてしまったようです。

海ではないですが七ヶ浜阿川沼もBASSER多いです。最近はフローターが本当に多くなりました。釣れているかは不明です。雷魚はマズメに釣れているようです。
平成15年8月27日 一度はよくなりかけたが、再び海風が続き水色悪い。石巻北上川河口からボートで来た人の話によると、この濁りは北上川の川水で河口から仙台新港方面に続いており(先週までの東風のせいか?)、むしろ牡鹿方面の方が水がいいようです。よってヒラマサ、シーバス等の反応異常に悪し。クロダイはポツポツ釣れているが、ヒラマサが餌も追わずにウロウロしているため反応はイマイチ。朝一はヒラマサの姿が各所で確認されているが、餌を追わず掛からない。沖防ではカンパチらしき魚影を目撃。水色よくなった日は釣れたので、今後の風向きに期待。

根魚は好調のようす。また南防波堤、新北沖防波堤などでズハギ(ウマズラ)釣れていました。必殺の合わせが必要で、数を伸ばすには相当な技術が必要。専用針などの繊細な仕掛けも効果的だが、尺上もいるのでご用心。軽くて強く感度の良い磯竿でないと勝負になりません。

各漁港防波堤で釣りをする際でも、テトラに半そで短パンは危険です。暑くてもちゃんとズボンとスパイク、ライフジャケットは着て欲しいです。見ているこちらもヒヤッとします。
平成15年8月22日 水色かなり悪くなり、沖防、北防のシーバス、ヒラマサは急に食い気無し。クロダイにはベストのにごり。ヒラマサもコアジには見向きもしないで回遊しているそうで、尺モノのボラをつついて追いかけているのを私も見ました。食うわけでは無いようですがいじめているようです。サヨリには一発で食うそうです。それでも、毎日誰か一人は切られています。おかげで北防は根魚しかいません(笑)。

オフショア(沖へ吹く風)が1日でも吹いてくれれば。濁りが取れることが多いです。今日は南西風。にごったままです。船頭さんも「水色悪いなあ・・・」とつぶやくばかり。透明になればヒラマサ、シーバスとも爆発必死!!風向きに注意!ですね。

松が浜漁港内、いろいろな稚魚も入ってきました。しかし、今年はまだメジナやイシダイの子を見かけません。やっぱり太陽が出ないので寒いのでしょうか。メバルの子、フグの子が沢山泳いでいます。メバルの子は釣ろうと思えば面白いように釣れます。ウキにスレバリで楽しむのもいかが?でも観察したり、ひき味を楽しんだ後はきっとリリースしてくださいね。食えるほど大きくありません。えさは冷凍アミで船着場のキワに沢山います。
平成15年8月20日 梅雨が明けないいままお盆。クロダイ釣りは浅場が中心となってきた。湊のテトラなどがねらい目。波がある日は漁港の沖側でもOK。あと1ヶ月が実質のクロダイシーズンです。少ないが花渕灯台などの地磯も釣れている。

湾内赤灯台付近、小鯵多し。それを追って小型カンパチが入った。南防波堤も同様でアオッコも混じり始める。

北防波堤はヒラマサ大形も寄っている。黒鯛釣師の外道にかかったサヨリに食いつくほど。←もちろん取れません。専門的には泳がせ釣りで。4号以上の磯竿で、エサは子アジかサヨリ。確認したものだけで今年は〜70が3本キャッチされています。大形カンパチが沖防にいたとの目撃情報も。ヒラマサは毎年十数本が取られますが、大形カンパチ(70UP)は誰も釣り上げていません。ヒラマサと違いかかれば一直線にテトラに巻きつき・・・どうすればいいの?

松が浜漁港内でもアジ釣り盛ん。冷凍アミで。朝夕マズメ以外はあまり釣れない。小型カンパチがはいってくるのも時間の問題。

シーバス釣行記のように好調続きます。最近ライフジャケット無のルアーマンが多い・・・・との悲しい声が船頭さんから出ています。ライフ無では船に乗れませんよ。沖防やテトラなど渡船するなら、いや、そうでなくても釣りをするならライフジャケットは最低限の装備です。

海に落ちなくても、転んだとき怪我を免れた人も沢山います。私も、無ければ肋骨逝ってただろう転倒を2度も経験しています。後で見たらポケットの中のものALL粉砕・・・。
平成15年8月5日 先週から一転して蒸し暑い日が続きますね〜。クロダイ釣りはぼちぼちと行った様子。例年ならそろそろ浅場に軍配が上がる時期。波気があれば湊のテトラなどが特にねらい目。沖は夏らしいギラギラした小型が多い様子。フグも多い。

シーバス数、型ともすごいです。1キャストに5バイトなんてこともありました。←マジです。
魚は大量にいますが、その日のパターンを早く見つけないとルアーにスレてまったく反応しなくなる様です。それでもさらしの中からバンバン出ました。80UPは師匠と2人がかりでランディングを試みるも、大波で最後にテトラに吸い込まれ・・・泣。波に翻弄されながらもタモイレ成功できたのは最大66まででした。

午後の2時間程度でトップにバイトは30発以上、超ショートバイトでフッキングできたのは6本でした。ちなみにこの日はシェイキング以外にはまったく反応しませんでした。しかもカメラ忘れてUP無し・・・。ボーグファルコンやTDペンシル(これはドッグウォークでもバイトあり)で楽しいひとときでした。ありゃまさに私のようなトップジャンキーにはパラダイス!!バイトすっかり見えるし水しぶき上がるしで脳内モルヒネはたれまくり。めんたまひん剥いて反転していく姿がかっちょえ〜!

やはり荒れ時のランディングは課題。降りられないのでいくらタモイレに自信がある人でもタモが届かないし〜(笑)。ベタ凪なら96のロッドでもいけそうなのに・・・。
波でテトラに吸い込まれる前に無理にタモにねじ込むためには相当のハードロッドで無いと・・・。つうわけで次回からは、悪魔のロッドとささやかれるFCLLABOのUC11を使用してみます。振った感じは・・・なるほど、この異様なまでの硬さにこの軽さは反則。普段使用のSAURUSブラックフィン116(もともと重いけど)と持った重さ変わらないです。硬さは倍?にも感じます。

どっかに80センチのチタン枠ないかな〜・・・笑うなよ!!ヒラマサの来る時期に、あの場所で荒れていたら欲しいでしょ?
平成15年7月27日 毎日雨、雨、雨。肌寒い毎日です。風も連日東まわり、良くて東南・・・。クロダイの釣果も良いものは聞かない。先週火力赤灯台で温水出した日にはクロダイ大型上がったらしい。しかし、ここ数日温水を出すのは稀。煙突を見ても煙も出ません・・・。沖防も水が悪くなってきた様でクロダイあまり食わず・・・。

最悪かと思いきや!シーバスは物凄いスーパーボイルがあったらしい。「でかいのから小さいのからうようよだ!!」そうです。クロダイ釣り人たちが目撃して来たそうです。ちなみに上のクロダイと同じ日です。あんな遠くまで温水の影響があるとは思えませんが、ないとは言い切れない位置関係です。

砂押川、雨でもナイトシーバスの人出多い。あれだけの車が止まっていて、それを受け止めるキャパは???。でかいの居るのかな?沿岸も含め河川の水色大変悪し。夜に赤灯付近でボイルを確認するも出せない・・・。すべて無視された・・・。でも魚も小さそうだった(負け惜しみ)。
平成15年7月18日 沖防クロダイ日によってムラあり。全体的に食い渋いですの〜。軽い仕掛けをご持参ください!!ウキに変化があったら張ってみて穂先にこなければ送ってやり、またはって見る。ウキはとうに見えなくなるまで沈んでいますがそれでも頭すっぽ抜け多し。1分以上我慢しても、クロダイに違和感を与えない工夫を!!安価なウキと高価なウキの違いが解る時期です。

シーバスが多くてエサトリはおとなしくなった。(時間の問題ですが)クロダイ渋いと言っても沢山居る気配はありますので今後に期待。

シーバス好調!!仙台湾もついに大物の予感!!青物来ました。まだ本格的ではないですがヒラマサが最初です。私もコマサ掛けました。南防波堤、赤灯台などでも釣果がささやかれています。

夜釣りもいい時期になりました。メバルやスズキの夜釣りで涼むのもいかが?
平成15年7月14日 沖防・北防クロダイ変わらず好調。外道無もみんなでGET。F氏今期2枚目の50UP!!下げ→上げにかけてが期待大。満潮付近は特に油断せぬようがんばりましょー!!エサトリが多いので最低でもボイルを用意していくといいと思います。

シーバスも変わらず釣れている。大型取りたければやはり今時期は石巻が有望か・・・。しかしそろそろ仙台湾の河川にも大型が入っているはず。

番外ですが、七ヶ浜阿川沼、フローターバサーが増えました。リリーパッドも成長し、フローターかボートがあれば、雰囲気のあるトップウォーターゲームが楽しめる時期です。数年前は50近いのも出ましたが今は?陸っぱりだとどうしても雷魚が多いです。あれ・・・外道無カヌーは?・・・「手入れしていなかったため枠が腐敗していますので乗れません・・・」「爆破しろ・・・」「いや直す・・・」「いつ?」「・・・・・・・・」・・・・・で数年。

平成15年7月5日 沖防クロダイ絶好調。1人で数枚取るのも普通。最高の時期です。今行かないでいつ行くの?って私は・・・?
北防でヒラマサがクロダイ仕掛けを切っていったそうです。赤灯台もナブラ立つか?例年ならこれからお盆に向け青物が気まぐれにやって来て私達を悩ませる(笑)。初期はイワシを追う小型ヒラマサ。そしてお盆過ぎには因縁のアイツラがやってくる!!私も今から楽しみです。(今年こそは・・・仕留めたい)

松ヶ浜漁港の沖にはスナメリが来ているそうです。水色がいいのか潮がいいのか?私は水族館でしか見たことないですが、結構浅場にも回ってくるそうです。

馬の背も相変わらずセッパ釣り盛ん。私もちょいと釣って見ましたが尺以下ばかり。メガバスX−80SWで底をデッドスローがこの日のパターンでした。前にも書きましたが、シーバスはトレースレンジとスピード(アクション)が合っていないと(特に夜は)なかなか食わないと思います。

新規開拓中のゴロタで(解っちゃう?)ベッコウゾイ尺弱が釣れた。ベイルーフV75にヒット。シーバスいそうなんだけどまだ浅い磯に付いていないのか?それとも回遊が期待できるのか?


貞山堀、砂押川ハゼ釣り人多い。まだ小型か。同シーバスも夜は大変な人出。釣りにくいだろうなあ・・・。
平成15年7月2日 沖防クロダイ、好調続く。50UPも今週結構出ているようです。
外道無メンツも本日釣行、皆さん良い思いをされたようで良かったです。沖防行くなら今!!が最高ですね。満潮周りにあきらめずに釣りを続けていれば必ずやクロダイはやってくるはずです。しかし産卵寸前でパンパン腹で鈍い魚や、産卵後で痩せて弱った魚体も出てきます。実際そのような個体は、まったくお刺身や焼き魚向きではアリマセン。そんなクロダイはダッジオーブンなどで酒蒸しにしていただくと結構いけますよ。または写真などで記録を残し、リリースする勇気を・・・持てるか?な?。

アイナメも変わらず釣れているようです。外道無メンツも釣ってきました。私の先日のアイナメ、すごい脂乗ってて腹回りはひらめの縁側食ってるみたいでした。今時期のクロダイの10倍美味い(爆)。サヨリも最高なので潮時が悪い時間帯はこれらをねらって仕掛けを換えるほうがいいと思います。クロダイはホント時合いがあって、干潮時だけはかなり確立悪いと感じています。
平成15年6月30日 沖防周りのクロダイ、週末好調の様子。風向きもよくなったが、ゴミもよった。また、キワ狙いが有効になってきます。偏向グラスをして、エサトリの動きを良く見てコマセを撒きながら釣りをするように心がけましょう。キワからあまり出なくなったら、それは「大チャンス!!」です。

なおかつ、かなり上のタナでアイナメ大型が連発しています。私もルアー(ゴムではアリマセン)で46センチ仕留めました。エサ釣りの人たちも同サイズを好調に釣り上げていました。40以下は少ない?と思えるほどに大型ばかりが釣れていました。数日前には60近い鱈のようなアイナメも上がったそうです。

先週はシーバスも掛けたものの、小型が多かった。1つはグッドサイズながらも、6号フックはノビノビ〜・・・。太軸に交換するのをサボった答えはすぐに出た・・・。表層〜1ヒロ付近にいないときはファルコンを使わずにほかのルアーを使うこともあります。とたんにバラシが多くなるへたくそな私・・・。ファルコンならバラシは無しなのに。
平成15年6月27日 沖防周りのクロダイの釣果、安定していたもののここ数日の東風で下降気味。エサトリも多く、オキアミだけの人は辛い。硬いツケエサを用意した人に軍配が上がる。フカセ釣りよりも前うちと言ったほうが正しいのかも知れません。サヨリやメバルは好調。

シーバスは、その日のレンジをつかむことが先決。表層で出れば最高ですが、それにはかなりのランガンが必要。ポイントの底まで探ったら見切りも大切。されどノーバイトの日はないくらい魚影は濃い。テンポ良いルアーチェンジとポイントの移動を・・・。そろそろ地磯もいけるかな?

漁港の中にはアジ子が入っていました。まだ小さく釣りの対象にはなりそうも無し。各サーフでのマゴチの釣果を聞くようになりました。

南防波堤にトリヤマ立つとヒラマサ来ているようです。釣り上げたのを知人が見たそうです。しかしこればっかりはいつ来るのか予想もたたず・・・。
平成15年6月22日 土日のクロダイ、安定して釣れたようです。やはり、大量に釣り人が入るので魚も浮くのでしょうか?そういえば最近、クロダイの型が小さくなってきている気がします。15年前の田代島の二の舞を踏まないようにしたいものですね。

イガイは大きいものでも食いますので、茶色くてやわらかいのを探すといいと思います。親指大ぐらいまでなら楽に食っちゃいます。あまり小さいとオオガイに食われてしまいます。磨くといいという噂がありますが、ホントでしょうか?
平成15年6月19日 沖防はここ2日間波がなく、押し寄せるゴミの楽園となった様子。雑魚も多くなってきた。昨日F氏が1番船〜午後3時(すげえ体力です)までみっちりやってメバルの猛攻ばかりだそうです。サヨリが大きくなってきたのでそっちを専門にねらったほうが得?タナゴも乱舞。水温16度くらい。
平成15年6月16日 沖防、北防共に土日はクロダイがまあまあ釣れた様子。シーバスも型を見た人が多かったようです。しかし今日の風向きではまた下降線か?そろそろ硬いエサもかなり有効になってきます。荒れた日はイガイで好結果を出している人も多いようです。

ソルフレジャンボリー行ってまいりました。大雨のなか、参加者は少なかったのですが良きイベントでした。ぜひ、続いてほしいと思います。チャーマス北村さん、イメージと違って(すみません)大変やさしいかただと感じました。なんと憧れのイチローさん!!ともお話できたのですが、釣りに対する真摯な姿勢に頭の下がる思いでした。八戸の小野寺さん、お世話になりました!!
平成15年6月13日 ここ数日、波とうねり高く昨日は午後遅くには沖防かぶるほど。こんな日は釣れないかと思いきやF氏が44センチを取ってきました。全体的に釣れない様子。まだまだ高活性とはいかず、何度もオキアミの頭だけとられて、やっとの思いで食わせたようです。

イワシの群れはまだいます。・・・が、シーバスもポツポツ。

今週は米代川ソルフレジャンボリーのほうにお邪魔します。どなたか、参加される方メイルください!!みんながクロダイのっこみに夢中なのに、管理人の私がこんなにクロダイ釣りから離れてていいのでしょうか?(笑)
平成15年6月11日 爆発はないものの、各地でクロダイは釣れています。本日も沖防にて50オーバー出たそうです。ここのところ南〜東回りの風で沖防、北防ともにゴミだらけで釣りにくい。西風に期待。

シーバス釣れています。しかし、黒鯛同様水温が結構下がって活性がさがってしまった様子です。松が浜漁港船道で小さいながらひらめがワームで釣れているそうです、でも船が来たら早く仕掛けを上げてくださいね。漁師さんたちは釣り人が船道に仕掛けを入れるのをあまりよく思っていません。トラブルにならないうちに・・・。
平成15年6月3日 先日の予想はずれ・・・。沖防、未だ爆発せず・・・。昨年のようにだらだらパターン?昨年は8日に大爆発しています。どうなる?

仙台湾に大量のイワシが入ってきました。船で走っていると周りで沢山はねています。シーバス狙いのプレジャーボートも大忙し。水鳥が悠々とイワシ拾って飛んでいきます。鳥山も立たないくらい沢山いるらしく、鳥もテンでばらばらに飛んでます(笑)。この群れは例年のことですが、1ヶ月もするとこのイワシを追ってアオっ子(ブリの子)が押し寄せます。それを追って、大型カンパチ、ヒラマサが今年も・・・来るといいなあ。いまはシーバスがイワシ食い放題?ですね。大型スズキは最近まで大根付近で網に入っていたそうですが、イワシについて内湾に入ってきたと思われます。ビックワンのチャンスです。一荒れしたら河川にも入る?

そういえば、あの地震のあと、いつもより大量のシャコえびが網に入ったそうです。いただいたので大量に食いました。大好きなんだよねえこれが。
平成15年5月30日 クロダイ爆発しません。釣れたり釣れなかったりです。私も水曜北防に行ってみましたが、だ〜れも釣れない。その日は前うちで1枚のみだそうです。水温は17度!?なぜ食わないか船頭さんも???。しかしこの天気。沖防裏で落とし込みに小さいながらクロダイが出たそうなので、きっと今週土日は沖防爆発すると予告!!!←自信あり?!

セイゴいじめが板についてきました(笑)。もう数は数えてないですが、今年に入って30匹を軽く超える数を釣ることが出来ましたが、40以上はたった4匹・・・大型はあのバラシと3月末の60のみ。(ちなみにそれらはすべてファルコン128というルアーにでました、それ以外はX−80SWかベイルーフS80、シュガーディープあたりがほとんどです)
だれか、この辺で大きいのが沢山いる所教えて〜・・・。やっぱ、セイゴと違う攻めに出ろって?だって、そうすると当たり無しで終わっちゃうんです・・・。最初はセオリーとぜんぜん違うランカー狙いをしてても、だんだん飽きてきてついつい釣れるパターンや方法を探してしまう・・・人間辛抱です・・・私は辛抱が足りないです。

そういえば仙台シーバスパーティーがあるのに、米代川ソルフレジャンボリーと重なって(泣)参加できましぇ〜ん。あんまりだぁ(泣)。
平成15年5月22日 相変わらずクロダイはポツポツの様子。ここ数日はあったかいと言うより、風が南東〜東周りが吹いていたのでひんやりした初夏って感じです。水温も上がらずでしょうね。前にも書きましたが東回りの風のときはこの辺の魚釣りは低迷します。温排水口周りをのぞき、水温は上がらないか下がる傾向にあるので好釣果はあまり望めません。

代ヶ崎の火力、止まる止まらないの噂ありましたが、出入りの人の話ではとめないそうです。来年も温水周りで寒い時期にも釣りが出来そうです。ちなみに温排水では小さい黒鯛がつれ始めたようです。あんまり小さいのは逃がしてあげるくらいの余裕が欲しいものです。

シーバス好調。連日ルアーで坊主無し。相変わらず赤金、黒金系ミノー強い。その日や時間によってフッキングしやすいバイトが取れるレンジが違うので注意。表層は小型多し。個人的に思うのですが、電気ウキで釣ってる方々のウキ下が深すぎるように思います。せいぜい1メートルあったらいい・・・と思うのですが。(南防波堤などの深場は別です)ルアーをしていると良くわかりますが、表層にはたくさんの魚がいます。掛かっているのにかなりの時間ウキが沈んでない人、多いですよね。
平成15年5月20日 このコーナーも1周年を迎えていました。少しは皆様のお役に立っているのでしょうか?

クロダイ北防波堤でポツポツ釣れているようです。大爆発って感じではありませんが、水温安定してきたので今週末は良い釣果に恵まれるかと思います。昨年よりも遅いスタートとなっているようで、沖防波堤はGW以来あまり釣果を聞きません。やはり昨年末は水温が低くなるのが早く、低水温の時期が長かったのも原因なのでしょうか?でもそんなことを行っているうちに、大爆釣が始まっちゃうんだよなあ。サーフィンF氏は水はここ数日でかなり温んだといっています。彼の体センサーはいつも水温計の数字とぴったり!人類の神秘です。

シーバス各所で相変わらず好調です。でかいのも入り始めました。目の前でごついのに反転食らった(泣)!!。

湊浜海水浴場でコチが釣れ始めた模様。端っこのテトラとの水道側をねらうべし。

七ヶ浜も防波堤など随所に釣り人が大勢見かけられるようになりました。皆さん事故のないように気をつけて楽しんでくださいねえ!!
平成15年5月17日 おととい大型シーバスを取り込みでばらし(つうかタモ忘れたのでしばらく足元で悩んでいるうちに取れちゃった・・・)。70UPひいき目で80くらいでした。やはりセイゴとはまったく違う攻めに出ました。少しその部分を煮詰めたいです。

バイトはあるのにぜんぜん掛からない・・・そんな時は私は最後の手段でフックをストレートポイントにすることはもちろん、タックルをかなり頑丈にします。やわらかいティップで食い込ませるのがまどろっこしいので逆にミディアム以上のパワーロッドにPEラインで電撃フッキングで掛けてしまいます。ルアーのアクションやリトリーブ速度に変化を入れるときは、もう食うものだ(笑)という気持ちですでにフッキング体制に入っています。たまに、来てもいないのに空打ち(爆笑)してしまいますが・・・。

あれ、わしはクロダイ釣りせんで・・・何してるんでしょう・・・?これでいいのか?!北防波堤でクロダイぽつぽつ出ている模様。まだ本番前・・・。
平成15年5月13日 セイゴいじめ快調(泣)。クルクルなんか1キャスト3バイト・・・って感じでした。でも乗らない。電撃フッキングを続けているといつか乗ります(笑)。
ベイルーフでベッコウゾイ25センチも取りました。もしかしてそろそろシーバスコンテンツ増やすべきか、悩んでしまうこのごろです。

夜釣りの電気ウキの釣り人達・・・あんなに海面サーチライトのように照らして・・・楽しいんでしょうか?ご丁寧に自分のウキを照らしている人まで・・・あれじゃ釣れないのも解ります・・・。だれか教えてあげて(笑)!!せめてLEDにすれば、ライトは水中までいかないのにね・・・。
平成15年5月11日 黒鯛なかなか食い始めません。もう秒読みで、水温15度超えて2日間安定すれば爆釣間違いなし?!
馬の背でシーバス釣れてます。ルアーはファルコン128SKYPASS
(七ヶ浜のよこざわ釣具店、荒浜のたまやさんにおいてありますよ〜)
カウントダウンして低層をミディアムリトリーブ(遅いと食わなかった)です。

20センチ強セッパは入れ食い(笑)。写真は46センチ2匹。これで最大(泣)。
平成15年5月7日 GW沖防でクロダイ少ないながら何枚か出たそうです。でもぜんぜん本番前です。ボイジョ(ベッコウゾイ)釣りは好調だそうです。あと2週間すると黒鯛の食いも違うんだけどなあ。水もだんだん温んで参りました。

シーバスは各地ともエサ釣りで好調です。ただしセッパメイン。みんなとにかくちっこいルアーじゃないと釣れない!と言います。荒れないと大物は河川内に入ってこないと予想されます。うねりで底荒れしたら、河川内にチャンス!!
貞山堀、ハゼ釣りの人がちらほらし始めました。まだ早いかな?釣れているかは未確認。私がスイムテストで投げたルアーに2センチの半透明ハゼ稚魚が引っかかってきました・・・。も・・・もしかしてこれがメインのベイトフィッシュか!?コリャルアー選択が辛い(笑)。

余談ですが、全国的にシーバサーを悩ませるバチ抜け(ゴカイが産卵のため?夜になると水面にワヤワヤ浮いてくる、もちろんあたり一面ゴカイだらけ)・・・、昔はこの辺でも良く見かけたものですが、最近もちゃんと抜ける(笑)のでしょうか?この時期はクロダイばっかりに目が行って川を見に行かないのでいつごろだったかも忘れてしまいました。確かこの辺は6月末ごろだよね・・・?誰か近況知ってます?
平成15年5月4日 砂押川シーバス大変混雑しています。超ハイプレッシャー(笑)です。人多すぎ・・・。馬の背でもアオイソメで釣れていますが、電気ウキ2人が限度。車が止まってたらもう入れません。
番外ですがぼちぼち北上川河口もシーバス釣れ始めたそうです。七北田川は釣り人結構いるもあまり良い話は聞きません。まだ川に上がってきている個体数が少ないようです。もう少したてば有望。シーバスはどの釣り場も共通ですが、時合いは大変短いのでそれまでは粘りの釣りです。周りが釣ったら集中!!デス。

湊浜で黒鯛一枚出たとの噂←すみません未確認ですが。

平成15年4月29日 砂押川以外でもセッパが釣れ始めました。尺前後が中心。塩釜港魚市場付近や、馬の背、南防波堤でも釣れている様子。砂押川もそうですが、時合いは短いようです。潮が動き始める、または止まる前とか、やはり強いのはマズメの一瞬。
平成15年4月24日 馬の背まだ釣れています。ブッコミよりフカセ中心。昨日も外道無F氏40オーバー。
砂押川のシーバス、シーズンインしました。暗くなってから小型中心ですが釣れ始めました。私も風神号96MLのシェイクダウン・・・前評判どおり・・・飛距離は感覚の10m先・・・コントロールはしにくい・・・高弾性ティップがバイトをはじき(爆笑)低弾性バットが魚を寄せられない(笑)・・・なんて悪口を聞いていましたがその通りの感じ・・・どう考えてもバットがやわらかすぎるんですが、でもこれはこれでいいんじゃないかな、それゆえのぶっ飛びなのかな、と結構気に入りました。とにかくこの飛距離は脅威です。ためし投げ程度にやってみましたがファルコン128にショートバイトが一度あったものの、まさにはじかれました(爆笑!!!)。
真剣にねらうなら7センチ程度の小型のシンキングミノーなどがいいようです。外道のオオガイも多いです。隣の人随分釣っていました・・・。

平成15年4月16日 本日馬の背では、午後からF氏が40オーバーの良型をしとめました。
直後にもう一枚掛けたそうですが針(ちぬ2号)を折られるアクシデント・・・カナリ大きかったようです。
私もブーツもはかない格好で様子を見に行って、30分ほど竿を借りて(実はとっかえして)やってみましてカイズ強を釣りました。
餌の様子から、ねらったポイント付近に何かがいるのを数投目に感じたので、タナやライン修正をして数投後になんとか食わせてみたものの、あまりに引かないので黒鯛じゃねーよなんて巻いてたらカイズでした。
平成15年4月15日 ここ数日、ホント暖かい日が続きます。しかし馬の背の釣果は下降気味。いくらなんでも攻められすぎて場荒れした感です。海の底はブッコミ仕掛けが大量です。セッパでもいるかな〜とルアーを投げると沢山の仕掛けが釣れます。コリャもう苦笑・・・。今シーズンはほぼ終わりでしょう。
最近では夜釣りのひともちらほら・・・。でもまだ例年のようなセッパの群れは来てません。

オッパのサクラも順調なようです。・・・行きたいなあ・・・。
平成15年4月10日 だんだん暖かい日が多くなってきました。セッパが各所により始めているようです。馬の背は場所取り激戦!!ついには前の日から陣取る人も・・・。ブッコミはマズメが安定していますが、フカセは暖かい時間帯が勝負です。だんだん型が小さくなってきたと言う声もちらほら・・・そりゃそうでしょうね・・・。
平成15年3月28日 前回に気をよくして某場所へ再び。
38センチソイ、30センチソイ、そしてシーバス60でました!!
写真無し(泣)。でも、春が着たんだねえ・・・って感じです。時合はほんの15分でした。

例年ならそろそろ、南防波堤先端でフッコの数釣りが出来るころです。また、例年なら南防波堤ベッコウゾイも4月はよくなるころ。相変わらずタコは好調なようです(ミズダコ)が、神聖なるタコ釣り集団が(ほとんど漁師、活魚卸しているとのこと)がんばっていてなかなかタコ初心者には敷居が高いようです。オヤジ2人でも引きずられる超大物ミズダコがいて、上げられないのもいるそうです。

馬の背クロダイは好調。例年ならあと2週くらいで終盤かな。フカセでの釣果が目立ってきました。最大は56が報告されています。
平成15年3月24日 更新してませんね〜。
寒いのもだんだん緩んできました。暑さ寒さも彼岸まで、とは昔の人はよく言ったものですね。ネタがないのですが、私、実は先々週七ヶ浜某所にて2.6キロ47センチのソイ釣りました。釣行記UPというほどの写真もないのでi-shotでどーぞ↓
重いのなんのって実は結構びびりましたYO。
平成15年2月27日 実は、ブッコミの親父がインターネットに載せるな!!と騒いでいたそうで(F氏談)気が引けていたのですが、ネタもなくついに載せてしまいます。
七ヶ浜では、なぜか1月から大型クロダイが釣れています。例年にない事態に大騒ぎ(笑)。1月2日に50オーバー、今週月曜日には55センチ3.5キロ!!。見に行ったF氏の前でも47センチつれた!!場所は・・・馬の背です。ブッコミ釣りです。
ローカル刺激しないマナーの良い人、行ってみて下さい。竿2号錘20号ハリス1ヒロ、餌マエバが強い。親父いわく、最近わけわかんねえヤツが沢山来るから教えるな!!・・・気持ちわかります。

ボラのガラがけも大漁です。←むしろマナー無し。
平成15年2月23日 更新ままなりません。
海はドンコ穴釣りオンリーさんの季節です。ボイジョ後半戦。アイナメも小型ばかりが多くなる。

追波サクラ、10本越えた様子。寒い寒い・・・。
平成15年1月8日 明けましておめでとうございます。このコーナーも新年を迎えました。

南防波堤では変わらずボイジョ(ベッコウゾイ)反応多い様子。様子見に行ったら師匠が目の前で1匹釣って見せてくれました。太目のワームが反応良しで、ナツメ錘3〜5号をシンカーにしたテキサスリグ。根ガカリは超多数なので予備を多めに持っていきましょう。条件がよければタコもまだいけるようです。

とにかく寒いので十分以上に防寒を。
平成14年12月23日 ああ、もうクリスマスですね・・・。
水温もすっかり8度を切り、根魚だけが活躍する季節です。仙台新港南防波堤では、ソフトルアーでソイが釣れるようです。35アップがアベレージのようなので楽しめるかも。同じようにもちろん沖防でも釣れています。餌釣りなら、なにかしら(アイナメ、ドンコ)は釣れるので沖に渡れば退屈はしないと思います。穴釣りの用意も忘れずに!!
シーバスやクロダイ達とはあと半年近くのお別れです・・・・。
平成14年12月12日 めっきり寒くなった宮城の海。水温も下がりアイナメのノッコミもひと段落したようです。水温が安定しないと大釣りはなくなる季節です。取って代わってドンコが良くなってきたようです。
浅場の漁港周りは釣果が落ちてきました。確実に型を見たいなら沖へ渡船したほうが利口です。寒いので防寒を完璧にしましょう。風がなければ良いですがこの季節は風がないのが珍しいので、体感温度はぐっと下がります。

砂押川のシーバスも反応薄くなりました。いるのはボラばかり・・・・。川風も冷たく温水が出ていても水温が12度を切ったので、難しそうです。

今年は夏も暖流が近寄らず、水温が低めだったが、冬も水温が下がるのが速いようです。サクラマスのファーストランの季節がもうすぐやってきますね・・・。盛期の釣りもいいですが、修行僧のような初期の釣りも悪くないです・・・。
平成14年11月29日 今週は赤灯台メジナも不調の様子。でもまったくだめではない。アイナメは小型中心になってきた。海が荒れていた26日夕方に砂押川で1時間ほどルアーを投げて見ると38、48のシーバス。ヒットルアーはもちろんファルコン128IRON。潮をきちんと見てから行けば釣れると思います。満潮まわりにフローティングミノーをゆっくりゆっくり巻くのが効果的。釣り人も少ないし水面でガバッと出るので小型ながら面白かったです。
2週間ほど前に馬の背で完全モンスタークラスにリーダーから切られました。今年はシーバスシーズンも終盤、再戦は無理ですねえ。来年はひとつ七ヶ浜磯シーバスも開拓したいと思っています。モンスターとのファイトでここ数年、半分眠りについていたシーバス病に火がつきました。でも来年初夏までは無理ですね(笑)、魚居ないもの。

宮城の海は水温が随分低くなってきました。そろそろ10度の声を聞くかな?だんだんと冬の海になって根魚だけの季節がやってきました。発電所や処理場の温水の出ているところだけが名残惜しく・・・といった感じです。波の高さを忘れてしまって、ただただ日本海がうらやましくなる季節です。
平成14年11月14日 今週は先週に引き続き、外道無2名が赤灯台に釣行。
とにかくメジナが多いとのこと、ババノリ餌ならメジナ確実にゲットだそうです。また、セッパがかなりいるようで虫餌(なぜか最近岩ゴカイよりジャリメが流行)の人達に結構釣れていたそうです。SG氏が遠投探り釣りで35センチの良方ソイをキャッチしてご満悦。根にもぐられてしまったが大型と思いタバコ一本5分も待った粘り勝ち。
平成14年10月31日 昨日は外道無F氏らが、仙台港赤灯台付近排水溝テトラに渡船。泣き尺クロダイ3枚と尺オーバーメジナをゲット。他のメンバーも木っ端強メジナ(足の裏サイズ)を入れ食いさせて満足のいく釣行となったようです。
最近この場所では40までのクロダイならぽつぽつとですが出ているそうです。メジナも毎年40オーバーがポンと出る時期です。一発狙いでどうでしょう。
排水にまっすぐ乗せて流して、かなり沖でも浅棚で釣るか、少し流れをはずして竿1本程度で攻めるのがいいと思います。
平成14年10月28日 今週、波の高い日が続き、底荒れでアイナメ釣りも不調。底荒れすると数時間粘っても数本程度。しかしたまに穏やかな日に当たると一人50本近いなどとムラがあるようです。
天気予報と相談の上、釣りに行かれることをオススメします。それと日中でも風が冷たくなってきて、だいぶ寒くなってきました。防寒はしっかりとして行きましょう。夜釣りはかなり寒いですよ。鼻水味見間違いなし!!。
平成14年10月21日 ついにアイナメ(ネウ)が本格的にノッコミの様子。沖防や北防ではかなりの数釣りが始まった。各漁港もめだって釣れ始めた。浅場のほうが結構大型が出ているようだ。餌は岩ごかいに軍配があがる。餌もちは悪いがブラクリ仕掛けにオキアミも特効です。置き竿には向きませんが探り釣りにはオキアミもおすすめです。こうなれば底荒れさえしなければ11月末までボウズは不可能?
平成14年10月16日 ここ数日、台風22号の影響で全般的に釣果は思わしくない様子。連休中のハゼ釣りは結構な人出だった。砂押川のほうが各漁港より釣れている。
沖は底荒れで少し小康状態か?
南防波堤(先端)では明るいうちは馬面ハギの大型、暗くなってからはフッコがつれているようだ。タナは深くウキ釣り。
平成14年10月10日 昨日は外道無数名で沖防へ。五目釣りです。詳細は釣行記に近日UP。北西風が強く裏での釣りは×。表で少しだけクロダイ釣りもしてみたが反応無し。サヨリとタナゴとフグの天国。スズキも今日はあまりいない様子。ルアーへの反応は表層〜底まで皆無。干潮まわりというのも悪かった。釣り人も少ない。裏が荒れたのでタコも×。静かな日ならかなり釣れるそう。クロダイも浅場にまだいて、ポツポツは釣れている。
平成14年9月27日 先週に続き、七ヶ浜の海は生き物の躍動感に溢れています。とにかく魚は豊富。外道無の面々は湊のテトラと北防に繰り出した様子。湊のテトラはフグだらけ。どこまでいってもフグフグフグ。北防波堤は多彩な魚種で、五目つりが楽しめます。アイナメ、スズキ、タナゴ、サヨリがどれも好調。ウマヅラハギも多い様子。また、浅場にはタコが寄っているとのこと。専門に釣るには沖防や北防、南防波堤などで探り釣りを。上から覗いて壁に付いているやつを見つけたら、そっとテンヤを抱かせて一気に上げる見釣りだそうです。
ただ、例年と違いこの時期なのにサバの寄りが少ない。そのためアオ(ブリの稚魚)が少なく、それを追うカンパチ、ヒラマサも姿を余り見せない。そのかわりに北防や沖防にスズキがついている様子。各河口でのスズキ(フッコ)も釣れている様子。
平成14年9月19日 七ヶ浜の海は、小魚一色。クロダイも落ちに入り始めるか?クロダイ釣るならそろそろ最終便になってきます。数釣りのチャンスでもありますが、それもあっという間です。
各漁港ではサヨリ釣りが盛んに行われています。外道無F氏も渡船せずに漁港でサヨリ釣りとの事。おかず釣りには充分。サヨリは大変美味しい魚です。釣るには多少だけコツがあって、コマセを切らさない、ハリス浮きなどを使って表層を釣る事、常に仕掛けを張って引いている事、あわせをしっかり入れる事、です。数つり名人は、針は小さ目の流線を使い捨てで、甘くなったらすぐ交換で釣果を伸ばしているようです。クーラー一杯十数万円の高級魚で、この時期なかなか庶民には食えんのですから、この機会に挑戦してみては?テンプラ、刺身最高です。
やわらかい磯竿に円錐ウキ仕掛け、餌は、ハンペンを小さくちぎったものでもOK。
平成14年9月12日 昨日は沖防にいってみました。サヨリの嵐、フグ多数。今年は特にフグが多いとの事。私はルアーでやってみましたが、これだけのエサトリの中、フィッシュイーターが居るわけも無く撃沈。オキアミの面々もエサトリの多さに閉口していた様子でした。サヨリは鉛筆〜尺上位まで。真剣に狙えばおもしろいと思います。

スズキの反応は良好の様子です。(ただしジグで釣る)私のように水面ミノー派は向かないようです。深いタナにしか居ないそうです。水面にあれだけの魚がいるのであたりまえか・・・・。日中はナチュラルカラー、曇天は赤金など。大型もたくさん出ています。
平成14年8月29日 本日は外道無3名湊のテトラへ。格別の暑さ。私は遠くから様子を見に行っただけですが波を随分かぶっていた様子。TELすると誰も釣れねえ〜との返事。エサトリが乱舞しているそうだ。大量のタナゴに加えて、フグ、厄介な豆アジの群れ。イガイで粘るのが早道か?絶対下にはクロダイはいるはず。

私の休日は・・・1歳半の娘を・・・始めての海へ・・・水に入れたら泣かれた・・・。
少し・・・・・今度の休みは・・・・釣りに・・・・・・・行きたい・・・・なあ。
平成14年8月23日 昨日は、外道無でクロダイ釣りに。みんなしっかり釣果をもってまいりました。場所は勿論湊のテトラ。波気が無かったのですが満潮周りの午後の釣果です。型は〜40と小さ目ですが、FJ君3枚、F氏2枚、初めてのKZ君1枚と上々の結果でした。始めは子フグの入れ食いだったようですが、クロダイの魚影も濃く、すぐにエサトリを蹴散らしてくれてオキアミだけで充分釣りになったとのことです。

湊のテトラは足場が悪いですが、あのあたりでは私は一番好きな場所です。是非皆様も装備はしっかり、荷物は軽めで挑戦してみてください。

私の休日は・・・・家の・・・・買い物と草取りを・・・・娘の・・・・散歩を・・・・・。
平成14年8月20日 お盆あけて、台風通過。波が出てきて、浅場がいいかと考えていた矢先、湊のテトラでクロダイの大釣りがあった様子。今後1ヶ月弱は浅場に軍配が上がると思われます。鴻ヶ島や家の前のテトラも釣れるでしょう。地磯なら灯台下が良いと思われます。いずれにしても波がある日は浅場だと思います。勿論、各漁港のテトラ周りでもクロダイが食うと思います。

大型青物は小康状態の様子。今日の北風で沖に行ってしまったか?台風の影響でベイトフィッシュは湾内に入っているはずなので、今週辺り南風が続いたら、きっとやってくると思います。
平成14年8月16日 お盆中は七ヶ浜のクロダイは小康状態の様子。釣れなくも無いが、沢山釣れる訳でもないといった感じ。ひと荒れ来ないとエサトリ散らないか。私は夕方にメバル釣りで沖防波堤に。あまり釣果には恵まれなかったが、10匹程度持ち帰り美味しく頂いた。F氏は単独釣行でクロダイ1枚釣った様子。

貞山掘りのハゼ釣りの人出多い。それなりに数も出ている様子です。
平成14年8月8日 昨日は私も沖防西へ。テトラの割れを調べる潜りが前日にはいり、魚が散ってしまった様子。ルアーへの反応の魚もなし。エサトリのタナゴやメバルがどっと出てくるだけだった。行った時間帯は当て潮で皆苦戦、見る限りクロダイやスズキ、青物を釣った人の姿は無い。結局4時から8時で帰って来ました。お土産用にタナを下げて、アイナメの尺クラスを2本だけキープしました。

実は一昨日の渡船屋さんからの電話で慌てて釣行した次第でした。一昨日はカンパチヒラマサがうようよ寄っており、ついに餌釣りで3本仕留めた方が居たそうです。昨日私は駄目でしたが、反対の東2〜3番に行った釣り人がヒラマサ70超を仕留めたようです。(実は海彦の親父さん)私はルアーで頑張るぞっと!。
平成14年8月1日 昨日は私も沖防ヘ行ってみました。(釣行記UP)クロダイは安定して釣れているようです。また、スズキがたくさん寄っており、泊まりで夜釣りの人たちはまさに爆釣だそうです。メバルも型の良いのが入ってきました。竿一本くらいのタナに大きいのが多いそうです。赤灯台付近のヒラメ、コチも釣れているとの事。スズキもヒラメもコチも生き餌が一番だそうです、七ヶ浜近辺ではイワシ等の生き餌は売っておらず、自分で釣って生かしておくしか有りませんので、ブクブクが必要です、各漁港の表にアジ子が、北防、赤灯にはアジ子やサバ子が、仙台新港や塩釜港観光桟橋ではサッパがサビキで釣れていますので、早朝にそれを釣って、生かしておいて餌にして釣る人が多いようです。(青物はいったん離れた様子です)
平成14年7月29日 最近は、沖防、北防共安定した釣果の様子。付け餌はイガイかカニが無難です。先週北防に釣りにいってみましたが、子サバがたくさん寄っていてオキアミでは辛かったです。子サバを避けるあまりキワキワでクロダイを掛けてしまいあんまり大きくも無いやつにさえハリスを切られてしまいました。もっともキワを狙うのは定石ですが・・・・。
各砂浜ではシーバスやコチが釣れているようです。仙台新港ではイワシ、子サバの他に夏のおなじみサッパがサビキ釣りで釣れています。こちらはファミリーで人気です。

平成14年7月18日 昨日は台風の余波もあり、結構荒れの状態。なぜか台風がそばを通っている時のほうが凪でした。朝4時から8時過ぎまで、F氏が40〜30を3枚、FJ君が35を1枚、沖防でキャッチしてきました。他の釣り人もまあまあ良かったようです。
また、ヒラマサも掛かり始めています。55〜65が黒鯛釣りの仕掛けに掛かって幸運な釣り人が釣り上げているようです。(ルアーをガンガン追うサイズでは無いようです)。この時期、新港の南防波堤からジグで狙って釣る人が多くなります。ポイントは中央の曲がりの付近で遠投、リフトアンドフォールが成果をあげているようです。こちらは沖防と違いテトラは無いので掛かりどころがよければやり取りは簡単です。

平成14年7月11日 昨日の沖防は台風の影響で、子サバの嵐だった様子。月、火と荒食いでたくさんのクロダイが釣れました。本日は荒れで釣りになりません。正常な状態に戻るのに数日掛かると思われます。
平成14年7月4日 昨日は外道無より2名が沖防へ。尺物1枚の結果。当て潮で釣りにくく、粘ってやっと取った1枚のようです。連日の雨模様で水温も下がり気味、黒鯛も小康状態か。

本日夕方、中原孝名人が来仙、今から多賀城市内で飲み会、明日より田代島で御一緒させていただきます。楽しみです。最終日は大会です。(外道無は仕事のため残念ながら不参加・・・)
平成14年6月27日 昨日は、外道無より2名が沖防へ。昨日は沖防波堤は不調。お昼までやって尺物クロダイ1枚の貧果でした。全体で5枚程度・・・。北防はまあまあ好調だったようです。東風が吹き水温が下がった様子です。奥松島にも1名行きましたが、水温15度で冷たく、船頭さんいわく駄目だアとのことでした。影響の少ない浅場に軍配が上がったようです。

わたしは一昨日あたりから風向き悪いし、休みですが家におりました・・・・。

平成14年6月24日 北防波堤、沖防波堤のクロダイ釣り、相変わらず好調です。
小型が多いとの声もありますが・・・・。貞山掘りのハゼつり、土日は相変わらずの人出です。上手な人と初心者と釣果にかなり差が出ている様子。

平成14年6月17日 ここ数日、沖防波堤、北防波堤のクロダイ釣りは好調の様子。F氏が朝駆け、しかしOガイのラッシュで撃沈。早朝も大事だが、潮回りの方がもっと大事。いい時間帯にバタバタッと食うのは毎年同じのようです。満潮回りを狙いましょう。

平成14年6月13日 昨日は、外道無よりF氏が沖防へ。40に手が届かないやつが2枚との事。全体的に型物が少なくなってきた様子。また少しすると大物も掛かり始めると思います。真夏でもドピーカンでビックママ(かなり大きなクロダイ、仲間内の呼び名です)を掛けた話を聞きますし。私も真夏でも昼間でも普通に釣れると思っています。今後は肝心なのは潮回り、水の良し悪しになると思います。

平成14年6月10日 昨日、七ヶ浜は朝だけ釣れたようです。なぜか外道無から1名、松島嵯峨渓に行っていた様子。波島全体で1枚の貧果に慌てて七ヶ浜に戻ったそうですが午後はものすごい強風でまともな釣りにはならなかった様子。

・・・・が、今朝、外道無F氏が沖防に朝駆け、見事2枚キャッチしてきました。45センチと38センチ。45は2キロの型物でした。お疲れ様。


平成14年6月9日 昨日、今朝と沖防、北防でクロダイ大爆釣の様子。土日休みでない私たちには手も足も出ません・・・・。
平成14年6月5日 昨日は、自分も渡船してみました。朝4時に渡船、干潮回りでした。(やはり辛い)メバルを10数匹とネウのまあまあを2匹釣って9時には上がりました。その時間までは誰もクロダイは釣れない様子でした。その後も粘った方々の話を聞くと何枚か釣れたようです。但し、殆どカニで釣っている様子。しかもみんなキワキワだそうです。これなら割り切って前打ちの方が良いですね。確かに、ここ沖防や北防で釣果を伸ばすコツのひとつに、割り切って硬い餌で超キワを釣る・・・というのがあります。でも型があまり揃わない(35〜40強が多い)、しフカセ釣りっぽくない、悩む所ですね。

時合いはやはり満潮潮止まり1時間前。または1時間後が良いと思います。家の前が海ー!!と言う人なら良いですが殆どこの満潮回りの時間に釣れるので、潮見表をみて、釣りの計画を立てるのをお勧めします。

平成14年6月3日 本日、沖防に外道無から1名朝駆け。潮の流れが大変強く惨敗。但しメバルは入れ食いとの事。重いコマセ、重い仕掛けで攻めれれば違ったかも、との談。出社前なので時間もなく攻めきれなかった様子。メバルがいるところにはあまり期待できないことを付け加えます。上がり時間には周りでもクロダイは出ていないとのこと。なんとなく反則だがどうしても型を見たければ、カニ餌がかなり有効かと思います。フグがいればイガイ餌に。しかしオオガイは避けられません・・・。前述の餌でガマンしてコマセを打ち続ければ、クロダイの確率はかなり高いでしょう。

平成14年6月1日 本日、沖防にて小爆発程度に釣れた様子。やはり奴等はカレンダーを持っているかのように6月に入ったとたん変わり始めます。詳細は直接の話ではないので不明ですが、波が肩(サーファーのお話)なのでいい様子。いよいよ明日辺り大爆発か!?
平成14年5月31日 本日は、少しうねり、濁りが入り外道無から1名が午後から偵察に出かけました。タナゴは入れ食いだったとの弁・・・・。他人の数枚は確認したそうです。
午前中10時ころがよかったと船頭さん。このうねりと濁りで爆発しないのは何故。明日以降に期待します。この時期クロダイは食い込みが悪い様子。ウキに変化が出てから、道糸を張って、きちんと乗るまで1分以上待つ気持ちで行きましょう。じれったくなってもガマンガマン。もう少し暖かくなると鮮やかにウキが入るようになりますが、この時期はガマンです。

平成14年5月30日 昨日は、自分も沖防に渡って見ました。しかし寝坊して6時。思っていたより人が多く驚きました。中央3番に下りて、既に釣る場所がないくらい。竿を出さずにずっとT君のそばにいて、未使用オキアミを皆に託して9時にあがりました。

外道無から数名が乗っており、その後も粘ったらしいのですがF氏が竿をのされる一発だけでめぼしい結果無し。見渡してまわりで数枚は釣れたとの事でしたが、状況は良いとはいえない程度だったようです。潮が当てていたのが原因と思われます。ただし、サヨリはかなり型のいいのが群れではないが時々有りました。食べるには最高です。

一昨日はまあまあ好調との事。一人で5枚の人もいたそうですが、まだまだ本番前とは船頭さんの談。湊のテトラの内側にたくさんの大型小型交じりのクロダイの群れ、潜り(くぐり)の人たちが確認済みだそうです。(もちろんまだ、えさは食わないそうですが・・・)

やはり、でかいのから卵はたき(産む事)にテトラや磯真際に入るので、単発でくる大物にのされて切られてしまう人が多く、本番がくると大きいのはスレてしまって食わなくなるとも船頭さんの談。
つまり、大きいの専門ねらいなら今が有利!だそうです。

最近皆の話を聞くにつけ思うのですが、年々マナーが低下しているように感じます。船頭さんも同様に感じているようです。他人が釣っているすぐ潮下にずけずけと入るのが、どれほど釣りを知らず恥ずかしい事か気付かない人が多いようです。(そこに悪意があるのかと思うほど・・・)せめて挨拶くらいはほしいものです。数年前なら、【潮下ですけど他に場所が無いので隣で良いですかと必ず声を掛けあった】ものでした。それ以前に人のコマセで釣りたいとは思いませんでした。まあ、人が多いとそうもいえませんが、最低限のマナーは必要ですよね?

平成14年5月26日 どうやら、土日の爆発は無かった様子です。穏やか過ぎてタナゴがうるさくなって来た様子です。このままでは、一回荒れてかき回されないとクロダイの良い報告は聞かれないかもしれません。渡船屋さんによれば数枚のクロダイは出ているもののまだまだ大漁の兆しは無いようです。このままダラダラと大釣りの無いノッコミに入っていくのかもしれませんね。
毎年、悩みながらも6月の頭は良い事が多いので、来週に期待しましょう。荒れてないのでモク(海草)も多く、浅い所は釣りづらい様です。
平成14年5月24日 本日、沖防に身内2名が朝駆けをしてきたそうです。水は澄み切っていてどうも食いが悪い様子。潮流が早く、かなり横に流して離れたところで1枚掛けて根ズレで切られてしまったそうです。昨日は尺物が数枚あがったとのこと。
お昼現在は雨が降ってきてムシムシした天気になっています。このままウネリが入るのを期待します。土日辺りに最初の大爆発か?
毎年大爆発あります、一昨年は一人で50オーバー連続7枚なんて人もおりました、私もこの時期に12枚連続入れ食い、ストリンガー鈴なりなんてのも体験しています。
平成14年5月23日 昨日は沖防駄目だった様子。やはりこの時期はズバリ風向きに釣果が左右されますね。風向きで水温や波気が違うので気をつけましょう。湊のテトラは波が無いと釣りになりませんが、沖防や北防は波気が無くても釣れます。
風向きは、地元では特に東回りは釣れないといわれています。東回りの風が吹いたら、風向きが変わるまで海に出ないこともしばしあります。この時期なら南か南西くらいの風で、多少波気あり、そして満潮付近ならまず間違い有りません。この条件で朝マズメなら大型のクロダイの大釣りが期待できます。
平成14年5月21日 昨日は、沖防で49.2他40オーバー数枚でました。例年よりタナが深い所で大きいのが掛かる模様です。じきに50オーバーも出始めるころでしょう。
平成14年5月17日 七ヶ浜近辺は渡船利用での黒鯛が釣れ始めました。(沖防波堤)。しかしこのところ赤潮が出て釣れ難い様子。水温低下も原因か。湊のテトラなどは型が小さめ。しかし水温が上がれば沖防は40オーバーがメインサイズで揃う。
貞山掘や各漁港でハゼが釣れ始めています。型は花渕浜ヨットハーバーあたりのほうが良いとのこと。
1