ホーム


 イギリスの哲学者、バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872-1970)についてのサイトです。


ラッセルの著作

無限公理」(1904) (英)  (和)
 初出は The Hibbert Journal, Vol.2。
 論理主義を支える公理の一つ「無限公理」についてのラッセル自身による解説。この論文を書いた時点で、ラッセルは無限集合の存在は証明可能だと考えていました。従ってこの論文でのラッセルの認識は、「無限公理」ではなく「無限定理」です。


表示について」(1905) (英) (和)
 『数学の原理』において提起された「表示の問題」を解決するべく書かれた論文。後に分析哲学の一時代のパラダイムとなった「記述理論」が登場します。そしてフレーゲに遅れること30余年、この論文においてラッセルも量化理論を完成します。


必然性と可能性」(1905) (英)  (和)
 ラッセルが様相を主題的に論じた唯一の講演。生前には公刊されませんでした。カント、ムーア、ブラッドリーといった論者の様相理論を検討した後に、ラッセル自身の見解が述べられます。主題の難しさに加えて本人が模索中という事情も手伝って、解釈の難しい内容となっています。


真理と虚偽の本性について」(1910) (英) (和)
 「表示について」における存在論の変化を受けて、意味論・真理論においても大きな修正が行われました。「判断の多重関係理論」が初めて提唱される中期ラッセルの入口となる論文。


哲学の諸問題』(1912) (英) (和)
 入門用に作られた小冊子。現象主義、感覚与件、存在論、認識論などが扱われます。ラッセル本人は『三文小説』と呼びましたが、哲学入門として未だ人気の高いロングセラー。
 翻訳進捗状況:2/15


怠惰への賛歌」(1932) (英)  (和) New!
 「仕事はサボってなんぼ」という初代ニート宣言(ウソ。もっと建設的な話)。


それ以外

ラッセル・クォーテーション
 独断と偏見による引用集。

世界には何個のものがあるのか
 無限公理についての解説。次の問いに答えられなかったら読むと良いことがあるかもしれません。
 問い:フレーゲは無限公理を必要としなかったのに、ラッセルがそれを必要としたのはなぜか?


ラッセルに関する参考書籍
ホームへ戻る