ホーム


 オーストリアの建築家アドルフ・ロース(Adolf Loos, 1870-1933)についてのサイトです。

ロースの著作


 ドイツ語の名詞の頭文字は大文字で始まりますが、ロースは「大袈裟に大文字を使う必要は無い」という理由で小文字を使いました。このサイトもそれに倣いました。

装飾と犯罪」(1908) (独) (和)

 「実用品の装飾は犯罪である」という主張で知られるロースの代表作。その 挑発的主張と差別的言辞が強調されることの多いこの問題作は、しかし、ウィーンを覆っていた文化的退廃への宣戦布告だったことが、まず確認されなければなりません。
 初出はフランスの雑誌『カイエ・ドジュルドゥイ』1913年。これはフランス語訳ですが、ドイツ語の初出は不明。遅くとも1910年1月21日にウィーンで講演をした記録が残されています。


文化の堕落について」(1908) (独) (和)

 ドイツ工作連盟への批判から始まり、装飾による文化の堕落とあるべき文化の姿について述べられます。
 初出は不詳。


余計なもの(ドイツ工作連盟)」(1908) (独) (和)

 ドイツ工作連盟に対して徹底した批判を展開したテキスト。
 初出は雑誌『メルツ』1908年8月号。


建築について」(1910) (独) (和)

 初出は『嵐』誌1910年12月。
 残された原稿は「親愛なる聴衆の皆さん」という書き出しで始まっていることから、「装飾と犯罪」と同様、講演することを意図して書かれたと考えられています。またこの文章もフランスの雑誌『カイエ・ドジュルドゥイ』誌(1913年)に翻訳されています。



それ以外


リングシュトラーセ(ロース登場前史)

 ロース登場前夜のウィーンの歴史的背景をまとめました。

アドルフ・ロースに関する参考書籍



アドルフ・ロース年表
メインへ戻る