ホームワシリー・カンディンスキー



形態の基本的要素




 最近まで全く別々だと見なされていた諸分野が、ようやく統一の兆しを見せ始めている。バウハウスの仕事に課された使命を総じて言えば、この統一に貢献することである。互いに切磋琢磨するこの新しい諸分野は、芸術一般、中でもまず第一に造形芸術(建築、絵画、彫刻)、科学(数学、物理学、化学、心理学などなど)、および、技術の可能性と経済的要因としての産業である。

 バウハウスにおける仕事は、一つの総合的仕事である。総合的方法は、明らかに、それ自身の中に分析的方法も含む。この二つの方法の連携が不可欠である。

 形態の基本的要素についての理論も、この基礎の上に建てられなければならない。

 一般的に、形態の問題は次の二つの部分に分けて考えなければならない。
  1. 狭義の形態 ―― 平面と空間
  2. 広義の形態 ―― 色彩、および色彩と狭義の形態との関係
 どちらの場合でも、最も簡単な形から複雑な形へと、計画的に仕事を進める必要がある。

 そうすれば、形態の問題の第一部では、平面は3つの基本的要素 ―― 三角形、正方形、円 ―― へと還元され、空間も、そこから生起する空間の基本的要素 ―― ピラミッド、立方体、球 ―― へと還元される。

 無色の平面や空間など存在しえない。換言すれば、狭義の形態も、実際には、まさに広義の形態として研究されねばならない。だから、形態の問題を二つに分類したのも、ただ型どおりにやればそう分けられるというだけで、他方では、二つの部門の有機的関係は最初から確定されている必要がある ―― 形態の色彩に対する関係と、その逆の関係が。

 ようやく誕生した芸術学は、このような問題設定に対し、芸術史的観点からは何の解明も与えられない。それゆえ、当面はそういう方向への道が開かれることが必要である。

 そうすると、個々の研究はどちらも同じく重要な二つの課題に直面する。
  1. 与えられた現象の分析を行なうこと。この分析は、可能な限り [他の現象から] 切り離されて行なわれなければならない。
  2. 初めは独立して研究された現象を、互いに連結させること ―― 総合的方法。
 第一の研究は、可能な限り狭く限定的に、第二の研究は可能な限り広く自由に。


著:W.カンディンスキー 1923
訳:ミック
作成日:2003/10/20
最終更新日:2007/06/22

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
原文   戻る