千石城【松山城,松山要害】 (宮城県松山町)



 

 千石城は伊達四十八館の一つである。千石城は鳴瀬川を挟んで大崎氏と対峙しており,伊達家臣団の最北限として重要拠点の一つとなっていた。千石城の創建はよく分かっていないが,「茂庭氏記録」によると,遠藤盛遠(文覚上人)が構築したという伝承がある。
 館跡の初見は天正16年(1588)の中新田合戦のであり,当時の城主は遠藤高康。遠藤氏は応永8年(1401),十一代・盛継が関東公方・足利満兼から志田,玉造,加美三郡の郡奉行として任ぜられ,松山に居住したのが最初である。以後二百年間十七代高康まで居住した。
 遠藤氏は天正19年(1591)登米郡石森村(現中田町)に移封され,石川昭光が慶長3年(1598)まで,古内重直が慶長8年(1603)まで居館とした。
 慶長8年からは茂庭良元が松山の領主となり千石城を修復して三の丸に居住。しかし手狭であることを理由に,寛永8年(1631)に千石城の西側に下屋敷として「上野館」を築いた。慶安4年(1651)に良元は隠居して上野館に移り,その子定元は千石城の三の丸に移ったが,明暦3年(1657)には定元も上野館に居を移し,千石城三の丸には留守居として家臣一名を置くだけとなった。


 現在,御本丸公園となっている。あとから分かったが,特に三の丸はコスモス園となっている。「御本丸公園」を目指すが,いつものように(?)駐車場がわからない。そんな感じで車を走らせて行くと,茂庭氏の菩提寺・石雲寺にたどり着いた。石雲寺に駐車し,先に廟所を見ておいた。

 その後石雲寺近くから本丸へ通じる道があったのでそこから行く。看板を見ると,本丸南側の堀切で,「弁慶坂」。文治2年(1186),義経主従が平泉に逃げる際,通過を拒まれたので馬を躍らせて岩壁を越えていったという伝承があるところ。左右は既に私有地になっているようだが,なかなかの堀切。
 そこから登っていくと,右手にハデな堀切発見。本丸への案内板とは逆方向だが,そっちへ向かう。堀切を抜けると林道に出た。見上げる本丸跡はかなり高い。そうして行くと,またハデな堀切発見(上左写真)。そこを抜けると二の丸,本丸を仕切る堀切があり,橋が架かってる。その橋を渡ると本丸である。本丸は結構広い平場。展望台とは言えないような小さな櫓があった。北側を見ると,堀切で仕切られた二の丸,三の丸が見渡せた。堀切で仕切られ,本丸,二の丸,三の丸がまっすぐ並んだ配置の連郭式の配置である。少し降りて二の丸,三の丸方面へ。でっかい堀切で各郭が仕切られてるのは圧巻(上右写真)。
 公園整備され,ツツジなんかが植えられてキレイにはなってるけど,地形等は手が入ってないので面白いです。特に堀切マニア(?)にはよだれが出ます。案内板も充実してて見応えがあり,予想外に楽しめた城址でした。