逆井城【飯沼城】 (茨城県坂東市)





 逆井城は、下野祗園城主・小山義政の五男常宗が逆井の地を知行し逆井氏を称したことに始まる。
 常宗の孫・常繁は古河公方に仕えていたが、天文五(1536)年、北条氏康の命を受けた大道寺駿河守の攻撃により常繁は討ち死に、逆井城は落城。妻・智御前は先祖伝来の釣鐘を被り池に入水したとの伝承が残る。

 天正五(1577)年、玉縄城主・北条氏繁が藤沢より鋸曳き職人らを呼び寄せて大規模な改修を行い、飯沼城と改称。現在残るような大規模な城郭となった。
 氏繁没後は氏舜、氏勝が城主となり、南進を狙う佐竹・多賀谷氏らの常陸勢と飯沼を挟んで対峙した。北条氏にとってこの飯沼城は北関東における最前線基地であり、非常に重要な位置を占めた。そのためか、風魔孫右衛門、石塚氏などの忍者集団三百人が在城したともいう。
 しかし天正十八(1590)年、豊臣秀吉による小田原の役後に廃城となった。

 逆井城は、旧飯沼に臨む標高20mの台地先端にあり、かつて、城の北側は飯沼が洗い、西側は入り江の蓮沼に接した。飯沼は江戸時代の新田開発(干拓)により、現在、その湖水はなくなったが、南北凡そ30kmにわたり田園地帯と化してその名残を留めている。この飯沼が中央でかぎ型にカーブする所に逆井城があり、城は自然の要害であった。





 下総放浪の際に偶然発見した逆井城。
 大して期待もしていなかったが、これまたビックリ。ナカナカに美味しい城址です。
 遺構の保護保全もしっかりしてあり、また非常によく整備された城であり、北条氏による天正期の中世城郭の雰囲気を十分にうかがい知ることのできる楽しい城になってます。

 上写真。メインの再建物になる、二階櫓と平櫓。
 大手のすぐ前に立ってます。
 二階櫓は中に入れて二の丸や周辺を望むこともできます。


 二階櫓から二の丸を望む。



 その大手門はこんな感じ。橋の感じが八王子城を思い出させる。
 やはり北条の城ってこと?



 大手の下にはこんな船着場跡が。
 沼に面した城だけに船での物資輸送がなされたらしい。
 琵琶湖畔の坂本城や長浜城なんかと同じ感じなのかね。



 外堀に面した位置に建つ物見櫓。
 登ることもできます。



 二の丸内。
 (左)主殿。東山風な建築です。庭園も枯山水になってます。
 ここも中に入ってみることができます。2部屋に分かれてます。
 (右)観音堂。いかにも天正期のブツっぽい。
 
 
 関宿城門。
 千葉県野田市にあったとされる城で、廃藩置県の折に移築されたとか。
 現在の関宿城は河川工事で跡形もなく、全くカンケーないところに関宿城博物館なる模擬天守のブツが建ってるが。
 


 二の丸と本丸を隔てる堀にある。鐘堀池。。
 逆井城落城時に奥方が先祖伝来の釣鐘を背負ってココで自害。
 その釣鐘を掘り出そうと何人もの人が掘った為、鐘堀池と呼ばれる。
 どんな日照りでも、ここだけは水が枯れないらしい。




 東二の丸から本丸への櫓門と橋。
 発掘現場の旧柱跡よりも西に1m、東に50cmずらしてあるそうです。
 ワザとか偶然かイタズラか、よくわかりませんが右写真。
 なんか急設の銃眼に見えるんですが。
 わざとこうしてあるんだとしたら、異常にリアルな再現です。


 本丸。
 本丸中央が地膨れしてるので、この辺に建築があったかと思われます。




 比高二重土塁。北条の城の得意ワザです。
 堀を挟んで土塁があり、内側が高くなっています。
 当然当時はもっと高低差があったはずですが。
 掘ったら何が出てくるだろうか。